住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

家出に同行するぞ!

11月16日の業務日報・1ページ目
b0299252_0531452.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・(σω-)。о゜ゴシゴシ

この日もやっぱりモー万隊に参加すべく西播磨へGo!
しかしこの日はちょっぴりいつもと違う?
b0299252_0571546.jpg
おや!? ホイールが2セット積んでいますね・・・
いったいどういうことでしょうね?

まっ! 何はともあれ午前6時前にだるま珈琲前に着きました。
b0299252_10391.jpg
この日のモー万隊メンバーは、だるまマスターさんディーさんバスク輪さん、僕の4名。

おや!? 上の写真では4人全員が写っていますね・・・
いったい誰が撮影したんでしょうね?

まっ! 撮影者さんはさておき、万葉岬へ!
b0299252_165914.jpg
何度のぼっても違う表情を見せてくれる万葉岬の朝。
モー万隊はあなたの参加をいつでも待っているぞ~!
って隊長は信頼と実績の不参加です(笑)
最近、西川の毛布とラブラブらしいのです。
けしからんのです。

そしてさらにけしからんことがもうひとつ。
b0299252_194024.jpg
ディーさんのニューホイール、マヴィック・キシリウムSLRがデビューです。

おかしいな・・・僕のためにシャマル・ミルを買ってくれるはずだったのに・・・('A`)

一方で僕はこの日、2号機のレモンに賞味期限が過ぎたホイール、シロッコG3のゆるふわ使用で参戦。
上りで重いわ、下りのブレーキングでジャダーがでるわ、巡航スピードは35km/hほどで頭打ちになるわ・・・
なんでまたわざわざゆるふわ仕様で来ちゃったんでしょうね?


その後はワインレッドさんが主催の備前・紅葉&キレンジャイライド(カレーを食べに行くライドです)の集合場所となる
上郡のマックスバリューの駐車場へ、コギコギさん、ディーさん、バスク輪さんは相生から自走で、
そして僕は車で向かいました。
あれ? 何で僕だけ車なんでしょうね?
b0299252_128576.jpg
上郡について暫くすると、今回の備前ライドの参加メンバーが続々と到着してきました。
主催者のワインレッドさんに、相生から自走の3人、そしてクライムさん
さらになんと高松からはタイプRさんうずしおさんご夫妻が来てくれました♪

「ロードバイクに乗ったらいいのに~!」

うずしおさんが誰かにロードバイクを勧めだしました。
あれ? ここまでローディーしか出てきていないはずだぞ?

「いや~、私のラレーもなかなかできる子なんですよぉ。」

うずしおさんがロードバイクを勧めていたのは誰だ?
ラレーに乗っている???

あっ! 家ネコさんだ♪


車に積んでいたもう1セットのホイールは家ネコさんのラレーのホイール。
だるま珈琲前でモー万隊メンバーの写真を撮影したのは家ネコさん。
上郡まで自走で行かなかったのは、僕のMTのスイフトを運転できない家ネコさんが助手席に乗っていたから。

そしてそもそもナゼ、朝早くから家ネコさんと同伴してきたのかというと、この日は某たちは備前ライドには行かずに
片鉄ロマン街道にて初めて一緒にサイクリングすることになっていたからです。
だから僕のロードバイクがゆるふわ仕様だったんです。
b0299252_1443933.jpg
ということで、まずは備前ライドに出発する一向をお見送り。
備前ライドの様子は『自転車コギコギ日記』にて近日公開?

そして僕たちは車を西に走らせて、備前サイクリングターミナルへ。
b0299252_1471172.jpg
ここから柵原は吉ヶ原駅までの往復約70kmを走ります。

以前のだるま珈琲ライドに続き、家で寝る子が家出した!
前回は僕の仕事中にソロで走っていきました。
さて、ついに僕の目の前でラレーに乗ることになった家ネコさんは、
いったい僕にどんな走りを見せてくれるのでしょうか!?


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-29 01:53 | グループライド

ハァハァおじさんにいじめられました。

11月3日の業務日報
b0299252_1323026.jpg
自転車乗りの朝は早い...ヽ( ´O`)ゞファーァ...(´_`)アフ...

朝早くに起きてレモンを積み込んで向かったのはもちろん西播磨。
この日の車は車検に出したスイフトの代車のノンターボの軽自動車・・・
西へと向かうバイパスにてエンジン音を唸らせながら、苦痛を伴う1時間のドライブとなりました。
いつもよりしんどい思いをしてでも西播磨に向かうのは、
もはや習慣となったモー万隊に参加するためです。

だるま珈琲には朝の6時に集合。
モー万隊ののちには僕が主催者となって、最近ご一緒することの多いディーさんバスク輪さん
そして臨時漕会のフクちゃんさんと西へゆるふわライド(詐欺無し)に向かう予定です。

・・・今気がつきましたが、「ディーさん」はともかく、「バスク輪さん」が一発変換できました(笑)
もはや2人ともレギュラーメンバーですね♪

さて、いつも使うだるま珈琲の近くの駐車場に到着して、レモンにフロントホイールを装着。
乗車前の安全確認のために、レモンを持ち上げてから手を離して路面でバウンドさせました。
こうすると、ガタがあると変なビビリ音が出るので習慣付けています。
そしてこれまでは変なビビリ音が出ることは無かったのですが・・・
この日は変な音が出てしまいました。

「あっ、ヘッドにガタが出てる!」

すぐにフォークのトップキャップとステムを緩め、再度締めこみましたが直りません。

ならばと思い、今度はフォークを一度抜いてみて再度組み付け・・・しかし状況は改善せず・・・

「??? どうなっとるんじゃろか~!?」

ここでタイムオーバー、集合時間間近となったので、とりあえず安全なスピードでレモンを走らせてだるま珈琲へ・・・
するとお店の前にはフクちゃんさんがすでに来ていました。
だるまマスターさんもお店から出てきたので、とりあえずヘッドのガタを直してから追いかける旨を伝え、
再度駐車場に戻って格闘。

