住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

『レースにもサイクリングにも役立つ集団走行講習会』 第四部・集団コーナリング編。

10月26日の業務日報・5ページ目

集団走行の基本とも言えるローテーションの練習をした後、この後、特殊な練習をするべく移動しました。
移動した先は相生市の野瀬埠頭という港湾施設がある埋立地。
休みの日の港湾施設は車通りがほぼ無く、さらに道幅が広く直角コーナーが4つあります。
この条件は、これから行おうとしている練習には最適だったのです。

これから行おうとしたのはコーナリングの練習。
しかし単独でのコーナリングの練習をしたかったのではありません。
レースにおいて、集団で走行している場面を想定しての練習をしたかったのです。

普段のライドは公道を走行するのでありえないのですが、レースでは誰かと並走するシーンが度々あります。
しかも集団ともなると選手同士が密集しており、誰かの肘が当たったりなんてことが普通に起こるほど・・・
そんな密集した集団内でカーブをクリアするときに、何に注意すればよいのか?

ということで、最後はレース中の、特に集団内での安全なコーナリング方法について書いていきたいと思います。


第三部 「集団コーナリング」

① レースを安全に楽しむための必要最低条件
b0299252_23435874.png
上の図では、集団内で並走したまま直角コーナーを抜けようとしています。
こんな状態で全員が無事にコーナーを抜けるためには、絶対に欠けてはならない大切なことがあります。

早めにブレーキを掛け、十分すぎるくらい安全なスピードまで減速すること。

まずはこの意識が無ければ集団でのコーナリングはお話になりません。
しかし残念ながらレース運営に携わっている方々に話を聞いてみると、
日本のホビーレースはコーナリングスピードが高すぎるのが現状で、
実際にそれが原因で落車が大量発生しているそうです。
レース前やコーナー付近で減速を呼びかけても、聞く耳を持ってくれていないと嘆く声を聞いたこともあります。

ちなみにロードレースの盛んなヨーロッパでは、コーナー手前での充分な減速が自然とできているそうですね。
アメリカでは逆で、日本以上にコーナーで吹っ飛んでいく選手が多いそうです(笑)
さあ、どっちがお好み?

レースはもちろん人よりも先を競う意識が働きますが、それが許されるのはストレートのみ。
集団内でさらに上のポジションへ行こうと、コーナー前のブレーキングを遅らせたり、
速いスピードでタイヤのグリップを目一杯使ってコーナーを攻めたりすることは、
集団内の全ての選手に落車のリスクをもたらす非常に危険な行為です。

全員が安全にコーナーを抜けるまでは我慢!
ポジションアップはコーナーからの立ち上がり加速で自慢の脚を使って狙うようにしましょう。

またコーナー手前やコーナリング中は落車のリスクが最も高まる場所です。
前方で何かが起こっても対処できるように、前走者との車間を1車身くらい空けておくと安全です。

さらに並走する人とはハンドルの位置をきれいに横並びにしておくと、
お互いの位置関係がつかみやすく落車のリスクが格段に減ります。
慣れは必要ですが練習しておくとレースをより安全に楽しむことができます。


② ラインキープ
b0299252_051086.png
赤メットさんがひとりで直角コーナーを抜けようとしています。
赤メットさんは今まさにタイムトライアル中。
コンマ1秒でもタイムを詰める必要があります。
こんなとき、どのような走行ラインをとればよいでしょうか?
b0299252_074652.png
最速ラインは「アウトインアウト」。
これは簡単ですね。

b0299252_095464.png
続いて、赤メットさんのイン側に青メットさんがいます。
ロードレース中で、並走したままコーナーを抜けなければいけない状況です。
しかし、赤メットさんは先を急ごうとするあまり、最速ラインでコーナーを抜けようとしてしまいました。
さて、どうなるのでしょうか?
b0299252_012699.png
ですよね~!!

