住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

観光スポットなら行かざるを得ない!!

9月23日の業務日報・2ページ目

剛脚・モーニング様の強力な牽きによって、早くものんびりではなくなってきた今回のツーリング。
道の駅みなみ波賀での補給を終えて、コギコギさんを先頭にトリガタワへ向け出発です。
まずはヒルクライムの途中にある「ひびのきの水」に寄ることになりました。

「脚重たぁ~、さっそく脚使わされたわ~」

登り基調を35km/hで走らされたコギコギさんは無理をせずペースを落とします。
おまけにトリガタワへと登り始めあたりでリヤディレーラーの調子が悪いらしく失速。
ここで僕が前に出ることになりました。
ヒルクライムは得意ですから、ここでいい牽きをみせておかないとね~♪

ロードバイク乗りたる者、言葉ではなく己の走りをもって自己紹介するべし!
ケイデンスを一気に上げてヒルクライムモードオン!
重力に逆らい一気に加速してゆきます。

「重力あるんかぁ!?」

すぐ後ろに食らいついていたモーニングさんがそういったのが聞こえました。
心の中でグッとこぶしを握ります・・・でもまだまだモーニングさんもクライムさんも付いてくる。

「牽き千切る!!」

と、思ってペースをあげようとしたらあっけなくひびのきの水の案内看板発見。
もっと上の方にあると思ってました・・・
無駄に脚を使って休憩です。。。
b0299252_22382331.jpg
ひびのきの水には真夏に来てみたいですね。
この日はひしゃくを使って頭から水をかぶりましたけど、
メッチャ暑い日にダイレクトに頭から落ちてくる水をかぶりたい!


コギコギさん、ワインレッドさんも少し遅れて到着。
コギコギさんのディレーラーを調整した後、皆でトリガタワのルートについて話し合いました。

トリガタワには峠をショートカットするトンネルと、トンネルが開通する前からある旧道があります。
どちらにせよ、トンネル手前には9%の登りがあるのですが、
旧道の後半にはさらに15%弱の登りがあるんです。

やはりトンネル推しと旧道押しに分かれての審議になるのですが、
ここで名(迷?)言が飛び出しました。

「トリガタワ旧道は観光スポット!」

じゃあ仕方が無いね♪
ということなのか、みんなで仲良く旧道を観光することに決まりました。
普段のツーリングでは観光なんかそっちのけで走り回っているくせに・・・


「緩行でおねがいしま~す。」

モーニングさんはそう言っていましたが、こんなことを言う人が一番危険です。
再スタート後、先頭のコギコギさんが

「ここから自由行動!!」

と、本当に観光スポットに来ているようなことを言うと、
やはりモーニングさんが先頭に立ちスルスルとペースを上げていきます。
ここで先ほど中断を余儀なくされた自己紹介再開のチャンス到来。

「トンネルまで攻めます!!」

先頭のモーニングさんの横に並ぶと同時に言い残し、一気に抜き去り超攻撃モード!

「ば、化け物ぉ~」

モーニングさんが叫ぶ声が遠ざかる。
それにしてもいいリアクションしてくれるなぁ(笑)

脚を緩めることなく一気に登りきって旧道の入り口で写真撮影。
b0299252_23233838.jpg
まだまだ余裕のモーニングさん
b0299252_23241591.jpg
コギコギさんとワインレッドさんにクライムさん。
一番後ろのクライムさんはかなり抑えて走っていましたが、いつか本気のヒルクライムを見たい!


ここからは旧道。
しばらくは5%くらいの坂ですが、途中目に見えて勾配が急になるところがあります。
1ヶ月ほど前に来たときは、そこで速度が10km/hを下回ってしまい失速。
ものすごく悔しい思いをしたんですよね。

今日は脚は残っている。
勾配の緩い区間では心拍を160拍台に保って我慢のヒルクライム、
勾配がきつくなったところで心拍を上げ速度を維持できるよう登りました。
15km/hを下回ることもありましたが、以前よりかなり速く登りきれました♪
b0299252_9153579.jpg
トリガタワ峠の頂上にて。
b0299252_9193624.jpg
写真を撮りに来ていたおっちゃんにあんぱんとおはぎの補給食の差し入れを頂きました。
ありがとうございます!
ちょっと離れたところに停められていたおっちゃんの車の助手席からは奥様らしき女性の言葉。

「こんなところまで自転車で!?」

ええ、なんたって観光スポットですからね!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-30 09:44 | グループライド | Comments(4)

のんびりブレーカー1号

9月23日の業務日報・1ページ目

「9月23日にクライム君と走ります。良かったら一緒に走りませんか?」
一週間ほど前、コギコギさんからこんなメールが届きました。
クライムさんといえば、コギコギさん企画のアワイチにて南淡のヒルクライムを全て制し、
その上、西淡路のサンセットラインを35km/hオーバーで牽き続けたという強いお方。


これはなんとしてでも一緒に走ってみたい!
9月23日は用事がいっぱいで当初はお断りしていたのですが、
用事は他の日になんとか片付けて参加できるようになりました。

我ながら自転車に関するアレコレが絡むと仕事がはやいぜぃ!
絡まないときはお察しくださいませ!!


当日は車載で西播磨入りして、朝の8時に竜野駅付近でコギコギさんと合流。
他のメンバーとは揖保川沿いを北に10kmほどの「志んぐ荘」の吊り橋下で待ち合わせです。

待ち合わせ時間まで1時間もあるので、揖保川沿いをのんびりと北上。
b0299252_2241698.jpg
コギコギさんは「臨時漕会」の丸臨ジャージ姿、カッコイイ!!

