住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

清く美しいヨゴイチ。

5月4日の業務日報・2ページ目

予定通り、清く正しくビワイチを楽しむ僕とkonoさん。
クラブハリエ・ジュブリルタンでの美味しすぎる補給を済ませて、再びハイペースで北へと進路をとりました。

普通、ビワイチをする際には、木之本あたりで左折し、賤ヶ岳トンネルの旧道を上ってゆくのですが、
この日はそのまま北上。
b0299252_22321537.jpg
余呉川という小さな川沿いの、農道の様な狭い道を直進してゆきました。
この先にはちょっと気になる場所があったんです。

その場所の名は余呉湖。

あれは去年の11月。
臨時漕会のぴよぴよさんとモーニングさんが、何かが間違えているビワイチを1日で2周するという
ビワニライドを決行。
その際に、走行距離が400kmに満たないからという理由で余分に走ることにしたのがこの余呉湖です。

農道っぽい道から国道365号線を経て県道33号線へ進む。
b0299252_23251163.jpg
すると左手の方に余呉湖が見えてきました。
b0299252_238618.jpg
とりあえず湖畔の公園っぽい場所で記念撮影。
b0299252_2385698.jpg
見よ!konoさんの清く正しくまったりする姿を!!

走っているときは割とガッツリ、止まるときはこんな感じにしっかりまったりです♪
ここでの休憩は天気が良くて気持ちよかったなぁ・・・


そしてここから余呉湖の本領発揮!

「余呉湖の周回道路は落石やコケが生えていて危険ですよ。」

ぴよぴよさんとモーニングさんから事前に仕入れていた情報によると、走りやすい道とは言えないようなのですが・・・
b0299252_23151967.jpg
確かに細い・・・
b0299252_23202916.jpg
しかし進むにつれて・・・
b0299252_23212769.jpg
新緑や・・・
b0299252_23171681.jpg
小さな花が僕たちを出迎えてくれました。

なんて美しい風景なんでしょう・・・

併走するkonoさんを見るとサングラスを外して走っていました。
なるほど、確かにこの風景はサングラスを通して見るにはあまりにも惜しい。
ということでkonoさんを真似て裸眼でゆっくりと味わうように走りました。

しかし余呉湖の周回道路は7kmほどしかありませんので、ゆっくり走ってもあっという間に1周してしまいます。
気がつけば、そろそろただただ美しい余呉湖ともお別れのときが迫っていました。

「名残惜しいですね・・・」

「でも、このくらいの名残惜しさが丁度いいのかもしれませんね。
 絶対にまた来たくなりますから・・・」

「次は秋に来ましょう。 きっと紅葉の風景もきれいでしょう。」


そんな会話をしながら、後ろ髪を引かれつつ余呉湖を後にしました。

ビワイチといえば琵琶湖畔を常に左手に望みながら1周するイメージでしたが、
少し寄り道してのヨゴイチ・・・めちゃくちゃオススメですよ♪
本当はここで取り上げず、独り占めしたいくらいのコースでしたが(笑)


そして次に2人が向かったのは、賤ヶ岳トンネル旧道。
b0299252_235303.jpg
konoさんはニューバイクの戦闘力を確かめるべく、麓から攻めた走りをしていました。
楽しそうでしたね♪

そして旧トンネルを抜けた先に広がる奥琵琶湖。
ここからがビワイチ最大のハイライトと言っていいでしょう。
b0299252_23431945.jpg
残す寄り道ポイントは4つ。
清く正しいビワイチはまだまだ続く~♪


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-05-13 23:44 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31