住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

35歳、乗鞍で人生を感じる。

5月22日の業務日報・2ページ目

楽しく上り続けてきた乗鞍。
b0299252_23570178.jpg
中腹を過ぎ、いよいよ森林限界が近づいてきました。
b0299252_23270119.jpg
路面脇の傾斜地には残雪もチラホラ。
b0299252_23272851.jpg
写真のような雪壁の間を走ることはできるのかな?

期待は高まる一方です。
b0299252_23320310.jpg
たぶん頂上は近い・・・

ならばそろそろ雪壁が現れてもおかしくないはず!
b0299252_23331406.jpg
先に待ち受けているであろう素晴らしい光景に胸を躍らせながら、
ひと漕ぎひと漕ぎロードバイクを進めてゆきました。
b0299252_23322812.jpg
コーナーを前にするたびに高まる期待!

何度も何度もコーナーを曲がり、それでも現れない雪壁に焦れる気持ち。

この先行きが見通せない感じが、なんだか人の人生のように思えてきました。
人生もまた、先行きが見通せないものですからね。。。
b0299252_23341895.jpg
そしてあるコーナーを曲がり切ったところで、僕はロードバイクを停めました。

雪壁がいよいよ現れたのでしょうか?



いいえ。
b0299252_23384144.jpg
僕が目の前に広がったのは、空の青とハイマツの緑、そして雪の白が織りなす見事な風景・・・

この風景が目に飛び込んできたと同時に、僕はそれ以上漕ぐことができなくなってしまいました。




期待していたのは雪壁の風景です。

でも現れたのはその期待とは全く違う風景でした。

それでもその風景は、僕の心を激しく動かしました。



美しい・・・



思い焦がれていた風景には出会えなかった。
今、僕が立っている場所からは、最初に思っていたものとは全く違う風景が見えています。

それでも美しいんです・・・



最初に思い描いていた通りにならないのも人生。

しかしそれでも美しいのが人生!



その一方で・・・
b0299252_23435437.jpg
今、僕が立っている場所はまさに崖っぷち・・・

一歩間違えば、奈落の底へ転落です。



僕たちはいつだって崖っぷちを歩いている。

明日、交通事故にあうかもしれない。
半年後に、大病を患うかもしれない。
大切な人を、急に失うかもしれない。

美しい風景の中を歩んでいても、急に奈落に落ちる怖さがあるのも人生・・・



実は僕にもこれまでの人生の中で、奈落の底に落ちたことがあります。


あれは最も学生生活を楽しんでいた、大学4年生の頃でした。
これから卒業して夢見ていた職業に就こうとしている頃。

まさに輝ける時代・・・美しい風景の中に僕はいました。


それがある日、突如として崩れ去りました。

我が家を襲った大事件により、僕は止む無く大学をやめることになってしまったのです。


楽しかった学生生活はいきなり終焉を迎えました。
夢みていた職業もあきらめざるを得なくなりました。
実家に戻り、ギリギリの毎日を送るだけの年月を過ごしました。

なんとか這い上がろうとしても再び突き落とされ、奈落へ逆戻りさせられることもありました。



しかしそれから十数年後の今・・・

生活を立て直した僕はロードバイクに乗り始め、ブログを書くことによって多くの仲間に恵まれ、
学生時代に思い描いていたそれとは全く違った、しかしそれでも最高に楽しい人生を送っています。

乗鞍を上って美しい風景が目に飛び込んできた瞬間に、そしてその足元に奈落を見た瞬間に、
これまでの僕の人生と乗鞍が重なって見えたのです。


涙が出そうでした。。。


b0299252_23573665.jpg
気がつけば、この崖っぷちを風切り音を出しながら急降下してゆくハヤブサたち・・・

思いもよらない出会い。

それがいくつもいくつも重なって、僕は今、この美しい乗鞍に大きく心を動かされています。


仲間たちには改めて感謝を!

b0299252_00141567.jpg
さあ、まだまだ上りは続く。
脚を止めたら進みません!

人生も・・・ヒルクライムも・・・

b0299252_00150044.jpg
まっすぐは走ってこられなかったけれど・・・、いや違うな。。。

まっすぐ走ってこれなかったからこそ、今、この風景に出会えている!
そして今、自分自身の人生を最高に楽しめている!!

これまで起こったネガティブな出来事の全部が、ポジティブな出来事として上書きされてしまいました。
b0299252_00161536.jpg
これからもまっすぐに!とはいきそうにないけれど、まあ、それもええよね♪って思える自分がいます。

そして曲がりくねって遠回りした道を振り返った時。
僕はきっとこう思うのでしょう。

b0299252_00171809.jpg
あぁ・・・なんて美しいんだ!