今回のツーリングにはクライムさんの他にも、前にハーフ淡路でご一緒したモーニングさんと、
初対面のワインレッドさんも来られるようです。
自転車コギコギ日記でよく見る名前を聞くとテンション上がりますねぇ。

コースはトリガタワ
竜野駅からトリガタワを走ってくると、峠越えを含む120kmくらいのちょうど良い感じのコース。
次の日は仕事なので、のんびりいきましょうというのが今回のツーリングの概要。

待ち合わせ場所の志んぐ荘には早めに到着、コギコギさんとおしゃべりしていると、
程なくして志んぐ荘の吊り橋がきしみ出し、橋の上から話し声が聞こえてきました。
クライムさんとワインレッドさんの到着です。
まずは初対面のご挨拶をして近況報告。

クライムさんは最近ロングライドに目覚めたらしく、心拍を上げるような走りはしていないとのこと。
まさかの脱クライマー宣言に、今回はヒルクライム対決はなさそうです。。。(←残念!!)
ワインレッドさんも最近はアンカーのクロモリをまったりと乗る大人の走りを楽しまれている様で、
本気バイクのクォータ・クラーロに乗るのは一ヶ月ぶりとのこと。

じゃあのんびりツーリングですね!

やがてモーニングさんも到着。
モーニングさんとクライムさんは夏に行われたミッドナイトエンデューロにおいて、
ホームストレートで列車を組んで走行している時に、斜行してきた選手に接触されて
落車してしまうトラブルに巻き込まれた者同士です。
2人とも体にケガを負い、ロードバイクにも少なからずダメージがあったようですが、
こうやって再び一緒に走れることを喜び合っていました。

今日も安全第一で、やっぱりのんびりツーリング♪


メンバーも全員そろったところで、トリガタワ手前の道の駅みなみ波賀へ向かいます。
まずはコギコギさんが5人の列車牽きます。
のんびりツーリングなので速度は30km/h弱。
僕は普段は単独走が多いので、列車を組んで走る経験が少なかったのですが、
コギコギさんはスピードが安定しているし、ハンドサインも的確で、
安心してピッタリと後ろにつくことができました。

程なくして、コギコギさんの先頭交代の要求に応える形で
列車2番手の僕も30km/hほどで牽きはじめました。

5人列車の先頭って気持ちいいですねー♪
3週間前の淡路では8人列車の先頭を長く牽きましたが、
人数が多ければ多いほど先頭を走るのが気持ちいい!
ちょっぴり牽いた後、列車の先頭を3番手のクライムさんにお任せしてパシャリッ!
b0299252_23321773.jpg
見事に一体化した列車に思わず感心してしまいました。
ってコギコギさんのサドルバッグ落ちてまんがなー!!

こんなに間隔の詰まった列車に乗るのは初めてでしたが、
危険を感じることも無くラクに巡航できました。


その後、山崎の国道29号線の渋滞を避けるため迂回路へ。
僕以外のメンバーは西播磨の人なのに、東播磨の人のはずの僕がなぜか先導。
まあ西播磨はもはや僕のホームコースですからね!!

とはいえ、揖保川東岸を国道29号線と併走する県道があることは知ってはいたものの、
実は僕も走るのは初めてでした(笑)

この先、変な道やったらどないしよぉ・・・」
先導しながら内心ガクブルしていましたが、この県道が快走路で得意顔。
あまりにもいい道だったからなのか、クライムさんから先頭を引き継いだワインレッドさんが
ペースを上げていきます。

ん?のんびりツーリングだよな・・・

この快走路もしばらくして国道29号線に合流。
そして列車の先頭はモーニングさん。
登り基調かつ向かい風を35km/h弱のハイペースで牽き始めました。
体格のいいモーニングさんが他の4人をゴリゴリ引っ張る姿はまるで暴走機関車です。

あれぇ???のんびりは?????

道の駅みなみ波賀に近づくころにはしっかりと35km/h出てました(汗)

「いいペースで牽きますねぇ」
信号待ちでモーニングさんに話しかけると
「住友さんだってこの間35km/hで牽いてたじゃないですかぁ!」
って・・・
モーニングさん・・・僕が牽いた淡路は平坦です!
今日は昇り基調!!オマケに向かい風!!


本日の「のんびりブレーカー1号」はモーニングさん。
その男気あふれる牽きに「モーニング様」と呼ばせていただくことにしました。
b0299252_23542742.jpg
剛脚・モーニング様の相棒は、これまた見るからに剛性がありそうなトレック・マドン。

モーニング様のおかげであっという間に道の駅みなみ波賀に到着。
以前、ここに来たときは朝早すぎてお店が開いてなかったんですよね。。。
今日はたっぷりと補給食を頂くことにします♪
b0299252_093897.jpg
クライムさんオススメのりんごソフト。
りんごの味がしっかりしていてうまし!
b0299252_0104020.jpg
メープルメルヘン。
名前の通りメープルシロップが織り込まれていて、これがまたうまし!!
しかし男が手に取るには微妙な名前。。。
b0299252_0102269.jpg
締めに大山から出張の珈琲牛乳。
プハァ~♪


さあ、補給を済ませてお次はトリガタワのヒルクライムです。
1ヶ月ほど前に単独トリガタワ旧道アタックをしたときは、道の駅みなみ波賀まで
30km/hオーバーのハイアベレージで来たので、トリガタワのふもとですでに脚がパンパンでした。
今日はモーニング様や他の方が牽いてくれたので、脚は完璧に残っています。

モーニング様だけにいいところを持って行かれるわけにはいきませんからね!
トリガタワで万全な状態の自分がどれだけやれるのかの挑戦も兼ねて、
さあ、いっちょやったろか~!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-25 21:45 | グループライド | Comments(10)

摂取カロリー>消費カロリーライド

9月22日の業務日報

半年振りにロードバイクに乗る人とリハビリライドへ行ってきました。
メンバーは同じ会社で働く2名を含む4名。
神戸新港第3突堤に深夜0:30に集合し、ジャンボフェリーで高松へ。
早朝5:30過ぎからうどんツーリングスタート!!