どんどんと空が白んできたというのに何度組み付け直しても、ヘッドのガタが取れません。
念のため、スマホでヘッドパーツの組み付け順や部品構成を調べなおしましたが、
部品点数が足りないなんてこともなさそうですし、何が悪いのか訳が分からない状態に・・・
もうどうしようもないのでレモンを車に積み込んで、車で万葉岬に向かうことにしました。

「直らんので先にのぼってま~す!」

万葉岬の麓には、フクちゃんさんとだるまマスターさん、そして赤穂から自走のディーさんとバスク輪さんが合流していました。
お先に万葉岬の頂上で、再びヘッドのガタを取ろうと悪戦苦闘していると、間もなく4人がのぼってきました。

フクちゃんさんの奥様が、モー万隊メンバーのことを一括して「ハァハァおじさん」と呼んでいますが、
そう呼びたくなる気持ちがよ~く分かりました。
みんな朝早くからハァハァ言ってて普通の人からしてみればどう考えたってどうにかしていますから(笑)
たまには普段の自分の行いを客観的に見てみることも必要ですね!

まあ、見たところでやめる気はさらさらございませんがね!
b0299252_242319.jpg
しかし、なんだかものすごい疎外感を感じました。
同じ場所にいるのに、こっちは難しい顔してガタをとるために悪戦苦闘しているのに、
あっちの方ではハァハァしながらニコニコと談笑してて楽しそう・・・

俺もハァハァおじさんになりたいぞぉ~!!


さて、結局ヘッドのガタは取れず仕舞いです。
この後、最近ご一緒する機会の多いディーさんとバスク輪さんに、
清く正しくゆるふわっとポタリングする僕の姿を見ていただこうと思っていたのにっ!
b0299252_284626.jpg
シーサイドのこんな美しい景色をのんびりと堪能しながら走りたかったのにっ!!

結局、フクちゃんさんが主催者を引き継ぐような形で、僕を残して西方面へのライドに行ってしまいました。
DNSするしかなかった僕は、駐車場に戻ってだるま珈琲の開店時間まで不貞寝です(´ノωノ`)メソメソ

朝早かったので、車のシートを倒して間もなく眠りの世界へサヨウナラ。
結構深い眠りについていたらしく、ぐっすりと眠っていたのですが・・・
b0299252_2135041.jpg
ハァハァおじさん×3人に車を揺すられてメチャクチャ悪い目覚めを味わうことに・・・
((((((((((((*ノノ) ヒドイワーッ


昼から用事があるフクちゃんさんが結構なペースで牽いたらしく、赤穂御崎まで走って9時には戻ってきたそうです。
くそぉ、楽しそうな顔してるな!

走らない軽自動車で苦痛の1時間ドライブの末、車を揺すって起こされて、僕抜きでしっかり楽しまれて・・・
この悲しみをどうすりゃいいの!?

そうだ、おいしいコーヒーを淹れてくれるマスターに癒してもらおう!!
b0299252_2223784.jpg
あ゛っ、ここのマスターもハァハァおじさんやった!!

以上、業務報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
尚、レモンはこの日のうちに無事に直りました。
あと最近、愛知県からやってきてわざわざハァハァおじさんになった奇特な方がいらっしゃるとか・・・
近日、当ブログでも取り上げますのでお楽しみに♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-27 02:30 | その他

コージさんの脚が震えた理由。

10月27日の業務日報・6ページ目

僕にとってはめちゃくちゃ久しぶりだった新さよでの極上の補給を済ませ、国道373号線を南進することになりました。
佐用から上郡までの高速巡航区間において、列車の先頭を牽くのはフクちゃんさん。
コギコギさんから借りたホイール、コスミックカーボンの高速巡航性能を発揮するには最高の道ですからね。

「あのホイールは確かに巡航速度が高くなるわ~。
 でもアレかも知れんけどね・・・ナンチャラ効果?」

  「あぁ、思い込みの力で実際にそう感じるって言う・・・何効果だっけ?」

「う~んと・・・サブリミナル?」

  「そうそう!」

「いや、それなんかちゃう!」


b0299252_23592021.jpg
↑サブリミナル!?↑



なぜか太子町にあるマッサージのお店に行きたくなったところで、ついにフクちゃんさんの見せ場が始まりました。
b0299252_23544147.jpg
コージさんを列車走行では最も楽ができるといわれている3番手で走ってもらうことにして準備万端!
風はものすごい勢いで川上から川下へと吹き続けています。
これから南へ向かう僕たちにとっては強力な追い風です♪

フクちゃんさんが牽く列車は常に35km/hオーバー!
時には40km/h台後半までスピードが上がることもありました。
最後尾で追い風を受け、さらにドラフティングの恩恵を受けた僕の心拍数はまるでLSDトレーニング中の様な低さでした。
それだけこの日は強烈な追い風が吹いていたということですね。

結局フクちゃんさんは30分ほど列車を牽いて、それまで最後尾を牽いていた僕の後ろまで下がってきました。

「えらい長く牽きましたね~!」

  「いや、もうゲーでそう・・・」


アカ───∑(゚Д゚;)───ン!!

思わず列車走行で最も楽ができる3番手の位置をゆずってしまいました。

ちょっと汚い話になりますが、新さよで補給をした後に走るこの区間で強めの強度で走っていると、
たまに上ホルの香味を含んだゲップが出て幸せな気分になることがあるのですが・・・
流石に全部吐いちゃあ(*/▽\*)イヤン


その後は、コギコギさんもやはり高い巡航速度をキープ。
前日のインターバルでお疲れ状態だった僕も、後ろの方で脚を回しているうちに回復してきたのか、
最後はちょっぴり先頭を牽くことができました♪
あまりにも調子がいいので、そのままノンストップでだるま珈琲まで帰ること以外頭の中に無かったのですが、
どうやら背中に「だるま珈琲」と書いてあったらしく、
フクちゃんさんから上郡のコンビニで停まるように釘を刺されてしまいました。
b0299252_23592021.jpg
おかしいな・・・
背中には「らくふく」としか書いていないはずなのに・・・

↑サブリミナル!?↑



さて、フクちゃんさんの言うとおりに上郡のコンビニで休憩のために停車してみると、
コージさんの様子がなんだか変です。
脚が小刻みに震えている?

