住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

マイナス5.2℃でも暖かい~♪

2月1日の業務日報・1ページ目
b0299252_2259232.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・( ´O)ηファ~

久しぶりの4時台起床。
なかなか寒くて脱布団は困難を極めましたがなんとか無事に起きることができました。

この日は朝8時に竜野駅集合のライドに参加する予定でした。
そのライド自体はポタリングとのことでしたので、竜野駅まではクルクルLSDで自走することにしたのです。
b0299252_2352186.jpg
かつて僕も深夜と呼んでいた時間帯。
太陽が昇った後なら走りにくいことこの上ない国道2号線も、この時間帯なら快走路?
ひたすら西へと漕ぎ進みます。

尚、これまで36×16tを110rpmで回していたのですが、この日から負荷をあげるべく36×15tで回すことにしました。
36×16tの負荷だと、踏んでもいないのに気が付けば120rpm近くまでケイデンスが上がるようになっていたので、
ある程度、脚の回転力がついたものと判断し、一段ギヤをあげることでさらに脚の回転力をつけようという狙いです。
まだギヤをあげるのは早いかな?とも思いましたが、やってみると36×15tでも110rpmならキープできそうです。
b0299252_23115672.jpg
クルクルLSDでは必ず白線トレースも一緒にやるようにしています。
始めた当初はフラつきまくっていましたが、最近では意識せずともかなりまっすぐに走られるようになった気がします。
ここまでの僕の経験から言えることは、まっすぐ走るためには上半身のフォームが大切なようです。
上半身のフォームができて上体がブレないようになると、まっすぐ走られると共に、ケイデンスも上がりやすい印象です。

ということでこの日もひたすら上半身のフォームに気をつけながら、白線のうえでクルクルクルクル回し続けました。
途中、暴走族のバイクと同じペースになってしまい並走せざるを得なくなるハプニング発生('A`)ウルセー
しかも意外にもちゃんと赤信号を守って停止・・・おかげでいつまでも一緒に走っている状態。
ムダにエンジンをふかすバイクと、その脇でムダに脚を回すローディの絵は
後ろで詰まっていた車のドライバーの目にはどのように見えていたのでしょうか・・・

いや、決して仲間じゃありませんから!!



さて、暴走族はどこかの交差点で曲がって行ってくれたので、再び集中してクルクルし続けました。
クルクル回していると体がものすごく熱を発して、真冬の早朝でも寒さを感じません。
正確に言うと脚と手のつま先だけは感覚がなくて、ほかはあったかい状態ですね。
つま先以外は露天風呂にでも使っているかのような感じです(笑)
b0299252_2330338.jpg
えっ?マイナス5.2℃だって!?

ハハハ・・・こんなに暖かいのにそんなわけないじゃないか!

あっ、やっぱ信号待ちの間は寒いわ((('A`)))gkbr



さて、ギヤを上げたことでスピードも当然上がり、竜野駅の集合時間までかなり余裕がありそうです。
姫路駅を過ぎる辺りでケイデンスの維持がしんどくなってきていましたが、ここからがクルクルLSDの本番!
寄り道もまた良いトレーニングですから、せっかくなので日の出を見に行くことにしました。
姫路駅からひとつ西に行った英賀保(あがほ)駅から真西に進むところを南西方面に転進しました。

とは言え、この日も誰かがのぼっているであろう万葉岬はとてもじゃないけど間に合いそうにありません。
この日、目指すことにしたのは新舞子・ホテルシーショア前!