1玉目 6:20 味庄@高松駅前
b0299252_2013293.jpg

わかめうどん
まずは挨拶代わりに1件目。
早朝5:30からオープンしているらしい。
こんな朝っぱらにもかかわらず、席はほぼ埋まっていた。
うどん県民恐るべし!
トッピングのネギは2杯まで!!


2玉目 7:30 中西うどん@高松市鹿角町
b0299252_20174718.jpg

かけうどん+おでん豆腐
うどんより豆腐がうまかった。。。
自分で麺を茹でるスタイルのお店は、どのくらいの長さ茹でればいいのかわかりませんね。。。
うどん道の修行が足りませんでした。


3玉目 10:00 裏・さぬき麺業@高松空港
b0299252_2021072.jpg

冷かけうどん
パイロットライセンスを持つ同行者オススメのうどん屋・・・じゃなくて実は空港従業員食堂。
マニアックなチョイスですねぇ。。。
寝不足から空港ロビーのソファーでうとうとしながら開店待ち。
きつねうどんを頼んだつもりが冷かけうどんがでてきました。
これがなかなかうまかった♪


4玉目 13:30 こむぎ屋@坂出
b0299252_20225731.jpg

わかめうどん
当初から行きたかった兵郷うどんが休み、日の出製麺所はあいかわらずの激混み。
そこで急遽、地元の方に教わって訪れたうどん屋さん。
しかしこの店が本日最高のヒットでした。
しっかりとしたコシのある麺にすっきりとしたお出汁、
そして歯応えしっかりの天然モノのワカメが最高♪
思わずおかわり!!


5玉目 13:40 こむぎ屋@坂出
b0299252_20232713.jpg

しょうゆうどん
お好みの量のからし大根とすだち酢を混ぜていただく。
枯らし大根辛い!!でもすだち酢が後味さわやか~♪
お茶を飲んだらすだちが流されてまた辛い!!
口の中でドラマチックかつダイナミックに移り変わる味が魅力的な一品。


リハビリライドだったのでポタリングペースかつ距離は短めで終了。
早めに切り上げて坂出駅から輪行で帰りました。
今気がついたけど、ロードバイクが写った写真が無いし・・・
次は坂出から土器川上流まで登って、
うどんもロードバイクもがっつりなツーリングがしたいなぁ。。。


以上、業務報告終了!!


前日・神戸新港までの移動
走行距離  16.81km
獲得標高  60m
平均速度  31.2km/h
最高速度  47.0km/h
平均cad   91rpm
平均心拍  149bpm
最大心拍  169bpm(84.5%)
消費カロリー333kcal


当日・うどんツーリング
走行距離  52.17km
獲得標高  349m
平均速度  21.7km/h
最高速度  54.4km/h
平均cad   78rpm
平均心拍  105bpm
最大心拍  148bpm(74%)
消費カロリー922kcal


番外編 16:40 まねき@姫路駅
b0299252_20413231.jpg

カレーえきそば
ま だ 食 う の か ! ?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-22 21:20 | グループライド | Comments(2)

その激坂の先には・・・

9月16日の業務日報・3ページ目

絶好のオーションビューに吸い寄せられる形で中断した自転車散歩。
小さい頃の僕が住んでいたあの小さい家探しは、滝の茶屋駅から仕切り直しです。

この滝の茶屋駅が生家からの最寄り駅であることは間違いないのですが、
30年も前の記憶に、家までの正確な道順がのこっているはずがありません。
頼りは自分のあいまいな記憶のみ。
相変わらず美しい海の景色を眺めながら、少し自身の記憶を思い返してみました。
そうしてでてきた答えは4つ。

1.上のほうへ続く道。(神戸の人間は陸側の方向を上、海側の方向を下、といいます。)

2.その道は坂道になる。

3.坂を上って右に折れると行き止まりの路地。
 その路地に僕の家。


3歳に満たない頃の記憶にしては大したものでしょ?
我ながら感心してしまいました。
今でも記憶力はいいほうなんです♪


さて、それでは探索開始。
まずはスマホの地図アプリを使って、条件その1の「上のほうへ続く道」を探してみます・・・が、

「何本あんねん!?」

車が通れるものから歩行者専用まで、何本もあります。
僕は歩いて家に帰った記憶しかないので、そのどれもが家に通じている可能性ありです。

こんなときはローラー作戦しかない!
条件その2の「その道は坂道になる」に当てはまらなければ引き返せばいいんです。

まずは一本目!
この道は車が通れる道で、坂道になる気配がありません。
やがて小学校前に出ました。
 
「ここは全然ちゃうな」

たぶんこの小学校は、兄が1年生の冬まで通っていた学校ですね。
家からはかなり西の方向にあったはずです。
ということは、もっと東の道を探索しなければいけないということです。
一度駅に戻りますが、せっかくなので違う道で戻ってみることにしました。

するとそこには思い出の場所!
b0299252_19143375.jpg

『トーホー滝の茶屋店』

この店は母と一緒に来た記憶があります。
ここに来て僕がしていたことはお菓子をねだること。
小さい電車の模型がオマケでついてくるキャラメル(だったと思う)を買ってもらうことが
当時の僕の最大の楽しみでありミッションでもありました。

「なつかしすぎるわ~」

蘇った思い出に思わず苦笑い。

やはりこの店も家からは西の方向で間違いありません。
ということでいっきにとおりを何本か飛ばして東の道へ。
今度は先ほど住宅の間から海が見えた通りをもう一度探索してみます。
この道は家から近い公園の入り口に通ずるので、生家にも通じている可能性が高いんです。

先に行くと短く緩い坂道。
条件その2に合致か?
しかもその短い坂道を登った先、右側に行き止まりの路地を2本発見。
その路地のうちの1本になんとなく懐かしい雰囲気。
b0299252_1914579.jpg

「ここかもしれん・・・」

3つの条件に一致、間口の狭い家が並んでいるこの雰囲気。
イメージとしては間違いない・・・のですが!
何かが違う!!

