住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

クレイジー・クライマー。

6月28日の業務日報・3ページ目

「川浦(かおれ)渓谷はヤメにしましょう!
 そのままタラガ谷ヒルクライムを経て、郡上に向かいます。」


最初の休憩ポイントで、リキさんから提案がありました。
今回の奥美濃ライドの総距離は100km弱でしたが、物足りなさそうな場合のオプションとして
川浦渓谷への往復でプラス20kmというプランもありました。

しかしこの日は風が強く、板取川を遡上する僕たちにとっては向かい風となって立ちはだかっていました。
この日は距離を乗るよりは、それぞれのチームメンバーが交流しあって楽しむことが主目的ですから
僕もリキさんの提案には賛成。
他のメンバーからも異論は出ず、この日唯一のヒルクライムスポット・タラガ谷へと向けて出発!!

b0299252_055292.jpg
まあ、すぐに板取川の風景にモーツァルトモードに突入しちゃうんですけどね・・・

b0299252_0101319.jpg
そんな僕たちをしり目に、上りが苦手と自称するメンバーが先に行ってしまいました。
むむむ・・・抜け駆けか!?

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、(゚ε゚)キニシナイ!!

b0299252_013196.jpg
その後は強烈な向かい風の上り基調の道をリキさんに牽いてもらいながら走りました。
ツキイチなのにパワーメーターの数字も上がっており、先頭を牽くリキさんも大変そう・・・

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、(゚ε゚)キニシナイ!!

そして右折・・・どうやらここからがタラガ谷と呼ばれるヒルクライムコースの様です。
今回のライドではヒルクライムもまったり行くつもりでした。
せっかく滅多にご一緒できないメンバーと走られるのですから、追い込んで走るのはもったいない!!

b0299252_0174324.jpg
・・・なんて思っていたら、クライマーの路さんがスルスルっと抜け出してゆきました。

路さんといえば、前回の尾張遠征の尾張富士ヒルクライムでも、圧倒的な速さを見せていました。
そしてあの時は確かクロモリフレームに平地巡航に特化したホイール・コスミックカーボンを履かせていました。
b0299252_0212315.jpg
しかし今回は、トップチューブを指で押すと凹むほどの軽量カーボンフレーム・・・
しかもホイールも軽量なボーラ・ワン35を履かせています。

つまり、尾張遠征のときよりも本気の路さんを見ることができるかもしれません。

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、キニシ・・・キニ・・・キニ・・・、キニナル!(゚Д゚)クワッ
b0299252_0242051.jpg
ということで・・・(どういうこっちゃ!?)
なぜか僕が前を牽く形で、路さんと2人でタラガ谷アタック開始です!

タラガ谷は板取川から上ると、平均勾配7%、5.5kmのコースです。
序盤は勾配がゆるく、終盤は10%ほどの勾配が待ち受けているのでペース配分が重要なコースです。

ざっくりとしたコースプロフィールは事前に調査済みだったので、
とにかく軽いギヤをクルクルと筋肉にダメージを与えないように脚を回しました。
そして序盤の終わり辺りで一度勾配が緩くなるところに出ました。
ここでガーミンを見てみると・・・

げげ! 心拍数が180bpmうを超えている!∑(=゚ω゚=;) マジ!?

レースならまだしも、普通のライド中では超えないようにしている180bpmのライン・・・
やはり路さんを意識してか、無意識のうちにそのラインを超えてしまっていたようです。

そこで勾配が緩くなったことをいいことに、一度脚を緩めて休憩し、心拍を下げようとしました。
すると・・・

(;゚ ロ゚ )ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!
路さんがアウターギヤのまま、エラい勢いでかっとんで行きました。



あれに付いて行ったらアカン!!
いや! そもそも付いて行けへん!!


そう思いながらも、千切られたシーンを撮影しようとスマホのカメラを起動しました。
b0299252_0383199.jpg
しかし路さんは速すぎた・・・

路さんではなく、誰も走っていない道しか写っていませんでした・・・(;´д`)トホホ…


もうこうなると一人旅です。
せっかく豪華なメンバーが集まっているというのに寂しい一人旅ですよ(笑)
一度脚をついて後続と合流し、まったりのぼる手もありましたが、せっかくここまで頑張ってのぼってきたんですから
とりあえずはそのままのペースでのぼってゆきましょう。

心拍数を細かくチェックしながら、淡々と一定負荷でのぼり続けました。
後半の10%勾配区間に突入すると・・・
b0299252_046114.jpg
前方に路さんハッケーン(☆∀☆)

飛ばしすぎてタレたのか・・・
そう思い、ちょっと踏み脚を強めてペースアップすると、こちらの様子に気が付いて路さんもペースアップ・・・

あぁこれはあれだ・・・

三味線弾いとる\(^o^)/ってヤツだ(笑)

本気でタレてたら、こちらのペースアップにあわせることなんてできないはずですからね・・・
ここで慌てて路さんを捕まえに行っては脚を使ってしまうので、ジリジリとその差を縮め、
ようやく会話できる距離まで近づけました。

「途中、意識が飛びそうになっちゃって・・・」

  「それ、完璧に酸欠ですやん・・・」

あれ? 三味線は??
ていうか、追い込みすぎて意識が飛ぶってナニ~?

さすが、Crazy Trainが誇るクライマーはクレイジーすぎです!!
b0299252_124225.jpg
しかもそんな状態なのに、頂上への最後の追い込みでは先行されるし・・・

恐るべし! クレージー・クライマー!!



頂上に着いてすぐに、僕は折り返してリピートヒルクライムへ向かおうとしました。
これはせめてもの意地の様なものですね(笑)

「マジでぇ・・・」

後ろから聞こえた路さんのつぶやき・・・
そして僕はこう思ったわけです。

「よし! 爪痕は残した!!」

さあ、爪痕は残したし、今度こそ楽しいヒルクライムの時間です♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。
アカン・・・前回の投稿から10kmも進まなかった・・・orz

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-11 01:09 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31