住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2013年 10月 31日 ( 1 )

完売御礼とドSな笑い声

10月27日の業務日報・2ページ目

洲本まで初心者とは思えないハイペースを維持してきたきのこだけさん。
しかし洲本から淡路110kmコースの中間地点、福良の町までの道のりは少し勝手が違います。
ここまでの道のりにはなかったちょい坂があるんですよね。

淡路110kmコースは平坦なコースとして知られていますが、洲本~福良、そして西淡路サンセットラインには
ほんの少しだけど短い坂道が数箇所だけあるんです。
そしてきのこだけさんは大の坂嫌い。
彼はお腹に余分な荷物を抱えていらっしゃるのです。。。

まずは坂道一本目。
洲本市街地から洲本インターまでのちょい坂をゆきます。
ここは先がトンネルのため、歩道をゆっくりと登りました。
しかし、僕やコギコギさんにとってのゆっくりペースもきのこだけさんには全力ペース。
あきらかに先ほどまでと様子が違い、脚を使ってしまっているようです。

「坂道を下ってからゆっくり回復させればいいや。」

な~んて思っていたら、そこから先は向かい風の大誤算。
ド平坦ですが、25km/hに満たないペースで引いて走りました。
28km/hだったアベレージはどんどんと下がってゆきます。

そしてこのド平坦の先には再び坂道。
その坂道を指差して僕は叫びました。

「目の前に見えるものはなんだぁ~!?」

「見えませ~ん!!」

きのこだけさん、現実逃避したって上るしかないのだよ・・・
この坂道はだいたい6%くらいあるようです。

「後ろ千切れてるなぁ・・・」

コギコギさんの声に振り向くと、ありゃまホントだ・・・
坂の頂上で元気がなくなりつつあるきのこだけさんを待って一声かけます。

「ここで福良までの上りは最後やで~」

福良に着けば休憩できる。
それを走り続けるモチベーションにしてもらうため、
道路標識に書いてある福良への残りの距離を叫びながら前を引いていました。

「あと5km!!」

「あと3kmやで~!!」

「あと2きr・・・
 目の前に見えるものはなんだぁ~!?」

さっきの坂道が最後だと思っていたら、福良の町に入る直前でまさかの坂道が登場。
110kmコースは久しぶりだから忘れてたわ(テヘペロ

「もぉ~・・・誰かあの坂爆破して平らにしてくれぇ~」

きのこだけさん、現実逃避したって上るしかないのだよ・・・
僕やコギコギさんにとってはちょい坂でも、初心者で坂嫌いなきのこだけさんにとっては峠みたいなものなんでしょうね。
やっぱりこの坂もきのこだけさんは千切れてしまいました。


坂を下ると中間地点の福良の町。
この時点でアベレージは24km/h台まで落ちていました。
3つの坂道に体と心にダメージを負ったきのこだけさんを回復させるべく、福良で定番の店に行きました。
b0299252_2148292.jpg
福良でご飯といえばココ、『鼓亭』です。
b0299252_21493059.jpg
名物「淡路牛焼肉丼」を目の前に、きのこだけさんも超笑顔♪
b0299252_21551917.jpg
コンビニでまさかのノンアルコールビール。
これでますますヒルクライムが絶望的になるなぁ・・・

福良ではさらに足湯にも浸かり1時間以上休憩してたかも・・・
ツーリング中にこんなに長く休憩するなんて久しぶりでした。

長かった休憩は午後2時におしまいにして、復路へと出発します。
先ほど上ってきた坂道を逆側から上り、県道31号線をひたすら走ってゆきます。

風は往路と同じく向かい風・・・
淡路島はナゼか行きも帰りも向かい風なことがありますが、この日も最後まで向かい風でした。
長い休憩の後にもかかわらず、この風のお陰でペースは20km/hちょっとに落ちました。
途中、西淡路サンセットラインに出る前にもトイレ休憩(休憩多すぎ!!)をして、
「湊」の交差点から西淡路サンセットラインに入り、道の駅あわじの鯛茶漬けを目指して北上開始です。

西淡路サンセットラインには、ちょい坂が3つほど・・・
1つ目の坂こそゆっくりですが無事にクリアしたきのこだけさん。
しかしやや勾配がキツい2つ目の坂で足をついてしまったそうです。
なんでもアウターのまま上ってたとか・・・

ただでさえ脚にきている状況なのに、負荷の高い坂道で、負荷の高いアウターを踏む。
きのこだけさんの脚には大ダメージです。
ここで彼はついに伝家の宝刀を抜きました。
b0299252_22144238.jpg
エアーサロンパス!!
言わば「脚のパンク修理キット」でしょうか・・・
坂嫌いで脚が攣りやすい彼にとっては必需品になっているようです。
脚のパンク修理を終えたきのこだけさんからは素朴な質問。

「上りが好きな人っているの~?」

「目の前におるで!」


コギコギさんが間髪入れずに答えてました。
あぁ・・・そんな目で僕を見ないで!!


しかし伝家の宝刀を抜くのが遅すぎたのか、この後のコンビニ休憩から再出発した直後、
ついにきのこだけさんの脚は止めを刺され、攣りはじめました。

「とにかく軽いギヤをまわせ!!」

コギコギさんのアドバイスに従い走り続けましたが、当然ながら軽いギヤではスピードがでず、
巡航速度は20km/hほど・・・
さらに脚をまわしているうちにお尻まで痛くなってきたらしく、さらにスピードダウン。
最後のコンビニ休憩に入るころには18km/hほどのペースに落ちてしまいました。

「迷惑かけてしまって申し訳ないです~」

ゴール前に全てを出し切ってしまったきのこだけさんが、休憩中にあやまってきました。

「充分楽しんでるよ~」

なぜか僕もコギコギさんも楽しんでました。

「人がボロボロになるのを見るって・・・面白いんやな~」

最近、苛め鍛え抜かれてドM疑惑があるコギコギさんからまさかのドSな笑顔でドS発言。
きのこだけさんが次から次へとボロボロになってゆく。
その過程を見ていると、お約束過ぎて笑えてしまう。
もちろんきのこだけさんは必死なのですが、お互いよく知っている者同士なのでそれが許されるんですよね。

その後も走っている最中、きのこだけさんが弱音を吐くたびにコギコギさんの笑い声が聞こえてました。
もちろん僕もその度に笑ってましたけどね!


何度も休憩をしていたのですが、ペースは結局戻りませんでした。
そして辺りが暗くなり始め、道の駅あわじの鯛茶漬けのタイムリミットが迫ってきました。
もちろんロードバイクのライトを点けて走っていたのですが、ここできのこだけさんのライトが電池切れ。

「ホンマに全部出し切ったなぁ~」

僕の感心した声にコギコギさんが爆笑。
20km/hにも満たないスピードでは楽しいはずが無いのに、僕もコギコギさんもめちゃくちゃ楽しんでました。
ゆっくりでも必死に漕ぎ続けるきのこだけさん。
ゆっくりでも確実にゴールは近づいています。
b0299252_22365162.jpg
「見えた!明石海峡大橋!!」

明石海峡大橋が近づくと、これまでの向かい風が追い風に変わりました。

「追い風になるの遅すぎるねん!!」
b0299252_22394845.jpg
そんな文句を言いながら、無事に道の駅あわじに到着。
鯛茶漬けのタイムリミットは・・・



b0299252_2242266.jpg
30分前!!
なんとかセーフで3人前注文♪

100kmライド達成のご褒美に念願の鯛茶漬けを食べながら、この日のツーリングの振り返り。
結論は、やっぱり序盤飛ばしすぎたねってことでした。

洲本までのアベレージ28km/hは、道の駅あわじでは21km/h台まで落ちていました。
きのこだけさんは全て出し尽くしてしまったせいで、自走で自宅に帰るのをあきらめ、
コギコギさんの車で送ってもらうことになってました。
しかしここまでの距離は114km・・・

きのこだけさんに心の底からの親切心で魅力的な提案をしてみました。

「なぁ・・・、自走で帰ったら120km達成できるで!!」

「このドSがぁ!!!」

そして道の駅の食堂に響くコギコギさんの笑い声。
こうしてきのこだけさんの記念すべき初めての100kmオーバーライドは幕を閉じたのでした。

最後にはボロボロになってしまいましたが、100kmライドは無事達成。
「一般人」から「逸般人」へ・・・
きのこだけさんは変態への第一歩を踏み出したのでありました。



以上、業務報告終了!!


走行距離  120.98km
獲得標高  616m
平均速度  23.2km/h
最高速度  51.5km/h
平均cad   77rpm
平均心拍  心拍計故障のため計測不可
最大心拍  心拍計故障のため計測不可
消費カロリー 心拍計故障のため計測不可


今回のツーリングではきのこだけさんの初めての100kmオーバーライドを見届けられたことと、
コギコギさんのドSな一面を見られたことで、思い出に残るツーリングとなりました。

個人的にはお2人と別れてから自宅までの自走において、脚の回りがよかったので大満足♪
今回のツーリングでしっかりリハビリもできていたようです。
来週からはまたバリバリ全力で走りますよ~!!



最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-10-31 23:25 | グループライド | Comments(4)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30