ここまでたどって来た、ライオン像・西ノ田公園・トーホーのお店、
そこで感じた当時の思い出が蘇る感覚がここでは全く感じません。
さすがに住んでいた家にたどり着けたらもっと大きな感動があるはずなんですよね。。。

「ここかもしれんけど・・・納得いかん!」

とりあえず判断は保留にして、さらに東の道を探索することにしました。
ここより東方面に残る路地は2本。
その先に条件に一致する場所が無ければ、先ほどの場所が生家なのかもしれません。
それでは釈然としませんがね・・・

気を取り直してもう一本東の道へ移動。
この道は短く、すぐに違う道に突き当たりました・・・が、
その道がすごかった
b0299252_1925273.jpg

サイコンが20%以上の数字を表示する超激坂です。
自転車で登るにはキツい登りですが、ここにきてペダルを踏む足に力が入りました。

「あの家はこの先や!間違いない!!」

その確信を呼び起こしたのは、コンクリート舗装に無数に刻まれた滑り止めの丸模様。
小さい頃の僕は、この模様から模様を踏み外さないように登っていた!

ここにきてまたひとる当時の思い出が蘇ってきました。

僕がこの坂道を丸い模様を踏みしめながらゆっくりゆっくりと登っていた頃から30年・・・
今度はロードバイクのペダルをゆっくりゆっくり踏みしめながら登ってゆきます。

そして坂道の先を右に折れた行き止まりの路地には・・・
b0299252_19314432.jpg

「あった・・・30年や、30年ぶりに戻ってきた・・・」

今度こそ間違いありません。
奥から二番目の家。
今は人のものですが、当時の建物のままのようです。

辺りを歩いてみると、右手の方にはライオン像に向かうときに敷地を通り抜けた独身寮。
左手の方には西ノ田公園やトーホーに続く細い道。
激坂の下には、お昼ご飯の時間まで、
一緒にテレビアニメ(ルパン三世だったはず)を見た友達の家があったはず。
そしてこの行き止まりの路地で友達や兄、姉と元気にはしゃいでいたなぁ。。。

僕の中で眠っていた思い出が爆発的に蘇りました。

涙こそ流れませんでしたが、熱い何かが僕の胸の中を駆け巡りました。
周囲1kmほどのエリアでの今回の自転車散歩は、これまで経験したどのサイクリングにも負けない
強烈な思い出を残しておしまいとなりました。

この狭い迷路のように入り組んだ道に突如として現れる激坂。
どう贔屓目に見てもサイクリングには向かない塩屋の街が、
今後、僕のポタリングの定番コースになることは間違いありません。
そしてこれからはこの街での過去の思い出をたどるのではなく、
この街で新しい思い出を作るためにこの街を走ることになりそうです。



以上、業務報告終了!!


走行距離  23.49km
獲得標高  325m
平均速度  20.1km/h
最高速度  51.2km/h
平均cad   79rpm
平均心拍  128bpm
最大心拍  166bpm(83%)
消費カロリー465kcal


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-21 20:11 | ソロライド | Comments(2)

生家探索!! 自転車散歩@坂の街

9月16日の業務日報・2ページ目

舞子から東へ6kmほど。
明治時代より港町・神戸で働くセレブな外国人の居留地として栄えた街、塩屋
当時は「東の芦屋、西の塩屋」と言われ、
現在では高級住宅地として全国的に有名な芦屋と肩を並べるほど人気があったとか。

32年前、僕はそんな塩屋の街にあった小さな家で生まれました。
その小さな家で暮らしたのは2歳と11ヶ月まで。
そんな小さなころの記憶が、とぎれとぎれですが未だに残っているんですよね。

この日は祖母の入院のことでバタバタして疲れていましたが、やはり自転車には乗りたい。
そんな日は自転車散歩にかぎります。
今回の自転車散歩の目的は、僕の微かに残る記憶を自転車でたどり、
僕が住んでいた小さな家のあった場所を探しだすこと。



まずは僕の記憶の中でも、ハッキリと場所が分かるところへ向かいます。
普段の練習ルートである国道2号線を東へ向かい、
普段は通過する「塩屋町1丁目」の交差点を左に入る。
併走するJRと山陽電車のガード下をくぐるとそこからすぐに登り坂。
塩屋は坂の街です。
b0299252_23145024.jpg

写真の先のキツい坂をのんびり登ると、ジェームス山の外国人居留区入り口にたどり着きます。
入り口にはライオン像
b0299252_23182157.jpg

このライオン像によじ登っている昔の僕の写真を見たことがあります。
そしてライオン像のある場所からちょっと奥に入るとお不動さんがあるのですが、
そのお不動さんへは何度も何度も家族と散歩に来たことがあります。
小さいころの僕は、そこから遠く海を行く船や東西に走る山陽電車を眺めていました。

ここが小さな家探索のスタート地点。
ここから先は、途切れ途切れの記憶が頼りです。
記憶の場所を自転車で走ることで繋ぎ合わせて、家の場所を探し出してみます。


家はライオン像から西の方向。
ライオン像から坂を下って右に折れると急な坂道を登った記憶。
その記憶に従って、つい先ほど自転車で登ってきた道を下り、右に折れる急な登り坂を探します。
b0299252_23282275.jpg