「ひょっとして、相当脚に来てる?」

ロードバイクに乗り始めて2ヶ月のコージさん。
いくら下り基調で追い風、ドラフティングありでも、20km以上の区間を常に35km/hオーバーはやりすぎだったか!?

しかし、コージさんの返答はその推測を否定するものでした。

「違うんです!
 ただ興奮して、脚が震えているだけッス!」


これまで本格的な集団走行の経験が無く、ソロでヒルクライムをメインに楽しんできたコージさん。
この日初めてドラフティングというものを知り、それを活用する技術を学び、
そしてその集大成が最後の長い距離に及ぶ高速巡航だったのでしょう。

「とんでもない領域の世界を体験してしまって・・・
 たぶん今夜は興奮で眠れないッス!!」


ただでさえニコニコしているコージさんの顔がさらに明るくなっていました。
明らかに脳汁が出ましたね(笑)
新しい扉を開くお手伝いができたようで何よりです♪
b0299252_0565225.jpg
その後は西播磨の長閑な風景を楽しめる農道をポタリングペースで相生へ・・・
昂ぶった気分を落ち着けるようにしながらダウン走で向かったのはお待ちかねのだるま珈琲。

さて、そのだるま珈琲の前で、コギコギさん、コージさん、フクちゃんさんの3人の記念写真を撮ったのですが・・・
b0299252_0594675.jpg
どう見ても、いたいけな少年を怖いお兄さんたちが危ない店に連れ込もうとしている様にしか見えません(笑)

やさし~く丁寧に後戻りできないほど楽しい世界に連れ込んだだけですからね~!!


以上、業務報告終了!

<走行データ>
モー万隊
走行時間 1:14:43
走行距離 31.29 km
獲得標高 335 m
平均速度 25.1 km/h
最高速度 46.3 km/h
平均cad 73 rpm
平均心拍 129 bpm
最大心拍 172 bpm
消費カロリー 465 C

トリガタワ
走行時間 4:51:53
走行距離 129.17 km
獲得標高 849 m
平均速度 26.6 km/h
最高速度 66.0 km/h
平均cad 74 rpm
平均心拍 127 bpm
最大心拍 166 bpm
消費カロリー 465 C


最後まで読んでいただきありがとうございます。
昨日も数名のローディーさんを後戻りできないほど楽しい世界に連れ込んできました(笑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-26 01:14 | グループライド

I♡新さよ

10月27日の業務日報・5ページ目

ワーイε=ヾ(*・∀・)/
b0299252_0344614.jpg
マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
b0299252_015611.jpg
(*゚∀゚)=3
b0299252_0164696.jpg
キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!
b0299252_0175230.jpg
( ゚∀゚)アヒャ
b0299252_019675.jpg
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

・・・

b0299252_021213.jpg
(´・ω・`)ショボーン

・・・

カモーンщ(゚Д゚щ)
b0299252_0232835.jpg
( ゚Д゚)ウマー
b0299252_0261965.jpg
ゴチソウサマ(-人-)デシタ


ここまで読んでいただきありがとうございます。
オススメはホルモン焼きうどん定食+上ホル別焼き♪
上ホルをご飯の上に乗せるのだ~!!
次の日曜と月曜にも行って参りま~す!ω・́)ゝ

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-22 00:35 | グループライド

クライマーの原石と某協会理事。

11月27日の業務日報・4ページ目

ドラフティングを利用することで苦手な平地で楽をすることを覚えたコージさんを引き連れ、
道の駅みなみ波賀までやってきました。
ここまで来ると、この日のコースでは最大の難所となるトリガタワは目と鼻の先です。
ということでいつもの様に道の駅内のパン屋さんで思い思いのパンを買って補給を済ませました。
尚、写真は撮り忘れましたorz

補給をしているとコギコギさんの携帯電話が鳴りました。
途中で合流予定のフクちゃんさんからです。
新さよ合流予定でしたが、すでに新さよまで1時間を切る地点まで近づいている模様。
結局、フクちゃんさんにはトリガタワを越えた先、千種川に沿うのぼり基調の県道を走ってきてもらって、
すれ違ったところで合流することになりました。

ということでこちらものんびりとはしていられないのでさっさと出発。
国道29号線、斉木口の交差点を左折し国道428号線へ・・・トリガタワのヒルクライムへと差し掛かりました。

「俺、のんびり行くから先に行っててね。」

前日の集団走行講習会においてインターバルがかかり、大腿四頭筋が閉店中のコギコギさんの走りには、
明らかにいつもキレがありません。
b0299252_2319994.jpg
ということで、コギコギさんを置いてコージさんのペースに合わせてまずは途中にあるひびのきの水まで上りました。
後ろからコージさんのヒルクライムを見ていましたが、軽いギヤをクルクルと回して、
時折ダンシングを交えながらも常に一定ペースで上手く上っていました。
まさにクライマーの原石ですね♪
b0299252_23481176.jpg
ひびのきの水には難なく到着。

「もっと奥地にあるのかと思ってました・・・」

ブログに何度も登場するこの場所にはあっけなく到着できます。
しかしコージさんの中ではこの場所は「伝説のトリガタワ」の一部。
ちょっぴり拍子抜けした様子でしたね。

しかしここまでは序の口。
トリガタワの半分にも到達していません。
まずは旧道への分岐があるトンネル手前まで、およそ9%の上りが続きます。
しかし、コージさんは9%の勾配もスイスイと上ってゆきます。
僕はロードバイクに乗り始めて2ヶ月でここまで坂を上れる人は初めて見ました。
b0299252_23314154.jpg
15%近い勾配が存在する旧道後半でコージさんのヒルクライム能力を試すべく、
AT値まで心拍を上げてみると流石に少し遅れだしましたが、しかし急勾配であってもペースが乱れません。
フォームも崩れず坂道で生き生きとしている!

