住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2013年 12月 24日 ( 1 )

初の臨月ライドはポタリング詐欺!?

12月16日の業務日報・1ページ目

前回のトリガタワサイクリングの翌日。
三重県から走りに来ているONIさんを、今度は臨時漕会月曜日組、通称「臨月」がおもてなしします。

僕は毎週月曜日が休みなので、前日に引き続き参加。
臨月には初参加となりました。

この日のコースディレクターはフクさんが引き受けてくれました。
事前に聞いたプランでは、西播磨の海沿いでは定番のB級グルメ・牡蠣おこを食べに行くポタリングとのこと。
参加メンバーはONIさん、フクさん、ヘイジさん、そして僕の4名となりました。

前日と同じく、竜野駅近くのコインパーキングでONIさんと合流し、集合場所の「道の駅みつ」に向け走り出しました。
しかし、最初の信号待ちで左足のクリートを外した瞬間・・・

「パッキーン!!」

クリートを外すいつもの音とは違う音がして、左のクリートがペダルにはまらなくなってしまいました。
集合時間が迫っていたので、そのまま最短距離の岩見坂を越え、「道の駅みつ」に到着。
すぐにクリートをばらしてみました。
b0299252_2030147.jpg
クリートとペダルを固定する金具が金属疲労で破断するというマイナートラブルでした。
使用開始から1年半ほどで限界を迎えたようです。
左足が固定されなくても走れないことはないので、この日はそのまま行くことに決めました。
b0299252_20353446.jpg

参加メンバーも揃って写真撮影。
ヘイジさんとはこの日がはじめましてでした。

「大丈夫か?まぁ、ケガだけはせんように、気ぃつけて行こう!」

挨拶もそこそこに、トラブルを抱えたまま走る僕を気遣う言葉をいただきました。
ヘイジさんはその口ぶりや気の使い方から、頼れる兄貴分という印象ですね。
そんな頼れるヘイジさんが先頭を引き、はりまシーサイドロードを4人列車が走り始めました。
最初の行き先は、最近「臨時漕会」内で激アツなスポット、「万葉岬」です。

あれ?この日のコースディレクターは坂嫌いだったはず・・・
自分以外の坂好き3人衆に気を使ってくれたんですね!
ということで、思いっきり楽しませていただきました。

そんな万葉岬の走行シーンをばっちり撮影したので動画でどうぞ~♪


もうすでにポタリングではなくなっている件については、スルーしてください・・・
ONIさん、アタックかけるの早すぎるよ・・・
b0299252_20503961.jpg

万葉岬での短い休憩を終え、今度は下り。
ここで僕はあるものに見とれてしまいました。

それはフクさんの下りの滑らかな走り。

僕にとって万葉岬の下りはなかなかいやらしいコーナーが多く、苦手な印象。
しかし、フクさんはスピードを殺すことなく、すーっとコーナーのインをついて、
道幅を目一杯使うことなく、安全かつスムーズに立ち上がっていくんです。

「すごい!アレは真似できんわ~」

「フク兄は、二輪乗ってたからなぁ・・・
 ウマいやろ?」


フクさんの走りに驚いた僕に、ヘイジさんが教えてくれました。
いいものを見させていただきました。


さて、続いてフクさんが案内してくれたのは、またしても坂。
坂?・・・いや、あれは壁です!!

「野瀬の坂」と呼ばれるその坂道は、20%以上の勾配が数百メートルに渡って続くネタ的な場所。
まさか上り嫌いのフクさんがここを通る選択をするとは・・・

「じゃあ住友君・・・まずは行ってみて。
 その様子を見てから俺も行くわ。」


頼れる兄貴・ヘイジさんがそうおっしゃるのであれば逝ってまいりやす!
最初っからギヤはインナーロー、突撃ぃ~!!

結果、数十メートルで失速・・・
引き脚を使おうとして、固定されていない左足が浮いてしまう。
すぐに平坦な脇道にそれました。

続くヘイジさんは上る上る!
そのまま見えないところまで行ってしまったようです。

3番手ONIさんは僕が逃げ込んだ、平坦な脇道で休憩。
フクさんはそのまま上り続けてゆきます。
しかし途中で力尽きる・・・

「ガチャ~ン」

半分、立ちゴケしたような体制で止まるフクさん。
そんな様子を見ていると、横の方でまた「ガチャ~ン」と音がしました。
ONIさん・・・なんにもない平坦な脇道でまさかの立ちゴケ・・・
さすがエンターテイナーですね!

気を取り直して、僕も再度チャレンジ。
しかし壊れたビンディングとインナー39Tではすぐにあきらめざるを得ませんでした。
できない言い訳がいっぱいあってよかった☆

結局この坂を制したのは、平坦で休憩中に立ちゴケしたONIさんのみ。

「坂って楽しいなぁ~」

そういいながら、すんごいいい顔で自転車を押して上る僕を出迎えてくれました。

先に行ったヘイジさんも普通に行けば上れたはずなんですが、僕たちがあまりにも遅いので、
気になって途中で坂を下りてしまい、途中から再び上りだすことができなくなってしまったようです。

フクさんは上るのをあきらめてからは、必死に登ろうとするONIさんを妨害するライフワークに専念していた様です。
その模様は、フクさんのブログ「FUKUCHALING」でどうぞ~♪

あれ?・・・ところでポタリングはどこ行った?


ここまで読んでいただきありがとうございます。
次回は清く正しくポタリングをしているような、いややっぱりしてないようなシーンを書きますね!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-12-24 21:35 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31