住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

花さじき?んなところ行かねぇよ!!

9月21日の業務日報・3ページ目

「モー堀」に取り組んだボーンズさんの急成長を目の当たりにした水仙峡を下り、
5人の丸臨列車は南淡路水仙ラインへと下ってきました。
ここは走りやすい淡路島の中でも最も交通量の少ない場所。
飛ばしてもよし! 紀伊水道の景色を楽しみながらのんびり走ってもよし!!
今回、僕たちは一味違ったやり方で、この道を利用することにしました。
b0299252_16302825.jpg
まずは路肩が広い場所で列車を停車させて、コギコギさんを中心にこれからやろうとしていることの確認を始めました。
ここから僕たちがやろうとしていたこと・・・

それは、「先頭交替練習」です。

ひとくちに先頭交替と言うと簡単そうに思えるのですが、これが実際にやってみるととても難しいのです。
詳しくは「自転車コギコギ日記」コチラコチラの記事に書いてあるとおりのことを実践するのですが、
やってみるとなかなかうまく出来ないんですよね。

先頭に立つとついついペースアップしてしまったり、先頭から下がってきた人をかわすためにラインが膨らんでしまったり、
最後尾に付くための加速が遅れてしまったり・・・
しかし、この基本的なことを何度も繰り返し行うことで、安全により効率よくドラフティングが利用でき、
そして速く長く走られるようになっていくのです。
b0299252_1655739.jpg
練習中は列車全体で安全なときを見計らって先頭交替をするようになりますから、
必然的に普段の走行の際にも列車を組むときに必要な声掛け、ハンドサインだけでなく、
注意するべきことや心構えまでもが自然と身につくことになります。
臨時漕会で千切り合いをするときには、もちろん交通量が少なく安全な場所を選ぶという点もそうですが、
なによりもこういった地味な練習でひとりひとりの注意力や判断力を養っていることが、
集団走行中の安全に大きく寄与しています。


さて、この日の先頭交替練習でも課題が見つかり、灘のフェリーターミナルで早速おさらいをしました。
そして次なる関門はアワイチ最強の勾配を誇る「灘大川」です。
ここでは列車走行なんて関係なく、それぞれのペースで走ることになるのですが、
まずは最初の坂道でボーンズさんが抜け出そうとしました。
ボーンズさんにしっかり食らいついて、最初の坂道を上りきった平坦な場所で一休み・・・
ここから下った次の坂道が本番なので息を整えてから行こうと思ったら、ボーンズさんがそのまま強度を保ったまま
抜け出していきました。
仕方なしに見える範囲で追走。
一度坂を下りきったところでボーンズさんを捕まえたと思ったら・・・

「せーのっ!」

いきなりボーンズさんが重いギヤのままダンシングで再加速・・・
おいおい、そんな重いので上りきるつもりか!?

「どおりで重いと思った!
 気がついたらアウターでした!!」


そんなことを言いながら、失速してゆくボーンズさんをかわしてできるだけ心拍を上げて登坂。
後ろにはトレーニングのし過ぎでアウターにかかっていることに気付かない鬼脚の持ち主がいますからね(笑)
手加減してたらあっという間に追いつかれて千切られてしましますからね。
b0299252_17144980.jpg
心臓バクバクでひぃひぃ言っていると、やはりボーンズさんはすぐにやってきました。
その後からはモーニングさんもやっぱりすんごい笑顔でやってきて、
さらにコギコギさんはコンパクトクランクに変えて余裕を持って登坂完了。
konoさんは少し遅れましたが、実は水仙峡から脚が攣りだしたそうで・・・
それにしては差をつけられずに上りきってきました。

