住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

なにがなんでも清く正しく!!

昨日、ブログを更新しようとしましたが、マウスを握ったまま寝落ちをかましてしまいました・・・orz
変な体勢で寝てたから体が痛い~(_ _|||)
今日こそは頑張って続きを書きます!

ということで・・・

5月19日の業務日報・2ページ目

初めて一緒に走るきっちさんと水仙峡の峠を越えて南淡路水仙ラインまでやってきました。
b0299252_22555266.jpg
この道は左手側の視界を遮るものが無く、紀伊水道の表情を楽しみながら走れる景色のいい道です。
この日僕たちが走った時間帯は、残念ながら空を厚く雲が覆ってしまっていましたが・・・
b0299252_22562666.jpg
しかし、ところどころ痛んだコンクリート舗装による乗り心地の悪さから、「おケツに悪い道」としても有名です。

ここできっちさんから嬉しい申し出が・・・

「住友さん、ドマーネに乗ってみませんか?」

きっちさんの愛車・ドマーネは、世界のトッププロがクラシックレースを制覇するために開発されたロードバイクです。
素人ならMTBが必要なくらいに荒れた石畳の道をロードバイクで走り抜ける過酷なレース。
b0299252_2211293.jpg
そんな荒れた路面でも、路面からの衝撃を吸収し、かつ乗り手のパワーを逃がすことなく路面に伝えられる様に、
シートチューブがトップチューブとシートステイから独立させて大きくしなるように設計されています。
そしてダウンチューブ、チェーンステイ、特にBB周りはかなりしっかりとした剛性を持たせています。

機材好きの僕としては、その設計思想や仕組みは把握していましたが、実際に乗ったことはありませんでした。
ということでお言葉に甘えて、急遽お互いのロードバイクを乗り換えての試乗会となりました。
試乗してみての結論ですが、ズバリ・・・

「ドマーネって反則や!!」

オルトレもロードバイクとしてはかなり乗り心地がいいはずなのですが、ドマーネは次元が違いました。
オルトレも振動に対する減衰力が高いのですが、ドマーネはまるで段差そのものを無かったことするような感じですね。
オルトレならサドルから腰を浮かせてやり過ごすような場所でも、
ドマーネならサドルに座ったまま何事も無かったようにペダリングを続けることができます。
レースなら他のロードバイクに乗っている選手が脚を止めざるを得ない荒れた路面でも、
脚を回し続けられるのでその分だけ差をつけることができますよね。
それこそがドマーネ最大の武器ですね。

そしてさらに驚いたのは、その剛性の高さ。
乗り心地の良すぎるロードバイクにありがちな、加速の頭打ちや明らかなパワーロスは感じませんでした。
っていうかオルトレより断然踏み応えあるかも・・・

流石トレック、恐るべし!

いい体験をさせていただきました。
きっちさん、ありがとうございます。

こうやってお互いのロードバイクを乗り比べるのもグループライドの楽しみですね。
う~ん、我ながら清く正しく楽しんでおるではないか!


そんな貴重な体験をさせていただきながらたどり着いたのは、アワイチ最大の難所である灘大川の激坂。
b0299252_230396.jpg
「何度来ても、あぁ・・・ここに来ちゃったなぁって思いますよねぇ・・・」

その激坂手前のちょい坂を上ると壁の様に見えるんですよね・・・
頭上に見える電柱や、そこに至る道についているガードレールの角度があきらかにおかしい。
そしてちょい坂を上ったのに一度下らされて、しかも下りの勢いをヘアピンで減速させられてから上らないといけない・・・

「位置エネルギーをもっと有効利用させてよぉ~」

この坂道に差し掛かり、重力が重くのしかかりだすといつも思います。

そしてこの日、僕が用意していたスプロケは11-23t・・・
ケイデンスが下がりきるとしんどいので、ちょっとだけお先に失礼・・・
b0299252_2394429.jpg
その先にはこの看板・・・

「大きなお世話やど!」

たぶんこの看板を作った人は、「あと半分だから頑張れよ!」という気持ちだったのでしょうが、
上らされる側としては、「これまでと同じだけ苦しみが待ってるぞ!」という悪魔の宣告以外の何者でもありません。
b0299252_23143288.jpg
そして上りきった場所にある自動販売機にて炭酸飲料を買い求める2人。
う~ん、我ながら清く正しく激坂に苦しめられておるではないか!

ちなみにこの自動販売機、絶妙な場所にあるので「アワイチストホイホイ」と個人的に呼んでいます(笑)
b0299252_23251455.jpg
その後はホテルニュー淡路の坂道を上り、これから向かう鳴門岬の風景を堪能。
う~ん、我ながら清く正しく景色を楽しんでおるではないか!
b0299252_23261717.jpg
そして福良の町では定番の「鼓亭」
僕は「イノブタ丼」を初めてオーダーしましたが、豚肉好きなら間違いなく気に入るはずなので食べてみてください。
う~ん、我ながら清く正しく淡路のグルメを堪能しておるではないか!
b0299252_23283375.jpg
きっちさんは初の鼓亭。
ということで定番中の定番、「淡路牛焼肉丼」をおいしそうに食べていました。
ちなみに昼食中の話題は、お互いの周りにいる清く正しくないロードバイク乗り(=変態)についてでしたね(笑)

昼食を楽しんだ後に向かったのは、鳴門岬にある道の駅うずしお。
これまで雲に覆われていた空はいつの間にか晴れ渡り、かなり気温が上がってきました。
b0299252_23383686.jpg
4度目の坂道を上って下って到着♪
b0299252_2340409.jpg
大鳴門橋でございます!
b0299252_23414039.jpg
ロードバイクをバイクラックにかけて、歩いて橋の真下まで行きましたが、見ごたえのある風景が楽しめますね。
きっちさんもここではたくさん写真を撮影していました。
僕自身ここまで来るのは2年ぶりでしたが、久しぶりに来て良かったです。
う~ん、我ながら清く正しく鳴門岬を満喫しておるではないか!

そしてこのあと、もうひとつの鳴門岬堪能スポットに向かいました。
b0299252_23534671.jpg
「ここまで上ってきたはずなのに、さらに上に建物が見えるんですけど~?」

きっちさんの言葉のとおり、うずしお峠のピークにたどり着いた2人の目線のやや上に見えたのは「大鳴門橋記念館」
ここから一度下って余計に上らなければ、記念館にたどりつくことできないようです。
その事実にきっちさんが漏らした一言・・・

「これって本当に清く正しいんでしょうか?」

アカン・・・きっちさんが抱いてはいけない疑問を抱き始めてしまったっ!!
このまま最後までごまかしじゃなかった清く正しく走り続けることができるのか!?
次回に続く~


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-05-30 00:01 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31