住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

これが『K.O.J.』の強さの秘訣か!?

5月10日の業務日報・4ページ目

獲得標高を1,000mも少なく見積もっていたことにより、モーニングさんの定刻運行プランは大ピンチです!
b0299252_2142297.jpg
しかも僕の記憶が確かならば、CP5・羽須美文化プラザまでは嫌らしいアップダウンが続き、
最後は12%の激坂を上らされた後に激下りだったはず・・・

「イーブンペースで行かないと!!」

定刻運行を達成するためにはペースキープをしたいところですが、石見の道は甘くない!
ここはモーニングさんの言うように、若干ペースを落として行くべきところでしょう・・・


が、しかし!

どこまで走ってもアップダウンが現れず、ず~っと下り基調の平坦路・・・
しかも追い風のアシスト付きでスピードは一気に上がって順調すぎてそれが却って怖い・・・

え~!? こんな道やったっけ?
まさかミスコースしてないよな・・・


僕の記憶とは違うコースプロフィール、そして前後に他の参加者の姿が見えなかったためそんな思いがよぎりましたが、
暫く走ると看板が立ってあって、きちんと石見グランフォンドのコース上を走っていることが分かり一安心でした。
どうやらCP5までの区間は去年とはコースが変わっていたようです。
b0299252_21465694.jpg
この区間ではモーニングさんと志願制の先頭交替のし合いでした。
巡航速度は40km/hを下回ることが無く、それでも尚、脚を使わず余裕を残しての走行ができました♪
そして無事にCP5・羽須美文化プラザに到着です。
b0299252_2157556.jpg
ここではカクテルぜんざい(冷たいぜんざい?)をいただき~♪
b0299252_21585036.jpg
おっと、ホエイドリンク(チーズの上澄み液)もあった!
たんぱく質が豊富に含まれており、豆乳を投入する代わりにいただきました♪

このホエイドリンク、実は危うく見逃してスタートしてしまうところでした。
こいつを飲んでいなければ、石見グルメフォンドはto be continued...になるところでした(笑)
b0299252_2213369.jpg
さて、CP5で頂くものをいただいたら出発です。
この時点で4分の遅れ。
そしてCP5を出発してすぐに戸河内峠を上ることになります。

昨年はこの戸河内峠を逆側から上ったのですが、下りで抑えて走ってもとんでもないスピードが出てしまった場所・・・
CP5でスタッフの方に今年はそれを上らされることを聞き、かなりげんなりでした(゚д゚;)・・・・・'`ゥ
b0299252_2263562.jpg
しかしいざ上りだしてみると、棚田の集落を上るなかなか景色のいい場所で楽しく上れました。
去年は下りでスピードが出ていたので、景色を楽しむ余裕なんてなかったんですよね・・・
b0299252_22524764.jpg
まあ上れば上るほど勾配がキツくなる、走り応えのある峠だったんですけどね・・・
でも不思議と脚の回りが軽く、後半の勾配10%超の場所でもそこそこのペースを保ち、
心拍数もAT値をキープしたまま上りきることができました♪
b0299252_22111368.jpg
まあ調子が良かったのは上りだけで、苦手な下りでは明らかに手加減してくれているモーニングさんに
千切られそうになってたんですけどね・・・(笑)

b0299252_2215327.jpg
戸河内峠を下りきり、口羽の集落を抜け、今度は江の川沿いの下り基調の道を巡航してゆきます。
b0299252_22163189.jpg
「景色、いいね~♪
 さっきの区間なんて木漏れ日ロードみたいだった。」


当初は山間を流れる江の川の美しい風景を楽しむ余裕がありました。
b0299252_2219686.jpg
しかし距離を走るにつれて向かい風が強くなってきました。
30km/hを維持するくらいにしておかないと、どんどんと脚を削られていってしまう感じ・・・
b0299252_22204978.jpg
ここでは途中何度も抜きつ抜かれつを繰り返していた九州から来た方と静岡から来た方を列車に加え、
先頭交替を繰り返しながら向かい風の空気抵抗を分担して立ち向かいました。
b0299252_22225666.jpg
それにしてもCP5からCP6までの距離が長い・・・
そして気温も上がってきていました。

CP5のエイドで振舞われたのはドリンク類のみ・・・
さらに向かい風でエネルギーを使いすぎていたのか空腹を感じてきてしまいました。
そしてさらにボトルの中身も空っぽに・・・

背中のポケットに入れていたウィダーインゼリーで急場をしのぐも、補給がちょっと遅きに失した感がありました。
CP6・カヌーの里に着くころには思った以上に体力を消耗してしまって、よろしくない状況になってしまっていました。
なにより水分補給が思うようにできなさすぎて、心が折れそうに・・・
b0299252_22293333.jpg
なにはさておきエイドで早急に補給です。
ここではちらし寿司が振舞われました。

ここでちらし寿司に合わせてモーニングさんは麦茶を自動販売機で買い求めました。

「ここはカロリーゼロやけど麦茶でしょ!
 ゼリーとかで手早く効率よくエネルギーチャージもいいけど、
 人間だからおししいもので心も満たさないとね!!」


僕はこの言葉を聞いて感動してしまいました。
モーニングさんの強さの根底にある考えに触れられた気がしたのです。

これがモーニングさんの補給の考え方か!

過酷なエンデューロレースの最中に、走りながら背中のポケットに忍ばせたでっかいおにぎりを頬張り、
さらに大福も食べるからとボトルに緑茶を用意していたモーニングさん。
力強い走りと、それを支える人間らしい補給食から『K.O.J.』(=キング・オブ・人類)の異名を与えられた男。
いつまでも力強く走り続けられる強い心・・・
心が折れないのはそれは補給で心を満たしているからなのかもしれません。

気がつけば僕も自動販売機でモーニングさんが買ったように麦茶を買い求めていました。
そしてちらし寿司をかき込んで、麦茶で喉を鳴らす・・・

「うんめぇ~!!」

なるほど、これは心が満たされる!!

CP6に着くころには消耗していた体が一気にリフレッシュしていった気がしました。
そしてCP6を出ると、そこには石見グランフォンド最後で最大の難関・三瓶山ヒルクライムが待ち受けています。
さらに言うと、心を満たしてくれるであろう三瓶バーガーも待ち受けています(笑)

モーニングさんの補給の考え方に触れたお陰でリフレッシュした心と体で・・・

行くぜっ!三瓶山ヒルクライム!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
尚、CP6は定刻どおりに出発した模様・・・

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-06-03 22:58 | グループライド | Comments(2)
Commented by ワタル at 2015-06-04 00:26 x
あの江の川沿いの向かい風を30km/hで……定刻…スゴい(-_-;)
あそこで心折れかけた(´・ω・`)
Commented by rynx04 at 2015-06-04 00:48
>ワタルさん
速いペースを維持できたのは、比較的短いスパンで先頭が入れ替わっていたからでしょうね。
あそこで列車につけなければ誰でも心が折れると思います。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31