住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

こうして輪は広がってゆく。

3月9日の業務日報・2ページ目

降り始めた雨は、ホテルにつく頃には完全に本降り・・・
この日はモー万隊の後に牡蠣ライドの予定でしたが、予定を牡蠣ドライブに変更することになりました。

雨で乗れないのは残念なことなのですが、これをプラスに転じさせない手はない!!
牡蠣ドライブならば多少食べ過ぎても大丈夫!!
日生・赤穂・相生という牡蠣処を1日で全て押さえる事ができます♪

ということで、ホテルで着替えてチェックアウトした後は、僕の車にダイズさんを乗せてまずは西へ。
昨日に続き岡山県に入って向かったのは日生です。
日生で牡蠣といえば「カキおこ」
つまり牡蠣入りのお好み焼きですね。
以前に臨時漕会月曜日組で行ったことがある「タマちゃん」というお店に行きました。

写真はありませんが、開店時間の20分前に到着したというのに、すでにお店の待合室では数名の先客が・・・
オーダーシートに注文を書き込んで待っていると、最初のグループで入店することができました♪
b0299252_21282446.jpg
ちなみにオーダーしたのはカキおこの丞と牡蠣ネギ。
カキおこの丞は半分はソースで、もう半分は岩塩で味をつけたカキおこです。
牡蠣が生地の上にスキマなく並べられており、たぶん一枚あたり15~20コの牡蠣が載っているんじゃないでしょうか。

そしてもう一品、牡蠣ネギは牡蠣と九条ネギを鉄板の上で焼いたモノ。
牡蠣とネギって相性抜群でウンマイんです!

と思ったら、僕のオーダーミスで牡蠣ネギのお好み焼きがでてきちゃいました。
やっちまったい!

しかしこいつを食べてみるとまたウンマイんです!
次来る時は牡蠣ネギのお好み焼きを頼むことになるでしょう。
b0299252_21463994.jpg
「味が想像できなかったけど、岩塩の味付けが美味いね!」

無類の牡蠣好きのダイズさんもご満悦♪
3枚のカキおこをペロリと平らげ次の牡蠣処へと向かいます。

そしてその車内、助手席のダイズさんがスマホ片手になにやら調べ物・・・

「リキさんは西播磨ライドの記事、かなり引っ張って書いてたな~。
 記事いくつに分けてたんだろう?」


  「5~6回くらいですかね?」

「あっ!6回だ。
 よし、じゃあコッチは7・・・いや8回だな!!」


なぜそこで張り合う!?(笑)

「リキさんは牡蠣食べてないもんね。
 これは勝ったな(笑)」


日生のカキおこの美味しさに、これから巡る赤穂・相生への期待も高まる一方。
早くもダイズさんの口から勝利宣言が飛び出しました。

まあその勝利はリキさんが牡蠣が好きならば・・・という前提での話なんですけどね。。。

リキさん、牡蠣はお好きなんでしょうか?

勝敗はその回答にかかっています(笑)


さて、日生からは東へ、兵庫県に戻って赤穂・坂越の「しおさい市場」にやってきました。

雨の平日だというのに駐車場は満車。
なんとか空いているスペースを見つけて入店しました。

「この人たち、いったいなんの仕事しているんだ?」

ダイズさんの疑問も当然。
店内を見渡すと、けっこう現役世代な方々がたくさんいらっしゃいました。

「たぶん全員美容師さんなんですよ(笑)」

んなこたぁない!!
この辺りの牡蠣は、平日でも大勢の人を呼べるだけの魅力があるようです。
b0299252_22161118.jpg
b0299252_22161556.jpg
「しおさい市場」では酢牡蠣と牡蠣めんたいバターを注文。
あぁ、そのままでも美味しいというのになんて贅沢な味付けの仕方・・・

なかなかおいしゅうございました・・・が、アレには勝ることはないですね
ではアレを食べに相生に向かいましょう。

向かったのは道の駅「あいおい白龍(ペーロン)城」。
b0299252_22194321.jpg
その一角にある屋台へ一目散。
b0299252_23535815.jpg
牡蠣巻きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

「真上から食べないと汁がこぼれますよ!!」

食べ方のアドバイスを聞いたダイズさんが早速ひとくち。。。
さあ、その反応は!?

「ンーッ! ンーッ!! ウマいッ!!!
 なんですか~これは~っ!!」


牡蠣好きが牡蠣巻きを食べると脳内で革命が起きます(笑)

ダイズさんによると、牡蠣より濃厚な牡蠣の味がする、とのこと。
b0299252_22393424.jpg
なるほどそうかもしれません。
牡蠣のエキスを一滴も逃すことなくかまぼこが包んでくれているのですから。

「じゃあそろそろ自転車御守りを授かりに室津へ行きましょうか?」

  「ちょっと待って! あとひとつ・・・う~ん、どうしよう?」

そして牡蠣巻きは牡蠣好きの人間の心をガッチリ掴んで放さない。
ダイズさん、かなり真剣に悩んでいました(笑)
結局、だるま珈琲に寄る前にもう一度食べるかを決めることにして、道の駅を後にしました。

しかし、室津の賀茂神社ではトラブル発生・・・
なんと神社の方が伊勢神宮へ行っており、御守りを授かることができないとのこと。
これにはダイズさんもガックリ・・・

が、これだけでは終わらない!
やはりダイズさんは持っている男。

室津漁港では土日のみ牡蠣の試食をやっており、この日は月曜日なので普通なら試食はやっていないはずでした。
しかし室津漁港内を車で通過しようとすると、牡蠣の試食をやっているではないですか!?
駐車場を見ると大型の観光バス・・・なるほど、それで今だけ試食をやっているのか!!

「おいしいねぇ・・・」

牡蠣の試食を終え、うっとりとした表情を浮かべるおばちゃんたちに続き、僕たちも牡蠣の試食の列に並びます。
b0299252_22381426.jpg
そして焼き牡蠣キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ちなみにダイズさんは写真をとる前に食べちゃいました(笑)

この焼き牡蠣こそ、最も標準的な食べ方ではないでしょうか?
その土地の牡蠣のおいしさを語る上ではなくてはならない食べ方だと思います。

「本当に牡蠣の旨味しかしないですね!」

ブログで書いたとおりの味を、ダイズさんが理解した瞬間でした。
すると試食の牡蠣を焼いていたおっちゃんかがひとこと。

「もう一個いっとくか?」

この言葉にダイズさんは鋭く反応(笑)

「いや、別にもっと欲しいとは言わないけど・・・
 でも、くれるって言うんならねぇ♪」


僕はかなりお腹がいっぱいなのでここで千切れましたorz

「まだたくさん用意してるで。」

おっちゃんの言葉に再び鋭く反応するダイズさん。

「別にくれって言ってはないよ~♪
 でもくれるから食べるでしょ~♪」


もう止まりません(笑)
一店舗で4つも試食した人は初めて見ました。。。

そしてさらに・・・
b0299252_22491223.jpg
「おう、さっきも来たな。」

道の駅「あいおい白龍城」で牡蠣巻きおかわりです(笑)

カキおこに始まり、この日、ダイズさんはいくつの牡蠣を食べたのでしょうか?
そういえば前日のライド中に、牡蠣いかだを見るたびに言っていました。

「あの牡蠣、全部僕のものなんですけどね♪」

有言実行ですね・・・(^_^;)



さて、牡蠣をこれでもか!と食べたら最後はやっぱりだるま〆です。
店内に入るとちょうどコギコギさんがカウンター席にいました。

行くと高確率で自転車仲間がいる・・・

そんな場所の存在をダイズさんにも身を持って味わっていただくこともできました。

そして始まる自転車談議。
いや、その時のだるま珈琲のカウンター席にはブロガーしかいません。
b0299252_23161871.jpg

まさにこんな感じ(笑)

ブロガーならではの裏話や楽しみについて、自然と話が盛り上がり、話題は尽きることがありません。

僕の中ではこの記事をコギコギさんが音読し始めたときが
最大瞬間風速でした(笑)

b0299252_233166.jpg
腹が千切れそうになるくらい笑って、また一緒に走る約束をしてダイズさんを迎えての西播磨ライドはおしまいとなりました。

僕の今年のテーマは「輪」。

今回、ダイズさんという楽しい仲間を輪に加えることができました。
それも予測しにくい天候にもかかわらず、そして本来の予定が変更になったのにもかかわらず
ダイズさんが西播磨に来てくれたお陰です。

ダイさん、本当に来てくれてありがとうございました!

次はリキさんと一緒に来て、是非、どちらが西播磨を楽しみつくせるかの決着を付けてくださいね(笑)

そしてその前に今度は僕たちの番。
4月は名古屋方面へ遠征します!
その時に、どんな道を走って、どんな出会いがあって、そしてどれだけ輪を広げることができるのか?
今から楽しみで仕方ありません。

そうですね。
最後はダイズさんの言葉を借りて締めくくりましょう。

ロマンチックが止まらない!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今、利用しているクラウドサービスがメンテナンス中で、写真データをダウンロードできません。
ということで写真が少なめ><
写真多めな記事は『弟ローディは見た』でどうぞ~♪

しかしダイズさんは本当に8回に分けて書くつもりのようで・・・
有言実行ですね(笑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-03-20 23:15 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30