35歳、乗鞍で人生を感じました。

まだまだ浅いけれど、これが今の僕の感じ方。

またここは上りたい。
いや、上らなければと思います。

これから先の人生を過ごし、僕自身の感じ方がどう変化してゆくのかも楽しみです♪



まだまだ乗鞍は続く!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-06-18 00:33 | グループライド | Comments(16)
Commented by shiga at 2016-06-18 05:42 x
雪壁はエコーラインだじょ〜
はい、再チャレンジ決定!
Commented by 義経 at 2016-06-18 12:44 x
8枚目の写真に思わず見入ってしまいました。

乗鞍の景色の良さは聞いていましたが、これ程までとは思っていませんでした。

「ここを走るのは、ロードを何年も乗って脚力の有る人が走る場所。ロード🔰で脚力の無い自分には無理だろうな…」って思ってました。

住友さんのお陰で「乗鞍を走る」と言う目標が出来ました。

乗鞍の良さを教えて下さってありがとうございます。
Commented by ずー・たに at 2016-06-18 14:31 x
美しい写真と、美しい表現の記事でした。
ありがとうございます!
Commented by ONI at 2016-06-19 06:31 x
いや~ほんとうに乗鞍に魅了されてしまい
言葉では、表現出来ない感じ
乗鞍の雄大さにやられました♪(^^)v
景色をながめながら
また必ず~訪れると誓いました。
皆さん~ありがとう♪m(__)m(*^^*)
Commented by ドクロマニア at 2016-06-19 20:41 x
はじめまして!
いつも楽しく拝見しております。

神戸在住で御歳も同じwww
勝手に親近感を抱いてしまっております。
なんだか今回は私も想わせられるネタで、思わずコメントしてしまいました。

一度乗鞍に行ってみたいと思います。

次回も楽しみにしております。
Commented by おーちゃん at 2016-06-20 12:01 x
この記事、凄くタイムリーで心に響きました。

ちょうど今日、当面の自転車ライフを諦めた所でした。
僕の場合、第二子の出産予定日が近づいてきて、自転車に乗る時間はおろか、ローラーを回す時間すら確保できなくなってしまい、苦渋ながらも自転車ライフを諦めました。
第二子が生まれて来てくれる事は望んでいた事で嬉しい事なのですが、自転車という趣味がライフワークになっていた為、心に大きな穴が空いたような喪失感を感じていました。
でも、住友さんの日記を読んで、自分の場合は嬉しい事で一時的に中断するだけで、時間が取れるようになればまた再開すればいい、とネガティブだった思考がポジティブになった気がします。
勝手ながら、ありがとうございますw

いつも日記を読ませて貰うばかりでしたが、今回の記事は思わずコメントしてしまいました^^;
Commented by やす at 2016-06-20 15:31 x
はじめましてこんにちは♪
いつも楽しく拝見しております!

素敵な風景ばかりで乗鞍ってこんなにいい所なんだと実感し読み終えた時には自分も行きたいになってました!
いつか乗鞍楽しみに行きたいと思います(^^ゞ
いつもブログ楽しみにしてるのでこれからも頑張って下さい!
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:32
>shigaさん
エコーラインは9月に・・・って、その時期ぜったい雪壁ないやんっ!!

はいっ!再々チャレンジ喜んでー♪
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:34
>義経さん
数ヵ月ぶりに乗ったというデリさんも上ってましたし、オーバーペースに気を付ければ上れますよ♪
乗鞍はぜっっったいに!行くべきです!

あ!天気悪かったらごめんなさい(笑)
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:34
ずー・たにさん
たまにはこんなタッチも良いかなーなんて(笑)
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:36
>ONIさん
次も白川郷へGO!(笑)

ここはレースではなく、みんなと上りたいですね~♪
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:38
>ドクロマニアさん
コメントありがとうございます。

同い年のローディさん、以外と少ないですよねー。
乗鞍は聖地です。
是非一度は行ってみてください♪
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:43
>おーちゃんさん
まずはお子さまの無事の出産をお祈り申し上げます。

これまで曲がりくねった道を歩んできたので、物事にはいろんな側面があって、自分の見方によってどう見えるかが変わるって言うことを身をもって知らされてきました。
それならば物事がより良く見える見方をすればいいよねーってことで、今は割といろんな事が楽しいです♪
人生は楽しんだもの勝ちですから、物事がより楽しく見えれば最強ですよね♪
Commented by rynx04 at 2016-06-21 00:46
>やすさん
コメントありがとうございます。

今回スタート地点にしたほうの木平ですでに標高が1,000mくらいなので、最初から植生とかが違って高原風景なんですよね。
そして森林限界を突破すると視界が一気に開けて・・・

是非、実際にやすさんご自身の目に焼き付けてください!
Commented by マルコ at 2016-06-22 19:50 x
初めまして、関東の一ファンです。風景写真も素晴らしいですが、住友さんの人生感が美しいです。ちょっとウルル。私(ずっと歳は上です)かなり昔、長野側を合宿の空いた時間に自転車で登りました。安全で楽しい自転車ライフを遠くからお祈りします。あ、いつかは西播磨を走ってみたいです。特に牡蠣とホルモンうどん!
Commented by rynx04 at 2016-06-22 22:56
> マルコさん
コメントありがとうございます。

人生の先輩にそのようにおっしゃっていただけるとは・・・感激です!
回り道してきた甲斐がありますね♪
これからも安全第一で、まずは自分自身が楽しんで!
そしてそれが業務日報を読んでくださった方々にとって新たな楽しみを見つけるキッカケになれるように、ボチボチとやっていこうと思います。

それにしても牡蠣とホルモンうどんの両押さえとは・・・できるっ!
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31