住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

結局最後は人なんです。

今夜、雨の合間に久しぶりに夜トレしてきました♪
b0299252_23093647.jpg
まぁ目的はトレーニングって言うよりも、先日送られてきたCORIMA MEDIUMのテストだったんですが...

うん、見た目はいいよね! 見た目は...

その印象については需要がなさそうなので、ネタ切れになりそうな時に書いてみようかな?


それよりアレですよ!

夜トレ終了後に明石海峡大橋の下に行ってみるとですね・・・
b0299252_23121265.jpg
ポケモンマスターたちがワラワラ(笑)

ポケモンGOの影響ってすごいですね!
しかしニュースでも耳にするように、いろいろと問題が起こってきているみたいです。

ロミオさんずー・たにさんも既に記事にしていましたので今更感があるのですが、
今夜は『ジソーだるま・夏の陣』の記事を一度お休みにして、僕も思う所を書いてみたいと思います。




ポケモンGOの流行を目の当たりにして思うこと。

一昨日の7月24日。
なんと新潟から大阪にやってくるというヒロさんの迎撃に行って参りました。

えーと、昼の部と夜の部、それぞれに凸撃してきたわけですが、今から書くのは夜の部の出来事です。

b0299252_23201916.jpg
最近定番の夜のSKHですよ♪

その時に起こった出来事についてはまたおいおい記事にするとして、
いつものSKHとは違ったモノがそこにはありました。


それは10km/hくらいでノロノロと走っている車。

もうね。
すぐにわかりました。

あぁ、これはポケモン集めに来とるな・・・って

あと、後程調べて分かったことなのですが、
どうやら卵を孵化させるためにはゲームを起動したまま一定距離を移動する必要があり、
その移動速度が10km/hを超えると移動距離がカウントされない仕組みになっているようです。
(僕はポケモンGOをやっていないので間違っているかもしれませんが・・・)



僕たちは30~40km/hで走行しているので、当然そういう車に追いつくことになります。

まさか運転しながらゲームはやっていないとは思いますが確証は持てないので、
そういう車からは大げさな距離を取って追い抜くことになります。
SKHは片側一車線の区間が大部分を占めるので、それこそ対向車線にはみ出る勢いで避けて走りました。

せめてハザードを焚くなり、なんらかの合図があればそんな必要もないのですが・・・


そして何度かそんな追い抜きを繰り返していると、ちょっとこれは怖いな・・・と思うことがありました。

僕たちはSKHを左回りで走行していました。
で、ポケモンをしていると思われる車がまた前方に現れました。

その車は左コーナーの手前でノロノロ運転中。
僕たちはやはり大げさに避けていこうとしましたが・・・

よく考えたらこれって危ないんですよね。

b0299252_23382181.jpg
上のスクショはまさに僕たちがノロノロ運転の車を追い抜いた場所のストリートビュー。

ご覧の通り、正面奥の左コーナーのイン側は視界が良くありません。
さらにノロノロ運転の車がいたのでさらに視界が遮られている状況です。

そしてここはSKH。
休日の夜にはバイク小僧や車の走り屋も出る場所。。。


もし、ノロノロ運転の車を大げさに避けた先、
対向車線を猛スピードで車やバイクが突っ込んで来たら?


・・・


このとき列車の先頭を牽いていたのは他でもない僕です。
ここはしっかりと想像力を働かせて、徐行して安全を確認した上で追い抜きを掛けるべきでした。。。



もちろん、ノロノロ運転をしている車が悪い!っていうことはできます。
できますが、それをそのドライバーに言っても他の人が同じようなことをやっているので埒があきません。

正直それは時間の無駄です。

ならば僕たちが柔軟にやり方を変えるしかないと思います。

他人は変えられないけれど、自分は今すぐにでも変えられる。


たぶん今、日本各地・・・いや世界各地で同じようなことが起こっていると思います。
しばらくはアホらしい事故のニュースが続きそうなことは明白。

そんな事故に巻き込まれないように、柔軟に対応していきたいものですね。



そしてもうひとつ。

こういう記事を書いていると、僕がポケモンGOについて懐疑的な見方をしているように受け止められるかもしれません。
しかし実際はポケモンGOはとっても面白いものだと思います。

だって、明らかに外に出て歩いている人が増えましたもんね。

ここまで多くの人を家の外に引っ張り出したゲームってある?



