住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

お・も・て・な・・・せません!

ブログを書く時間が取れたので、先日のサイクリングの話を書いてみます。

・・・ということで、
2月16日の業務日報・1ページ目

「対岸は小豆島、その向こうには日生や相生が...。」

12月22日、臨時漕会の忘年会サイクリング中に、Facebookに投稿された一文。
その一文の送り主は、前日まで忘年会サイクリングに参加する気満々だったのにも関わらず、
急な仕事により止む無く参加を見送らざるを得なくなったひとりの男。

一方、忘年会サイクリングに参加したメンバーたちがこの投稿を確認したときは、万葉岬の展望台にいました。
そしてその一文からあふれ出る無念の思いを知り、その悲痛な思いの主の名を高松の方向へ向けて叫んだのでした。

「タイプRさ~ん!(T-T)」

と・・・


そして忘年会サイクリングからおよそ2ヵ月後の2月16日。

「昨年の忘れ物を取り戻す!」

年末の無念の思いを晴らすべく、タイプRさんが高松から相生に乗り込んできてくれました。
しかも今回は奥様のうずしおさんも一緒です。

このサイクリングの発起人およびコースディレクターは僕。
どうすれば楽しんでもらえるかと考えたのですが、いつもどおりのド定番のコースを走ってもらうことが、
一番楽しんでいただけるのではないかと思いました。
ということでコースは新舞子→はりまシーサイドロード→坂越→木漏れ日ロード→だるま珈琲に決定!
参加メンバーは高松からタイプRさんとうずしおさんの主役ご夫婦と、大阪からkonoさん。
地元からはコギコギさん、ぴよぴよさん、モーニングさん、住友輪業。
さらにうずしおさんの希望でママチャリダーさんの参加も決まり8名。
ママチャリダーさんは急用のため途中参加となりましたが、結構な大所帯となりました。


そして当日朝の出発地点・相生駅。
この日のサイクリング自体には不参加でしたが、仕事前にフクさんがお見送りに来てくれました。
しかし時間の都合でタイプRさんご夫婦とは会うことはできず・・・残念!!
そしてあつまったメンバー。
b0299252_2202061.jpg
主役のタイプRさんをほったらかしにして、なにやら作業を開始。
モーニングさんがぴよぴよさんのホイール、カンパニョーロ・シャマルウルトラを試すべくホイール交換です。

「漕ぎ出しが軽い!!」

喜ぶモーニングさん。

「なんでこのホイール履いててあんなに速いんだ!??」

方やぴよぴよさんは、モーニングさんの完成車付属の重いホイールを履いてビックリ。
モーニングさんは軽量なカーボンディープを買うかもしれないと言っていましたが、
できればやめてほしいなー(切実)


さて、そんな感じで始まったサイクリングですが、コースディレクターの僕が先頭を引くこととなります。
最近はLSDでしか走っておらず、どれくらい筋力が衰えているのか不安な状態。
とりあえず30km/hくらいで引いてペースを作ります。
この時点で紅一点、うずしおさんもこのくらいのペースなら余裕で会話しながら付いてきます。
さすがですね~。
おかげであっという間に新舞子に到着。
b0299252_22223559.jpg
あいにく、この日は満ち潮で干潟は現れていませんでした。
ということでコギコギさんのビキニのおねーさんネタで盛り上がる。

「夏場は目線に気付かれないくらいの深い色のサングラスを忘れるな!」

夏の新舞子を堪能するためのありがたい教え(?)を頂き退散(笑)
タイプRさんとうずしおさんに、あの干潟の風景を見せてあげたかったのですが・・・残念でした!!


つづく目的は「道の駅みつ」での蒸し牡蠣。
はりまシーサイドロードに出るまでは先頭を引き、あとは一本道というところで先頭を交替。
この先、先頭を引くのは大阪からお越しのkonoさん。

konoさんは忘年会サイクリングのときに生まれて初めて牡蠣を食べ、
「こんなにうまいモノがあったのか~!」と感動。
以来、牡蠣(特に相生周辺産の)に目がなくなってしまったのです。
先頭を引くkonoさんは蒸し牡蠣目指してまっしぐら!
またしてもあっというまに「道の駅みつ」に到着です。

