住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

NS-B1(強)

雨ですね。


雨ですね。。。



4月24日の業務日報・2ページ目

b0299252_09551033.jpg
ビワサイ朝練組にまるで見世物の様に見送られて本格始動したNS-B1(ノンストップ・ビワイチ)

琵琶湖大橋を過ぎたあたりではまだ風も無く、35km/hほどのペースで順調な滑り出しでした。
b0299252_23125982.jpg
尚、トレイン最後尾にはイニシャルdさんの姿が・・・

近江八幡市内までお見送りついでに僕たちの列車のローテーションにも参加してくれました♪
いつの間にかいなくなっていましたが、ありがとうございますm(__)m



しかし、35km/hほどだったペースも徐々に上がってオーバーペースな領域に。
原因は先頭交代にありました。

矢橋帰帆島を出発する前に、ブリーフィング的な時間が無かったため先頭交代の手順を確認しておらず、
流れで志願制の先頭交代が繰り返されるようになってしまいました。
志願制の先頭交代は、二番手を走る人がそれまで先頭を牽いていた人を追い抜いて交代するので、
どうしても追い抜く分ペースアップしやすいデメリットがあります。

僕たちの列車も気がつけば40km/h弱まで加速するシーンもありました。



さて、ここでおさらいです。

"NS-B1"とはなんぞや?

NS=ノンストップ、B1=ビワイチ。
信号や一旦停止など、原則として交通ルールや安全のため以外の停止を全くしないビワイチのコトです。
レギュレーションとしては、ビワイチが終わるまで常にどちらかの脚のクリートが固定されていること!

つまりトイレ休憩とコンビニでの買い物は不可です!◝(๑⁺д⁺๑)◞՞

自販機での水分補給はギリギリセーフってところですが、NSのコンセプトを考えると最小限にとどめるべきでしょう。

尚、NS-B1は瀬田の唐橋を渡るフルビワイチだけでなく、琵琶湖大橋を渡るキタイチでも認定されるようです。



で、話を戻しましょう。

僕たちがやろうとしているのは、そんな過酷なNS-B1なんです!

しかもより過酷なフルビワイチなんです!!"Σ⊂(☉ω☉∩ )ドンッ!

なのに序盤から35km/hオーバーなんて・・・(ノ∀`)ムーリー


このままじゃあイカンッ!!

ということで、信号待ちのわずかな時間を利用して先頭の人がハンドサインを出してから戦闘交代するように修正。
全員にそれが伝わるまで多少時間がかかりましたが、これで余計なペースアップは避けられそうです♪

一件落着♪(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!



・・・と思ったらまた問題が(ノ∀`)

今度は日が高く昇るにつれて強い風が吹き始めたのです。

しかも北風・・・つまり北上する僕たちにとっては向かい風(;´༎ຶД༎ຶ`)



そんな悪条件の中を、僕たちは先頭交代を繰り返しながら突き進みました。
b0299252_23515199.jpg
気がつけばあっという間に長浜の街が見えるところに・・・

平均速度は34km/h台・・・無風ならともかく、向かい風ではやはりオーバーペースでしょう。


しかし他のメンバーが牽くスピードを緩めないので、ペース配分をするにも意地が邪魔します。
僕も長浜の街を出て、水鳥ステーションへと向かう道に入った時に強烈な向かい風に合い、
思いっきり踏むことでスピードを維持しようとしてしまっていました。

しかしここで頼もしい声が後ろから聞こえました。

「疲れる前に先頭交代していきましょう!」
b0299252_10000631.jpg
声の主はsetano kazeさん。

僕がその声に素直に従って先頭を譲ると、向かい風にもかかわらず長い時間を先頭で頑張ってくれました。

さらに風がキツくなった山本山トンネル付近では、setano kazeさんが再び声をあげました。

「負担を減らすために短いスパンで先頭を回しましょう!」


なるほど、この辺りは交通量が少ない!
短いスパンで先頭を回すとなると、どうしても並走状態になる機会が多いので場所を選ぶ走行方法になるのですが、
このあたりならば問題ないでしょう。

ローテーションに慣れていないメンバーは却って脚を使ってしまったかもしれませんが、
僕にとってこの短いスパンでのローテーションは大いに助かりました♪
b0299252_00043354.jpg
続いての賤ヶ岳旧道クライムはある意味回復走です♪
速すぎず、遅すぎずなペースで淡々と上りました。

しかし次の岩熊トンネルへの上りでは、先頭のコンソメさんが何故か上げる上げる!!

コンソメ☆パンチ炸裂!!

