住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

メンタルの力。

先週に引き続き、いまいちトレーニングに対するモチベーションが上がらず・・・

いやだって、暖かくなったから外での夜トレ日和だけど、黄砂もものすごい飛んできてるみたいだしぃ~
と、乗らない言い訳がドンドンでてきてしまう今日この頃です。。。

それは普段のライド中もそうですよね。

脚が回らなくなっているとき。
そんな時に踏ん張れるか否かは己の精神力の強さにかかってくるものです。

今夜の記事は、精神力にフォーカスが当たります。

うむ、僕に最も足りていないものです(笑)



3月13日の業務日報・4ページ目

五色のコンビニで最後の休憩をしている間に、独走のぴよぴよさんに笑顔で手を振りながら抜かれた3人・・・
こうなったら追いついてやる!と、ちゃちゃっと準備を済ませてぴよぴよさんを追撃開始です。

あ、そうそう。
五色のコンビニで「ブログ書いてる人・・・」とお声かけいただいた若いローディさん。
対応がそっけなかったのは出発を急いでいたからです。
いつもはもう少しお話したりするのですが・・・ほら! ぴよぴよさんが逃げちゃったし(笑)
その節はごめんなさいねm(__)m


さて、五色のコンビニからはたまにあるコブも短く勾配も緩いものばかりになります。
なので脚にきているメンバーがいても列車が崩壊しにくく、単独で走るぴよぴよさんよりも
3人でローテーションしながら追走する僕たちの方が圧倒的に有利なコースとなります。
正直、ぴよぴよさんに追いつくのは時間の問題だと思っていました。

しかし!

5km・・・10km・・・15km・・・
どれだけ進んでも追いつくどころか背中さえ見えません!

「これ、絶対ぴよぴよさんペース上げてるよなぁ。」

僕たちも決して悪いペースではないのですが、それ以上にぴよぴよさんの走りが力強いということ。
こちらは3人がかりでローテーションを繰り返しているというのに、
この最終盤でこの逃げとはやはりぴよぴよさん恐るべし!

ゴールまで20kmを切ろうかというあたりまで来ても追いつかず、
いよいよなりふり構っていられなくなりました。

「もっと短く早く先頭を回しましょう!」

ここで僕がボーンズさんとモーニングさんに声をかけてさらなるペースアップを呼びかけました。

先頭交代の頻度を上げると列車後方で休憩できる時間が短くしんどいのですが、
先頭を牽く時間も短いのでより高い強度で走ることができます。
ぴよぴよさんは単独走のお手本通りの一定ペースを保っているはずですから、
これで一気に差を詰める作戦です。

そして先頭交代の頻度を上げて間もなく・・・
長ーい直線の彼方にぴよぴよさんらしい人影が見えた気がしました。

「あれぴよぴよさんちゃうかな?
 うん、絶対そうだ!!」

実は未だにワタクシ視力が1.5以上ございまして(笑)
TTバイク特有の背中が低いフォームに、黒い○臨ジャージっぽい姿を見て誰よりも早く確信を持ちました。

そしていよいよその背中が大きくなってきたときに僕が先頭を牽いていたのですが、ここである考えが頭をよぎりました。
b0299252_23050999.jpg
僕のあとに先頭を牽くことになるのはモーニングさん。

逃げているぴよぴよさんは高校時代の同級生なのです!

ぴよぴよさんに追いつく瞬間は同級生のモーニングさんが先頭を牽く以外考えられません。

「モーニングさん! 最後は任せました!!」

このタイミングで先頭交代し、僕は列車最高峰へと下がります。
すると・・・
b0299252_23091131.jpg
ぴよぴよさんの背中が・・・
b0299252_23105176.jpg
みるみるうちに・・・
b0299252_23105753.jpg
大きく!!