コージさんはクライマーの原石どころか、
いつかとんでもないクライマーになるかもしれない・・・

b0299252_23473592.jpg
気になったのでコージさんに体重を聞いてみました。
するとなんと50kgを切っていると言っていました。
ロードバイクに乗り始めて2ヶ月でこのヒルクライム能力・・・そして教えたことを次々と吸収していく恐るべき成長スピード。
きっと遠くない将来、僕を上りで千切ってくれることでしょう。
こりゃ楽しみだ♪


さて、3人はトリガタワを下って千種町のコンビニで補給をすることにしました。
ここから先は道幅のある下り基調の道。
いつも列車を組んで高速巡航を行う区間です。

ここでコギコギさんはコージさんに列車走行におけるローテーションの仕方を説明し始めました。
コージさんが普通の初心者ならばコギコギさんは何も教えずに先頭を固定して巡航するだけだったでしょうが、
ここまでのコージさんのポテンシャル、そして成長スピードの速さはそれを教えるに値すると判断したのでしょう。

一方でコージさんはどう見てもクライマータイプ。
今から行われる高速巡航はどちらかというと苦手なタイプのはずです。
さて、いつまで高速列車から千切れずに生き残ることができるかな?
b0299252_23563232.jpg
コンビニを出発して、一度だけローテーションしたあたりでフクちゃんさんとも無事合流。
ここからは4人列車での高速巡航となります。

風は追い風。
まずは僕が35km/hほどのペースを作り、二番手のフクちゃんさんに先頭を譲りました。
そしてフクちゃんさんは自らを「重力には逆らわない連盟」の理事と称するお方。
下り基調のこの道では重力を味方につけて、スピードは上がり40km/hオーバーに(笑)
あぁ、そうでした・・・それ以外にもスピードが上がった要素がひとつ。
この日、フクちゃんさんはコギコギさんから飛び道具的なホイールを借りていたんだった(・_・;
高速巡航においてその性能を発揮するコスミック・カーボンです。

「重力には逆らわない連盟」の意向により、それ以降の列車の基本ペースが40km/hになりました。
追い風といい高速巡航が苦手そうなコージさんには悪い条件が揃ってしまいましたね。
b0299252_033077.jpg
それでもなんとか列車に留まろうとするコージさん。
後ろから見ていると下り基調の割には軽すぎるギヤを選んでしまっている様子。
上り基調なら軽めの方がいいのですが、下り基調なら重めのギヤに掛けたほうが体力は温存できます。

「あと2枚重く!」

後ろから脚の回り具合とかかっているギヤに注視しながら、コージさんの変速を修正しながら走りました。

するとやはり吸収が早く、次第に修正しなくても適正なギヤを選べるようになってきました。
結局、あと2kmくらいで高速巡航区間が終わりというところで千切れてしまいましたが、
およそ20kmの区間をAve.38km/hほどのペースで走り続けることができました。
初めての高速列車走行でこのペースについてこれたのですから大したものです。

「いや、なんていうか・・・
 すごい世界に踏み入れてしまった感じッス!」


初めての高速列車走行にコージさんは興奮を隠しきれない様子でした。
得意なヒルクライムもロードバイクの楽しみ方のひとつ。
でも苦手な高速巡航も仲間の力を借りればメチャクチャ楽しめることを実感してもらえたようです。
b0299252_0282743.jpg
「重力には逆らわない連盟」の理事さんもとっても楽しそう♪
“この時は”ですが・・・
b0299252_0294429.jpg
直後の佐用坂ではコージさんに後ろからつつかれて苦しそうでした(笑)
この写真撮影直後にコージさんに追い抜かれ、そして下りになるや否やペースを上げて差し返すあたり、
流石、伊達に自ら理事を名乗っていないな、と感心させられた次第です(笑)
この2人、走りのタイプが正反対すぎて一緒に走らせると面白いですね♪


さて、佐用坂を越えた先には何がある?
b0299252_0344614.jpg
魅惑の新さよタイムじゃ~!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
魅惑の新さよタイムに○○なんて要らんのです。
正解は次回の投稿にて。
僕は読者の皆様を敵に回すことになるかもしれない・・・

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-21 00:37 | グループライド

教え上手と教わり上手と。

10月27日の業務日報・3ページ目

落車を防ぐための簡単なコギコギレッスンを済ませ、いよいよ3人はトリガタワへと続く道を走り始めました。
b0299252_04771.jpg
「いつものペースで先頭を走ってみて。」

コギコギさんはコージさんに先頭を走るように促しました。
コージさんはまだロードバイクに乗り始めて2ヶ月の初心者さん。
普通に考えると僕かコギコギさんが前を牽いて、コージさんが楽に走られるようにするのがセオリーなのですが、
そうしないのはコギコギさんなりの考えがあってのことでした。

コージさんは心拍計を持っていません。
つまり走るペースを自身の感覚で決めるしかなく、心拍数などの客観的な数字で見ることができません。
そこでコギコギさんはまず最初に、コージさんがいつものペースのときの自身の心拍数を把握しておいて、
その心拍数を目安にこの日のライドのペースをコントロールしようというのです。

数多くの初心者さんを見てきたコギコギさんのやり方。
僕もそのやり方をパクることにして、早速自分自身の心拍数をチェック(笑)
コージさんが平地を走る場合、僕が120bpm台後半の心拍で牽けばちょうどよいペースのようです。
この心拍数を守って牽けば、コージさんの脚が売り切れるってことはないはずです。
b0299252_0152038.jpg
僕が先頭でペースを作り始めると、コギコギさんがコージさんの近くに寄り添ってアドバイスを始めました。
どうやらコージさんはロングライドで膝の痛みが出やすいようです。
それに対してケイデンスやフォームについて、的確にアドバイスをするコギコギさんはやっぱり教え上手。
b0299252_0202643.jpg
なんということでしょう!
20kmほど走ったころには少しぎこちなく感じたコージさんのペダリングやフォーム・・・
それが教え上手な匠の手によって劇的に改善されていました(笑)


さて、トリガタワへの道程はまだまだ遠く、後に備えて早めの補給タイムに移りました。

「コージさん、乗り始めてからのライドで最長距離はどのくらい?」

  「140kmくらいッス!」

「えっ!マジで? じゃあ1ヶ月で何km走ったの!?」

  「1ヶ月目は1000km・・・2ヶ月目はヒルクライムメインで700kmほどッス!」

なんということでしょう!(°Д°;

恥ずかしながらワタクシ、1ヶ月に1000kmも走ったことがございません(lll´Д`)
いつも割と平地メインで700kmほどッス!(`ー´) ドヤッ!

