住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

こんな初心者見たことない!

日曜日の晴れの国おかやまエンデューロ、楽しんできました♪
しかしその翌日に思わぬトラブルが発生し、ブログの更新が遅れてしまいました。
早くエンデューロのことも書いていきたいので、ここからペースを上げていきます!!

ということで・・・

4月9日の業務日報・2ページ目

だるま珈琲のマスターにとって初めてのロングライドの行き先は、小豆島・寒霞渓。
平日のど真ん中に有給などを使って集まった4人の臨時漕会メンバーは、
まずは小豆島行きのフェリーが発着する日生港を目指しました。

相生から赤穂方面へは、普段ならショートカットできるけど交通量が多く危険な国道250号線・高取峠を避けますが、
この日は早朝5:30発とあって、交通量はまばら・・・
先頭を牽くコギコギさんはフェリーの出港時間に間に合うように、迷わず高取峠越えを選択。
いきなりのプチヒルクライムです。
b0299252_2156576.jpg
「あらら・・・始まりましたねぇ。。。」

ここでいきなり仕掛けたのがONIさん。
しかし最後にダンシングで仕掛け返したコギコギさんに差された模様。
ONIさんはこの後ことあるごとに、最初の峠で差されたことを悔しがる様な言葉を発していました(笑)

マスターにとっては始めての本格的なグループライド。
そして千切り合いはグループライドの醍醐味のひとつです。
初めて千切り合いを目の当たりにするマスターはちょっぴり嬉しそうに見えました。


赤穂から日生までは2箇所ほど、ちょっとした峠があります。
ここではマスターの走力に驚かされることとなりました。
マスターは昨年11月にロードバイクに乗り始めたばかり・・・
まだ初心者と言ってもいいくらいの経験しかないはずです。
対して今回のメンバーは、ロードバイク暦20年のコギコギさんを筆頭に経験豊富なメンバーしかいません。

そんなメンバーが峠の度に千切り合いをしてペースが上がっているというのに、
マスターは離されたとしても見える位置で付いてくるんです。

「こんな初心者見たことない!」

さらに圧巻は峠を越え日生港までの平坦路。
b0299252_2151468.jpg
下ハンを持ち、列車の先頭を牽いているのはマスター!
そのスピードは35km/hを超えるほど。
マスターは日生港で休憩できると思ったから飛ばしたと言っていましたが・・・

「こんな初心者見たことない!」

予想を上回るマスターの走力。
お陰でかなり予定を巻いて、フェリーの出港時間の1時間弱前には日生港に到着していました。


「思ったより早く着いたんやねぇ。」

日生港で時間をつぶしていると、なんとサプライズゲストが登場。
だるま珈琲の常連客で、チームヴェルジェに所属する鎌ちゃんさんです。
鎌ちゃんさんもマスターの小豆島ライド企画を知り、同行するために駆けつけてきたそうです。

b0299252_221179.jpg
そして出港時間。
5人のローディーを乗せたフェリーは小豆島を目指し、ゆっくりと日生港を出発しました。

フェリーの中では売店のお土産を物色したり・・・
b0299252_226268.jpg
うどんを食べたり・・・
b0299252_2255760.jpg
そわそわしたり・・・
b0299252_2252473.jpg

「まるで遠足やな・・・」

小豆島を何度も走ったことがある鎌ちゃんさんは流石に落ち着いたもの。
はしゃぐ臨時漕会メンバーを見て、呆れたようにつぶやいていました。
これが遠足なら鎌ちゃんさんは引率の先生、コギコギさんが委員長で、マスターは転校生といったところかな?
坂と見れば仕掛けるONIさんと僕は、やんちゃ盛りな問題児(笑)


フェリーは1時間後に小豆島・大部港に着いて、いよいよマスターが小豆島の地をロードバイクで走り始めました。
b0299252_2218839.jpg
先頭は転校生を守るように走る委員長。
後ろには写真では行儀よさそうに見えるやんちゃな問題児(笑)と引率の先生。
引率の先生も割りとフリーダムな走りをされていたような・・・

小豆島に入り、寒霞渓へは島の反対側の草壁港から上ることになっていました。
大部港から草壁港へは島の沿岸部の道を時計回りに半周して向かいます。
そしてこの沿岸部の道はひたすらアップダウンが続く、なかなか走り応えのあるコースです。
しかしここでもマスターの高い走力は健在で、大部港から最初の立ち寄りポイントとなった南風台まで、
問題児約2名の仕掛けも手伝って、Ave.26km/hオーバーのハイペース。

「マスター、疲れてない?」

「さすがに脚はちょっと張ってきましたけど大丈夫です!!」


予想以上のハイペースに心配したコギコギさんに対する答えは問題なし!

b0299252_22302047.jpg
南風台では鎌ちゃんさんにお願いしてこんな写真も・・・
う~ん、丸臨カッコよす♪
b0299252_22255615.jpg
マスターも南風台ではスマホ片手に笑顔で記念撮影していました。

「こんな初心者見たことない!」

さらにマスターの快進撃は続きます。
橘峠・・・ここを超えれば草壁港というポイントにて。
ここでは新しくできたトンネルを抜ければ難なく草壁港にたどり着けます。
b0299252_2236178.jpg
しかしここでマスターが選んだのはトンネルからさらに100mほど上る旧道。

「こんな初心者見たことない!」

並みの初心者ならまずこんな選択しませんし、できません。
いや、これまで万葉岬を何度も何度も上ってきたマスターはすでに初心者の域を脱しているのかもしれない・・・
全員がそう思いかけた頃、その事件は起きました。

マスターが選んだ橘峠旧道のダウンヒル。
一足早く坂道を下りきったコギコギさんの携帯電話が鳴りました。
僕は2番手で坂を下り終えていましたが、マスターから後続のメンバーは一向に下りてきません。
そして携帯電話を切ったコギコギさん・・・その口からは信じたくない言葉。

「落車や・・・落車したのは・・・」





「マスター!!」



ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-04-16 22:45 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31