住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

マスターvsカウントダウン。

7月26日の業務日報・5ページ目

フクちゃんさんにマッサージをしてもらい、攣ってしまったふくらはぎには明らかなダメージが残るも、
2走目もそこそこ走れそうな足の状態にまで回復させることに成功しました。
そしてソロで走っているコギコギさんのサポートのためにボトルを差しこんで、いざ2走目の出発!
b0299252_1144741.jpg
まずはピットロードで脚の様子見をしましたが問題なさそう・・・と思いきや、
ピットロード出口付近の上り勾配で、トルクを掛けると長くは持ちそうにない予感。。。
その後、平坦なところではおとなしく左脚は脱力して、ほぼ片足ペダリングの様な状態で漕いでゆきました。

すると1周目モスエス辺りでいいペースで飛ばしている列車がきたので乗り移ってペースアップ♪
今回のエンデューロで初めて列車らしい列車に乗れたような気がします。

しかしこの列車走行も長くは続きませんでした。
周目のバックストレートで僕が列車の先頭を牽いていたときに、前方にコギコギさんを発見。
ボトルを渡すために列車の走行ラインから外れて離脱しました。

「コギコギさん、ボトル!」

「助かるわ~」

アトウッドカーブを抜けた辺りで一回目のボトル渡しと同じように、まずはコギコギさんから空のボトルを手渡されました。
そしてコギコギさんに渡すためのボトルをボトルケージから抜いたその時・・・

「あっ!!」

手が滑ってしまって、コギコギさんから手渡された空のボトルをコース上に落としてしまいました・・・
やっちまったぜぃ(テヘペロ

しかし止まるわけにも行かないので、そのままコギコギさんにボトルを渡すと・・・

「これ、なんかちゃうやつやで~!」

「マジッすか~? すんません~!!」

後から確認すると、僕が持って行ったボトルはkonoさんのものだったようで・・・
やっちまったぜぃ(テヘペロ

サポートしてるんだか邪魔してるんだか・・・
我ながら情けない・・・


次の周回でボトルを落とした場所に戻ってくると、バオフィシャルの方がボトルを回収してくれていたので一安心・・・
とはいえ、一時的にコース上に障害物をばら撒いてしまい本当に申し訳ありませんでした。
b0299252_1220308.jpg
その後は、「差し込みペダリング」を使いながらペースを維持しつつも脚を回復させ、周回を重ねました。
特にドラマも起こることもなく、40分間走りきりゴール♪
アンカーのマスターに後を託しました。


<1走目・走行データ>
走行時間 43:05
走行距離 25.46 km
獲得標高 270 m
平均速度 35.5 km/h
最高速度 66.2 km/h
平均cad 88 rpm
平均心拍 172 bpm (83%)
最大心拍 186 bpm (90%)
消費カロリー 471 C

<車載動画>(最終周回に入った直後で終わります)


1走目で脚を使ったはずなのに、2走目の方がアベレージが1km/hほど速い(笑)
たぶんより長い時間、ドラフティングが使えたからでしょうね。
あと当然ですが、走行時間が長くなれば長くなるほど、「刺しこみ」よりも「差し込み」の方がラクに速く走ることができます。

あと感じたことがもうひとつ。
2月に1ヶ月間取り組んだLSDトレーニングの効果ですが、もうすでに切れてしまったようです。
LSDトレーニングからのV字回復をした頃は、心拍数が上がりにくく、上がったとしてもすぐに下がっていました。
さらに有酸素運動領域の限界心拍数=AT値が上がったような感覚を持っていましたが、
それがなくなってしまいました。

秋にも同じ岡山国際サーキットで3の時間のエンデューロにエントリーする予定ですが、それに向けてもう一度、
LSDトレーニングに取り組むべきかもしれませんね。


さて、話を今回のエンデューロに戻します。
僕がピットに戻ると、バイソンさんも応援に駆けつけてくれていました。
感謝♪
b0299252_12381159.jpg
僕の後に走り出したマスターですが、本当に楽しそうに夜のサーキットを走り続けていました。
b0299252_12391563.jpg
ゴールの時間が近づくころには、全員コース脇の金網にへばりついていました。

「あと1分です!」

アナウンサーが残り時間をカウントし始めましたが、マスターはまだ帰ってこない・・・
タイムを計っていたモーニングさんによると、マスターにスパートを掛けられる脚が残っていれば、
時間内にコントロールラインを通過し、あと一周できそうな状況らしい。
しかしこのままのペースだとそれは難しいとのこと。