コージさんはなかなか・・・いや、かなり恐るべき初心者のようです(汗)
しかもクライマー体型・・・
これはそう遠くない将来に、ヒルクライムでブチ抜かれる日が来るに違いありません。
しかも教えてもらったことを、まるでスポンジが水を吸うかのようにものすごい勢いで吸収してしまう・・・
アカン・・・コイツは楽しみな逸材や♪(☆∇☆)

ということで僕も色々と教えることにしました。
とはいってもコギコギさんのお手伝い程度にですが・・・
ふむ、コージさんは平地が苦手なのね・・・ならばっ!

「コージさん、ドラフティングって分かる?」

  「分からないッス!」

「ロードバイクで平地を走るときは空気抵抗との戦いになる。
 でも前を走る人の陰に隠れるように走れば空気抵抗が減らせて、
 自分の力以上のスピードで走ることができる。
 そのためのテクニックをドラフティングって言うんだけど、やってみよう♪」


まずは僕がコージさんに合わせた巡航速度で前を牽きます。
そしてコギコギさんがコージさんにもっと僕の後ろにピッタリとつくように指示し始めました。

「住友くんとの車間は30cm!
 もっと前に詰めて! もっともっと!!」


  「え、えぇ~!!? これ以上は怖いッス~!!」

最初は戸惑いがあったようですが、それでも何とか車間を詰めてもらって列車を形成。

「よし! ここからコンマ5km刻みでスピード上げていくよ~!!」

ドラフティングの効果を体験してもらうために用意されたようなちょうどいい弱い向かい風が吹いていました。

29.0km/h...29.5km/h...30.0km/h...

まだまだ!
ジワジワと巡航速度を上げていきます。

31.0km/h...31.5km/h...32.0km/h...

よし!そろそろ頃合か?
後ろを振り返って声を掛けました。

「コージさん! 一度僕は横にずれるけど、そのまままっすぐ走ってね!」

コージさんが頷いたのを確認して右斜めに避けました。
これまで僕が請け負っていた空気抵抗が一気にコージさんに襲い掛かる!

「うわぁぁぁあああ!
 こんなにすごい抵抗を受け持ってくれていたんですかぁぁぁあああ!!?」


気持ちいいほどの大きなリアクションが返ってきました(笑)
コージさんに身をもってドラフティングの効果を体験してもらえたことは間違いありません。

「コージさんは平地よりヒルクライムが得意なんでしょ?
 だったら平地は誰かに牽いてもらって楽をして、
 得意なヒルクライムで勝負すればいいよ。」
b0299252_14268.jpg
ドラフティングを教えてからは、先頭を牽く僕の後ろにピッタリとつくようになっていました。
ここまで分かりやすい変化がでるとなんだか嬉しいですね♪
そしてこの反応や変化があるからこそ、教える側がどんどん教えたくなってしまうんですよね。

コギコギさんが教え上手ならば、コージさんは教わり上手。
この組み合わせ・・・最強やないかい!((o(゚∀゚)o))



ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-19 01:05 | グループライド

リアル坂道くん?現る。

10月27日の業務日報・2ページ目

万葉岬で虹のような何かを見た今回のモー万隊。
そろそろ解散の時間となりました。
b0299252_23192422.jpg
なかやんさんはウィリーをしながらカッコよすぎる出社♪
だるまマスターさんもそれに続いてお店の準備をしに、フクちゃんさんも用事を済ませに、
それぞれ相生の街へと戻ってゆきました。
b0299252_2326989.jpg
残ったコギコギさんバイソンさん、僕も列車を組んで相生経由で竜野駅方面へ。
このとき改めて気がついたのですが、バイソンさんは集団走行がうまい!
先頭を牽いたら常に一定ペースだし、ハンドサイン、そして何より声が大きくて後ろに安心してつくことができます。
その体型から風除け効果も抜群!?
虹がたまに目の前に現れる危険性があるのもご愛嬌!?(笑)
ロードバイクに乗り始めて1年ほどでここまで集団走行が上手い人は希でしょうね。
b0299252_23301624.jpg
霧の中をゆく丸臨列車。
その先頭を牽くコギコギさんにロードバイクについて教わるべく、バイソンさんがだるま珈琲に通い詰め、
それにコギコギさんが応えた結果が今まさに現れています。

さて、この日のライドでご一緒するのはコージさんという方。
なんとロードバイクに乗り始めて2ヶ月というできたてほやほやの初心者さんです。
そのコージさんもやはりロードバイクについて教わろうとだるま珈琲に通ったとか・・・

「ロードバイクについて聞くなら相生のだるまに行け。」

職場の先輩ローディーさんにそう言われ、しかし「だるま」がなんなのかも分からずに、
最初は相生にやはり存在する「だるま食堂」に行きかけたそうです(笑)
なんとかだるま珈琲にたどり着いて、まずはだるまマスターさんにモー万隊に誘われて、
そして2度目のだるま珈琲でコギコギさんと会うことができたそうです。
しかしロードバイクの事を聞きたいのに、まさか珈琲屋さんを紹介されるとは思わなかったでしょうね(笑)


コージさんとの竜野駅での集合時間まで余裕があったので、朝食をとるために一度竜野駅を通り過ぎて
近くのコンビニに入りました。
するとその直後、ひとりの小柄なローディーさんも同じようにコンビニに滑り込んできました。
どうやらバイソンさんと知り合いのようでニコニコしながら話しかけてきました。

「駅で待っていたら掛け声がにぎやかだったので
 すぐに臨時漕会って分かりましたよ~」


この話しかけてきた方こそが、今回ご一緒するコージさんでした。


「小柄でいつもニコニコしてて・・・
 アニメの弱虫ペダルの主人公、坂道くんが画面から飛び出してきたような人だよ。」


実は事前にだるまマスターさんやコギコギさんから、コージさんいついて聞いていたのですが・・・

ホンマに坂道くんのイメージでした。

いや、弱虫ペダルは観たこと無いんですけどね(笑)
坂道くんがどんなキャラクターなのかは、ロードバイクに乗っているとそれなりに情報が入ってきますから・・・


さて、ここから今回のライドの始まり~♪
・・・と、思いきや、バイソンさんは仕事があるためここでお別れです(涙)
あぁ、貴重なブログネタの提供者が・・・(T-T)(T-T)(T-T)

その代わりと言ってはなんですが、この日はモー万隊でも一緒だったフクちゃんさんが用事を済ませ次第、
合流予定です♪
b0299252_23575370.jpg
本格的な集団走行が初めてなコージさんに対して、まずはコギコギさんが落車を防ぐための簡単なレッスン。
レッスン内容についてはコチラの記事の③でまとめた内容とほぼ同じです。

そしていよいよロードバイク歴2ヶ月、「リアル坂道くん」ことコージさんを迎えたライドが始まりました。
行き先は・・・「伝説のトリガタワ」!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
今回のライドの行き先はコージさんのリクエストにコギコギさんが応えた形で決まったそうです。
その時にコージさんが言った言葉が「伝説のトリガタワ」
なんにもない場所のはずなんですけど伝説(笑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-18 00:05 | グループライド

それではモーニング万葉岬での美しい風景をご覧ください。

10月27日の業務日報・1ページ目
b0299252_2383219.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・

集団走行講習会の翌朝、またしても早起きしてお約束過ぎる西播磨へ向かいました。
もちろん『モー万隊』に参加するためです。
尚、前日のなんの面白みも無くブログネタにもならない往復自走が堪えたため、この日は車載で行きました。
起きた時点で脚がパンパンですねん。。。

なんたって一般人ですからね(ゝω・)vキャピ


早朝の空いているバイパスを飛ばしJR竜野駅近くの使い慣れた駐車場に到着、
着替えを済ませてすぐに闇の中を走り始めました。
少し雨が降ったようで路面が少し濡れていましたが、前日に酷使した脚の状態を確かめるべく、
アップを済ませてからスピードアップ。
ふむ・・・大腿四頭筋は本日休業のようです。
b0299252_23174886.jpg
空が白み始めた午前6時前。
本日のモー万隊集合場所、道の駅みつに到着しました。

待っていると、臨時漕会メンバーが続々と集結。
b0299252_23215372.jpg
まず現れたのはコギコギさん
前日の講師役でのインターバルがやはり効いており、僕と同じく大腿四頭筋閉店の模様です。
b0299252_23234848.jpg
続いては、だるまマスターさん
モー万隊はこの人抜きには語れない!
そして赤い!
b0299252_23253827.jpg
貴重な着替えシーン?のフクちゃんさんも登場。
コギコギさんから借りた足元の飛び道具(=コスミックカーボン)、よくお似合いですよ♪
b0299252_2327794.jpg
モー万隊隊長のバイソンさんも来ました。
最近ちょっと毛布ちゃんとラブラブすぎて、早朝の万葉岬から遠退いてしまっているような・・・(・_・;


「お~い!」

道の駅みつで談笑していると、道路の方から元気な声が聞こえてきました。
同じくモー万隊隊員のなかやんさんが両手離しでこちらに手を振りながら万葉岬方面へと駆け抜けていきました。
この日、なかやんさんは仕事前の出勤途中・・・
かなり寄り道をして万葉岬にのぼってから出社する様です。
しかもこの日はロードバイクではなくてMTBで(笑)

ということで、全員ロードバイクの臨時漕会から逃げるべく?なかやんさんはそのまま走り去ってゆきました。
b0299252_23385088.jpg
暫くしてから臨時漕会メンバーも、そろそろ談笑を切り上げて追走開始です。
この日、飛び道具を履かせているフクちゃんさんが率先していいペースで先頭を牽いて、
はりまシーサイドロードを駆け抜けていきます。
しかしなかやんさんになかなか追いつけない!
b0299252_23404369.jpg
なんとか万葉岬の上り口前で捕らえましたが、なかやんさんはMTBでも速い!


さて、ここからはいよいよモー万隊の本拠地、万葉岬です。
b0299252_23454625.jpg
b0299252_23445027.jpg
b0299252_23451291.jpg
b0299252_23452646.jpg
みんな思い思いのペースでのぼってゆきます。
僕はハムストリングスを使ってのんびり写真撮影をしながらのぼりました。

ここでも先に出発したなかやんさんには追いつけず・・・
速ぇ~(◎-◎;)


しかし、早朝の万葉岬からの風景は本当に美しいです。
当ブログの読者の皆様にも、その美しさを堪能していただきたいと思い写真を撮ってきました。
それではモーニング万葉岬での美しい風景をご覧ください。


え~と・・・この写真だったかな?

b0299252_23503248.jpg
丸臨ジャージと、ちょっぴりお寝坊して急いで履いたと思われる短パンの間から堂々と見えたモノ。
それは全てのロードバイク乗りにとって憧れの勝者の証「アルカンシェル」

ってこの写真・・・
モーニング万葉岬で見た「アルカンシエルの呪い」やないか~い!!


バイソンさん、朝イチからコレは見たくなかったよ・・・il||li(つд-。)il||li

写真、間違えちゃった(ゝω・)vキャピ



すみませんすみませんすみません!
お目汚し失礼!
b0299252_05221.jpg
お口直しになかやんさんの自転車乗りらしい爽やか過ぎる笑顔をはさみーの・・・
よしっ!バイソンさんの短パンも上がっている!!

それではモーニング万葉岬での美しい風景をご覧ください。

b0299252_083178.jpg
b0299252_084789.jpg
b0299252_09975.jpg
b0299252_071647.jpg

この風景を見るだけでも早起きして走る価値がありますね♪
是非、読者の方の中でお近くの方がいらっしゃいましたら、日の出の時間を狙ってのぼってみてください。
最高の一日のスタートを切れること間違い無しですから♪




b0299252_23503248.jpg
たまにこんな風景を見て台無しになるかもしれませんがねぇぇぇええええっ!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。
この日はモー万隊を終えてからライドに出かけました。
次回からはそちらの様子を投稿していきます。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-15 00:18 | グループライド

今さらながら再認識。

10月26日の業務日報・6ページ目

集団コーナリングの練習を終わらせた後、僕たちは当然の様にだるま珈琲へと向かうことになりました。
野瀬埠頭からだるま珈琲までは短い距離ですが、人数が多かったので列車を2つに分けてロードバイクを走らせました。
ここで気がついたことがひとつ。
b0299252_23135336.jpg
列車がきれいだ♪

この日、僕は初めて恐れ多くも講師役という大任を務めることになったのですが、もうこれだけですんごい嬉しい♪
そういえば野瀬埠頭へ向かう途中、はりまシーサイドロードでも・・・
b0299252_2317763.jpg
写真はコギコギさんを先頭に下りの左カーブを列車走行しているシーンです。
下り、しかもカーブということで落車のリスクが平地よりも高い場所なのですが・・・
みんなそのことを理解していて、平地より車間を空けて走ってくれています。
しかもその車間がみんな一定で美しい・・・

やばい、すんげー嬉しい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いろいろ至らない講師役で、しかもほとんどのメンバーよりも年下な男がいろいろ指図したりしたのに、
みんな一生懸命話を聞いてくれて、それを実践してくれて・・・
今回は教える側でしたが、僕もたくさん勉強させていただきました。
この日、集まった自転車馬鹿たちに本当に感謝です。
b0299252_2328594.jpg
この場を借りて、ありがとうございました!!

あっ、ディーさんは食料調達のため途中離脱したので、卒アルの集合写真撮影日に欠席した子扱いです(笑)


さて、朝早くモー万から始まり、続く集団走行講習会も終わってこの日はおしまい・・・ではないんだな。。。

この日は自走で西播磨まで来ていたので、もちろん帰りも自走です。
だるま珈琲を出発した時点で、走行距離は約140km・・・
200kmオーバーライド確定です。
しかも講習会で駆けずり回っていたので脚がパンパン、自宅に帰ってもだるま珈琲に勝るご褒美が無い状態。
国道2号線を選んで走っていたら渋滞に巻き込まれるわでええこと無しでしたorz
b0299252_23552368.jpg
お家に着いたころには真っ暗でバタンキュ~
ドラマも何も起こることの無い、苦行の様な復路でございました。


「もしかしたら俺たちはとんでもなく面白いことをやっているのかもしれない。」

最近、コギコギさんと話しているとそんな言葉がよく出てきます。
毎週末の様に、個性的な人たちとグループライドに出かけたり、時には実力を競う合ったり、
そしてこの日のように安全について真剣に考えて練習してみたり。

最近では僕にとっては普通となりつつあるこんなロードバイク生活でしたが、この日の復路で再認識。
コギコギさんのおっしゃるとおりです!

やっぱりみんなと一緒に走るのが楽しいなぁ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。


以上、業務報告終了!

<走行データ>
走行時間 7:21:33
走行距離 201.55 km
獲得標高 1,198 m
平均速度 27.4 km/h
最高速度 60.1 km/h
平均cad 78 rpm
平均心拍 140 bpm
最大心拍 182 bpm
消費カロリー 2,945 C


最後まで読んでいただきありがとうございます。
さて、次回からの記事ではこの日の翌日に走った時の事を書きます。
ロードバイクに乗り始めてまだ2ヶ月。
そんな初心者ローディーさんにグループライドの魅力を叩き込む!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-13 00:13 | ソロライド

『レースにもサイクリングにも役立つ集団走行講習会』 第四部・集団コーナリング編。

10月26日の業務日報・5ページ目

集団走行の基本とも言えるローテーションの練習をした後、この後、特殊な練習をするべく移動しました。
移動した先は相生市の野瀬埠頭という港湾施設がある埋立地。
休みの日の港湾施設は車通りがほぼ無く、さらに道幅が広く直角コーナーが4つあります。
この条件は、これから行おうとしている練習には最適だったのです。

これから行おうとしたのはコーナリングの練習。
しかし単独でのコーナリングの練習をしたかったのではありません。
レースにおいて、集団で走行している場面を想定しての練習をしたかったのです。

普段のライドは公道を走行するのでありえないのですが、レースでは誰かと並走するシーンが度々あります。
しかも集団ともなると選手同士が密集しており、誰かの肘が当たったりなんてことが普通に起こるほど・・・
そんな密集した集団内でカーブをクリアするときに、何に注意すればよいのか?

ということで、最後はレース中の、特に集団内での安全なコーナリング方法について書いていきたいと思います。


第三部 「集団コーナリング」

① レースを安全に楽しむための必要最低条件
b0299252_23435874.png
上の図では、集団内で並走したまま直角コーナーを抜けようとしています。
こんな状態で全員が無事にコーナーを抜けるためには、絶対に欠けてはならない大切なことがあります。

早めにブレーキを掛け、十分すぎるくらい安全なスピードまで減速すること。

まずはこの意識が無ければ集団でのコーナリングはお話になりません。
しかし残念ながらレース運営に携わっている方々に話を聞いてみると、
日本のホビーレースはコーナリングスピードが高すぎるのが現状で、
実際にそれが原因で落車が大量発生しているそうです。
レース前やコーナー付近で減速を呼びかけても、聞く耳を持ってくれていないと嘆く声を聞いたこともあります。

ちなみにロードレースの盛んなヨーロッパでは、コーナー手前での充分な減速が自然とできているそうですね。
アメリカでは逆で、日本以上にコーナーで吹っ飛んでいく選手が多いそうです(笑)
さあ、どっちがお好み?

