住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

そして変態になりました。

4月27日の業務日報・3ページ目

ビワイチを走り終えてからアワイチを走り出したぴよぴよさん、モーニングさん、住友輪業。
岩屋港からはアワニに挑戦するボーンズさん、さらに志し高きトライアスリート、レンジャーさんを道中で吸収し、
洲本からはこの5人で淡路島を走ることになりました。

途中からの成り行きで一緒に走ることとなったレンジャーさんには、手信号だけ出すようにお願いして走り始めました。
すると手信号を真似るだけでなく声出しまで真似てくれて、安心して一緒に走ることができましたね。
レンジャーさんの様な方と一緒に走るのは、ただそれだけで心地のよいものです。


「アワイチ・・・初めてなんですよね。」

なんとレンジャーさんはアワイチのコースプロフィールを知らない様子。

「この先、割とキツい峠越えが連続しますよ。」

そしてその言葉の通り、しばらく走ると最初難関となる水仙峡の峠に差し掛かりました。
ここではできるだけ踏まないペダリングを使ったヒルクライムを実践。

「上りに強くなりたいんですが、コツってなんですか?」
b0299252_21514267.jpg
そう聞いてきたのは、僕のペダリングとは対照的な踏みのペダリングで2番手で坂を上ってきたレンジャーさん。
水仙峡第2ピークまでの上りでは併走しながら、あくまで素人ではありますが僕なりのペダリングを解説しながら
上ってゆきました。

僕が上りを一定ペースで走るときは、腸腰筋による脚の引き上げと
ハムストリングスで脚を前方に置きに行くようなイメージでペダリングをしています。
大腿表側やふくらはぎの筋肉をできるだけ使わずに、お尻や腰の大きい筋肉を使うイメージですね。

「腰がメッチャだるいです・・・」

これを真似しようとしたレンジャーさん。
これまで使っていなかった筋肉をいきなり使ってしまってしんどそうにしていました。
トライアスロン用のロードバイクは踏みのペダリングがしやすい前乗りのサドルポジションなので、
それで後ろ乗りのペダリングをしたのがいけなかったのかも・・・


さて第一の難関は突破し、キープレフトで安全に気を使いながら坂を下った先は南淡路水仙ライン。
ここは道の脇に遮るものが無く、風の影響をモロに受ける区間です。
そしてぴよぴよさんに対する淡路島子ちゃんのジェラシーは納まることを知らないようで・・・
相変わらずの向かい風でしたorz
ここはモーニングさんと僕で先頭交替をしながらクリア。

そして第二関門の灘大川の激坂。
最初は僕が抜け出して行きましたが、最後の勾配がゆるくなった辺りで猛追してきた人物が!
モーニングさんです。

僕が猛追に気がついたときにはとき既に遅し。
とても300kmオーバーツーリングの最中とは思えないような追い込みを見せるモーニングさんに先行を許し、
あわてて踏んで加速するも及ばず・・・
灘大川のKOMはモーニングさんの手に渡りました。
b0299252_22241460.jpg
あちゃ~、この顔は知ってしまいましたね・・・
ヒルクライムを制する快感を!
b0299252_222656.jpg
そして休憩中に襲ってきた眠気に撃沈する僕。
その脇ではみんな余裕そうに笑ってますね・・・
なんちゅー集団やねん。。。

「やばいっす!淡路島が地殻変動起こしています!」

この日、淡路島2周目のボーンズさんは朝に走った同じ坂なのに勾配がキツくなっていると大騒ぎ(笑)

「2周目はね、土地が隆起するんですよ。」

アワニをすでに達成したことがあるぴよぴよさんはそんなことを言っていたような・・・
b0299252_22294247.jpg
その後はいつものホテルニュー淡路の上りとうずしお峠を順調にこなし、ついに大きな峠は全てクリアしました。

そしてやってきた淡路サンセットラインの平坦路。
淡路島を南下した東浦では強烈な向かい風でした。
ということは北上する西浦では・・・

「追い風!気持ちいい~♪」

淡路島子ちゃんのジェラシーが収まったのか・・・それとも彼女はただのツンデレなのか・・・
やっと風が僕たちの味方になってくれました。
b0299252_22391570.jpg
その強力な後押しに、地殻変動にやられていたはずのボーンズさんもいい笑顔♪
先頭交替に加わるようになっていました。
ヒルクライムの快感を知ってしまったモーニングさんは、時折現れるちょい坂で暴れまわっていました(笑)
ぴよぴよさんは列車の後方で楽をしている・・・ということはもしや最後にやるつもりか!?

そんな元気な臨時漕会メンバーに対し、レンジャーさんは4つの峠で脚を使いきってしまったのか、
やや遅れがち。

「迷惑かけてすみません。」

そんな風に言っていましたが、旅は道連れ世は情け。
必ず誰かがフォローに入って一緒に走っていましたね。
b0299252_22572574.jpg
そして徐々に日が暮れてゆく。

「レンジャーさん、対岸の街並みがハッキリと見えるようになってきました。
 もうすぐ右カーブを抜けると目の前に明石海峡大橋が見えますよ!」


この日、アワイチが初めてなレンジャーさんにとってそれは忘れられない光景になるはず・・・
いや、それは僕たち4人にとっても同じこと。
ビワイチアワイチ、そしてアワニ・・・どっちも普通の自転車乗りならやらない馬鹿げた挑戦。
その達成を目の前に現れる明石海峡大橋の光景は、きっと特別なものになるに違いありません。
b0299252_2381544.jpg
「見えた!明石海峡大橋!!」

よっしゃ!あとは無事にゴールするだけ!!
そんな風に思っていたら、列車後方からぴよぴよさんが怪しい行動。

「今日は千切り合い無しなのぉ?」

そう言い残してスルスルっと前方に加速してゆきました(笑)

「みんな横並びで手をつないでゴールしましょう。」

そういえばぴよぴよさんはこの日、そんなことを言っていたはずですが・・・
この台詞を吐く人が一番危ないということですね(笑)
最後はみんなで感動のゴールと思いきや爆笑しながらゴールしました。
b0299252_2319879.jpg
そして記念撮影。
ゴールまでの道程の途中にはしんどいこともありましたが、終わってしまえば楽しいことしか思い出せない。
寝不足はピークに達しヘロヘロのはずでしたが、顔には自然と笑顔が浮かんでいました。

いやぁ、本当に楽しかった。

心からそう思える素敵で変態な1日はこうして幕を閉じたのでした。


<走行データ>
・ビワイチ
走行時間 6:18:12
走行距離 194.12 km
獲得標高 489 m
平均速度 30.8 km/h
最高速度 51.0 km/h
平均cad 84 rpm
平均心拍 143 bpm (69%)
最大心拍 173 bpm (84%)
消費カロリー 2,496 C

・アワイチ
走行時間 5:33:35
走行距離 151.22 km
獲得標高 1,410 m
平均速度 27.2 km/h
最高速度 60.5 km/h
平均cad 79 rpm
平均心拍 130 bpm (64%)
最大心拍 170 bpm (82%)
消費カロリー 1,930 C

・トータル
走行時間 12:10:25
走行距離 354.25 km
獲得標高 2,044 m
平均速度 29.1 km/h
最高速度 60.5 km/h
平均cad 82 rpm
平均心拍 138 bpm (67%)
最大心拍 173 bpm (84%)
消費カロリー 4,476 C


ここまで読んでいただきありがとうございます。
この日、これまでの1日での最長走行距離を145kmも上回りました。
寝不足の中、ハイペースでこれだけの距離を走れたことは大きな自信になりました。
次の変態ライドはどんなのかな~(壊)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-05-08 23:44 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31