住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

湖東牽き回しの刑。

5月25日の業務日報・4ページ目

比叡山ヒルクライム大会を終え、再び駐車場に戻ってきた僕たちは次なるライドの準備を始めました。
せっかく琵琶湖まで来ているのに、そして臨時漕会メンバーが集結しているのにそのまま帰るなんてもったいないですからね。

このライドの目的地は、彦根のパン屋さん「クラブハリエ・ジュブリルタン」と石山の和菓子屋さん「茶丈藤村」
両方行けば130kmくらいかな?
ヒルクライムレース後に走る距離としてはなかなかハードで、しかもお昼前スタートなのでゆっくりしていられません。
b0299252_204549100.jpg
ということで、コンビニで簡単な補給を済ませた後、さっそく琵琶湖大橋を渡り湖東へ・・・
5両編成の丸臨列車がジュブリルタンへ向けて走り出しました。
そして今回の丸臨列車ですが・・・やはり特急列車でした(笑)

まず列車を牽いたのはhiroさん。
湖東に渡るや否や、スピードをグングンと上げてゆき、サイコンを見ると40km/hオーバー(笑)
わは~、hiroさん楽しそう♪

「ちょっ・・・ヒルクライムで脚パンパンなんですけどぉ~!?」

コギコギさんとONIさんからそのペースについてクレームがあったようですが・・・
hiroさんはガーミンが故障して、サイコンがついていない状態。
どんなスピードで走っているかなんてわかりません・・・

だったら仕方ありませんよね☆


hiroさんが先頭交替を要求して、続いて列車を牽いたのはワタクシ。
hiroさんのペースに刺激を受けて、やっぱりペースは40km/hオーバー(笑)
わは~、楽しい~♪

「ちょっ・・・向かい風っぽいんですけどぉ~!?」

コギコギさんとONIさんからそのペースについてクレームがあったようですが・・・
ヒルクライム前に、追い込んだ後にさらに追い込むと、その後の調子が良くなると言っていたのはコギコギさん。
このペース、コギコギさんに喜んでいただこうと思って・・・

だったら仕方ありませんよね☆


僕の次に先頭を牽いたのはモーニングさん。
先頭を牽かせたらこの人の右に出るものはおらず、やっぱりペースは40km/hオーバー(笑)
わは~、モーニングさん楽しそう♪

「ちょっ・・・ホンマに勘弁して欲しいんやけどぉ~!?」

コギコギさんとONIさんからそのペースについてクレームがあったようですが・・・
過去3度もビワイチしているのに、一度も清く正しく寄り道を楽しんだことが無いモーニングさん。
寄り道が楽しみすぎてついつい先を急いでしまったのでしょう・・・

だったら仕方ありませんよね☆


こんな感じで3人で2人をいじめ・・・じゃなかった、牽き倒しまくりながらの高速巡航。
b0299252_0295177.jpg
モーニングさんの満面の笑みに対して、コギコギさんはうなだれ、ONIさんは勘弁してくれよと苦笑い。
お2人にとっては「市中引き回しの刑」ならぬ「湖東牽き回しの刑」だった様で(笑)
それにしても牽き回される側も牽き回す側もいいトレーニングになりました♪


湖岸道路をしばらく高速巡航した後は、長命寺からさらに湖岸の脇道へそれました。
b0299252_049015.jpg
この道は、臨時漕会メンバーの間で「琵琶湖版木漏れ日ロード」と呼ばれている道。
さきほどまでの高速巡航が嘘だったかのように、一気にポタリングモードになりました。
b0299252_0335658.jpg
「去年の今頃までは35km/hくらいで満足できていたよね・・・」

「そうやね・・・」

「あの頃は楽しかったなぁ・・・」

「そうやね・・・」

牽き回されたコギコギさんとONIさんの会話が穏やかだった過去を懐かしむ内容に(笑)
いやいや、ちょっとハードなこともありますけどこれからも楽しんでいきましょう!

ってことでジュブリルタンに向けて走り続けたのですが、今日の投稿はここまでです。
あと一回だけ引っ張りまーす。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-06-08 00:56 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30