「みんな速くなりすぎでしょ!?ヽ(´A`)ノ」

これまでは、最初だけ頑張ってみんなが見えなくなったら休むなんてことをしていましたが、
もうのぼりで余裕をかますなんて出来なくなってしまったようです・・・orz

そして次なる坂道はホテルニュー淡路。
ここは重たいギヤでグイグイ行こうとしましたが、やはりボーンズさんに最後まで張り付かれてしまいました。
本当に速く、そして強くなりました。
b0299252_17271315.jpg
お外をみんなと走れる喜びを爆発させるモーニングさんの傍らで・・・
b0299252_1728382.jpg
僕はバタンキュー。
強敵の出現に余裕は消えうせました。

b0299252_17313017.jpg
坂を下ってからはいつもの鼓亭へ・・・
暖簾をくぐるそのふくらはぎが事件現場です(笑)
b0299252_17334021.jpg
ニッコニコのモーニングさんを囲む様に座って暫しの休憩タイムです♪
え~と・・・何を話していたんだろう。
僕はあとどれくらい攻めの走りが出来るかを考えていましたから、会話の内容まではあまり覚えていません。
あっ、そうだ!

「最後にあわじ花さじきヒルクライムもしよう!」

そんなことを誰かがうっかり言い出して、なぜか僕が乗り気になってたんでした。
「えっ!?マジで行くの?」という空気が流れたため、花さじきヒルクライム決行の最終決断は保留になりましたが・・・
b0299252_1736320.jpg
昼食休憩を終えてからは、道の駅うずしおと大鳴門橋記念館の両方に逝くことが全会一致で可決(笑)

道の駅うずしおまでのアップダウンを含む道では、中盤からモーニングさんが飛び出しました。
復帰一発目なのに全然走力が落ちていないようで・・・
なんとか最後ののぼりでモーニングさんを捕らえましたが、
そろそろ脚が限界です(´д`|||)
b0299252_17425396.jpg
「大鳴門橋記念館まではゆっくりね!」

さすがにみんなもいっぱいいっぱいなのか、道の駅で休戦協定が結ばれましたが・・・
b0299252_17445620.jpg
即効で破棄(´д`|||)

こうなることは分かっていたさ・・・
でももうちょっと我慢しようよぉ~!!


今度は気がついたら僕がアウターで追いかけてました(笑)
そしてこの時点でいろいろ終わった気がします。
それを実感したシーンがこちら・・・
b0299252_17582973.jpg
b0299252_1805231.jpg
大鳴門橋記念館名物!?屋上展望台ビルクライム!

階段を屋上まで上ってゆくのですが、途中3階くらいでモーニングさんがまさかのスパート!
こんなところで千切り合い発生(笑)
スパートに反応しようとしましたが脚が重くて着いていけませんでしたorz
b0299252_18352.jpg
今回のアワイチ、山岳賞は総ナメしましたが、ビルクライムでは完敗でした。

そしてビルクライムで追えなかったのは僕の脚に忍び寄る重いツケの予兆・・・
その予兆に気がついて、鼓亭で乗り気満々だった例の保留事項について最終判断が下されました。

「花さじき?んなところ行かねぇよ!!」

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ちなみにボーンズさんは道の駅うずしおでは先っぽまで行かずバイクラックのところで待っていました。
大鳴門橋記念館ビルクライムもDNS。
b0299252_18101223.jpg
「僕は皆さんの大切なバイクを守っておきます!」

そんな殊勝なことを言っていましたが、ボーンズさんが守りたかったものが別にあったことは明白ですね(笑)
それは最後のスパートのための脚!
やはり策士よのぅ・・・( ´_ゝ`)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-10-06 18:14 | グループライド

このふくらはぎは事件だぁ!!

9月21日の業務日報・2ページ目
b0299252_23185286.jpg
背中からも喜びの表情が伝わってくるモーニングさん。
いよいよ本領発揮、大好きな先頭を牽く番になりました。

先ほどまで頑張って先頭を牽いていたkonoさんがゆっくりと列車左側を下がってきました。
ここで先頭の方で超特急列車への格上げの合図となる汽笛が聞こえたような気がしました。
モーニングさんが加速開始・・・ペースが5km/hほど上がりました。

「あっ・・・これアカンやつや。」

これまで心拍を上げて先頭を牽いてきたkonoさんは、列車の加速に再加速が間に合わなかったようで・・・

「最後尾、千切れてるでぇ~!!」

暫くして気がついたコギコギさんが声をあげました・・・
が、先頭を喜びとともに駆ける機関車はその力強い牽きを辞めようとはしません。

まぁ3ヶ月も我慢してやっとだもんなぁ・・・
先頭交替直後に加速するのは、中切れの発生原因になるので本来はダメなのですが、
この日ばかりは仕方なし。
モーニングさんには思う存分牽いてもらおうと、僕がペースを緩めてkonoさんを回収することにしました。
ペースを緩めると、あっという間にモーニングさんが牽く列車は豆粒のように小さくなりました。

