住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

東播ライドで写真撮影練習。

3月23日の業務日報

このブログ用の写真をとるために使っていたボロいデジカメがお亡くなりになりました。
もともと自転車に乗りながらの撮影用にと、落として壊してしまってもいいように、
ヤフオクで3,000円くらいで買ったものだったので、壊れてガッカリなんてことはなかったのですが、
ブログ用の写真を撮影する機材がなくなってしまいました。

どうしよっかな・・・と考えていたときに思い出したのが、実家に置いてきぼりにしていた一台のデジカメのこと。
b0299252_22275350.jpg
今は亡きSANYOのデジタルムービーカメラ・Xacti CG11です。
このカメラ、デジタルムービーカメラという名前のとおり動画撮影に特化したデジカメなのですが、
片手での操作がしやすいように設計されていて、自転車に乗りながらの写真撮影にも適していると思ったのです。
ということで実家に置いていたXacti CG11を手元に取り戻し、「ひなまつりアワイチ」から使用を始めました。

しかし使ってみて問題発生。
写真を撮影しようとシャッターボタンを押してから1~2秒くらいのタイムラグの後、
ようやくカシャっと撮影されるという、シャッターチャンスを逃しやすい仕様のようです。
おかげで「ひなまつりアワイチ」で撮影した写真のほとんどが使い物にならず、非常に残念な有様。
やはり動画撮影に特化したモデルだけあって、写真の撮影にはあまり気を配っていないカメラなんでしょうか・・・

いやいやそうではありませんでした。
そのタイムラグはカメラのせいではなくて、単に僕がシャッターボタンを押す前にある動作をしていなかったために
発生してしまっていたのです。
その動作とは、ピントを合わせるためにシャッターボタンの半押し。
それさえちゃんとすれば、普通のコンデジよりちょっとタイムラグがあるけれど慣れれば使えるかも・・・という印象です。
危ない危ない・・・

「使いモンになんねぇ!!」

な~んて、僕自身の撮影手順の間違いを棚に上げて、新しいデジカメを買って無駄なお金を使ってしまうところでした。


使えると分かれば、今度は実際に乗りながら撮影してみよう・・・
ということで、自宅発であまり計画も練らずに撮影練習ライドに出かけてきました。

まずは舞子から国道2号線と250号線を経て東二見まで西へ20km弱。
この区間は信号も交通量も多く、なれないカメラで撮影なんてしてたら危なすぎるので、
信号ダッシュスプリントでインターバルトレーニングをしながら走りました。
国道2号線を東に進むより、信号の間隔が長いのでメチャクチャハードでした・・・
スピードもその分速くてアベレージは35km/hオーバー!!
あとはゆっくりお気楽ライドのつもりだったので、僕としては相当追い込めていいトレーニングになりました。

東二見からはJR土山駅前を抜けて田畑のど真ん中を突っ切る一本道へ。
b0299252_2333237.jpg
この道は舗装を直した直後のようで気持ちが良かったです。
思わず引きたてであろう白線を使って白線トレースの練習。
b0299252_2373897.jpg
あとは前のデジカメではできなかった、こんなアングルの撮影の練習。
この道は交通量も少なくてずっとまっすぐなので、Xactiでの撮影練習もみっちり行えました。
b0299252_23133677.jpg
思うがままに権現ダムのサイクリングロード・・・ってまたこのアングル!?
ええ・・・このアングル、ちょっと気に入りました♪

さてさて、お次はどこに行こうかな?
このまままっすぐ行けば「がいな製麺所」だけど、最近走ったばかりだし・・・
そうだな、せっかくならロードバイクで初めて走る道を行ってみよう。

山陽自動車道の高架トンネルをくぐった直後の交差点を右折し、小野の市街地を目指しました。
b0299252_23192285.jpg
鴨池周辺を抜けるこの道は、「THE 東播磨の田舎」という趣で大好きなんです。
かつてはMTBでこの辺りをよく走っていたのでとても懐かしかったです。

b0299252_23251832.jpg
その後は小野市街地で若干迷いながらも「ひまわりの丘公園」へ・・・
b0299252_23254967.jpg
公園前の休耕田を利用した畑では、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスが埋め尽くすのですが、
ちょっとくるのが早すぎたようで、寒々しい風景が広がっていました・・・残念!!

風景は楽しむことができませんでしたが、ここからは走る道そのものを楽しむ区間です。
b0299252_23365773.jpg
b0299252_2337590.jpg
b0299252_23372513.jpg
b0299252_23372313.jpg
二車線、少ない交通量、そして適度なアップダウン。
そんなつもりはなかったのについついうっかり上がってゆくペースと心拍数。
さようなら・・・束の間のお気楽ライド・・・

「東播磨の道も捨てたモンじゃない!」

西播磨や淡路島ばかり走っている僕ですが、出身地の東播磨の道のよさに目からうろこ。
これからはちょっとこの辺りのルートを開拓してみようかな?
道の駅も複数あるし、休憩スポットにも事欠かなさそうです。
b0299252_23444925.jpg
b0299252_2345111.jpg
そんな道の駅のひとつ、道の駅とうじょうでたい焼き休憩。
そういえば朝ごはんも食べずに出発して、なんにも食べていませんでした。

「VAAM飲んでるしなんとかなるか・・・」

そう思ってたい焼きとコーヒー以上の補給はせずに、そのまま淡河(おうご)から国道428号線・岩谷峠へ・・・
b0299252_23495845.jpg
この峠は淡河側から上ると序盤は約10%弱での上り、
途中イン側が20%近い勾配の凶悪なヘアピンを経て10%強の区間・・・
そして最後はだらっと7%くらいで上らされます。
この峠の凶悪ヘアピンを過ぎた辺りで明らかにパワーが落ちました。
たぶん少なすぎる補給にエネルギーが切れたんでしょうね・・・

「これはアカンやつや!」

久々に味わうハンガーノックの予兆。
さらにこの日は適当にルートを決めながら走っていて、峠も走る予定がなかったのでスプロケは11-23tの平地仕様。
もう上りがツラいのなんのって・・・(T-T)
勾配が緩くなっても重いギヤにチェーンをかけられず完全終了!
峠を下りきったらハンドルを握る手がプルプルしてるし、なんでまだ自転車を漕げているのか不思議な状態に突入。
まともに思考ができなくなって、すぐに補給しに行けばいいものを、自宅近くの蕎麦屋に駆け込むまで、
そのまんまの状態であとふた山越えてしまいました。

あんな状態でほぼ走りきるところまでいけてしまうなんて・・・本当に何とかなってしまった。
VAAM、恐るべし!!

いまさらながら、VAAMの絶大な効果を実感したライドとなりました。
でもVAAMを飲んでても、しっかりと補給はとらないと思考がかなり鈍くなるので危険かも・・・
VAAMは完全にハンガーノックに陥らないための保険くらいに思っておくのがいいかもですね。


それはさておき・・・

あれっ!?写真撮影練習のつもりが追い込み練になってたぞ!!?

途中のエネルギー切れのせいもありますが、やっぱりまだ「乗れている」状態には遠いです。
とにかく練習あるのみ!
シーズンインはすぐそこまでやってきています。
3/30には「OCKサイクリングin雲海」に参加し、シーズンイン時点での実力試しをする予定です。
残された時間は1週間・・・

「こりゃ間に合わん!明日も追い込むどぉ~!!」

次回、臨時漕会定番のトリガタワで追い込みの様子をお届けしまーす♪

以上、業務報告終了!!


<走行データ>
走行時間  4:09:10
走行距離  112.2km
獲得標高  1,175 m
平均速度  27.0 km/h
最高速度  57.9 km/h
平均cad   80 rpm
平均心拍  151 bpm (72.9%)
最大心拍  180 bpm (86.9%)
消費カロリー 1,999 kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-03-28 00:29 | ソロライド | Comments(4)
Commented by おばさん at 2014-03-28 09:42 x
メガネをかけないで読んだら 道の駅「とうじょう」が 「どうしょう」に見えて…f^_^;
迷うくらい楽しい何かが有るんだ〜って思い込んでましたσ^_^;
綺麗な道ですね^ - ^
Commented by rynx04 at 2014-03-29 19:03
>おばさん
この道は、実家に住んでいたころに小一時間のドライブでよく走っていた道なんです。
やっぱり車で走るよりロードバイクで走ったほうが気持ちよくて楽しいですね♪
Commented by VIVALOの人 at 2014-04-03 13:07 x
初めまして。いつも拝見させて頂いてます。
本日早朝、初めて岩谷峠に行き淡河側から上りましたが、序盤で心へし折られそうになりました…
凶悪な峠ですねw
Commented by rynx04 at 2014-04-03 13:35
>VIVALOの人さん
コメントありがとうございます。
岩谷峠の淡河側は何度上っても嫌らしい、達成感のある峠ですね。
途中のヘアピンで車に抜かれた日には失速は必至ですから、いつも「車来るなよ~」って祈るような気持ちで上っています。
箕谷側から上ると気持ちよく上れるのですが、それでもなぜかいつも淡河側から上ってしまうんですよね・・・
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31