そしてついには追いついてぴよぴよさんを列車に吸収してしまいました。
後ろから見ていてモーニングさんの気迫のこもった牽きは鳥肌モノでした。

しかもモーニングさん。
最後の牽きまでは結構脚がきつそうだったんですよね。。。

これまでマラソンに向けて体重を絞った結果、筋持久力が落ちてしまっていたようで、
そんな状態で"tour de awaji"を走って来たのですから、普段の力強さからはほど遠い状態・・・

それでもぴよぴよさんの背中を追いかけている間はまさに鬼神の牽きでした。


「もう無理だと思ってたけど、やっぱりメンタルやねぇ~」

同級生だからこそ負けたくないという思いが、肉体的限界を凌駕したということでしょう。
本当に凄いっ! カッコいい!!


そして大逃げをしたぴよぴよさんも・・・
モーニングさんにつかまって苦笑いでしたが、まさかこんなに長いこと逃げられるなんて思ってもいませんでした。
さすがはアイアンマン! 強いっ!



・・・

なーんて感動しているとですねぇ。。。
b0299252_23190197.jpg
いきなり抜け駆けをする男がひとり 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

なるほど、だから暴れたことがないのに"暴れん坊"と呼ばれているのか・・・ボーンズさん(笑)
b0299252_23201600.jpg
あわよくば後続を振り切って逃げようとスパートをかけ始めました。

しかしここはすかさず僕がチェックしました。
後ろを振り返って僕がいることを確認するボーンズさん・・・すると、先頭交代を要求。。。

「このままじゃあ追いつかれるよ~!」

あ、ふたりで逃げようって言ってるのね。。。
うーん、でもねぇ・・・

こっちは逃げられるほど脚残ってねぇんだわ(笑)

結局すぐにモーニングさんとぴよぴよさんにつかまって、4人での列車走行となります。
すると思惑が外れたボーンズさんが意外な行動に出ました。

「代わります!」
b0299252_23263524.jpg
自ら先頭を志願し、今度は抜け駆けではなく全員を引き連れる形で40km/h巡航を開始!
逃げという目論見がつぶれたならば(← 誰のせいやねん!?)、リードアウトと言う形で力強さを見せつける!

なるほど、こりゃあ強くなるはずだ!

最後の最後に来てのその力強い牽きからは、脚力とかよりもメンタルの強さを感じました。
b0299252_23325013.jpg
最後はぴよぴよさんが絶妙なタイミングで飛び出し、それにモーニングさんが続く形。
b0299252_23334086.jpg
後ろではボーンズさんが何かを叫んでいました。

「ラストや~! 踏めぇ~!! 追えぇ~ッ!!」

確かそう聞こえた気がします(;'∀')
なのでヘロヘロのへなへなながらも踏みましたよ・・・

すぷりんとかっこわらい。

んな感じで、なんとかモーニングさんに長いことツキイチでついていった上でパスしましたが(タダ乗り御免!)、
松帆の郷の入り口までぴよぴよさんには届かず・・・orz

b0299252_23401263.jpg
ゴール後は同級生同士の友情と・・・
b0299252_23403700.jpg
出し切った笑顔(?)
b0299252_23415537.jpg
あー、たのしんどかった(*´﹃`*)

しかし強度が上がる一方の"tour de awaji"
僕はいつまでついていけるのでしょうか・・・

<走行データ>
走行時間 5:01:52
走行距離 152.43 km
獲得標高 1,374 m
平均速度 30.3 km/h
最高速度 58.5 km/h
平均cad 84 rpm
平均心拍 149 bpm
最大心拍 190 bpm
消費カロリー 3,004 C
平均気温 7.6 °C


ライド後は車を停めさせてもらっていた松帆の郷でお風呂に入って昼食を・・・
b0299252_23522349.jpg
キレンジャイッ!!

"tour de awaji"直後の必須カレー分は身に染みますのぅ・・・(*´ω`*)

尚、入浴中も昼食中も、会話の大部分はパワーメーターとトレーニングの内容で占められていた模様・・・
うーん、この集団はアカン!(笑)


b0299252_23590635.jpg
そして僕は清く正しく〆だるまへ~♪

なんにもおかしくはないっ!

・・・はず。

以上、業務報告終了!