そんなぁ、ご無体な~(・:゚д゚:・)ハァハァ

ここで無理をしたら脚が攣りそうでしたし、どうせトンネル内ではペースが落ちるのでここも一定ペースで・・・
案の定、トンネル内で追いついて事なきを得ました。

しかしここまでずっと向かい風だったので、100kmほどしか走っていないのに四頭筋がやばそうな感じですorz
本来なら使うべきハムストリングスがあんまり動いていない感じです・・・


しかしそれでも列車は進む・・・
b0299252_00104128.jpg
風景が美しい奥琵琶湖ももちろんノンストップ!!
b0299252_00112810.jpg
そしてマキノに抜けようかと言う所でドギーさんに膝痛のトラブルが発生し、列車最後尾固定となってしまいました。

さらにdaichiさんも脚攣り・・・

僕も近江高島辺りで向かい風で頑張りすぎてますますジリ貧に近づいてきました\(^o^)/

そんな僕たちをsetano kazeさんは要所要所で長く先頭を牽くことで守ってくれていました。
b0299252_00135311.jpg
そんな中、快調に飛ばしていたのはコンソメさん。

やはりこの男、強いッ!!

近江高島からのバイパス区間を追い風に乗って40km/h巡航開始です。
明らかに背中が笑っていてすんげー羨ましいです。

「ソメさま? いつでも代わって差し上げますわよ?」

と、控えめに追い風のうちに代☆わ☆れ☆!と言っても聞く耳もたねーでやんの!٩(๑`ȏ´๑)۶

結局、再び僕が先頭を牽く番になったころには追い風はすっかりやんでおりましたとさ・・・_(┐「ε:)_ズコー



その後は国道を離れて蓬莱駅近くまではスピードの出ない細い道をうねうね走ることに。

休憩になってもいいかもー♪なんて思っていましたが、コーナー加速や一時停止からの加速が脚をゴリゴリ削ってゆきます。
国道ではなくこちらに誘導したのは他でもない僕なのですが、完全に策に溺れるってヤツでした(´・ω・`)


そして蓬莱駅付近から幹線道路に復帰し、琵琶湖大橋の西詰へと向かい始めたころ・・・

先頭を牽き終わって先頭交代・・・列車左側を脚を休めて下がっていこうとした僕にまさかの事態・・・



その瞬間、脚に電気が走りました(;; ;°;ਊ°;)

大腿四頭筋が攣った? いや、それともハムストリングス?? ふくらはぎ???
ぜーんぶ違います!

僕が攣ったのはなんと腸腰筋!!

左太もも付け根のコマネチしたときに手がなぞるライン辺りが電気が走ったようにビリビリッときました。

インナーマッスルが攣るのってあんなに痛いのね˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚


でも脚を止めたらもっとひどくなると思って、左手で太ももをつかんで必死に動かし続けました。
おかげで一時的に列車から千切れてしまいましたが、次の信号待ちでなんとか追いつき事なきを得ました。

まさかあんなところが攣るなんて・・・おはずかしや~(/ω\)イヤン


b0299252_00312081.jpg
これにて満身創痍の一般人組(僕を含む)と・・・
b0299252_00323407.jpg
まだまだいけるぜ、逸般人組の出来上がり~♪

尚、ここまでの平均速度は32km/h台!

序盤のあの向かい風を考えると、かなりいいペースです。

言うなれば今回のNS-B1は・・・NS-B1(強)

ここまではなかなかの高強度でした。
そしてはっきり言って、ここからは信号ラッシュなのでNS-B1はここでお開きにしてもいいと思ったくらいです。




しかし、しかしですよ!

本当に面白かったのはここからでした。


ここまで向かい風から僕たちを守り続けてきたsetano kazeさんがその真髄を見せるときがやって来た!!



さあ、いよいよNS-B1も最終盤。

ここからのことは今思い出しても鳥肌が立ちます。
そしてまたあんな経験をしてみたいと、幸せな気分になります。

setano kazeさんの真髄、お楽しみに♪


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-05-11 00:42 | グループライド | Comments(4)
Commented by byson-u10 at 2016-05-11 16:06
トイレに行きたくなったら膀胱炎かDNFか究極の選択を迫られるわけだ(/o\)


宣伝ありがとうございます(* ̄ー ̄)

不意打ち楽しんでいただけましたか?(笑)
Commented by Daichi at 2016-05-11 22:03 x
一般人に入れてもらえて良かった~ (^o^)/
Commented by rynx04 at 2016-05-11 23:28
> バイソンさん
NS-B1はライド前のトイレタイムから始まるです!

まさかブログを始めるなんて思ってもみなかった・・・
Commented by rynx04 at 2016-05-11 23:29
> Daichiさん
うそだぁ!
ぜったい逸般人枠に入りたがっているはず!
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31