「あった!そういえばこんなコンクリートの白い舗装だったな。」

13~15%もあるこの坂道を登るとそこは狭い路地が入り組んだ住宅地。

「まだまっすぐだったけ?」

記憶に残っていないところは全くの当てずっぽう。
そしてその先、道は行き止まり。。。
坂の街に所狭しと並ぶ住宅、その隙間を縫うように道は細く不規則に張り巡らされている。
まるで迷路だ。

「とりあえず西の方向だな。」

今度は西に折れる道を探してみる。

「最初の角は・・・すぐ行き止まり、次は・・・細いけど先につながっていそうだ!」

その先に断片的に残っている記憶の場所が・・・ありました!
b0299252_23351265.jpg

『西ノ田公園』

ここに来て、僕の親が塩屋の家のことを「西ノ田の家」と言っていたのを思い出しました。
さらに近所の公園で兄や姉と遊んだ記憶があります。

「確かアスレチックがあったはず!」

僕は公園に吸い込まれるように入っていきました。
b0299252_23392213.jpg

アスレチックはありませんでしたが、公園内が高低差で上下二段になっています。
記憶の中の公園では、上の段からアスレチックを伝って下の段に行ける様になっていました。
ちょうど滑り台がある辺りがアスレチックの真ん中で、そこがつり橋のようになっていたはず。
そのつり橋を渡っているときに兄と姉に両端から橋を揺らされて、
橋の真ん中で動けなくなって泣きながらしゃがみ込んだ思い出が蘇ってきました。

そんな思い出のアスレチックは今となっては取り壊されてしまったようですが、
どうやらこの公園も記憶に残る場所で間違いなさそうです。

「家は公園より海側にあったはず!あの小さな家は近いぞ!!」

今度は南へ向かいます。
その先で思わず足を止めてしまった風景。
狭い住宅地の路地の間からは、見事な海と空の青。
b0299252_015741.jpg

思わず海が良く見える方向へと吸い寄せられる僕。
b0299252_093286.jpg

「こんな景色がええ街に住んでたんやなぁ」

絶好のオーシャンビューに小さな家探しは一時中断となりました。
僕が海も坂も好きなのは、小さい頃からこの街で生まれ育ったからなのかもしれません。


10分以上のんびりとこの景色を楽しみ、探索再開。
この場所は生家の最寄り駅、滝の茶屋駅のすぐそば。
家はここからは北の方角なのは間違いないのですが、3歳に満たないころの記憶なので
どんな道を通ってあの小さい家にたどり着いたのかハッキリしていません。

さらに30年近い年月が経ち、当時はまだ無かったであろうマンションも建っています。
このあと僕は、あの小さな家にたどり着けることができるのか?


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-19 22:43 | ソロライド | Comments(2)

秋のホイールファッションショー

9月16日の業務日報・1ページ目

祖母が入院してしまい、その手続きや準備でバタバタ。
すっかり疲れてしまって追い込んで自転車に乗る気が沸きません。

そこで2号機のレモンを写真モデルに起用して、ホイールをとっかえひっかえ遊んでみました。


その1 カンパニョーロ・ユーラス2way fit・2012年モデル
b0299252_153826.jpg

乗り味シャッキリで一番お気に入り♪
オールラウンダーの優等生ホイールですね。
太いアルミスポークがカッコイイ!!


その2 カンパニョーロ・ゾンダ・2011年モデル
b0299252_1524676.jpg

コストパフォーマンス良し!
レモンの普段履き用に買ったはずが、最近はタンスの肥やし・・・
優等生ホイールだけど、もうひとつ特徴が欲しいなぁ・・・


その3 カンパニョーロ・バレットウルトラcult・2013年モデル
b0299252_1522541.jpg

平地番長と思っていたら登りもいける!
ゾンダなんて要らんかったんや!!
でもステッカーデザインはセンス無し。。。
ウチに届いた30分後にはステッカーは剥がされていました。
あとcultベアリングは正直要らん!!


その4 カンパニョーロ・シロッコG3・2005年モデル
b0299252_154597.jpg

またカンパか・・・
最初に買った中古のビアンキについていたホイール。
最近は3本ローラーのお仕事をこなしてくれています。
2004年モデルのレモンには一番似合っているかも。


その5 のむラボホイール2号
b0299252_17532766.jpg

持って軽い、漕いで軽い♪
ヒルクライムの性能が突出したオールラウンダーホイール。
決戦したことがない僕が持っている結線決戦用ホイール。


次はZIPP404が欲しいなぁ・・・(←病気です)


以上、業務報告終了!!

物欲大魔王恐るべし!!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-16 18:25 | 機材の話 | Comments(4)

止まった数だけ強くなる! メリケントレーニング再開

9月14日の業務日報

毎週土曜日は午前中仕事で午後からしか乗れません。
しかも今日は1時間残業して成果を出して来いと業務命令。

「なんでや!目標の数字あげとるのになんでやーーーー!!!!」

悲痛な叫びは上司に届くわけも無く、自宅に戻り自転車に乗り出したのは15:45ごろ。
最近日没が早くなってきたので距離を乗ることができそうにありません。

う~ん、乗れてないぞぉ・・・
直近1ヶ月で100kmオーバーライドしたのは1回だけ・・・
3本ローラーを購入して平日仕事から帰宅後にチマチマと練習しているとはいえ、
これは由々しき事態である。

この事態に僕の中のマリー・アントワネットがつぶやいた。

「距離が乗れないなら
 強度を上げればいいじゃない!」


「そうだね!マリー!!」

暑くなるまでは毎週土曜日の午後にやっていた練習を復活させます。
その名も「メリケントレーニング」

これはアメリカのトレーニング研究の第一人者が考案した理論に基くトレーニング・・・ではなくて、
ただ舞子から国道2号線を神戸メリケンパークまで往復するだけの練習です。
名前もさっき付けました。