赤メットさんがインにより過ぎると青メットさんの走行ラインをつぶしてしまい、青メットさんと接触してしまいます。
図の様に、後続がいなければ青メットさんが急ブレーキをかければ接触は避けられるかもしれませんが、
レース中は後ろに選手がいるかもしれません。
青メットさんがコーナリング中に急ブレーキを掛けると、後続も急ブレーキを掛ける必要があります。
最悪、追突や急ブレーキによってタイヤのグリップを失って落車が発生しかねません。

では、そのリスクをなくすためにはどうすればよいのか?
b0299252_0185150.png
赤メットさんがイン側に1台分のラインを残した走行ラインをとればいいんです。
人のラインを潰さないように、自分のラインを走行する。
それが「ラインキープ」です。


とっても簡単ですね。
簡単すぎてバカにしとるんちゃうか~、と思われそうですが、実際にレースで集団コーナリングをした時に、
「ラインキープ!!」と大声で呼びかけたのに、アウト側の選手がインによってきて走行ラインを潰されたことがあります。
たぶんそのアウト側の選手は「ラインキープ」の意味を知らなかったんだと思います。
アウトインアウトが正しいラインだと思い込んでてそのラインをキープしちゃったのかな(笑)
大迷惑でしたけどね!!
b0299252_0294122.png
あとはイン側の青メットさんが充分に減速せずにアウト側に膨らんでも接触しますね。
アウト側の赤メットさんも、イン側の青メットさんも、お互いしっかりと「ラインキープ」のルールを厳守することが
安全な集団コーナリングには欠かせません。
b0299252_0353375.jpg
ということで練習練習~♪


③ 集団のプレッシャーに慣れておく
普段のライドではもちろんキープレフトで並走なんてもってのほか。
しかしレースともなると、特に先頭集団では、前述のとおり肘が当たる距離に他の選手がいます。
自分がちょっとでもフラついたりすれば接触してしまう距離感・・・
最初はものすご~く戸惑い、ものすご~く緊張します。
当然です(笑)
b0299252_0402420.png
さて、そんな緊張した状態で3人が並走したまま直角コーナーを抜けようとしています。

「ブレーキ!」

  「ラインキープ!!」

掛け声もかかっていよいよコーナリングへ!
さあ、それぞれの選手はどんな走行ラインを取ればよいでしょうか?
b0299252_0421034.png
こんな感じですね。
正しいラインキープが分かっていれば、接触は起こりません・・・

しかし!

これだけ密集していると緊張して筋肉が硬直してしまいがちです。
必要以上に硬くなってしまうと、正しい走行ラインを取るための正しい操作に支障が出てしまう恐れがあります。
特に赤メットさんと黄メットさんに挟まれている青メットさんは、走行ラインがどちらにずれても接触のリスクがあるため、
ものすごいプレッシャーがかかることになります。

どうすればよいでしょうね?(汗)
b0299252_0485938.jpg
うん、こればかりは慣れるしかありません。
まずは左右の間隔を緩めにとって、20km/h台のゆっくりなスピードで模擬集団走行をしました。
b0299252_0502213.jpg
「怖い~!」

そんな声が聞こえながらも、もちろんコーナリングもやりました。
b0299252_052869.jpg
慣れてきたら左右の間隔を詰めて緊張感を上げます。
b0299252_054375.jpg
イン側、真ん中、アウト側、全員がそれぞれのポジションを体験できるようにローテーションしながら周回を重ねてゆくと、
次第にキレイに集団で曲がれるようになりました♪

この練習は20km/h台前半のゆっくりしたスピードでやると、ロードバイクがふらついてやりにくいです。
しかしあえてそのやりにくいスピードでやりました。
レースになると、もっと高いスピード域で曲がることになり、ロードバイクは安定しやすくなります。
ふらつきやすいスピード域でできれば、安定するスピード域では簡単にできるはずなので、
練習ではふらつくくらいのゆっくりなスピードでやってみてください。

尚、今回の練習は車通りの無い場所を選定した上で、コーナーに監視役を置いたり、先導役をつけるなど、
十分に安全に配慮した状態で行いました。
この練習を実際に行う場合は、周囲の迷惑にならないように、十分に配慮して行ってください。


以上、集団コーナーリング編もおしまい!
これで『レースにもサイクリングにも役立つ集団走行講習会』の全内容を書き終えました♪
う~、やっと慣れない感じの文章ともおさらばです♪


ここまで読んでいただきありがとうございます。
次回はこの講習会を終え、初めて講師役を勤めさせていただいた僕の感想などを書きたいと思っています。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-11 01:06 | 集団走行技術
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30