住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

マジでコワ────((;゚Д゚ ))────!!!!

今年も高梁HCが終わりましたね。




僕は参加できませんでしたけど・・・
b0299252_00453837.png
公式HPに昨年参加した時の写真が採用されていたっていうのにね・・・

えぇ、みなさんのブログを読んで、ひとり寂しく高梁ロスですよ(´・ω・`)


出てたとしてもなまりきった脚と心肺では好成績は望めませんが、
そんなことはどうでもいいと言えてしまうのが高梁HC。。。

あの雰囲気、最高ですよね♪


来年こそは、きっと、絶対に!!


と、来年のことを言う前に、とっとと過去の出来事を書かねば!!



9月4日の業務日報・2ページ目

誰かさん(誰だっけ?)のお寝坊のせいで、ビワサイの朝練の出発に間に合わなかった僕たちは、
すぐに矢橋帰帆島を出発し、車道に出てビワサイ朝練メンバーを追いかけることにしました。

ビワサイの朝練の序盤はサイクリングロードをまたりのペースで、
往路ラストの佐川美術館前ストレートのちょっと前からアゲるパターンのはずなので、
最初っから車道に出てペースを上げれば追いつく可能性もアリです!


まずは僕が寝坊の責任を取って先頭を牽くことにしました。

スピードは37km/hくらいの目安で。
このくらいであれば、琵琶湖大橋までひとりで牽き続けてもさほどダメージは残りません。



しかし、それを許さない男がひとり。。。

b0299252_23384834.jpg
ベベーン♪


Crazy Trainの平地番長・ダイズさんです。


愛車もベンベン・・・いや違った。(合っている)

S-WORKS VENGEに乗り換えて、さらに高速巡航能力に拍車がかかったダイズさんにとって、
40km/h巡航なんてお手の物。

すぐに志願制の先頭交代が発動して、高強度な領域に突入です\(^o^)/



「2~3km/hだけちょっと上げただけですよ?」

のちにこの時のことをそう語ったダイズさんですが、
そうですか、この領域での2~3km/hが"ちょっと"ですか・・・


「僕のガーミンは25km/h以上を表示したこと無いんですわ~(ベンベン♪」

な~んて言ってた頃が懐かしいですね(遠い目)


僕も強度が上がった後、何度か先頭に立ちましたがダメですね。。。
最近はいかに踏まずに巡航するかという練習しか取り組んでいないので、
いざぶっつけで踏んだら心拍が急上昇。。。

その後、速攻で千切られました(º﹃º):.*೨
そして一人旅。。。

それ後も37km/hくらいは出てたんですけどね。
もう追いつきませんでしたね。。。


三味線弾き、マジでコワ────((;゚Д゚ ))────!!!!



開幕早々ダイズさんに爪痕を残されつつ、琵琶湖大橋東詰のコンビニに到着。
補給食などを買い込んで暫くすると・・・

b0299252_23540148.jpg
ガルマさんがやってきました。
朝練で対岸の道の駅・米プラザまで走って引き返してきたようです。

で、ガルマさんと言えばドッキリなのですが、エージェント・メタさんによってこの日の僕たちの動向は
ガルマさんに筒抜けでした。
でも僕も目新しいドッキリを考えていたわけではないのでダメージがなかったという・・・


ま、とりあえず。。。



b0299252_23584283.jpg
「ガルマさん、そのVENGE、琵琶湖に池ポチャしといて!」

ダイズさんVENGEはまさに"鬼に金棒"
おぉ怖い怖い・・・


さて、ドッキリもなかったので今回はガルマさんの扱いもテキトーです(笑)
ガルマさん、クレームはメタさんへどぞー♪

ビワサイの朝練メンバーは再び琵琶湖東岸を矢橋帰帆島に向かって南下してゆきました。

そしてしばらくして入れ替わりでやって来たのが・・・

b0299252_00025262.jpg
もうすでに暑さにやられてるバスク輪さん。
そう、西播磨からの参加組が合流です。

ちなみにバスク輪さんには置物感が漂ってますが、それはさすがにちょっと早過ぎませんか?



さて、ここで今回のライドの参加者が出そろいました。

東海からカンパチさんgottuさんダイズさんペロさん
西播磨からコギコギさんセーテンさんバスク輪さん
神戸からコーレスさん、住友輪業。

そして山口からワタルさん\(^o^)/


どないなっとんねん!?


僕も遠征力には定評がありますが、ワタルさんの遠征力の前には流石に霞みます。
だってワタルさんの住む場所から矢橋帰帆島まで450kmくらいはあるはずですからね。。。


ワタルさん、マジでコワ────((;゚Д゚ ))────!!!!



で、この日走るコースなのですが、琵琶湖が初めてというワタルさんがいるので、
オーソドックスにビワイチ・・・




とはせずに!!

ガルマさんから現地調達したコースを走ることにしました。

いや、一応ワタルさんにも聞いたんですけどね。。。
どうしてもビワイチって感じではなかったので、より走って楽しそうなコースを選ばさせてもらいました。

b0299252_00165176.jpg
まずは琵琶湖大橋を渡ってそのまま直進し京都方面へ・・・

b0299252_00185281.jpg
黒い雲の立ち込める花折峠を途中まで、旧道の峠は上らずに花折トンネルを通るコースを走ります。

b0299252_00240325.jpg
とりあえず花折トンネルまでサクッと上ってあとは長い下り基調の快走路。

ここがいわゆる"鯖街道"ってやつかな?
若狭の鯖を京都まで運ぶのに使われたことがその名前の由来だったと記憶しています。

で、この鯖街道を走る直前に、エアロフレーム組とそれ以外のメンバーの2パックに分けたのですが・・・
b0299252_00255254.jpg
お豆さん、マジでコワ────((;゚Д゚ ))────!!!!


ここはまさにダイズさんのストロングポイント。

僕はこの日はCORUMで来ていたので難を逃れました。
だって、下り基調の高速巡航区間って僕は苦手ですもん。。。

エアロフレームのOltreで来てたら即死だった(-_-;)

b0299252_00285520.jpg
で、いざ走り出してみると、ここがまた素晴らしい道でして、
ゆっくり走っている自動車くらいにはスピードが出るわけです。

CORUMの剥き出しになっているシフトワイヤーあたりから、
ヒュルヒュルと不気味な風切り音がなり続けるくらいの速度で巡航し続けました。

でもやっぱりダイズさんには追いつきません。


追いつくのは・・・

b0299252_00294228.jpg
ダイズさんが千切って捨てたエアロフレーム組のメンバーのみ\(^o^)/


しかも休憩地点に指定した道の駅まで「あと5kmだから!」と言ってたとか・・・
(※ 実際には20kmあります。)
それを信じて踏んだメンバーが、ことごとく僕の所まで落ちてきたということですね(;^ω^)

そして道の駅でそれを指摘されると・・・

「住友さんが突っ込まないのが悪いッ!」


・・・

おいぃ!!!

ウソツキ、マジでコワ────((;゚Д゚ ))────!!!!




一緒に走る人はマジで気を付けた方がいいと思うよ!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Twitterもやってますよー♪


[PR]
by rynx04 | 2016-10-05 00:39 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31