いつもの舞子駅前、明石海峡大橋下スタートです。
舞子駅から垂水駅付近は三井アウトレットパーク・マリンピア神戸へ出入りする車が多く、
国道を横断する人もいるのでスピードは抑え目に行きます。
これがちょうどいいウォームアップになります。

そこから福田川を渡ると、これまでの渋滞の鬱憤を晴らすが如く、
すぐ脇を通る車のスピードが一気に上がります。
その車が作る空気の流れに乗って、心拍数は160台を目安にスピードアップ。
そのまま塩屋のJRをまたぐ立体交差の短いのぼりを全速力で登坂。
僕の場合はここで心拍数がほぼ180まで上がります。

この心拍数はロングツーリングでは長時間超えないように気をつけている数字です。
一瞬だけならいいのですが、5分10分と続けていると間違いなく後半タレます。
が、今日は距離が短いので気にせず高い負荷で走り続けます。

ここから先の海沿いの信号が無い区間で高速巡航練習。
苦しい状況でタレずに高速を維持し続ける精神的トレーニングも兼ねているつもり。
目標は須磨駅前までの約2.5kmの区間で40km/hを絶対に割らないこと。
50×15T以上のギアを選んで、ケイデンス100rpm以上で回し続けます。

b0299252_19264339.jpg

今日の舞子駅前→須磨駅前のアベレージは約37km/h。
なかなかいい数字が出ました♪

しかしここまでは序章です。
ここから先、須磨以東の国道2号線はメリケンパークまで屈指の走りにくさを誇る区間。

信号地獄death!!

数100mごとに信号があり、不届き者な自転車乗りが信号を無視するのをよく目撃する区間です。
飛ばしてもすぐに赤信号に引っかかるので、まったりのんびり行くべきなんですが、
僕はここをあえて飛ばしていきます。

青になったら鋭く加速、信号と信号の間のうちに40km/hを超して心拍数も170台まで上がります。
そして赤信号でストップ。
乱れた呼吸を整えるように腹式呼吸で深呼吸。
心拍もグングン下がる。
そして青信号で再び鋭く加速・・・と繰り返す。

b0299252_2021501.jpg

「止まれば止まるだけトレーニングの内容が濃くなってゆく~♪
 今日は何度赤信号に引っかかるかな~?」
(←病気かも・・・)

数えだしましたが、阪神高速若宮ランプあたりで500mも進まないうちに3回赤信号に引っかかり
数える気が萎えてしまいました。
でもたぶん間違いなく片道だけで10回以上は赤信号に引っかかっています。

正直すごくしんどいです・・・
街中なので人目が気になってゼェゼェハァハァ言うのを我慢するので余計にキツイ。
でも自然といい感じにインターバルトレーニングもどきになっているんです。
インターバルトレーニングの効果はスピードアップと心肺機能の向上、
つまりより速くより長く走られるようになるということです。
僕のトレーニングはあくまでもインターバルもどきなので、どこまで効果があるかは分かりません。
しかし、しんどいだけあって割と短期間に効果が見込める印象を体験的に感じています。

b0299252_20485912.jpg

40分ほどでメリケンパークに到着。
あとは休憩をほどほどにとってから行きと同じ感じで帰るのみです。

ここからさらに東に行けば、このインターバルもどきを延々とつづけることができます。
1年程前に甲子園まで往復70km以上にわたってやったことあったなぁ。。。
レースに出る予定もなかったのになんであんなことやってたんやろう・・・

レースと言えば来月にサイクル耐久レースin岡山国際サーキット2013に出場する予定です。
レースというものに興味が無かった僕が、初めてソロでエントリーしました。
あと1ヶ月練習頑張らねば!

それなのになんでまた台風来てるんだよぉ~(怒)


以上、業務報告終了!


走行距離  33..01km
獲得標高  124m
平均速度  33.2km/h
最高速度  51.2km/h
平均cad   94rpm
平均心拍  165bpm
最大心拍  182bpm(91%)
消費カロリー652kcal


信号無視するってことはより速く、強く走ることを放棄していることなのかも。
もちろんそれ以前の問題なので信号無視は辞めましょう!
んでもっておまけに速く強くカッコよく走れるようになりましょう♪


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-14 21:40 | ソロライド | Comments(2)

風は敵?それとも・・・

9月9日の業務日報

この日は仕事が休みなのですが、午後からは予定あり。
朝5時ごろに起きて朝ごはんを食べてから約120kmのソロツーリングに行きました…

と、書きたかったのですが!

寝坊しました!!

目が覚めたら8時まわってましたorz
きっとブログを書くとかなれないことをはじめたせいに違いない!

起きてゴミだししてサイクルジャージを着込んで、
チェレステなウチのエースを担ぎ出して舞子駅前のコンビニへ。
とりあえず明石海峡大橋の巨大なアンカレイジでできた日陰で菓子パンmgmgしながら
頭の中でルートを検索。
さて・・・どうしよう?

b0299252_2381493.jpg

ご覧のとおり天気はいいのですがこの時点で9時前。。。
12時には自宅に戻っておきたいので距離は60kmくらいにしておかないといけません。

結局、明石から北上し神出(かんで)の雌甲山(めっこうさん)を登ったあと土山に下りて
海沿いのサイクリングロードを明石まで戻ってくるルートにしました。


この日は北東の風。
国道2号線を西に向けて走るので、背中に追い風のアシストを受け車の流れに乗ります。
前を走っているトラックのミラー越しに見えるおっちゃんの顔が、
「車について来とる!」
とビビッてそうな表情。

ドヤァ!!

しかし和坂の交差点から北へ向かう国道175線に入るなり向かい風。
30km/hチョイを必死にキープ。

ど、どやぁ・・・ゼェゼェハァハァ

明石川沿いの県道377号線はさらに強烈な向かい風。。。
一時は36km/h台まで上がったアベレージスピードがどんどん下がります。
しかもここからは登り基調。

「ア、アカン・・・アベ気にしとったら脚なくなった上に心が折れてしまう・・・」

神出町に入る6%くらいの上り坂を登りきった時点でアベレージアタックは風に負けて終了。
その後は登り基調で170台をキープしていた心拍数を140台まで落として
ポタリングモードでのんびりと農道を縫うように走り、雌甲山の入り口へ向かいました。

b0299252_23383994.jpg

神出ではもう稲刈りが始まってました。
たまにはこんな風景をのんびりと楽しむのもいいもんです。

b0299252_2341214.jpg

でも山は攻めますよ!

雌甲山は入り口の鳥居から頂上の神出神社の駐車場までの細い道で
約1.3kmの道のりの標高差は約100m、平均斜度が約7%です。
三木の実家に住んでいたころはたまに走りに来ていましたが、この日は1年半ぶり。
神戸に引っ越してからここに来るのは初めてです。

いつも雌甲山を登るときは、普段の心拍数を上げすぎない我慢のヒルクライムではなく、
距離が短いのでラストスパートの様に追い込んで走りきるようにしていました。
この日も同じように追い込んで走ってみます。
目標タイムは4分30秒切り!
実家に住んでいた時には達成できなかったタイムです。

麓の鳥居をくぐってタイム計測開始!
ケイデンスを一気に上げて回転重視のペダリングで上り始めました。
序盤は5%くらいの勾配なので息もそれほど乱れず走れるのですが、
ややフラットな区間を抜けてからは頂上までの10%弱の勾配が続く。
重力に負けてケイデンスが下がりますがギアはそのまま!
回す意識はそのままに踏みの意識を加えて追い込む。
心拍は180オーバー。

途中、徒歩で下山する人たちとすれ違いざまに挨拶しようとしたのですが、
口からは声にならない空気が漏れるだけでしゃべることができませんでした。
く、苦しい・・・けれどもう一息、ここからは自分との勝負!!
最後のもがきで心拍数を187まで追い込んで登頂!

タイムは3分54秒でした♪
1年半前よりは30秒以上速く走れるようになったらしくホッと一息。。。

b0299252_21294751.jpg

249mと低い標高の割には景色が良いのが雌甲山の魅力。
明石海峡大橋からここまで走ってきた方向を見渡すことができます。


頂上の神出神社で景色を眺めながらの休憩後、登山者に気をつけながらそろりそろりと下山。
ここから土山まではゆる~い下り基調と真後ろからの追い風区間です。
のんびりと回しているつもりがいつの間にか40km/h近くになっているような快走っぷり。
ん~♪爽快爽快。
「プロのロード選手ってこのくらいの感覚で走ってるのかなぁ・・・」

なんて思いながら走っていると、後方から1台の大型トラックが近づいてくるのが見えました。
まだ距離もあるし、なによりスピードが乗る条件がそろっている。
追い風を利用して大型トラックから逃げられるだけ逃げてみます。

下ハンを持って深い前傾姿勢をとり膝を高く上げることを意識してペダリング。
腰から下を意図的にうねらせて骨盤を左右交互に倒してリズム良く踏む
使えるものはなんでも使ってロングスプリント開始!
45km/hオーバーでケイデンス120rpmになるあたりから足元から「シュンシュンシュンシュン」と
タイヤが地面を蹴る小気味の良いリズミカルな音が聞こえてくる。
アドレナリン全開でさらに加速!
まるでインナーで回しているかの如くスパスパとシフトアップし、あっというまにトップギアに到達!!
文句なしの全開走行で、気分はまるでタイムトライアル中のトッププロの様です。

うぉ~、しんどきもちえぇ~(謎)

結局、秋田の交差点まで大型トラックにつかまることなく逃げ切り成功しました♪
この日の風は往路においては頑張っても進まない苦しみを、
しかし復路においては別次元のスピード体験を与えてくれた様です。

風と戯れた後は土山、そして二見の人工島付近を経て海沿いのサイクリングロードへ。
舞子まではツーリングペースでの~んびりと帰りました。


ロードバイクにとって風は時としてやっかいなものでもあり、
実力以上の楽しみを与えてくれる贈り物でもありますね。
短い距離の中で、そんな風の醍醐味を改めて体感したソロ練習でした。

以上、業務報告終了!

走行距離  58.85km
獲得標高  328m
平均速度  27.8km/h
最高速度  63.3km/h
平均cad   83rpm
平均心拍  142bpm
最大心拍  187bpm(93.5%)
消費カロリー1027kcal

b0299252_035321.jpg

次の日曜日、晴れたらアワイチしたいなぁ・・・


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-12 00:24 | ソロライド | Comments(2)

練習のお手伝いらしきサムシング

9月8日の業務日報

この日はロードバイク仲間のママチャリダーさんの練習を手伝いに西播磨に出張。
翌週の北播磨サイクルエンデューロに向けて追い込みたいとのことです。

午前中はあいにくの雨でしたが、昼からは一転すばらしい自転車日和になりました。

b0299252_12204324.jpg

ん~、いい季節になってきた♪

お昼過ぎにJR竜野駅あたりを出発し、七曲りから坂越・赤穂御崎・赤穂鉄道跡を行き
かねてより僕が行きたかった相生の『だるま珈琲』さんに寄って
竜野駅に帰るというルートを走ってきました。


この日はなんと!
ママチャリダーさんの新車・ピナレロFPクアトロ
のデビューラン!!