「焼き牡蠣もいいですが蒸し牡蠣も旨いっすよ~♪」

konoさんはもちろん、タイプRさんご夫婦も蒸し牡蠣を楽しみにしていたことでしょう。
先陣を切って、僕が売り子さんに尋ねました。

「蒸し牡蠣ください!」

「あ~、ごめんなさい。11時からです><」

ずがぴ~ん!!
30分ほど早すぎた・・・
蒸し牡蠣が始まるまで待てばいいんだけど、この後の予定を考えるとちょっと無理かも・・・
タイプRさんとうずしおさん、そしてkonoさんにあの蒸し牡蠣を堪能してもらいたかったですが・・・残念でした!!

b0299252_22392920.jpg
止む無く手配したもの・・・なんとか蒸しつながりだぜぃ!
蒸し立ての「しょうゆ饅頭」でございます。
しょうゆ、およびしょうゆ饅頭はたつの辺りの名産品ですね。
一応、地の物を味わっていただくことにはなんとか成功しました。

「しょうゆ饅頭の蒸し立ては初めてやわ~。
 うん!うまいうまい♪」


一番堪能していたのは地元のコギコギさんだったかも・・・
ぐぬぬ、こんなはずでは・・・


つ、次の目的地は室津の賀茂神社です。
自転車御守りで有名になりつつあるこの神社は、サイクリストなら訪れていただきたい場所。
b0299252_2250635.jpg

室津の風情ある町並みを堪能した先、細い激坂を登ったところに室津神社の入り口があるのですが・・・
b0299252_22494152.jpg
「こ、こんなはずでは・・・」

入り口閉まっとる\(^o^)/

タイプRさんとうずしおさんには、多忙な中、時間を割いて高松から来ていただいています。
この時点でサイクリング発起人兼コースディレクターの僕は内心焦りまくり。
新舞子の干潟が満潮でダメ、蒸し牡蠣もダメ、さらに自転車御守りもダメ?
二度あることは三度ある・・・のか!?


ここまで読んでいただきありがとうございます。
続きは暇を見つけて近々必ず書きますね。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-02-25 23:06 | グループライド | Comments(10)
Commented by おばさん at 2014-02-26 13:33 x
え〜?! 神社が閉まってるなんて!
紅白の垂れ幕があるから お祭りかなぁ…
でも、入り口は閉めないよね…(´・_・`)
気になる…
Commented by ボーンズ at 2014-02-26 14:16 x
なかなかの波乱ですね(苦笑)
それもまた楽しいですが☆
行けなかったのが残念ですね(>_<)
Commented by rynx04 at 2014-02-26 20:05
>おばさん
あの上りにくい坂道を上りきったらこれだもの・・・
うそやろーって感じでした。
Commented by rynx04 at 2014-02-26 20:07
>ボーンズさん
終わってみれば波乱もまた良しですが、この時はほんと焦りました。
勘弁して~!って
Commented by タイプR at 2014-02-26 22:29 x
年末はどうしても抜けられない仕事が入ってしまい、無念でなりませんでしたが、皆様のお陰でその無念を完全に払拭することができました。
言葉では表せないくらい嬉しかったですよ。
潮が満ちていても蒸し牡蠣がなくてもその気持ちが最高に嬉しかったです。また、行きたいです!
Commented by rynx04 at 2014-02-27 21:45
>タイプRさん
年末の無念を無事に晴らしていただけてよかったです。
今年は臨時漕会のサイクリングイベントが盛りだくさんになりそうなので、近々また一緒に走りましょう!
Commented by kono at 2014-02-27 22:26 x
コースディレクター、お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。
賀茂神社の坂を下る途中で住友さんが「今日はこんなんばっかりや」と呟かれたのを聞き、お気持ちを察すると辛いものがありました。
でも私を含め、皆さん楽しまれてるのを感じてましたので、住友さんのお気持ちのほうか気になってました。
Commented by うずしお at 2014-02-28 02:18 x
お忙しい中このような楽しい企画を
本当にありがとうございましたm(_ _)m
何より天気がよくて、
ブログの有名スポットを巡りながらのサイクリングは
まさにお上りさん状態でしたヾ(#^∀^#)ノ
住友さんのご苦労などまったく知らずに、
しょうゆ饅頭をおいしくいただいておりました (^^;)
神社の坂もおもしろかったですよ〜♪

Commented by rynx04 at 2014-02-28 20:40
>konoさん
あらま・・・ご心配をおかけしてしまいましたね。
konoさんにも蒸し牡蠣食べて欲しかったのですが・・・それは来年の楽しみとしておきますか!
Commented by rynx04 at 2014-02-28 20:42
>うずしおさん
僕はヒマでした(笑)
むしろ忙しい中、高松より駆けつけていただき感謝・感激です。
苦労というよりは下調べ足らず?
でも楽しんでいただけたようなので良かったです。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31