住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

これがいいのだ!

まずは告知から!

Facebookでは数名のローディさんに呼び掛けておりますが・・・

b0299252_23044265.jpg
思い付きで今週末の日曜日早朝にこんなモノを開催することにしました。

5:20くらいに明石海峡大橋・舞子側に集合し、5:30に出発。
メリケンパークまで朝焼けの中を走る練習会です。

メリケンパークに到着するころには日の出の時間になっていると思うので、
きれいな風景を楽しめると思います。
ま、練習会と銘打ってはいますが、実際はプチファンライド的な何かになるでしょうね♪

b0299252_23100458.jpg
晴れればですが!!(っ´ω`)っ☂


明石海峡大橋からメリケンパークまで走って日の出を見たら、
解散するなり、意気投合した者同士でライドに出かけるなりどうぞーというゆるめな内容です・・・たぶん。

交通ルール・マナーを守って人の輪を乱さない方であれば参加歓迎となっております。
あ、あと天気悪くってハァハァしただけになっても文句言わない人も条件に追加ね(笑)
もちろんヘルメット・グローブ・灯火類の装着は必須です。

思い付きのポッと出企画ですが参加したいという危篤奇特な方がいらっしゃれば、コメント欄に参加意思表明をどぞー♪


以上、告知はおしまい!
引き続き、信濃五千米合宿の記事を書いてゆきます。



9月17日の業務日報・4ページ目

b0299252_23213980.jpg
真っ白けで冷たいだけの畳平に用はない!

せっかく時間をかけて上ってきた乗鞍ですが、昼食と集合写真撮影が済んだらとっとと下山開始です。
b0299252_23252907.jpg
とにかく視界が悪いので、一寸先は谷底(写真は上りの時のものですが・・・)
雲の中なので、リムが濡れてブレーキも利きにくいので慎重に下り始めました。


そしてしばらくすると・・・

「おぉ!」

と、感嘆の声が前方から上がって列車が止まりました。


b0299252_23282324.jpg
そして一斉にカメラを構えだす全メンバー(笑)

まだ雲は晴れておらず、僕たちの周りの視界は開けていませんでしたが・・・
b0299252_23294667.jpg
ところどころ、雲が薄くなっているところがあって、
その向こう側には乳白色の淡い絶景が顔を見せるようになっていました。

それがなんとも幻想的で・・・写真では伝えきれないのですが、
まるで現実世界と異世界のはざまにいるような風景とでも言えばいいのでしょうか?

少なくとも、滅多に見られないであろう風景を目の当たりにしました。

b0299252_23360235.jpg
徐々に標高が下がっていくと、その乳白色の絶景がより広がってゆきました。
それがまた一瞬たりとも同じ風景にならないのです。

その風景を逃すまいと、リキさんは何度も立ち止まってシャッターを切りました。

モーツァルトモード・フルブーストです!



頂上付近は雲で絶景が見られませんでした。
曇りということで期待していた雲海も見られませんでした。
しかし乗鞍は失意の下山の時に素晴らしいものを見せてくれました。

曇ってて残念?
いやいやとんでもない!

これがいいのだ!

b0299252_23564863.jpg
ワタルさんも山口県から遥々来てよかったね♪




さて、モーツァルトモード全開のリキさんですが、実は下りが苦手です。

乗鞍でも例にもれずにスピードを上げずにゆっくりと下ってゆくのですが、
今回はリキさんの下りでお守りをさせたら右に出る者はいないというなかさんが不在です。

ということで、今回はなかさんには及ばないとは承知の上で、僕がリキさんと一緒に下ることにしました。

そしてリキさんと下っていると気が付いたことがありました。


風景の密度が濃い!

と言えばいいのでしょうか?
b0299252_23431943.jpg
いつもの僕のペースで下っていると、見落として通り過ぎてしまうような風景にも目が行きやすく、
また気がついても立ち止まらずに走り去ってしまうような風景でも、
走っているスピードがそれほど速くないので、ブレーキをかければすぐに立ち止まって写真撮影ができるのです。

手の届くところに風景があると書けば伝わるかな?



それを象徴する出来事がひとつ。
b0299252_23484557.jpg
立ち止まって景色を撮影してますね。

そして撮影がひと段落したら再出発するのですが・・・


b0299252_23493826.jpg
あっ! また止まった!!

路肩の小さな小さな秋に目が行ったのでしょう。
そして始まる写真撮影。。。

そしてここでお伝えしたいのが、前回の写真撮影ポイントからの距離です。


な、なんと!

10mくらいしか離れてません(笑)


リキさんが下り坂を下るときは先に行った人はかなり待つことになります。
でも手に届くところに素敵な景色があるのであれば、立ち止まって手を伸ばしたくなるのは当然!

そしてここは乗鞍。
そこかしこに素敵な景色が転がっているのです。

ならばそんな景色をひとつひとつ丁寧に楽しめるリキさんの下りのペースはうってつけなのです。

これがいいのだ!

ダイズさんとコンソメさんは先に下って行っちゃっただって?
そんなの待たせときゃいいんです(笑)

ちなみにリキさんと初めて一緒に走るコンソメさんは、僕たちが一向に降りてこないことに焦っていたようです(笑)


一方で、下りではリキさんを待つことになると承知していたダイズさんは、
事前にエコーラインの中腹にある山小屋で一度合流することに決めていました。
b0299252_00004717.jpg
うん、これはいい山小屋だ♪

b0299252_00073233.jpg
「おじゃましまんにゃわぁ~」

b0299252_00081542.jpg
いやいや、中は超絶素敵空間でしたよ♪

b0299252_00094390.jpg
モーツァルトモード全開のリキさんにかかれば・・・
b0299252_00100662.jpg
やばい! ココ行きたい!!(行ってる)

てなもんです(笑)


そしてそんなリキさんをメロメロにしたのが・・・
b0299252_00113012.jpg
コイツです!

そう、何の変哲もないおしるこ。

しかし一口運んでみると・・・
b0299252_00122514.jpg
この表情である(笑)


本当に何の変哲もないおしるこなのですが、ここまでの寒さが堪えていたのでしょうね。
僕も同じものを頼みましたが、世界一うまいおしるこを茶丈藤村と競えるレベルと思ってしまいました。

うん、ここで茶丈藤村のおしるこを食べられたら、危うく昇天してしまうかもしれませんね(笑)


しかし何の変哲もないおしるこがここまでおいしいと感じてしまうとは・・・

今回の乗鞍の寒さでさえも、

これがいいのだ!?



b0299252_00170057.jpg
その後は再びまったりと下って無事に乗鞍下山は終了です。

<走行データ>
走行時間 2:32:56
走行距離 45.25 km
獲得標高 1,311 m
平均速度 17.8 km/h
最高速度 53.8 km/h
平均cad 66 rpm
平均心拍 未計測
最大心拍 未計測
消費カロリー 1,140 C
平均気温 14.5 ℃

b0299252_00185214.jpg
そして車で秘湯・白骨温泉へGO!

硫黄の香りがキツいこの温泉、本気で気に入りました。
翌々日くらいまで、体が硫黄臭くなりますけどね\(^o^)/

またじっくりと浸かりに来たいなぁ(´∀`*)

これが(ry


そして車でサクッと90kmほど。。。
いや、割と覚醒と無意識のはざまをさまよい助手席のコンソメさんをはらはらさせながら向かったのは・・・
b0299252_00251859.jpg
ジン! ジン! ジンギスカーン♪
b0299252_00260282.jpg
(゚∀゚)アヒャヒャ

これぞまさに、うめぇメェいうとります©
b0299252_00263357.jpg
高梁HCに向け、鉄の意志で減量中のコンソメさんを前にして、
ごはん(大)とおかわりをたのしむなど、なるほどダイズさんが事あるごとに言うお店だけあって最高でした♪

こ(ry


そしてその後は再びお風呂でジンギスカン臭を流し・・・それでも白骨温泉臭が流れず(笑)
向かったのは今回の合宿の宿泊所となるダイズさんのご両親が住まうご実家!


・・・というところで、そろそろ時間切れです\(^o^)/
また次回!



日曜日晴れろ!
朝だけでええから晴れろ!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Twitterもやってますよー♪


[PR]
by rynx04 | 2016-10-20 00:34 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31