「あと30秒!」

まだか・・・

「15秒!」

もうだめか・・・
これで最後のラップになってしまうのか。

「10秒!!」

そのアナウンスが聞こえた瞬間、僕の目にマスターの姿が飛び込んできました。

「うぉぉおおお! マスター、行けぇ~!!」

その時が臨時漕会のピットが最も沸いた瞬間でした。
マスターはこちらに笑顔を向け、再び暗がりのサーキットへと消えてゆきました。

「流石マスター、持ってるわ~」

誰かがそういうと、みんなでうんうんと頷いていました。

「何が何でもあと1周したかった。」

後でマスターにこのときの事を聞いてみると、そう言っていました。

「チェッカーフラッグ振られても、無視してもう1周行ったろかって思ってたもん(笑)」

すごい意地ですね(笑)
b0299252_12571855.jpg
そんなマスターの意地を全員賞賛していました。
マスターも満足そうな笑顔を見せていましたね。


さて、初めてチームエントリーした今回のエンデューロですが、気になるリザルトは以下のとおりでした。

順位:24位(4時間チーム・オープンA 62チーム中)
周回:35周(トップ差 -8周)
ave.:31.43 km/h

いつかは40周、目指せave37km/h台!!

コギコギさんも無事に完走。
コギコギさんのリザルトは『自転車コギコギ日記』で首を長くしてお待ちください(笑)
b0299252_1354518.jpg
らくふく岡山支店のお世話になっていました(笑)
b0299252_138036.jpg
そして僕もちゃっかり順番待ち(笑)
b0299252_1392017.jpg
最後はだるま珈琲岡山支店まで開店し、ミッドナイトエンデューロは幕を閉じたのでした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2014-08-10 13:15 | レース・イベント | Comments(10)
Commented by kono at 2014-08-10 17:09 x
今回は一旦ピットに戻るため、ボトルは1本ずつしか持って走りませんでした。
紛らわしくしてしまって、スミマセン!
中身はアミノバリューBCAA8000mgでしたが、大丈夫でしたでしょうか?

それにしてもラストラップのマスターの勇姿には感動しました!
華々しいデビュー戦でしたね(^o^)
Commented by おばさん at 2014-08-11 22:23 x
ラストの マスターの勇姿…興奮したでしょうね〜*\(^o^)/*
暗がりが苦手なので 応援に行けなくて残念!(>_<)
Commented by バイソン at 2014-08-12 00:04 x
最後の周回はドキドキしましたねぇ(^^)v

夜のサーキットに興奮しました(* ̄∇ ̄*)
もうちょい早く帰ってこれてたら konoさん 住友輪業さん の走りを見れてたのに残念です(。>д<)

ミッドナイトエンデューロという楽しい大人の遊びがあるのを知ってしまった(´・ω・`)

Commented by だるまマスター at 2014-08-12 13:57 x
いや~本当に楽しい経験させていただきました。
 ラストの周わ最後の登りで時間よ止まれ~~~~~
って感じでしたね
Commented by rynx04 at 2014-08-12 21:46
>konoさん
BCAAなら願ったり叶ったりだったんじゃないでしょうか。
良く確認せずに持って行っちゃってすみません。。。

マスターにアンカーをお任せして正解でした♪
Commented by rynx04 at 2014-08-12 21:49
>おばさん
盛り上がりましたよ♪
来年は来られない人のために、応援風景の動画撮影でもしようかな。
Commented by rynx04 at 2014-08-12 21:49
>バイソンさん
知ってしまいましたか・・・
そしたら次はもう出るしかありませんね!
Commented by rynx04 at 2014-08-12 21:50
>だるまマスターさん
こちらこそ、最後にドキドキさせてもらいました。
来年も楽しみですね!
Commented by a-elf at 2014-08-12 23:12
ボトル運び、ありがとうございました。
お陰で4時間、ノンストップで走り切る事が出来ました。
今回はソロで走りましたが
臨時漕会として持てる力をすべて出し切ったレースだったと思います。
まとわりつく様な暑さのレースでしたが
清々しい気持ちになれました。
Commented by rynx04 at 2014-08-13 00:47
>コギコギさん
たぶん来年もチームエントリーすると思うので、ミッドナイトエンデューロは春秋のエンデューロとは違う戦略がたてられるレースになりそうですね。
来年も楽しみです♪
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31