「お~! 頑張れよ~!!」

新舞子入口の交差点で車に乗ったヘイジさんに声をかけられる事案が発生。
この時間帯に僕がこの辺りを走っていることに驚く人はもういないようです(笑)
b0299252_23404255.jpg
そして日の出に3分ほど遅刻しつつモーニング・シーショア!
b0299252_23421132.jpg
「ほぅ・・・これはなかなか♪」

新舞子の砂浜と穏やかに打ち寄せる波を優しく照らす朝日がとてもキレイでした。
ここは有名な場所なのか、僕のほかにもビアンキのローディさんと本格的なカメラを構えた方がいらっしゃいました。

しかしクルクルLSD中はあまり長く立ち止まってはいけません。
脚を休めている間に回復してしまって、ケイデンスの維持が容易な状態に戻ってしまいます。
しんどい時にそれでも歯を食いしばって回し続けることで、脚を回転させるための筋力をつけることができるのです。
ということで、シーショアからの日の出の風景を楽しんだのは1分ほどの短い時間のみ・・・
集合場所の竜野駅へ、北に向かいました。
b0299252_23514264.jpg
竜野駅到着時点でのログデータです。

ギヤを一段上げた割には、後半も粘り続けることができて満足でした♪
しかし脚はすでにパンパン・・・ポタリングとは言えこれから始まるライドに耐えることができるのでしょうか?
b0299252_2354229.jpg
そんな不安をよそに、この日ともに牛窓へ向かうメンバーが続々と集結してきました。
コギコギさんディーさんバスク輪さん
そして写真のフレームの外にはこの日の主役がひとり。

その方は僕やコギコギさんと何度も何度もニヤミスをしていた人物でした。
リキさんとビワイチをした日も茶丈藤村に来ていましたし、僕が家ネコさんと片鉄ロマン街道を走った日も、
備前サイクリングターミナルの同じ駐車場に車を停めて走っていたそうです。
直近ではモー万隊メンバーで暴風のアワイチを走った日も、ジェノバラインで淡路島に渡っていたそうな・・・

さらに言うと、家ネコさんがだるま珈琲に行った日にカウンターの隣に座っていたり、
僕も実際に仕事終わりにだるま珈琲に行くと偶然お会いしたり・・・
とにかく何かとご縁を感じるお方です。

b0299252_011118.jpg
そうコルナゴ紳士・・・改め凝るナゴさんです。
(『紳士』の名はリキさんの様な方にふさわしいと辞退されてしまいました。。。)

目指すは岡山県の牛窓
「日本のエーゲ海」と呼ばれる景勝地へ、凝るナゴさんを乗せて列車が発進します!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-02-13 00:19 | ソロライド | Comments(6)
Commented by ワタル at 2015-02-13 07:15 x
牛窓…たまにテレビで出ますねここ。…恋人の聖地……??

マイナス5.2℃ってスキーウェア着ていてもあれな温度(>_<)
一つの質問です。クルクルLSDはギアを変えずに一定の回転で走行するトレーニングみたいなんですが、坂はどうするんですか?? ギア変えないと回転が保てないもんで(-_-;)


Commented by バスク輪 at 2015-02-13 07:54 x
高取峠から相生に入った瞬間、地面真っ白でこれアカン日やって思いました(笑)
クルクルLSD、ケイデンスが110超えると体が跳ねるんでまずはそっちを何とかせねば(-_-;)
Commented by rynx04 at 2015-02-13 22:44
>ワタルさん
恋人の整地と聞いてトミーさんがいなくてよかったと思いました(*_*;

クルクルLSDのギヤですが、もちろんのぼりでは軽くしますよ。
のぼりだけでなく向かい風でも軽いギヤにします。
ギヤを一定に保つのではなく、負荷を一定に保って脚を回し続けてみてください。
Commented by rynx04 at 2015-02-13 22:45
>バスク輪さん
まあ普通に考えてアカン日でしょうね(笑)
おしりが跳ねる?
三本ローラーをポチっとな!
Commented by ワタル at 2015-02-13 23:53 x
僕はトミーさんがいなくて残念だと思いました(T-T)

やはり、負荷を一定にして回し続けるんですね。ありがとうございます。m(__)m
Commented by rynx04 at 2015-02-14 00:28
>ワタルさん
鬼だ・・・(T-T)(T-T)(T-T)

一定負荷ですので、できるだけ平坦なコースで走ったほうがやりやすいです。
このあたりは通常のLSDと一緒ですね。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30