歩くっていうことは健康的にも間違いなくいいことです。
そして人が動くということは、お金が動き経済が回りだすということ。
その経済的効果は計り知れないものがあります。

社会的にいい影響を及ぼす可能性が大きいんですよね。

まあ、僕はポケモンGOがなくても動き回ってますが(笑)


あー、話がそれそうだ・・・
ここで元の流れに戻す!(`・ω・´)


でもそんなポケモンGOも社会的に悪影響を及ぼす恐れがあるんですよね。

その最たるものが、歩きスマホや運転中のプレイによる事故。

こういうニュースばかり見たり聞いたりしていると、ポケモンGO=悪という印象がつくかもしれません。

でもね・・・普通に考えてですよ。

ポケモンGOはひとつのゲームでしかないんですよね。
ただそのシステムが革新的というだけのこと。

事故が起きたり、トラブルが起こってしまうのは、
結局使う人がその使い方を誤っているからだと思うんです。


任天堂がポケモンGOをプレイ中に起こった事故の訴訟に戦々恐々としている・・・
あるニュースで報じているのを見ました。

まあなんともバカバカしい話で・・・

常識的に考えた範疇でゲームをプレイしていれば事故なんて起こりようがないですからね。
それで訴えるなんて、「私はどーしようもないおバカさんですよー。」って
自己紹介しているようなもんです(笑)


楽しむのはとってもいいことです。
でも自分自身で責任を持って人に迷惑を掛けない範疇でね。


ポケモンGO自体はただのゲームです。
それが良いものになるか、悪いものになるか・・・

それは最終的にプレイする人間に委ねられているんです。

結局最後は人なんです。



あ、そうそう。
このフレーズを書いてもうひとつ思いました。


交通戦争で頻繁に耳にする言葉。

ロードバイクは信号無視をする!とか、
あの車、幅寄せしやがった!とか・・・

これには個人的に違和感アリアリです。


その信号を無視したのはロードバイクではなく乗っている人間です!
幅寄せしてきたのも車ではなく乗っている人間です!

人は類別できる唯一の動物であるときいたことがあります。
類別することは、物事を考える上でとっても便利な方法なのですが、
それも過ぎると本質を見失ってしまう原因かも。


ロードバイクが悪いんではなくて、信号無視をする人間が悪いんです!
車が悪いんではなくて、幅寄せする人間が悪いんです!

言葉遊びの様に思われるかもしれませんが、
人間の潜在意識ってやつは思った以上に言葉をそのまんま鵜呑みにしてしまうそうです。

この辺りもちょっと気を付けてみるだけで、終わりのなさそうな交通戦争の終焉の糸口になるかなー?なんてね。。。


ロードバイクは正しく乗れば、とっても爽快で楽しい乗り物です。
車は正しく乗れば、とっても便利でラクチンな乗り物です。

でもそれが悪いものに転落てしまうことがあります。
使う人間次第でね・・・

結局最後は人なんです。


ひとりひとりが責任を持って、他人に迷惑を掛けない範囲で楽しめるといいですね♪


以上、ポケモンGOの話が関係なくなった感アリアリorz



なんか纏まったのか纏まってないのかよー分からんですが、最後にもひとつ。

人間には「喜怒哀楽」という4つの感情がありますよね。
その4つの感情のうち、どれを味わうのか・・・

それを決めるのも最後は人だと思いませんか?


結局最後は人に泣かされた(T_T)

結局最後は人で笑った(・∀・)♪


僕は人生の限りある時間なかで、より多くの「喜」と「楽」を集めたいと思っています。

それが僕の人生における至上命題!

そして僕の周りの人たちの元にも、より多くの「喜」と「楽」が集まればいいと思っています。

ん~、こっちは二番目ね(笑)

まずは自分が楽しまねば!(*´◡`*)


今は当業務日報がいい感じでその方向に機能しているのかな♪
これからもそんな業務日報であり続けられるように、テキトーにがんばりま~す٩(๑´3`๑)۶


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Twitterもやってますよー♪


[PR]
by rynx04 | 2016-07-27 00:40 | その他 | Comments(12)
Commented by きっち at 2016-07-27 00:50 x
ポケモンGOで事故起こすような奴は、結局lineやツイッターでも事故起こすやつだと思うんですけどね。

訴訟云々については、制作してるのは訴訟大国アメリカの会社なので、びっくりするくらい細かく利用規約に書かれています。
「自分で保険に入って、プレイ中の事故等には対処するように」なんて書かれた利用規約初めて見ましたもん(@_@)
Commented by ヒロ at 2016-07-27 01:10 x
自分の後ろ姿が新鮮!
そうですよね。結局は扱う側の問題なんですよね。
ゲームは画期的で凄いと思います。二次元を三次元につなげて、各地で商売の匂いも立ち始めてますからね。
スマホもロードバイクも車も扱う側のやりようで、便利な道具にも楽しい道具にも凶器にもなりますもんね。場所を考えて使用しなければなりませんよね。
Commented by R at 2016-07-27 01:12 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
今回のポケモンGoのお話は感動致しましたので
思わずコメントをしてしまいました。

おっしゃられるように、ほんと「人」なんですよね。

なんでしょう、ちょっとハッとして、目が覚めた感が
あります。
素敵なお話ありがとうございました!

私も表六甲のふもと在住なので、全く速くはないですが
山にも登っています。
いつの日かご一緒できれば嬉しいです。

これからもブログ楽しみにしています。


六甲在住のものです。

Commented by ずー・たに at 2016-07-27 01:46 x
住友輪業さんとロミオさん。
お二人の内容に対して、僕の稚拙な事(笑)

読ませていただいて感じた事をコメントとするには長すぎるので。
また、僕のブログの一つの記録とさせていただきますね。
一更新分、ネタゲット(笑)

『ロードバイク』『車』という『括り』ではなく、人という『個』で考える。
国や宗教という括りで『悪』との印象を持つのではなく。
その中に属する、個々の人間性で判断する。

そういう事を考えさせられた記事でした。
ありがとうございます。
Commented by ワタル at 2016-07-27 07:17 x
ポケモンgo,流行りものということで少しやっております。
ハザードなしの10kmの車の追い抜きは怖いですね。車って10→60km/hに上げるの一瞬ですから(^_^;)

因みに僕はプレイしながら高速のサービスエリアでイベント起こしたら渋滞緩和になるのかな~とか各国の地域にご当地ポケモン作って何ヵ所か回って手にはいるとか~GPSを使用しないでマップをダウンロードして屋内無線LANで探検形式のイベントとかしたら面白いかな~と暢気に遊んでま~す(笑)
Commented by カンパチ at 2016-07-27 08:35 x
 住友さん、おはようございます。
 うん、その通り「結局、人次第」です。
 初対面でも凄く惹きつけられる人って
たまにいますが、そういう人間的な魅力が
身に付くように努力して生きたいですね。
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:32
> きっちさん
なんでもかんでも利用規約に記載しないといけないってのは、なんとも情けない話ですよね。。。
成熟した社会への道はまだ遠いらしい・・・(何の話だっけ?)
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:35
> ヒロさん
前からも撮りましたが真っ暗だったのでナニガナンダカ\(^o^)/

ロミオさんがつぶやいていましたけど、ご当地ポケモンとかあると絶対に面白いですよね♪
人の動きが活発になるような仕組みがドンドン導入されたら面白いと思います!
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:38
> Rさん
コメントありがとございます。

なんだかRさんにクリーンヒットしたようで嬉しゅうございます。

メットの右側にやたらシールを貼っているビアンキorデローザ乗りはたぶん僕ですので、六甲在住の・・・とお声掛けいただければ嬉しいです♪

それにしても・・・うぅ・・・表六甲(ヽ''ω`)
上り嫌いなんです・・・平坦でお願いします(笑)
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:41
> ずー・たにさん
僕の記事は後出しのメリットを生かしたというウワサも・・・

物事をいろんな距離・角度・単位から見てみると、また違った何かを発見しやすいですよね♪
特に人に対しては。
うん、やっぱり最後hあ人が一番面白い♪

ずー・たにさんの記事。
楽しみにしてますよ♪
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:45
> ワタルさん
stravaと提携して自転車版ポケモンGOとかも面白いかも。
あのセグメントを何秒以内に走りきったらアバターの自転車フレームがS-WORKSに!とか、
KOM取ったら設定されたホイールにグレードアップできる!とか(笑)

それなら僕もやる!
Commented by rynx04 at 2016-07-27 22:47
> カンパチさん
こんばんは。
初対面で人を惹きつける魅力・・・(*´Д`)ホスィ
ロードバイクに関して言えば、とにかく心から楽しんでいることがそういう魅力につながっているような気がしますね。
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31