アルミフレームのロードバイク乗りだったママチャリダーさんを幾度となく悪路に連れ込んで、
「あぁ~、フルカーボンって乗り心地がいいなぁ~♪」
と、何度も大きい声で独り言を言ったのが聞こえてしまっていたようです。
以後、この独り言は言わないようにします!

b0299252_12263029.jpg


いぶし銀でホリゾンタルなフレームがナイスでシブい僕の2号機のうしろにあるのが
ママチャリダーさんの新車のFPクアトロ。
主役のはずがこの写真の扱いである。
僕の潜在意識の中にある「俺のチャリが一番カッコエエねん!」という思いがにじみ出た結果であろう。

上の文章も見えにくいけど白地にピンク系の挿し色がバッチリ決まっていて、
どこかのお店に飾っていてもおかしくない見事なカラーコーディネートです♪

しかしレース一週前に新車って大丈夫か・・・?
と思っていたらその不安は的中することになります。

「どうやって変速するの~(汗)」

ママチャリダーさんはこれまでsoraというグレードの変速機を使っていたのですが、
新車にはアルテグラという上位のグレードの変速機がついています。
そしてこのふたつの変速機は変速の仕方が違うんです。

「ブレーキレバーをグァーって倒したり、
 手前のちっこいレバーをひょこって倒したらええねん!」


長島監督を見習った僕の非常に完璧でパーフェクトなレクチャーの甲斐もなく、
ママチャリダーさんはその後、上り坂などでギアを軽くしたいのに重くしてしまうという
修行僧も真っ青な苦行に励んでおられました。
今思うと僕の煽りが足りなかったので、自身の判断で高負荷トレーニングをしていたのかも。。。

「僕にはこれ以上なんにもできへん!
 毎日走りこんで慣れるんや!!」


と、変速機の違いに『投げっぱなしジャーマン』を決めてどんどんと進んでいきます。


で、肝心のママチャリダーさんの走りなのですが、下りや下り基調の平地、追い風区間は
男性ローディーのツーリングについて来られるレベルなのですが、
登り基調、向かい風区間になると失速しやすく、7~8%を超える長めの登りになると
ギアを使い切ってジリ貧な走りになってしまうようです。
それにアンクリングのクセもでてしまっている。

登りは僕の得意分野ですからこれはなんとか改善してあげたい!
僕も我流でペダリングしているのでこの方法が正しい!なんて確証はないけれど、
コレを伝えればアンクリングもなくなって、しかも登りや向かい風にも強くなれるはずだ!!

そう思った僕は車が来ていないことを確認した上で、
ママチャリダーさんと併走する形で僕自身のペダリングを見せながら以下のことを伝えました。

水泳のクロールの手の動きと角度を脚で再現するイメージで動かす。

そして再度後ろからママチャリダーさんのペダリングを観察。
するとアンクリングが目立たなくなり、常に足の裏が後ろから見えるようになりました。
かかとがあがり膝が高く上げられるようになった様です。
平地の向かい風でも以前より軽やかに高いケイデンスを保ち、
巡航スピードも維持できるようになったような印象です。

よっしゃ!我ながら恐るべき伝達力や!!
「住友輪業秘伝・クロールペダリング」
という安直な名前をつけることにしよう、そうしよう!
そしてアルテグラの変速方法レクチャーの件はなかったことに


でも今思い返すと、この日僕が練習の役に立てたのはこれで最初で最後だったのかも。。。

その後、脚クロール走法を伝えて気を良くした僕がなにをしていたかと言うと、
あとはママチャリダーさん自身でペダリングの感覚を体に落とし込んでくださいと言った切り、
赤穂の激ウマ「幻のコロッケ」の店に連れて行ったり、
サークルKサンクスの「窯だしとろけるプリン」の誘惑にいとも簡単に負ける醜態をさらしたりと、
基本的に追い込み練習の邪魔をしていました(笑)

b0299252_17152586.jpg


赤穂でたっぷり補給した後は、片足ペダリングしたりインターバル走をしながら相生へ。
この日、僕にとってのメインイベントである「だるま珈琲」さんに初訪問。

b0299252_13381049.jpg

ここでもママチャリダーさんにコーヒーゼリーの誘惑をかまし、
消費カロリーを摂取カロリーで相殺することに成功。

それにしてもだるま珈琲さんは評判どおりの居心地の良いお店でした。
僕の好みをマスターに伝えて出てきた1杯のコーヒーは香り・苦味ともにどストライクで、
後味も良かったです♪
ついつい長居してしまい、日没が近づいていたので最後は僕が35km/hで前を引いて、
最後にスプリントでママチャリダーさんを大人気なく千切り、竜野駅近くの駐車場に無事にゴール。

b0299252_13373864.jpg

日が短くなってきましたねぇ。。。

最後の方は追い込み練習という本来の目的はどこかに消え去ってしまっていた気がしますが、
短い走行距離でもママチャリダーさんの脚を産まれたての小鹿の様にさせることには成功。
ママチャリダーさんは自分で頑張ってペダリングの意識をしてましたからね!
これまで使えていなかった筋肉も使ってペダリングできたということでしょう。
ということで一応本来の目的も達成かな?
ママチャリダーさん、来週は無事故で頑張ってくださいね!!

以上、業務報告終了!


走行距離  73.64km
獲得標高  556m
平均速度  24.2km/h
最高速度  64.9km/h
平均cad   74rpm
平均心拍  129bpm
最大心拍  176bpm(88%)
消費カロリー1146kcal


ブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by rynx04 | 2013-09-09 15:11 | グループライド | Comments(2)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30