住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

強風の中、LSDトレーニングの効果を実感!

3月24日の業務日報・2ページ目

桜ポタをはさみましたが、再びトリガタワライドの続きです。

できる限りサドルの後ろの方にお尻をのせてペダリングすることにより、縦踏みが消えるとともに、
ハムストリングスを使ったきれいなペダリングを取り戻しました。
b0299252_2147272.jpg
中国自動車道・山崎IC辺りから、揖保川を挟んで国道と平行して走る県道では、
これまで重かった脚が嘘の様に回り始め、低迷していたアベレージスピードがグングンと伸び始めました。

そしてさらなる好材料。
県道を走り終え、再び国道と合流してからは追い風が吹き始めたのです。
道の駅播磨いちのみやあたりは、明らかな上り基調な道なのですが、強烈な追い風で40km/hほどのスピード。
強烈な風はずっと強く吹き続けたわけではないのですが、それでも明らかに僕の背中を押してくれていました。
b0299252_21485222.jpg
トリガタワ直前の休憩ポイント、道の駅みなみ波賀に着いた時点で、なんと32km/hオーバーのアベレージスピード。
走り始めた直後は回らない脚に苦戦していたというのに、これまでで最も速いペースです。

そして休憩を挟んでのトリガタワヒルクライム。
やはり前日の疲れが残っているのか、踏むとすぐにタレてしまいそうだったので、
ここでも後ろ乗りでクルクルと回していく作戦。
旧道入口までの最大9%の坂道は、ここ最近のヒルクライムでの苦労が嘘の様にすんなり上れました。
b0299252_21521394.jpg
そして旧道へ・・・
ここは後半に15%近い勾配が待ち受ける難所。
b0299252_21562827.jpg
冬の名残か、道端に残る雪を見ながらやはり後ろ乗りでクルクル回す。
さすがにこのペダリングは踏みが弱くトルクが出ないので、15%近い勾配の場所では10km/hを切ってしまいましたが、
びっくりするほど脚を使わずにトリガタワを制覇♪
b0299252_2159738.jpg
途中、失速しかけたので、ヒルクライムについてはまだまだ戻りきっていないかな・・・という感触。
しかしそれは正月からずっとベスト+4kgをキープしてしまっている体重のせいかもしれません。
ということで今回特に徹底して使っていた後ろ乗りでのペダリング・・・使えるっ!!

これまでの経験上、僕の筋肉は遅筋線維の割合が多いタイプなので、
今回の様な後ろ乗りのフォームでハムストリングスを徹底的に使うペダリングとの相性がよさそうです。
ロングファストランにおけるさらなるレベルアップのために、めちゃくちゃ大きい収穫を得ました。
兎に角、攻めるヒルクライムと千切り合いのとき以外、前乗りは封印ですね。


さて、トリガタワを脚を使わずに超えて、千種町に下りてきました。
ここからは千種川沿いを延々と南下する下り基調の高速巡航背区間。
ここまでアベレージスピードが30km/hジャストでしたから、かなりいいアベレージスピードでゴールできそうです。




・・・しかしちょっと待って欲しい。

少し時間を巻き戻して、トリガタワヒルクライムの少し前。
北上する僕の背中を押していたのは南風・・・
そして今から向かうのは南・・・
ということは・・・
b0299252_22215100.jpg
「ぐぉぉおおおっ!すんげぇ向かい風ぇぇえええっ!!」

無風なら40km/hくらいで走れるこの道も、この日ばかりはそうはいかなかった・・・
それでもなんとかアベレージスピードを31km/hオーバーまで上げてみたものの、
徳久あたりからは、これまで明らかな下り基調な道がほぼ平坦に・・・
ここからは重力の力を借りることはできない。

向かい風vs自身の脚力&スタミナの純粋な勝負です。

その内容はまさに「アベレージスピード31km/h攻防戦」。
強い風が吹くと押し戻されて落ちるペースとアベレージ。
風が弱まればここぞとばかりにスピードを上げてアベレージを少しでも取り戻す。
心拍数は高い数字をキープしたまま。
これまで徹底した後ろ乗りをしてきましたが、強く風が吹くときばかりはスプリントの様に前乗りにして踏む!
同じ筋肉ばかり使っていては、すぐに疲労してしまうので、サドルに座る位置やハンドルを持つ位置を提起的に変えて、
色んな筋肉をローテーションで動員してまんべんなく使っていく。

しばらくして気がつきました。
ずっとかなり高めの心拍数を維持し続けているのに、どこか余裕を感じる。
口でハァハァと激しめの呼吸をしている状態は、国道2号線に突き当たるまで継続することができました。
ここからは狭い農道を走るため、ペースを一気に落として、だるま珈琲までダウン走をすることにしましたが、
強い向かい風の中、失ったアベレージスピードはわずか・・・
ダウン走直前まで30.8km/hのアベレージスピードで走りきることができました。

「これってLSDの効果かも・・・!!」

これまででもっとも速いペースでトリガタワ旧道コースを走り終えた満足感と、
苦しかったLSDトレーニングの効果らしきものをようやく感じることができた安堵感を胸にダルマ珈琲へ・・・

「ずいぶん晴れ晴れとした表情をしてるねぇ。」

だるま珈琲に到着し、暫く間コーヒーとデザートをおいしくいただきながらマスターと談笑していると、
ひとりのローディーがやってきました。
この日、僕と同じように追い込み練習をしていたコギコギさんです。
だるま珈琲の特等席・カウンターに並んで離すのはもちろんロードバイクの話題ばかり。

「LSDトレーニングの成果でてる?」

これまでコギコギさんの周りでは、コギコギさんの様に一定期間LSDトレーニングに専念した人がいなかったらしく、
最近よくこの話題をふられます。
すかさずこの日感じたLSDトレーニングの成果らしきものを報告。
うんうんと頷きながら僕の話を聞いたコギコギさんが次に返したその一言は、非常に的を射たものでした。

「AT値が上がったような感覚やろ。」

まさにその通り!
話によるとコギコギさんもLSDトレーニングのあとはそのように感じることがあるらしい。
そしてそれは僕にとってはとても嬉しいことでした。


「本当にこんなんでええんやろうか・・・」

これまで疑問と不安を感じながら、まるで深い霧の中をさまようように取り組んできたLSDトレーニング。
それが間違いじゃなかった・・・

LSD明けのギクシャクした高速巡航、得意なはずのヒルクライムで簡単に失速してしまうなまった脚。
やっと以前の感覚を取り戻した・・・

シーズンインを直前についに納得のいく走りができました。
さあ、ここからです!
V字回復というからには、以前の感覚を取り戻したところで立ち止まっていてはいけません!
俄然、燃えてきましたよ~っ!!

まずは次週に控えたシーズンインの実力試しのイベント、
OCKサイクリングin雲海に、いざ出陣じゃ~!!
b0299252_22453141.jpg



以上、業務報告終了!!

<走行データ>
走行時間  4:03:04
走行距離  122.15 km
獲得標高  736 m
平均速度  30.2 km/h
最高速度  59.2 km/h
平均cad   93 rpm
平均心拍  158 bpm (76%)
最大心拍  177 bpm (86%)
消費カロリー 2,029 C

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-04-02 23:27 | ソロライド | Comments(0)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31