3ヶ月も外でロードバイクを走らせられなかったモーニングさんでしたが、ランのトレーニングをしたり、
ローラー台を買って自宅でトレーニングを積み重ねていたことは知っていました。
そしてその努力の甲斐もあって、その力強い走りを失うことなく戻ってきてくれました。

「おかえり、モーニングさん。 お見事です!」

そして最近、ホイールにパワータップ(出力センサーを内蔵したハブ)を組み込んだモーニングさん。
科学的トレーニングを取り入れてさらなるレベルアップが楽しみです(´д ‘lll)

「逝ってらっしゃい、モーニングさん。 お手柔らかに!!」


さて、ここまで凄まじいペースで走り続けてきた丸臨列車ですが、洲本温泉郷の手前からは一度ペースを落とし
クールダウンすることになりました。
b0299252_23281314.jpg
「ついさっきまであそこを走っていたんだよなぁ・・・」

まるでそう言っているかのようなkonoさんの視線の先には淡路・世界平和大観音(通称・淡路ビーナス)が・・・
ここまで全然平和なペースではありません!
ということで、洲本温泉郷を抜けた先にあるいつものファミマで休憩です。
ここでは嬉しいものに出会いました。
b0299252_2335121.jpg
「おぉ!サイクルラックができてる~♪」

こういう設備って歓迎されているみたいでとっても嬉しいですね♪
b0299252_23421431.jpg
休憩中にはブログの読者の方と記念撮影してみたり・・・
僕も一緒に写ってみましたが、うれしはずかしで慣れませぬ。
でもたかが普通の自転車乗りがこんな経験できるなんてことはありがたいことなのかも・・・


少しばかり長めの休憩を挟んだ後は、アワイチの第一関門となる峠・水仙峡を越えてゆきます。
b0299252_23513010.jpg
第一ピークまでの距離・約1.6km、平均勾配・約8%。
ここで走力の向上を見せ付けたのはこの方。
b0299252_23562763.jpg
モー堀スト・ボーンズさんです。

最初は僕も写真を撮ったりしながら余裕をかましていたのですが、
ピーク直前まで心拍を188bpmとかなり高めに維持して走ったのにもかかわらず、
完全に振り切ることは出来ませんでした。
ちなみにこの日の僕の体重は58kgとほぼベストな状態。
ボーンズさんは僕より約20kgも体重があるのです。

パワーウエイトレシオがモノをいうヒルクライムでここまでの速さを見せ付けたボーンズさん。

「モー堀ですよ、モー堀!
 毎週水曜日の朝5時から、社会人としてどうかしているとは思いますが・・・」


毎週水曜日の朝5時から、地元の掘割峠というヒルクライムスポットで走りこみまくっているそうです。
それが「モー堀」
その成果を目の当たりにした僕も掘割峠を走ってみたくなってしまいました。
b0299252_022733.jpg
どおりで・・・、すごいふくらはぎしているなぁと思いました。
走行中に後ろからもこもこ動いていましたからね・・・
いわゆるクライマー脚ではありませんが、鍛え上げた脚の筋力で凄まじいパワーを発生させているのでしょう。

それにしても、少なくとも僕も遅くはなっていないと思うのですが・・・

「これはもはや事件だ・・・」

hiroさんに続いて水仙峡ヒルクライムで千切ることができない臨時漕会メンバーがまたひとり。
ホントにもう・・・困った事件ですorz


ここまで読んでいただきありがとうございます。
ちなみにボーンズさんと水仙峡を登りきった後すぐにモーニングさんもやってきました。
b0299252_061427.jpg
いい顔しているなぁ♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-10-04 00:10 | グループライド

ニッコニコやど!!

9月21日の業務日報・1ページ目

10月は多数の臨時漕会メンバーが参戦する2つのレースが行われます。

ヒルクライムチャレンジシリーズ2014 第4回 高梁 吹屋ふるさと村大会
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット 2014


それぞれがそれぞれのベストを尽くすために・・・レース開催まで一月を切り、追い込み練習の需要が高まっていました。
そこで9月21日、恐ろしい名前がついたライドが行われようとしていました。

『スパルタ☆アワイチ』

あっ・・・名前つけたの僕です(笑)
そんなあからさまな名前がついた今回のライドに、なんと5人の臨時漕会メンバーが参加表明。
参加メンバーは以下のとおり。

今回の主催者、ワタクシ住友輪業。
上記レースには2つともエントリー。
最近ロングばっかりで高強度な練習はしていないけれど大丈夫でっしゃろか~!?

ご存知、臨時漕会会長・コギコギさん
岡山エンデューロでは昨年の自身の記録越えを狙い、そして高梁ヒルクライムにも初参戦です。
苦手とするヒルクライムはコンパクトクランクへの換装で挑む!

徳島からはモー堀スト・ボーンズさん
コギコギさんと同じく2つの大会にエントリー。
今年はトライアスロンデビューを飾り、ロードバイクでは平日の早朝5時から掘割峠を走りこむ「モー堀」で
その実力を伸ばしまくっています。

大阪からはゾンビ走法・konoさん
昨年の岡山エンデューロでレースデビューを飾り、今年はやはり昨年の自身の記録越え?
いやいや、間違いなく速くなっているからもっと上を狙えそう!
ニューマシン・GIANT TCRでは初アワイチ♪

そして帰ってきた男、機関車トーマス・モーニングさん
最近ブログに登場していませんでしたが、実は左手を骨折しておりまして・・・(T-T)
ドクターストップ解除を無理やり(?)1週間早めておかえりなさいまし!
え゛っ!?復帰ライドなのにいきなり西播磨から50km余分に走って自走アワイチってマジッすか!?

以上、この日も楽しみなメンバーが集まりました♪
b0299252_22184575.jpg
そして当日・・・
当初は50%以上だった降水確率も当日になると0%になりました。
絶好のアワイチ日和だぜぃ♪
b0299252_22211226.jpg
明石から岩屋港へと自転車乗りたちを運ぶジェノバラインは大盛況。
上部甲板まで自転車を積み込んでの出港でした。

「コギコギさんですか?」
b0299252_22234262.jpg
これだけ自転車乗りが集まっていれば、ブログの読者の方もいらっしゃって記念撮影開始です。
僕のこともご存知だった様で、嬉し恥ずかしでございました。
それにしてもみんな笑顔でニコニコですね♪
b0299252_22275130.jpg
まっ!一番ニコニコだったのは、いよいよ待ち望んだ復帰ライドを向かえるモーニングさんでしたけどね♪
久しぶりのグループライドが楽しみで仕方ない様子で、見ている僕までシアワセな気分になりました。
復帰一発目にどんな走りを見せてくれるのか、楽しみです!

b0299252_22331100.jpg
さて、岩屋港でジェノバラインの高速艇から降りると、徳島から車載で先に着いていたボーンズさんが出迎えてくれました。

「トライアスロン始めてまた速くなったんちゃうん?」

   「いや、トライアスロンよりはモー堀です!」

この日のボーンズさん、ことあるごとに「モー堀推し」をしており、「ブログでも書いてください!」だって(笑)

参加者が全員揃って楽しい雰囲気のところ、そんなボーンズさんからはちょっと堅いけれど大切なお話がありました。
以下に引用するのは、Cycling Hub Awajiに寄せられた淡路島の住民の方からの苦情のはがきの文章です。

------------------以下、原文------------------

淡路島でのサイクリングをされる方にお願いです。
最近、スポーツ自転車が多く走るようになり、危険を感じています。
特に、西浦地区は、県道が狭く、歩道もなく、民家の玄関を出たら、すぐ道路という地区が多々あります。
そこを、猛スピードで、何台も連なって自転車で走り抜けて いかれるので、とても怖いです。
お年寄りや子供が多い地区なので、本当に危険を感じます。

あのスピードは、自転車でなくバイクや車なみだと思います。
歩行している横を、邪魔だと思ったのか、舌打ちをして通り過ぎられたこともあります。
また、自転車で走行中、追い越しざまに
「ママチャリあぶないぞ~」と
からかうように言われたこともあります。

日々、生活をしている島民が、なぜ危ないめや、嫌な思いをさせられるのでしょうか。
自動車を運転していても、対向車があれば、危険で抜かせず、速度も速いので、いつも緊張して追い抜きます。
自転車を推奨するのでしたら、マナーを守り、特に西浦の道路は危険だと、皆さんにお伝え下さい。
よろしくお願いします。

--------------- 以上 ---------------------

facebookなどでシェアされていた文章なので、既に見た方もいらっしゃるかと思います。
淡路島はご存知のとおり、自転車・・・特にロードバイクにとってはとても走りやすく、聖地と言ってもいいような場所です。
それなのに上記文書にあるようなことが続けばどうなるか・・・
僕たちは僕たちが楽しめる場所を自らの手でつぶしてしまってはいけません。
b0299252_22474663.jpg
上の写真は、苦情のあった西浦の道路に立てられた看板を撮影したものです。
どの町にもあるような看板ですが、そんな看板をどのような思いで作ったのか・・・
僕たちはそんな想像力を働かせながら走らなければいけませんね。

ボーンズさんからは上記の苦情を踏まえて、特に西浦の狭い道路ではこれまで以上に注意して走ろう
という呼びかけがされました。
素晴らしい呼びかけに、彼と同じチームメイトであることを誇りに感じながら岩屋港をスタートしました。


さて、アワイチは最初に洲本までの高速巡航区間を走ります。
最初に先頭を牽き始めたのはワタクシ・・・
主催者として、スパルタ☆アワイチのペースをしっかり作らなければいけませんからね♪
ということで、AT値をちょっと超えているかな?というくらいの感覚で容赦なく牽かせていただきました。

「ええトレーニングになるわ~♪」

そう思っていたら、あっという間に佐野の分岐手前までたどり着きました。
左に行けば平坦でスピードを落とさないといけない旧道、
右に行けばアップダウンがあってガンガン走れる国道です。

「今日はど~っちだ!?」

右腕を上げてメトロノームの様に左右に振りながら後続に聞いてみました。

「左ぃ!左ぃ!!」

    「えっ、何!?右ですかぁ?」

コギコギさんの声はもちろん聞こえていましたが、上げた右腕を壊れたメトロノームの様に右に傾けてみました。
そして右に傾けた腕はそのままに左に行きました。

「いやぁ・・・優しいなぁ僕って(笑)」
b0299252_2372239.jpg
なんて言ってみましたが、あんなペースで牽きつづけたら中間地点の福良で脚が終了してしまいますからね。
佐野の旧道に入ると同時にコギコギさんに先頭を譲りまったり休憩です。

ふとサイコンを見てみると、この時点でAve35km/hオーバーでした(笑)
ガーミンのログによると、牽いた20km中、後半の10kmに至ってはAve38.3km/hとか・・・
スパルタ☆アワイチ主催者として、スパルタンなペースを作り出せたことにニコニコしていました♪


その後も先頭交替が繰り返されハイペースは維持されました。
そしてkonoさんが先頭を牽く順番になりました。

「おぉ!やっぱりkonoさんも速くなってる!!」

コギコギさんが声をあげました。
そのスピードはおよそ35km/h!
konoさんの背中からはできるだけペースを維持し続けて長く先頭を牽こうという気持ちが伝わってきました。

このとき、konoさんの後ろについていたのはモーニングさん。
岩屋港からまだ一度も先頭を牽いていませんでした。
その背中からは先頭を牽くときが待ちきれないという気持ちが伝わってきます(笑)
そしてついにその時が訪れました!

konoさんが先頭交替を要求してモーニングさんが先頭に立つ!
b0299252_23185286.jpg
その背中から伝わってきたのは・・・

(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

ニッコニコやど!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
モーニングさんのあまりの笑顔に「スパルタ☆アワイチ」は「ニコニコ☆アワイチ」に改名されました(笑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-10-01 23:24 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31