今回の"tour de awaji"では心拍数の異常な上下動があり、かなり不安になりました。
しかし仲間の助けもあって無事に完走できてよかったです。
本当に感謝です!
b0299252_00013763.jpg
心電図もX線も異常な~し♪

これで安心してロードバイクに乗られます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-30 00:05 | グループライド | Comments(12)
Commented by カンパチ at 2016-03-30 08:03 x
 住友さん、おはようございます。
凄まじいペースで廻られてるんですね。
参加されてる方々の凄さがリアルに伝
わってきます。
 ぴよぴよさんのブログと交互に読ん
でロード・コミック版「坂の上の雲」
だなと思いました。
Commented by piyopiyodesu at 2016-03-30 08:32
あ~、楽しかったねぇ!
住友さんの心臓に問題がなくて良かった良かった。
やっぱり気になることがあると思い切り踏めないし楽しめないもんね。
特急列車が準急ぐらいにペースダウンしてたからボクが追い着けたのか~(^^ゞ。
次はもっと逃げられるようにノーストップ作戦で行きますね(^^ゞ。
Commented by ずー・たに at 2016-03-30 10:24 x
住友輪業さんでも、メンタルがまだまだと思うくらいのレベルですか。。。
僕も先日、あわいちしまして、初めて洲本向こうのファミマまでのアベを意識して頑張りましたが。
そこまでで「脚が終わった。」と感じ、水仙峡の登り以降は力入らず。
そこからまだまだ粘るのが速くなる人なんですね。
Commented by ボーンズ at 2016-03-30 13:26 x
本当に楽しいアワイチでしたね!
というか、僕が愛想悪かったのでかなり反省してます…申し訳ない。
いよいよ、シーズンインになって即効であの人に完敗した僕ですが、リベンジ目指して頑張ります(^o^)/
またヨロピコっす\(^_^)/
Commented by camellia at 2016-03-30 17:40 x
いやー、やっぱり面白かったー♪
淡路島からの帰りで神戸在住のはずの住友さんが〆だるま……うーん、おかしくないのかな?笑
心:異常なし
って事なので心=メンタルも異常なし!
ドクターから太鼓判おされたって事は今の住友さんに足りてない事は無いみたいですよー?
Commented by モーニング at 2016-03-31 04:42 x

「肉体的限界を凌駕」カッコよく書いてくれてありがとう~でも実は気持ちが限界を決めてしまっているだけなんですよね。
tour de awajiはチームメイトに刺激を貰い出し尽くす特別たのしんどいアワイチ、2nd stageも楽しみだ~
「無理」と言う言葉は…、あの人に叱られる…
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:08
> カンパチさん
こんばんは。
"toue de awaji"は緩む隙がないので本当にしんどいです。
その分、質のいい練習になるんですけどね♪
こういうことができる環境にいられることにはただただ感謝するばかりです。
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:10
> piyopiyodesuさん
楽しかったですがイーブンペースで走っているぴよさんの姿を見て、僕もあんな風に走りたーいって思ってましたよ(笑)
本当にみんな速い!!
そりゃあ僕の心臓もびびって変な動きをするってもんですよ!

おかげさまで体には異常はないようなので、ぼくもそろそろノンストップ作戦をやってみようかなー
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:13
> ずー・たにさん
ぼくなんてまだまだですよ~。
実はアベレージを気にしだすと、頑張りすぎてしまうという陥りやすい罠があるんですよね。
頑張らずに回していって気がついたらアベレージが良かったっていうのが理想ですね。
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:14
> ボーンズさん
あの場面は急いでいたので止む無しでしょう。。。
フフフ・・・リベンジですか。
頼みましたよ♪
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:14
> camelliaさん
おーいえー♪
やっとツッコミが入ってくれた♪
後半は強引すぎですが(笑)
Commented by rynx04 at 2016-04-01 22:19
> モーニングさん
ぴよさんの背中をとらえてからがモーニングさんの真骨頂でしたね!
"tour de awaji"では毎回モーニングさんの攻めの姿を見させてもらってこれじゃあイカンと思わされてしまいます。
2nd stageはおそらく参加は厳しそうですが、やはりそこでも限界の向こう側へいってしまう人がいるでしょうね。
うー・・・参加できないのが残念すぎる。。。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30