住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2015年 06月 18日 ( 1 )

補給食はよ~く考えて選びましょう!

5月28日の業務日報・2ページ目

ノンストップ・ビワイチ、略して“NS-B1”

奥琵琶湖パークウェイを走りぬけ、スタート地点の茶丈藤村を発ってから早くも中間地点の100kmを越えました。

さすがにそろそろ疲れの色が見えてきたものの、まだまだ脚は回ります。
しかしここまで僕は、アミノバイタルのジェルを一袋だけ補給したのみです。
湖北から茶丈藤村への後半戦に向けて、背中のポケットに忍ばせておいた補給食に手を伸ばしました。

その補給食は塩大福。

春の7時間エンデューロをノンストップで走りきったモーニングさんがレース中に大福を食べていたと聞きいてていました。
大福の中のあんこは即効性のエネルギー源となり、外の餅はゆっくりと消化されて遅効性のエネルギー源となるはず!
さらに塩大福なので、ミネラル補給にもなるはず!!

ぐふふ・・・完璧や!!


モーニングさんを真似ただけですが、完璧すぎる補給食のチョイスに自画自賛。
信号待ちの合間に袋を開けてまずはひとくち・・・
おっと、信号が変わって再スタート。
大福を口に頬張ったまま走り始めました。

そしてここで初めて気が付きました・・・

だ、大福が・・・

飲み込まれへん!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



頬張った大福が口の中を占拠し口呼吸ができません(笑)
鼻呼吸に切り替えましたが、餅がいつまで経っても飲み込めずに口の中に居候\(^o^)/
やむを得ずボトルの中身を大量投入し、無理やり大福を胃に流し込みました。
そういえばモーニングさんもレース中に大福を食べた時にボトルに入れていた緑茶で流し込んだって言っていたな・・・

あぁ・・・貴重な水分が・・・(><)

この痛恨のミスは水分を大量に消費しただけに留まらず、精神的にも大きなダメージを残してゆきました。

補給食はよ~く考えて選びましょう!



そして一難去ってまた一難。

国道8号線の藤ヶ崎トンネルを迂回する湖岸の道では強烈な向かい風が吹いていました。
まだまだ半分の道のりを残す“NS-B1”・・・ここで無理をすれば最終盤に響きます。
ペダルを踏まずクルクル回しますが、20km/hちょっとしかでませんでした。

って、この風向きは非常にマズいかも!!

賤ヶ岳旧道を越え東に向かう平坦路に出ると、ハンドルを取られるような横風が右側から吹いていました。
そして僕たちは進行方向を風上の右手・・・南方向に変えます。
つまりここからはこの風は向かい風となって僕たちの行く手を阻むことになるのです。

木ノ本辺りから水鳥公園あたりまでは向かい風・・・
30km/hを下回るペースで、それでもやや脚を削られながらの苦しい走行が続きました。
b0299252_23463995.jpg
あの辺りを走っていた頃は楽しかったなぁ・・・

対岸には奥琵琶湖パークウェイが見えましたが、楽しかったのはあの辺りまででしたね・・・il||li(つд-。)il||li
ここからは苦行オンリーのライドです。
b0299252_23492082.jpg
水鳥公園あたりから長浜の手前までは、向かい風にあえぐ僕を見かねたコーレスさんが先頭を引き受けてくれました。
いやぁ、本当にコーレスさんがいてくれてよかった・・・

もしソロだったら迷わず道の駅に吸い込まれていたことでしょう。


長浜からは再び僕が先頭を牽きました。
風は明らかな向かい風では無くなりましたが、その向きは不安定でした。

そしてこの辺りから信号が増えてくるのですが、信号の度に赤信号になってくれ~!という思いが沸きあがってきました。
もう信号待ちの僅かな合間でもいいから休みたくって仕方がなかったんです。
b0299252_23582710.jpg
ふと前を見ると、車が赤信号で列をなして止まっている・・・

しかし僕たちが信号に近づくと青信号に変わる・・・

まるで嫌がらせの様なことが何度も何度もありました。

「も~、止まらせてくれや~!!」

何度も何度も実際に声に出しました。
コーレスさんはその度に後ろで笑っていました。

それでも長浜から彦根の間は信号が多いので、何度か信号休憩?ができました。
しかし今度は信号発進がしんどいんですよね・・・

赤信号で止まりたい・・・でも青信号で再発進するのもかったるい・・・

止めて欲しいけど止めて欲しくない!!

どうしろっちゅーねん!!


なんて身勝手なんでしょう(笑)
そしてそんな身勝手な僕を懲らしめるかのように、塩大福の罠に引き続き、補給の罠が待ち受けていました。

とある場所で、交通量の少ない脇道に入り、そこで補給をしようと赤飯おこわをひとくち食べました。
普段ならひとくちなんてすぐに咀嚼(そしゃく)できる量です。
でもこの時ばかりは勝手が違いました。
いつまで経っても飲み込めないんです・・・

「たぶん胃がやられているんですよ。」

コーレスさんが冷静にそう教えてくれました。
普段の様に、休憩有りでこの日のペースくらいでのライドであれば、補給に手こずるなんてことはないのですが、
ここまで休憩無しで走り続けてきたことで、普段はやられないところにダメージを負ってしまっていたようです。

そしてこの補給の罠に直面した僕は冷静さを失い、まだひとくち目を飲み込んでもいないのに
さらにふたくちみくちと赤飯おこわを頬張ってしまいました。
たぶん袋を開けたのに残したらもったいないとか、そんな風に思ったんだと思います。

“思います”って書いたのは、必死すぎて当時のことを良く覚えていないからです(笑)

そして口の中に含んだおこわを、ボトルの中身を大量投入し無理やり流し込みました。

あぁ・・・貴重な水分が・・・(><)

塩大福のときとほぼ同じミスですね(^^;)

これがゼリー飲料だったらあんなにしんどい思いをせずに済んだし、ボトルの水を大量に消費することも無かったのに・・・
よし、もう一度書いておこう!

補給食はよ~く考えて選びましょう!



さて、補給の罠に手こずりながらも、彦根を過ぎて走行距離は150kmを越えてきました。
“NS-B1”もいよいよ最終盤で残す距離は50km!!

もうここまで来たら意地でも走りきるしかない!!

しかし補給の際に大量に消費してしまった水分・・・その残量はボトル半分くらいまで減っていました。
そしてなにより磨り減った精神力。

最後まで水分はもつのか!?
そして茶丈藤村に辿り着くのが先か!?
それとも心が折れるのが先か!?


次回、いよいよ“NS-B1”クライマックスです!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-06-18 00:30 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー