住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

早起き戦隊・アサレンジャイのススメ。

この記事を書いている今ではすっかり涼しくなりましたが、今年の夏は暑かったですね。
特に8月のはじめは猛烈な暑さで、暑さに弱い僕は日中に走る気も起きませんでした。
しかしFacebookなどを通じて、ロードバイク仲間たちが暑さに苦しみながらも
充実感あふれるライドを楽しんでいる様子が伝わってきていました。

やっぱり乗りたい!

・・・でも暑いのはヤダ!!(。•́︿•̀。)

ということでこうなりました。

8月10日の業務日報

b0299252_231846.png
自転車乗りの朝は早い・・・Σ(:3[___]パチッ

そうです!

「暑いのが嫌なら暑くなる前に乗ればいいじゃない!」

早朝に乗るのです!!

暑くなり始めるのはだいたい朝の8時くらいから。
ロードバイクのいいところは2時間も追い込んだ走りをすればおなか一杯になれること。
そう朝練ジャイ!!

そして僕の考えと利害が一致する人物が西播磨に1名・・・
自営業で休みの少ないだるまマスターさんです。

この夏、西播磨ではディーさんが発起人となって土曜日の早朝ライドが度々行われていました。
もちろんマスターも早朝ならばと参加していました。
その様子をfacebookを通して、「うらやまけしからん!」と思いつつ見ていた僕は、
ならば月曜日は仕事が休みな僕の担当と決めてマスターに朝練のお誘いをしたのです。

b0299252_23301976.jpg
早起き戦隊・アサレンジャイ!!

だるま珈琲ジャージに身を包んだだるまレッドとだるまチェレステはだるま珈琲前を朝4時半に出発!
最初の5kmちょっとはウォーミングアップがてら、能動を縫うようにゆっくりと走り始めました。

ちなみにこの日は平坦路メインの往復30kmコース。
折り返し地点には酷暑の夏でも涼を感じることができる休憩スポットを用意しています。
ということで、農道を出て幹線道路にたどり着いたら遠慮なしに追い込み開始です!

b0299252_23405564.jpg
ちなみに今年の夏の目標は、平坦路での40km/h巡航の長時間キープをモノにすること。
この2年ほど、巡航時のボトムスピードはほぼ変わっておらず目立った成長ができていませんでしたが、
いろいろと思うことがあって、もう一段上のレベルを目指すことにしました。

また機会があれば記事にするかもしれませんが、いろいろと聞いたり情報を集めたりして、
これまでずっと続けてきた高ケイデンス走法を捨て、重いギヤにしっかりとトルクを掛けて走る走法にシフト。
この日はその走法を試す初めての日でした。

選択したギヤは52×14t、それを85rpmで回せば40km/h!

・・・

な~んて、文字にすれば簡単なのですが、もちろんいきなりそんな巡航スピードを実現することはできませんでした。
最初の数kmはいい感じでしたが、すぐにタレました\(^o^)/

この日のコース、往路は平坦路とはいえ上り基調・・・
おまけにこれまでひたすら軽いギヤを100rpmあたりで回し続けてきた僕では踏み負けしてしまうのです。

40km/h巡航キープへの道はまだまだ厳しい・・・( ˘•ω•˘ )


一方で僕にツキイチのマスターはというと・・・
僕の真後ろにいれば最大限ドラフティングの恩恵を受けてラクができるはずなのですが、
できるだけ僕の走行ラインから横にずれて走るようにしていました。
あえて空気抵抗を多く受けることで、トレーニングの効果を高めようとしているのです。

後ろでこんなんされたら、もう踏み負けようが何しようが僕も頑張り続けるしかありませんよね!
こうなるともうスピードは気にせずに、できるだけ思いギヤで高トルクを掛けてしっかりと回し続けるのみ!!
正直、達成したいことの半分もできていない状況に折れそうでしたが、
最後までやり続けたおかげで課題がたくさん見つかりました♪
b0299252_2356519.jpg
そして平坦路が終わると折り返し地点に向かうちょっとしたヒルクライムです。

そう・・・「ちょっとした」なつもりだったのです・・・
b0299252_23572554.jpg
しかし蓋を開けてみると、最大斜度15%の坂道がお出迎え∑(° Δ ° |||)!?

最後まで強度を落とせない!
これまで高トルク走法を続けてきた脚に、重力の壁が重くのしかかる!
しかし、トレーニングコースとしてはこのコースプロフィールは極上ですね。

そして頑張って上り切った僕たちにはご褒美が♪
b0299252_01319.jpg
滝です・・・ってちっちゃくねーか!?

いや・・・こんなしょぼいはずは・・・

僕の調べでは、大河ドラマ『軍師官兵衛』のタイトルバックの映像に使われた、見事な滝のはず!
それもそのはず。
b0299252_0115463.jpg
本滝へはほんのちょっぴり歩く必要があるようです。
そして歩いた先にはそれは見事な滝の姿。
b0299252_013081.jpg
飛龍の滝

写真に写るマスターと比較してもその落差が見て取れると思います。
b0299252_0161055.jpg
滝つぼの間近まで近寄ることもできます。

水量に難点がある滝のようですが、前日に雨が降っていた影響か、なかなか見ごたえがありました。
b0299252_0171078.jpg
ここまで飛ばして走ったおかげで、だるま珈琲開店準備の時間まで余裕アリ。
滝の近くは清涼感のある空気で満たされており、20分くらいは静かに滝を見ながら過ごしてしまいました。

b0299252_0185638.jpg
ま、その後の復路は休んだ分すっ飛ばしたんですけどね(笑)

帰りは下り基調なので、しっかりとアウタートップに入れたりしながら再び高トルク走の練習をしました。

b0299252_0215214.jpg
その後、開店準備にだるま珈琲に戻るマスターと別れて、僕は木漏れ日ロード経由でひとりポタリングへ・・・
b0299252_023274.jpg
新幹線とオルトレのツーショットを撮影したり・・・
b0299252_0233327.jpg
朝活中(?)のポニー先輩にご挨拶したり・・・
b0299252_029254.jpg
木漏れ日のヒルクライムを楽しんだり・・・

そしてたどり着いたのはココ。
b0299252_0245544.jpg
妙見寺・観音堂です

そしてここといえばこうだ!
b0299252_025339.jpg
整いました!!(`・ω・)bグッ!

b0299252_027189.jpg
麓の自販機でゲットしたコーラを飲みつつ、坂越浦の穏やかな風景を愛でる優雅なひととき♪

清く正しいだるま珈琲の開店待ちの一例です(笑)
1時間くらいウツラウツラとさせてもらいました。
そして時間になったら坂越から相生までの10kmをのんびりと移動。
b0299252_0313121.jpg
だるま珈琲でのモーニングで清く正しく〆ました♪

う~ん、なんて最高な朝なんだっ!!

<走行データ>
走行時間 2:39:41
走行距離 72.61 km
獲得標高 442 m
平均速度 27.3 km/h
最高速度 53.5 km/h
平均cad 74 rpm
平均心拍 141 bpm
最大心拍 179 bpm
消費カロリー 1,421 C
平均気温 22.9 °C


結局、この日も日中は35℃近くまで気温が上がりましたが、ライド中は暑さ知らずのまま走ることができました。
暑くなければしっかりと追い込んで走ることができますし、
なにより最高な気分で一日をスタートできるのがいいですね♪
今はもう涼しくなりましたが、しばらく朝練にはまり続けそうです。

以上、業務報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
明日(今日?)も神戸で仕事前にアレンジャイ!!⊂('ω'⊂ )))Σ≡

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-09-05 00:42 | グループライド | Comments(9)
Commented by 名無しのルーラー at 2015-09-05 21:32 x
いつも楽しく拝見させてもらっています。
私も40キロ巡航に挑戦していますが、低ケイデンスで走るとすぐに脚がパンパンになってしまいます。
高ケイデンス走法を続けられた方がいいのでは?
Commented by limo at 2015-09-05 22:57 x
最近よくお世話になっておりますlimoです。ブログの方では初コメですね(*`・ω・*)ゞ

僕(体重70kg)は平地では向かい風以外は常に低ケイデンス走法(85~95rpm)です。
クライマーの相棒(体重45kg)は僕とは対照的に平地でも山でも常に高ケイデンス(^ω^)
全く違う乗り方なのに同じ速度で走れる。自転車って奥が深いですねー。
Commented by rynx04 at 2015-09-06 00:16
>名無しのルーラーさん
コメントありがとうございます。
トルク走法による高速巡航は今のところ手応えありですよ♪
やってみて気がついたのですが、重いギヤを選択するのは実は踏まないためなんです。
もちろん高いトルクをかけ続けるので、“結果としては”踏んではいるのですが、意識してグイグイと踏むことはしていません。
踏まないためのフォームや、そのフォームを維持しやすいポジションを今は手探りで探している状態です。
今のところ40km/h巡航時において、トルク走法の方が心拍数が6bpmほど低く維持できるようになっており、脚へのダメージも残りにくいようにできつつあります。
僕自身がモノにして、理屈まで理解できたらまた記事にしてみようと思います。
Commented by rynx04 at 2015-09-06 00:22
>limoさん
コメントありがとうございます。
そして今朝はごめんね(笑)

今、これまで自分のなかで常識だと思っていたことを無視しまくっていろんなことを試しています。
頭で考えていけるやろーってことが実際にはダメだったり、でもダメだった理由を改めて考えてみると、次のアイデアのヒントが隠されていたり・・・
この試行錯誤から自分のスタイルを見つけていく過程は本当に楽しいですね♪
limoさんからもヒントをもらうことがあると思うので、気がついたことがあったらまた教えてくださいね!
Commented by だるまマスター at 2015-09-07 23:19 x
こんばんは〜
飛竜の滝へお誘いありがとうです☆
あれからも何度行ってるか?凄く気に入りましたよ\(^^)/ ちょっと練習方法も聞けたしd(-_^) 自分なりに頑張りますね。
Commented by ずー・たに at 2015-09-07 23:20 x
今、過去の記事から順に読ませていただいている最中です。
最新の記事までたどり着いてからコメントさせていただくつもりでしたが、急遽、お礼のご挨拶の為に、失礼いたします。

本日の昼間に、だるま珈琲にてお話していただきました、カウンターに座っていた者です。
偶然お会いでき、嬉しかったです。

もとから、話を振っていくタイプではないワタクシではありますが、緊張していた事もありさらに無口に。
そんな中、住友輪業さんから話しかけてくださったので、やっとお話が出来た状況でした。

ありがとうございました。

住友さんは、長時間の40km/h巡航を目指されているとの事。
ワタクシは、今の年齢に合わせ、37km/h巡航を目指しはじめたばかりです。
『60km追い込み走』をこなせるところまで、頑張ります。(まずは、途中で心折れないようにしないと、ですね。) 
Commented by ずー・たに at 2015-09-08 04:52 x
マスターがこちらにコメント書き込みされているのを発見!
住友さんのブログですが、マスターへのご挨拶も失礼いたします。

マスターに対しても、ワタクシ緊張しておりましたが、マスターが色々と話してくださったおかげで、楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。

次は、自走で伺います。

まずは、毎日の通勤時から。
これまでより足を回して漕いでみる事をはじめてみます。
Commented by rynx04 at 2015-09-10 10:18
>だるまマスターさん
練習はひとりでもできますが、やはり仲間と行った方が追い込めますね。
この日の朝練をキッカケに僕も久しぶりに追い込めるようになってきました♪
次はもっとハードにいきますよー!
Commented by rynx04 at 2015-09-10 10:23
>ずー・たにさん
コメントありがとうございます。

偶然お会いできてよかったです。
60km追い込みはずっと追い込み続けるのはしんどいので、走りながらの休みを入れつつ、またウォームアップとクールダウンを忘れずに!
故障しない程度に追い込めば、37km/h巡航なんてあっという間に達成できますよ♪

それではまたお会いできる日を楽しみにしています。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31