住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2014年 11月 21日 ( 1 )

クライマーの原石と某協会理事。

11月27日の業務日報・4ページ目

ドラフティングを利用することで苦手な平地で楽をすることを覚えたコージさんを引き連れ、
道の駅みなみ波賀までやってきました。
ここまで来ると、この日のコースでは最大の難所となるトリガタワは目と鼻の先です。
ということでいつもの様に道の駅内のパン屋さんで思い思いのパンを買って補給を済ませました。
尚、写真は撮り忘れましたorz

補給をしているとコギコギさんの携帯電話が鳴りました。
途中で合流予定のフクちゃんさんからです。
新さよ合流予定でしたが、すでに新さよまで1時間を切る地点まで近づいている模様。
結局、フクちゃんさんにはトリガタワを越えた先、千種川に沿うのぼり基調の県道を走ってきてもらって、
すれ違ったところで合流することになりました。

ということでこちらものんびりとはしていられないのでさっさと出発。
国道29号線、斉木口の交差点を左折し国道428号線へ・・・トリガタワのヒルクライムへと差し掛かりました。

「俺、のんびり行くから先に行っててね。」

前日の集団走行講習会においてインターバルがかかり、大腿四頭筋が閉店中のコギコギさんの走りには、
明らかにいつもキレがありません。
b0299252_2319994.jpg
ということで、コギコギさんを置いてコージさんのペースに合わせてまずは途中にあるひびのきの水まで上りました。
後ろからコージさんのヒルクライムを見ていましたが、軽いギヤをクルクルと回して、
時折ダンシングを交えながらも常に一定ペースで上手く上っていました。
まさにクライマーの原石ですね♪
b0299252_23481176.jpg
ひびのきの水には難なく到着。

「もっと奥地にあるのかと思ってました・・・」

ブログに何度も登場するこの場所にはあっけなく到着できます。
しかしコージさんの中ではこの場所は「伝説のトリガタワ」の一部。
ちょっぴり拍子抜けした様子でしたね。

しかしここまでは序の口。
トリガタワの半分にも到達していません。
まずは旧道への分岐があるトンネル手前まで、およそ9%の上りが続きます。
しかし、コージさんは9%の勾配もスイスイと上ってゆきます。
僕はロードバイクに乗り始めて2ヶ月でここまで坂を上れる人は初めて見ました。
b0299252_23314154.jpg
15%近い勾配が存在する旧道後半でコージさんのヒルクライム能力を試すべく、
AT値まで心拍を上げてみると流石に少し遅れだしましたが、しかし急勾配であってもペースが乱れません。
フォームも崩れず坂道で生き生きとしている!

コージさんはクライマーの原石どころか、
いつかとんでもないクライマーになるかもしれない・・・

b0299252_23473592.jpg
気になったのでコージさんに体重を聞いてみました。
するとなんと50kgを切っていると言っていました。
ロードバイクに乗り始めて2ヶ月でこのヒルクライム能力・・・そして教えたことを次々と吸収していく恐るべき成長スピード。
きっと遠くない将来、僕を上りで千切ってくれることでしょう。
こりゃ楽しみだ♪


さて、3人はトリガタワを下って千種町のコンビニで補給をすることにしました。
ここから先は道幅のある下り基調の道。
いつも列車を組んで高速巡航を行う区間です。

ここでコギコギさんはコージさんに列車走行におけるローテーションの仕方を説明し始めました。
コージさんが普通の初心者ならばコギコギさんは何も教えずに先頭を固定して巡航するだけだったでしょうが、
ここまでのコージさんのポテンシャル、そして成長スピードの速さはそれを教えるに値すると判断したのでしょう。

一方でコージさんはどう見てもクライマータイプ。
今から行われる高速巡航はどちらかというと苦手なタイプのはずです。
さて、いつまで高速列車から千切れずに生き残ることができるかな?
b0299252_23563232.jpg
コンビニを出発して、一度だけローテーションしたあたりでフクちゃんさんとも無事合流。
ここからは4人列車での高速巡航となります。

風は追い風。
まずは僕が35km/hほどのペースを作り、二番手のフクちゃんさんに先頭を譲りました。
そしてフクちゃんさんは自らを「重力には逆らわない連盟」の理事と称するお方。
下り基調のこの道では重力を味方につけて、スピードは上がり40km/hオーバーに(笑)
あぁ、そうでした・・・それ以外にもスピードが上がった要素がひとつ。
この日、フクちゃんさんはコギコギさんから飛び道具的なホイールを借りていたんだった(・_・;
高速巡航においてその性能を発揮するコスミック・カーボンです。

「重力には逆らわない連盟」の意向により、それ以降の列車の基本ペースが40km/hになりました。
追い風といい高速巡航が苦手そうなコージさんには悪い条件が揃ってしまいましたね。
b0299252_033077.jpg
それでもなんとか列車に留まろうとするコージさん。
後ろから見ていると下り基調の割には軽すぎるギヤを選んでしまっている様子。
上り基調なら軽めの方がいいのですが、下り基調なら重めのギヤに掛けたほうが体力は温存できます。

「あと2枚重く!」

後ろから脚の回り具合とかかっているギヤに注視しながら、コージさんの変速を修正しながら走りました。

するとやはり吸収が早く、次第に修正しなくても適正なギヤを選べるようになってきました。
結局、あと2kmくらいで高速巡航区間が終わりというところで千切れてしまいましたが、
およそ20kmの区間をAve.38km/hほどのペースで走り続けることができました。
初めての高速列車走行でこのペースについてこれたのですから大したものです。

「いや、なんていうか・・・
 すごい世界に踏み入れてしまった感じッス!」


初めての高速列車走行にコージさんは興奮を隠しきれない様子でした。
得意なヒルクライムもロードバイクの楽しみ方のひとつ。
でも苦手な高速巡航も仲間の力を借りればメチャクチャ楽しめることを実感してもらえたようです。
b0299252_0282743.jpg
「重力には逆らわない連盟」の理事さんもとっても楽しそう♪
“この時は”ですが・・・
b0299252_0294429.jpg
直後の佐用坂ではコージさんに後ろからつつかれて苦しそうでした(笑)
この写真撮影直後にコージさんに追い抜かれ、そして下りになるや否やペースを上げて差し返すあたり、
流石、伊達に自ら理事を名乗っていないな、と感心させられた次第です(笑)
この2人、走りのタイプが正反対すぎて一緒に走らせると面白いですね♪


さて、佐用坂を越えた先には何がある?
b0299252_0344614.jpg
魅惑の新さよタイムじゃ~!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
魅惑の新さよタイムに○○なんて要らんのです。
正解は次回の投稿にて。
僕は読者の皆様を敵に回すことになるかもしれない・・・

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-21 00:37 | グループライド | Comments(10)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー