住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

2016年 12月 22日 ( 1 )

龍の臥す谷、日出づる岬、黄金舞う入り江。

当業務日報では何度も書いてきましたが、改めて・・・

西播磨はいいところです。

とくにこの季節の、しかもとびきりに寒い朝は最高です。


今夜の記事ではその魅力を写真多めで綴ってみたいと思います。




12月12日の業務日報・2ページ目

神戸から氷点下の空気の中淡々とペダルを回し続けて西播磨へ。

途中、クリートトラブルによるタイムロスもありましたが、ある程度の時間の余裕を見積もって出発したため、
僕が狙った通りの時間帯にはりまシーサイドロードの東端にたどり着くことができました。


僕が狙っていたもの。

それは僕の稚拙な文章で表現するよりも、そのもの自体を切り取った写真でご覧いただくのが良いでしょう・・・

b0299252_23353377.jpg
b0299252_23362705.jpg
b0299252_23363337.jpg
b0299252_23363727.jpg
b0299252_23364117.jpg
ひとことでいうならば"世界一美しいはりまシーサイドロード"かな?(笑)


世界中を探せば、はりまシーサイドロードより美しい道はいくらでもあるでしょう。
あくまではりまシーサイドロードとしては最も美しい風景が楽しめる時間帯と言う意味です。

うん、なるほど分からん!!



しかしその美しさは写真を見ていただければお分かりいただけると思います。
そしてさらにちょっと想像力を足してみてください。

身を包む空気はキリッと冷えて澄み切っています。
自身の吐く息が白く、澄み切った空気の中へと消えてゆきます。
人の気配が希薄な眠りの室津の集落・・・
そこから一艘の漁船がディーゼルエンジンの唸り声とともに沖へと向かってゆきます。
その漁船の向かう方向へとロードバイクを進めて行くにつれ、
背後の茜が前方の群青を侵してゆくのです。


気が付いたら僕は笑顔になっていました。
静かな時間、しかしその中には僕にとって大きな喜びが確かにありました。

僕はこれを見に来たんだ!
この空気を肌で感じに来たんだ!!

何度見ても、何度感じても感動してしまう光景がそこにはあるんです。



そして何度見てもいいものはもうひとつ。
b0299252_23501889.jpg
それはいつものように万葉岬から拝むことにしましょう。


時間には余裕があったので、かなりゆったりなペースで上ってゆきました。
すると、相生湾の奥の山の谷間にあるものを発見しました。
b0299252_23520134.jpg
ゆっくりと静かに流れる層雲。


うろ覚えながら、かつて読んだ本の中にこんな一文があったことを思い出しました。

"やがて雨が上がり、谷を囲む山々の中腹には波が打つように静かに流れる雲が現れた。
あの雲の様子を見て昔の人はこう思ったのかもしれない。
「あの山にはきっと龍がいるのだ。」と。"


なるほど。
まだ人が眠りについている刻限に現れた龍は、人の営みが始まるにつれ姿を消しゆくのでしょう。
うーん、伝説の生き物チックで面白い!(笑)


そんなことをひとりで思いながらのんびり上りきった万葉岬。
b0299252_00054667.jpg
頂上のつばき園では茜と群青のグラデーションが待ってくれていました。
b0299252_00070343.jpg
さあ、今日はどんな日の出が見られるのかな?

季節によって変わる太陽が姿を見せる位置。
空気の澄み切り具合や雲の出方にも左右される。
1年365日、曇りや雨の日を除けばどの日も日は上るのですが、どの日も違った光景に見えるのが日の出。

何度見ても日の出を待つ時間はワクワクさせられるんです♪



そしてココ、万葉岬では待っている間も演出が・・・
b0299252_00103703.jpg
瀬戸内の穏やかな海のキャンパスに漁船の航跡が一筋の線を描いてゆきます。
もう少し早く暗い時間だと、沖合が漁火で彩られていることもあります。

大きな自然の中では、人間の営みはほんのアクセントにしかなりません。
それを感じられるこの光景がまたいいんです。


そして万葉岬に自然の豊かさも人の営みも、まとめて活発にするエネルギーの塊が姿を見せます。
b0299252_00171588.jpg
b0299252_00172910.jpg
b0299252_00200142.jpg
b0299252_00200995.jpg
それは圧倒的すぎる風景。

こんな風景が晴れた日に早起きすれば見ることができる。
それだけで幸せなことなのかもしれませんね。



この日は20分くらい、ただただその光景に圧倒されていました。
しかしその後はお腹が鳴って現実に引き戻されました(笑)

太陽が昇れば人の営みが始まります。
そうだ、どこかで朝ご飯を食べよう!
b0299252_00220108.jpg
人の営みが始まるとあってか、谷あいの龍も沖へ姿を消そうとお急ぎのようです(笑)


僕は龍の進む方向とは逆へと、相生湾沿いの快走路をロードバイクを走らせてゆきました。
そしてあることに気が付きます。
b0299252_00264235.jpg
海面から靄が出てきています。

それは相生湾の奥の方に行けば行くほど濃くなってゆきました。
b0299252_00275497.jpg
おかげで道の駅・あいおい白龍城が靄のおかげで天空城チックに(笑)

しかしこの靄に東から昇ってくる太陽・・・

これは面白い風景が見られるかもしれません♪

そう思ってスルーするつもりだった道の駅・あいおい白龍城にロードバイクを滑り込ませました。

おぉ、これはすごい!!



b0299252_00314831.jpg
b0299252_00315538.jpg
海面に立ち込める靄に、太陽の光が乱反射してご覧の光景に・・・
しかも空気の動きで靄が揺らめいて、ひと時として同じ光景を留めることがありません。

もう文章ではなんて表現していいのか分かりません!

はりまシーサイドロードの風景や万葉岬からの日の出は狙っていましたが、
まさかこんな風景に出会えるとは!!



西播磨はいいところです。
とくにこの季節の、しかもとびきりに寒い朝は最高です。

この日の朝はまさに最高の風景の全部盛り♪

あぁ、また西播磨のことがさらに好きになってしまったみたいです♪





ひょっとしたら今週末も自走で行ってしまうかも\(^o^)/


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Twitterもやってますよー♪


[PR]
by rynx04 | 2016-12-22 00:44 | ソロライド | Comments(6)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー