住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

案内役をぶん投げろ!!

2月16日の業務日報・2ページ目

入り口閉まっとる\(^o^)/


タイプRさんとうずしおさんのご夫婦に、自転車御守りを授かることができる賀茂神社へご案内したというのに、
いつもの激坂道の参道は紅白の垂れ幕がとうせんぼ。
せっかく忙しい中、高松から来てくれているというのに・・・
僕はメチャクチャ焦っていました。
そんな僕にコギコギさんから助け船。

「正面からなら入れるかもね。」

「へっ!?正面???」

僕は西播磨を走る機会が多いので、この辺りのことをそれなりに知っているつもりでしたが、
やはり地元ではないので情報が偏っているんですよね。
賀茂神社にはロードバイクでしか来ないので、ロードバイクに乗ったまま入れるいつもの参道しか知らなかったんです。
本当はいつもの参道が裏口で、正式な参道があるってことらしい・・・

「ご案内をお願いいたします(><)」

ということでコギコギさんの先導で再び室津の町並みを抜けて賀茂神社の正式な参道へ・・・
b0299252_22313592.jpg
確かにこっちのほうが神社の参道って感じです。
みんなでロードバイクをかついで石段を登りました。
b0299252_22371949.jpg
b0299252_22425784.jpg
そしてタイプRさんとうずしおさんは無事に自転車御守りを授かることができました。
さらに神社の方からお茶を頂き、みんなでほっこり。
一時はどうなることかと、ひとりで勝手に焦っていましたがよかったよかった♪


さて、お次は室津漁港です。
さきほど「道の駅みつ」で蒸し牡蠣を食べ損ねたので、ここは押さえておかねば!!
ということで、ぴよぴよさん・・・

「ご案内をお願いいたします(><)」

いつものように、ぴよぴよ隊長を先頭に焼き牡蠣の試食の列に並びました。
この日は4件のお店で試食をやっていて、4件全てを制覇!!
b0299252_22571369.jpg
大きく育って食べ応えのありそうな牡蠣を眼前に・・・
b0299252_2258178.jpg
うずしおさんのいい笑顔♪
b0299252_22495851.jpg
「こんなに美味しい牡蠣は初めてです!!」

そう言うタイプRさん。

「あっ!2ヶ月前の自分自身の姿を見てるみたい。」

2ヶ月に室津の牡蠣に出会ったkonoさん。
おししそうに牡蠣を食べるタイプRさんを見つめるその目は、まるでそう言っているようでした。
こんな文章を書いている僕自身も、1年前に室津の牡蠣に出会い、はまった口なのでその気持ちはよ~く分かります!

そして今回の室津漁港で最大のヒットはこちら。
b0299252_2331754.jpg
牡蠣のお味噌汁です♪
試食の焼き牡蠣の列に並んでいるときに、ぴよぴよ隊長がこの味噌汁を販売している現場を発見。
牡蠣が3つも入っていてなんと100円という破格に、ぴよぴよさんに続いて全員がなだれ込みました。
冷たい冬の空気の中、焼き牡蠣の列で待ちながらこの味噌汁をすする。

「たまらんです!」

牡蠣以外には青ネギ少々だけというシンプルなお味噌汁でしたが、最高に贅沢な一品でした。
また食べたいなぁ・・・


こうして、コギコギさんとぴよぴよさんのお陰で、タイプRさんとうずしおさんに室津を堪能していただくことができました。
さて、次は万葉岬です。
その手前、万葉岬の入口では、朝からの用事を済ませてやってきたママチャリダーさんと合流することになっていました。

「せめて万葉岬入口までは、僕がしっかりとペースを作ってご案内しよう。」

そう思っていたら、それを許さない人物が1名。
僕が遅くもなく速くもないペースで引いていると、後ろからひとり飛び出して行きました。
モーニングさんです。

この日、ぴよぴよさんから借りて履かせているシャマルウルトラの感触を、
走りなれているはりまシーサイドロードで試してみたかったのでしょう。
ぐんぐんと加速して、列車から離れていくモーニングさんの背中を見ていると火が着いてしまいました。

「案内役!?それよりもこうなったら千切り合いでしょ!!」

さっきまでしっかりペースを作って・・・なんて思っていたというのに、我ながら案内役には向いていませんねぇ・・・
しかしこうなってしまったからには、モーニングさんに食らい付いてゆきます。
何度か先頭を交替しながらハイペースのまま走り続けて、万葉岬入口まで最後のやや長い上りにさしかかりました。
この時点で先頭はモーニングさん、後続は見えず完全な一対一の勝負。
僕は上りは得意なのでいけると思っていたのですが・・・

「ありゃ!?モーニングさん、いつもより上り速いんちゃう?」

モーニングさんのホイールを履かせているぴよぴよさんが、「なんであのホイールでこんなに速いんだ!?」
って言ってたな。
軽いホイールを手に入れたモーニングさんには死角がないようで・・・これはヤバイ!!
僕は心拍数を上げて必死にドラフティング圏内に留まろうとしました。

残るコーナーはあと3つ。
最後から2つ目のコーナーを抜けたら仕掛けようと思っていました。
が、しかし・・・

その最後から2つ目のコーナーにたどり着くまでに、モーニングさんとの車間がジワジワと広がってゆきます。
僕の心拍数は170台。
そしていつもなら、さらに180台まで上げて長からずともある程度の時間キープできるのですが、
LSDトレーニングしかしていなかった影響か、心拍数が170台から上がっていかないのです。
このズルズルと車間を空けられている現状が、今の僕の限界。
ここで作戦変更を余儀なくされました。
ちょっとだけ漕ぎを緩めて余裕を作り、最後のスプリントでモーニングさんを差しきる!

ここで漕ぎを緩めるということは、モーニングさんとの車間はさらに広がります。
最後から2つ目のコーナーで数メートル。
モーニングさんが最後のコーナーに差し掛かったところで約10m・・・

「今だ!!」

軽いギヤでのシッティングから一気にギヤを重くして、ダンシングで全力スプリントを開始!
徐々にモーニングさんとの車間が縮まってゆく。
上がらないはずの心拍数は180台まで上がる。
そして上り勾配が終わったところ・・・
僕とモーニングさんはサイド・バイ・サイドでゴール!!


「ちょっ・・・しんどっ・・・息が・・・苦しっ・・・」

ゼェゼェハァハァを通り越してヒィヒィ言っている僕の横には、涼しい顔のモーニングさん。
モーニングさんに軽いホイールはまさに鬼に金棒ということらしいです。
そして僕は僕自身が思っている以上に衰えているらしい・・・

そしてそんな2人を出迎えたのは、ママチャリダーさんと偶然合流し拉致されたというお友達のソナさん。
いきなりヒィヒィ言って登場した僕の姿を見てドン引きです。
なんかすんません。

「いきなりペース上がって訳が分からなかったですよ~」

そういいながらタイプRさん達も追いついてきました。
案内役を投げ出して楽しんじゃいました♪
なんかすんません。


迷案内役によるサイクリングもここで中盤を迎え、ママチャリダーさんも合流し今回のメンバーが全員揃いました。
ママチャリダーさんが拉致してきたというソナさんも含めて、メンバーはなんと総勢9名。
さてここからは万葉岬。
1.3kmほどのちょっとしたヒルクライムです。

さて、行きましょう!
と思ったら、あぁ・・・やっぱり。
あの人が行きたくないとごねだしました。

その様子はまた次回。
頑張って更新しまーす。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-03-05 00:08 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31