レースはもちろん人よりも先を競う意識が働きますが、それが許されるのはストレートのみ。
集団内でさらに上のポジションへ行こうと、コーナー前のブレーキングを遅らせたり、
速いスピードでタイヤのグリップを目一杯使ってコーナーを攻めたりすることは、
集団内の全ての選手に落車のリスクをもたらす非常に危険な行為です。

全員が安全にコーナーを抜けるまでは我慢!
ポジションアップはコーナーからの立ち上がり加速で自慢の脚を使って狙うようにしましょう。

またコーナー手前やコーナリング中は落車のリスクが最も高まる場所です。
前方で何かが起こっても対処できるように、前走者との車間を1車身くらい空けておくと安全です。

さらに並走する人とはハンドルの位置をきれいに横並びにしておくと、
お互いの位置関係がつかみやすく落車のリスクが格段に減ります。
慣れは必要ですが練習しておくとレースをより安全に楽しむことができます。


② ラインキープ
b0299252_051086.png
赤メットさんがひとりで直角コーナーを抜けようとしています。
赤メットさんは今まさにタイムトライアル中。
コンマ1秒でもタイムを詰める必要があります。
こんなとき、どのような走行ラインをとればよいでしょうか?
b0299252_074652.png
最速ラインは「アウトインアウト」。
これは簡単ですね。

b0299252_095464.png
続いて、赤メットさんのイン側に青メットさんがいます。
ロードレース中で、並走したままコーナーを抜けなければいけない状況です。
しかし、赤メットさんは先を急ごうとするあまり、最速ラインでコーナーを抜けようとしてしまいました。
さて、どうなるのでしょうか?
b0299252_012699.png
ですよね~!!

赤メットさんがインにより過ぎると青メットさんの走行ラインをつぶしてしまい、青メットさんと接触してしまいます。
図の様に、後続がいなければ青メットさんが急ブレーキをかければ接触は避けられるかもしれませんが、
レース中は後ろに選手がいるかもしれません。
青メットさんがコーナリング中に急ブレーキを掛けると、後続も急ブレーキを掛ける必要があります。
最悪、追突や急ブレーキによってタイヤのグリップを失って落車が発生しかねません。

では、そのリスクをなくすためにはどうすればよいのか?
b0299252_0185150.png
赤メットさんがイン側に1台分のラインを残した走行ラインをとればいいんです。
人のラインを潰さないように、自分のラインを走行する。
それが「ラインキープ」です。


とっても簡単ですね。
簡単すぎてバカにしとるんちゃうか~、と思われそうですが、実際にレースで集団コーナリングをした時に、
「ラインキープ!!」と大声で呼びかけたのに、アウト側の選手がインによってきて走行ラインを潰されたことがあります。
たぶんそのアウト側の選手は「ラインキープ」の意味を知らなかったんだと思います。
アウトインアウトが正しいラインだと思い込んでてそのラインをキープしちゃったのかな(笑)
大迷惑でしたけどね!!
b0299252_0294122.png
あとはイン側の青メットさんが充分に減速せずにアウト側に膨らんでも接触しますね。
アウト側の赤メットさんも、イン側の青メットさんも、お互いしっかりと「ラインキープ」のルールを厳守することが
安全な集団コーナリングには欠かせません。
b0299252_0353375.jpg
ということで練習練習~♪


③ 集団のプレッシャーに慣れておく
普段のライドではもちろんキープレフトで並走なんてもってのほか。
しかしレースともなると、特に先頭集団では、前述のとおり肘が当たる距離に他の選手がいます。
自分がちょっとでもフラついたりすれば接触してしまう距離感・・・
最初はものすご~く戸惑い、ものすご~く緊張します。
当然です(笑)
b0299252_0402420.png
さて、そんな緊張した状態で3人が並走したまま直角コーナーを抜けようとしています。

「ブレーキ!」

  「ラインキープ!!」

掛け声もかかっていよいよコーナリングへ!
さあ、それぞれの選手はどんな走行ラインを取ればよいでしょうか?
b0299252_0421034.png
こんな感じですね。
正しいラインキープが分かっていれば、接触は起こりません・・・

しかし!

これだけ密集していると緊張して筋肉が硬直してしまいがちです。
必要以上に硬くなってしまうと、正しい走行ラインを取るための正しい操作に支障が出てしまう恐れがあります。
特に赤メットさんと黄メットさんに挟まれている青メットさんは、走行ラインがどちらにずれても接触のリスクがあるため、
ものすごいプレッシャーがかかることになります。

どうすればよいでしょうね?(汗)
b0299252_0485938.jpg
うん、こればかりは慣れるしかありません。
まずは左右の間隔を緩めにとって、20km/h台のゆっくりなスピードで模擬集団走行をしました。
b0299252_0502213.jpg
「怖い~!」

そんな声が聞こえながらも、もちろんコーナリングもやりました。
b0299252_052869.jpg
慣れてきたら左右の間隔を詰めて緊張感を上げます。
b0299252_054375.jpg
イン側、真ん中、アウト側、全員がそれぞれのポジションを体験できるようにローテーションしながら周回を重ねてゆくと、
次第にキレイに集団で曲がれるようになりました♪

この練習は20km/h台前半のゆっくりしたスピードでやると、ロードバイクがふらついてやりにくいです。
しかしあえてそのやりにくいスピードでやりました。
レースになると、もっと高いスピード域で曲がることになり、ロードバイクは安定しやすくなります。
ふらつきやすいスピード域でできれば、安定するスピード域では簡単にできるはずなので、
練習ではふらつくくらいのゆっくりなスピードでやってみてください。

尚、今回の練習は車通りの無い場所を選定した上で、コーナーに監視役を置いたり、先導役をつけるなど、
十分に安全に配慮した状態で行いました。
この練習を実際に行う場合は、周囲の迷惑にならないように、十分に配慮して行ってください。


以上、集団コーナーリング編もおしまい!
これで『レースにもサイクリングにも役立つ集団走行講習会』の全内容を書き終えました♪
う~、やっと慣れない感じの文章ともおさらばです♪


ここまで読んでいただきありがとうございます。
次回はこの講習会を終え、初めて講師役を勤めさせていただいた僕の感想などを書きたいと思っています。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-11-11 01:06 | 集団走行技術
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー