住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2013年 11月 14日 ( 1 )

ミスコース それでも俺に ついてこい!!

11月4日の業務日報・1ページ目

コギコギレッスン特別編in島根の2日目は、再び松江市役所より9:30のスタート予定。
しかしスタート時間にバケツをひっくり返したような雨・・・
b0299252_22395757.jpg

この雨のおかげで出発時間は1時間ほど遅れることになりましたが、
その結果、鳥取から急遽参加することになった数名の方も合流することができました。
結果よければ全てよし!

昨日の実走レッスンでは宍道湖北岸を西へと向かいましたが、この日のコースはは逆方向へ。
中海に浮かぶ大根島を経て、島根半島のアップダウンが続く道ををぐるっと回るコースだとか・・・
大根島はドライブで通ったことがある場所。
水辺が驚くほど近い道だったと記憶していたので楽しみでした。
b0299252_22404326.jpg

案内役のタンボさんを先頭に東へ向かいます。
今日は冨田さんは随所で、参加メンバーに対してポジションやペダリングのアドバイスをしながら走っていました。
しばらくして中海の沿岸に出ると、晴れ間も見えてきました。
この日、お見送りに来ていただいた晴れ男と名高いテルテルさんのお陰かな?
大根島にはいるころにはいい天気♪
b0299252_22434969.jpg

大根島へと架かる橋の下りで、後ろについていた富田さんからは驚きの声。

「うぉ~!スゲェ景色!!」

「他では見られませんよね!」

大根島の入り口は、右側も左側も水辺なんですよね。
その風景は2つ前の記事にも貼り付けたコチラの動画でどうぞ!
山陰のサイクリストたちがうらやましくなった瞬間でした。

大根島は交通量が多いとのことでしたが、全然そんなこともなく、しかも路肩が広く取っている走りやすい道。
この快走路をタンボさん、イッシーさん、ショウタくん、natさん、タイプRさんと僕の6人列車で走行。
最初はタンボさんが走りやすいペースで引いていたのですが、
イッシーさんがスピードを上げて先頭に立ったのを見て自分も先頭を引きたくなってしまいました。

「俺についてこ~い♪」

有無を言わせず高速巡航開始!
なんて身勝手なヤツだ!!
でも皆楽しんでくれたよね?
b0299252_22455163.jpg

高速巡航直後に撮った写真にはいい顔しているみんなの顔。
結果よければ全てよし!

このコンビニで昼食を済ませようとしていると、市役所でお見送りしてくれたテルテルさんが再登場。
テルテルさんに次から次へとカメラを渡し、集合写真撮影会が始まりました。
b0299252_22483356.jpg

テルテルさん、腰が入ったナイスな撮影スタイルです!
何度もカメラをとっかえひっかえしての撮影、お疲れ様でした!

昼食と撮影会を終え、今度は島根半島の海沿いのワインディングロードを目指し出発。
するとさきほどの高速巡航に触発されたのか、先頭に立つタイプRさんが飛ばす飛ばす!
タンボさん、ショウタくん、コギコギさん、僕の5人列車。

「40km/hでてまっせ~!!」

この高速列車に冨田さんが先頭l交代しながら走るように指示。
急遽、高速列車での先頭交代レッスンに発展しました。
35km/hオーバーのスピードに先頭は次々と交代。
そして僕が先頭のときにまっすぐと右に分かれる交差点。

「次どっち~?」

しかし風が強くて返事は聞こえず。
まあまっすぐでいいや!
しかし直進後すぐに列車の人数が減り、僕とコギコギさん、タイプRさん、冨田さんの遠征組のみに・・・

「ストップ!ストップ~!!」

一度列車から離脱後、4人列車を追いかけて声をかけてきたのは19歳のショウタくん。
大山のヒルクライムで上位入賞した脚で追いかけてくれたらしい。
めっちゃ速い!!

無駄脚を使って正しいルートを行ったメンバーたちを追走しました。
みんなに追いついたところで冨田さんが僕を指差してひと言。

「コイツが道を間違えました!!」

すんません・・・
しかし一度道を間違えただけで小さくなると思うなよ!

「俺についてこい!!」

だって、ここからは得意な上り道・・・
次の休憩場所は海水浴場っぽくなっててトイレがある場所ね・・・よっしゃ!
性懲りもなく、アップダウンの続く島根半島のワインディングロードを、再び先頭をきって走りだしました。
最初の上りで高ケイデンスの坂道ダッシュをかける!

「ありゃ!?いつもよりしんどいぞ・・・」

短い坂だったので一着で登坂できましたが、なにか違和感を感じる。。。
いつもより加速ができない・・・加速が終わった後の失速が早い・・・速度を維持できない・・・
これはサドルを後退させた影響かな・・・?

僕は前日の冨田さんによるマンツーマン指導の際に、トップチューブ長が足りてないのでステムをあと10mm伸ばすか、
サドルを後退させるようにアドバイスを受けていました。
もちろん10mm長いステムは持ち合わせていないので、サドルをできる限り後退させて
この日のサイクリングに参加していました。
大根時までの高速巡航時には特に違和感はなかったのですが、ヒルクライムでは踏めなくて全然ダメっぽい。
サドル位置を変えると、脚の筋肉の使う場所が大きく変わることを改めて実感。
とりあえず坂道ダッシュを生かすには、サドル位置は変えずにステムを伸ばすだけほうがいいようです。

次の上りではショウタくんと、彼が連れてきていた高校生の子(名前聞き忘れた~)に完全敗北・・・
この2人は本当に速かった。
余裕の2人に続き、僕とタイプRさんが必死で追走という構図。
下りで脚を止めた若い2人を追い越し、再び先頭を走りだしたのは先ほどミスコースをやらかした僕。
そしてさっき聞いた休憩場所らしきところで停車・・・

「ここじゃないよ~、もっと先!!」

あちゃ~・・・またやらかした。。。
それでもあくまで強気を貫く!

「俺についてこい!!」





この後、僕は雷を伴う大雨でびしょぬれになりました。
他のメンバーは事前に雨宿りできる場所を見つけて退避できたのに。
ミスコースを反省せずに強気を押し通した罰が当たったみたいですね・・・調子に乗るなと。

いや、そういえばおばさんと伴走していたYさんもびしょぬれになってたな・・・
ひょっとして僕の罰のとばっちり?

ど~も、すんませんでしたぁ!!


<2ページ目に続く>



ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-11-14 23:03 | グループライド | Comments(9)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31