住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

幅広タイヤアレルギー。

前回の記事で"ワイドリムとか25mmタイヤとかは嫌いだぁ~!!"と書いたところ、こんなコメントをいただきました。

ワイドリムと25Cを避けたのは何故ですか?
これね・・・
ずーっと思っていたことがあるのです。

僕もかつて25Cや26Cのタイヤを履いたことがあるのですが、ダメですね。
受け入れられません!

それについて、今夜の記事を書きたいと思います。


あ、別に25Cを使っている人がどうこうということではありませんよ!
ただ、僕個人がどう思うかについての記事ですので、その辺を踏まえて上で読んでくださいm(__)m



幅広タイヤについて思うこと。

機材には流行り廃りがつきものです。

下ハンもラクに使えるコンパクトハンドル。
アップライトなポジションが取りやすいエンデュランス系ロード。
安定して強力な制動力を発揮するディスクブレーキ。


ここ最近はやっているそれらの中で最も大きなもの。

それが25Cタイヤをはじめとする幅広タイヤでしょう。


僕も25Cタイヤを使ったことがあります。

その出会いはちょっと・・・いや、かなり間抜けな話なのですが・・・

巷でとってもいい!とうわさのContinenntal GP4000Sを試そうと、店舗で購入したのは良いのですが、
なんと23Cと25Cを間違えて手に取っていたという・・・(ノ∀`)


しかし25Cタイヤが流行りの兆しを見せ始めていたこともあって、そのまんま試してみることにしたんですよね。。。

で、実際に走ってみた結果なのですが。
b0299252_23261756.jpg
乗り心地はいい!

でも当時はチューブレスタイヤを使っていたので、それほど大きな違いとは思わず。

それよりも気になったことが一つあったんです。


なんだか動きが重くないか?

ほんのちょっとしたことなんです。

例えば赤信号からのリスタート。
例えば前方の障害物を避けるためにちょっとだけ走行ラインを変えるとき。
例えばダンシングに切り替えて鋭く加速するとき。

ちょっとバイクが遅れて反応するような気がしたのです。

軽快感がない!!

僕はこのちょっとした違いがストレスに感じて仕方がなかったのです。
自分の予想した動きから遅れて動き出すあの感覚がダメなんです。

結局、25CのGP4000Sはホイールを売る際にオマケとしてつけたまま譲渡しました。
まだバリ山だったのですが、どうも続けて使う気にはならなかったのです。


そして1年くらい後、再び幅広タイヤに手を出しました。

このころになるとすでに、幅広タイヤは抵抗が少ないということが定説の様になっていました。
b0299252_23371147.jpg
僕が購入したのはMASSA T2601。
その名の示す通り26mm幅のタイヤです。

同じコンセプトで23mm幅のMASSA T2301をかなり気に入ったため、T2601も試したいと思って導入しました。


が、やっぱりダメ!!

軽快感がありませんでした。

結局コチラも好みに合わず、1年間の熟成(笑)ののちにバスク輪さんの通勤用ロードバイク用タイヤとして払い下げです。
b0299252_23515296.jpg
ちなみにそのころ気に入ったのは、のむラボ2号につけていたVittoria Corsa CX-Ⅲ。
そのタイヤ幅は21mm!!

やっぱり動きが軽い!

さすがにちょっとしたグレーチングや溝などでも気を遣うので、今は使っていませんが、
それさえなければ21mmなどのより細いタイヤを使いたいと今でも思っています。



ここ最近実しやかに言われている、幅広タイヤの方が走行抵抗が少ないというお話。

おそらくメーカーがキチンと実測したデータが元に出てきた話だと思うのです。

あと乗り心地がいいっていうのも確かにいいとは思うのです。


うーん、でも乗り心地の良さは実感できても走行抵抗の少なさは実感できないなぁ・・・



そんなことよりももっと大切なことってあると思うんですよねー。


乗り手の意思とロードバイクの動きが一致すること。
乗り手の意思に反応よく忠実に動くこと。

それが乗っているときの気持ちよさや爽快感につながり、
楽しいという感情を生み出してくれるんだと思っています。

そしてこの楽しさは明らかに実感できるもの!
この楽しさの前にはメーカーが公表しているデータなんてどうでもいいんです!



乗り心地の面では確かに25Cのほうが優れています。
でもそこはラテックスチューブを入れるとか、低圧で乗ってもリム打ちパンクしにくい様に
抜重のテクニックを身に着けるとかでカバーできます。


そもそもロードバイクって舗装路の上を最も軽快に走るための自転車のはず・・・
それをわずかな乗り心地の良さや実感できない走行抵抗のため、動きが鈍く感じるようなタイヤを入れてどうする?
ロードバイクってそんなもんじゃないでしょ!?

あくまで、僕の考えですけどね。。。


b0299252_00180488.jpg
で最近、臨時漕会のコーレスさんから借りたホイールが家にありまして。

これについていたのも25mm幅のタイヤでした。

やっぱり合いませんでした・・・orz

走行抵抗が少ないとされる、ワイドリム + 幅広タイヤの組み合わせだったのですが、
むしろ巡航も加速もしんどいです。。。


なんかここまで合わないとなると、機材を買い換えて欲しいメーカーさんが
都合のいい情報を垂れ流しているだけとしか思えなくなってしまいました。。。

もちろん実際のところはわかりませんけどね。


まあ、こんな理由で僕hあ幅広タイヤではなく、従来の23mm以内のタイヤが好みです。


色々と思い通りに動いてくれない世の中ですから、
ロードバイクくらいは思い通りに動かせるタイヤを!

って、どんなまとめやねん!!

以上、幅広タイヤについて思うことでしたー。



なんだか書きたいことの半分も伝わらない文章ができてしまった気がする。。。

次回からはまたどーでもいい日記のようななにかに戻りますorz

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-06-28 00:27 | 機材の話
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30