「ほっ」と。キャンペーン

住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

雨男コンビと逸脱コンビ。

11月30日の業務日報・4ページ目

「住友さん!来ましたよ!!」

  「んあ?」

衆楽館の座敷の畳の上で、割と本気で眠りについてしまいそうになった頃、楽しみにしていたカレーがようやくでてきました。
b0299252_22513611.jpg
アップで写しすぎて何がなんだか分かりませんが、タジン鍋で焼き上げた備前焼きカレーでございます♪
b0299252_236393.jpg
それではひとくち目・・・
ほほう、これはなかなか(☆∀☆)

おかわりしたくなる美味さでしたね♪
今思い返してみると、カレーはアホの様に食べまくっていますが、焼きカレーなんてはじめて食べたかもしれません。
b0299252_239262.jpg
そしてデザートにはしょうゆソフト。
わさびが添えられている、なかなかに不思議な食べ物です。
そしてこのわさびがまた合うんです♪
なんて表現したらいいのかなぁ・・・って考えてみたけれど、僕の稚拙な表現力ではなんとも言いがたい・・・

百聞は一食に如かず!

とりあえずかなり美味しいことには間違いないのでよかったら食べに行ってみてください。
次はキーマカレーと備前バーガーとしょうゆソフトだな♪


さて、美味しいカレーに眠気も吹き飛びここからは、穏やかな瀬戸内海沿いの国道250号線を東へ走ります。
b0299252_23145644.jpg
ところが穏やかな海とは対照的に、空の様子が穏やかではありません。
ついにコギコギさん&バイソンさんの雨男師弟コンビの力が本領を発揮か!?
b0299252_23174575.jpg
あ・・・やっぱり降ってきちゃった・・・

さすが信頼と実績の雨男コンビ!
まだ、相生まで30kmちょっとを残す地点からは雨天走行ですね・・・orz
日生での休憩を最後にノンストップで相生まで直行です。
b0299252_23231087.jpg
ここでもこの日、ハンセルさんが学んだ集団走行技術を活用。
ドラフティングを利用して、持続できる範囲で可能な限りペースアップしました。


「ディーさん、僕らどうします?」

日生から相生までの中間点、赤穂市内に入るとバスク輪さんとディーさんがなにやら相談を始めました。
2人は赤穂在住ですから、わざわざ雨の中相生まで走る必要はないのです。
というか相生まで走ると、また折り返して雨の中赤穂まで走らなければならなくなるのですが・・・

「もう濡れちゃってるし、一緒じゃない?」

  「ですよね~、じゃあ、だるま珈琲行きますか!」


いや・・・その判断はおかしい(笑)

一緒じゃねぇし、ですよね~じゃねぇよ!!

雨の勢いは一時のものほどではなくなっていましたが、どう考えても一般的な考えから逸脱した選択をしていました。
そして赤穂から相生市内に入る頃にはお約束の様に再び雨の勢いが強まり・・・\(^o^)/
b0299252_23361985.jpg
そんなこんなで全員濡れねずみになってだるま珈琲に到着・・・
いや、ONIさんは残念ながらタイムリミットのため、だるま珈琲の近くで離脱しました。
かわいそうなので、上の写真ではONIさんもいたことになっているようななっていないような扱いにしておきました(笑)
b0299252_23342259.jpg
雨天走行の後のだるま珈琲は、いつも以上に体に染み渡りました。
おいしいコーヒーと会話を楽しみながらだと時間はあっという間に過ぎてしまいます。
b0299252_23453094.jpg
だるま珈琲の外に出ると、もう辺りは真っ暗。
赤穂まで自走のおふたりは夜間&雨天走行をしっかりと楽しんで帰られたようです。

赤穂のモー万隊コンビ・・・恐るべき2人やでぇ~(笑)

<走行データ>
走行時間 7:42:42
走行距離 198.86 km
獲得標高 1,309 m
平均速度 25.8 km/h
最高速度 54.2 km/h
平均cad 72 rpm
平均心拍 131 bpm
最大心拍 174 bpm
消費カロリー 1,517 C

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-30 00:11 | グループライド | Comments(14)

午後2時は夜!

11月30日の業務日報・3ページ目

反面教師3号の空腹の訴えにより、一行は最寄のコンビニを目指して八塔寺川ダム公園をあとにしました。
b0299252_22391422.jpg
コギコギさんが下り基調の道を快調なペースを作りながら先導してくれました。
あまりにも気持ちいいので、ハンガーノックに片足を突っ込んだ僕も先頭を牽いてみました。
ん~、爽快爽快♪

「ストップストップ~!!」

ありゃ? せっかく気持ちよく前を牽いていたのに、停止を呼びかける声・・・
後続でトラブルでしょうか?

「ダチョウ。」

  「へっ?」

「ダチョウです。」

  「はい??」

何の変哲もない道の脇で停車する一行。
b0299252_22441145.jpg
「ねっ? ダチョウでしょ。」

  「ええ、ダチョウですね。」

なぜにダチョウ?
しかもなぜにこんなところに?
いったい誰が?

色んな疑問が浮かび上がってきましたが、とにかく柵に囲まれた敷地内にダチョウがいました。
ん~、シュールな光景・・・
b0299252_22464752.jpg
「あ~!」

  「おぉ、なかやんさん!」

シュールな光景を皆で撮影していると、なかやんさんが偶然通りがかって緊急停車しました。

「ダチョウです。」

  「えっ?」

「ダチョウがいるんです。」

  「なんで?」

やっぱりだいたい同じ反応。

しかしここで止まったことにより、以前からFacebookでは親交があったONIさんとなかやんさんの初対面が叶いました。

そうか・・・このダチョウはそのためにいたのかっ!!(違)


暫しの談笑の後、なかやんさんとは別れ、JR吉永駅前のコンビニでガッツリ補給。
お腹も膨れて僕も完全復活です♪

ここからはバスクリンの提供・・・じゃなくて、バスク輪さんの案内により、
この辺りでは有名な紅葉スポットの旧閑谷学校へのプチヒルクライムとなりました。
b0299252_22563259.jpg
b0299252_22571716.jpg
2週間前に、ワインレッドさん主催のライドでコギコギさんたちが訪れたときと比べると、紅葉が終わっており物悲しい感じ・・・
b0299252_22591559.jpg
b0299252_22595274.jpg
でも落ちてしまった紅葉が斜面を染めていて、これはまた違った美しさがありました。
秋から冬へ移ろい行く季節は、どこか寂しさを感じることもあるのですが、
その中にもこの時期特有の美しさを楽しむことができるので良いですね♪

ってONIさんと2人で写真撮影に夢中になっていたら、
道の分かる人が皆先に行っちゃって危うく迷子になりかけました(笑)
b0299252_2341624.jpg
この後は旧閑谷学校から吉永駅前に戻り、追い風を掴んだ高速列車は西へ・・・
b0299252_2363853.jpg
この頃になると、ハンセルさんもかなり列車走行に慣れてきたようで、車間を詰めるのがうまくなってきていました。
b0299252_2364232.jpg
そして楽しみにしていたカレー屋さん『衆楽館』へ・・・
なんでもおいしい焼きカレーとしょうゆソフトなるデザートを楽しめるとか。
b0299252_2394627.jpg
靴を脱いで畳の座敷に上がると、備前焼がズラリ。
そしてこの畳の座敷がまた良くて・・・
遠い田舎のお婆ちゃんの家に遊びに来て、移動の疲れを癒すためにごろんと雑魚寝したくなるような感じに。

この日、僕は朝3時に起きて4時からロードバイクに乗っていました。
衆楽館に着いたのが午後2時過ぎですから、普通に起きたときの感覚だと夕方を過ぎたころの様な感じ・・・
いや、前の日は日付が変わってから寝たので夕方っていうよりは夜だな(笑)
ついつい雑魚寝の誘惑に抗うことができず、うたた寝モードに入ってしまっておやすみなさいまし~!


自転車乗りの朝は早い・・・

そして・・・

自転車乗りの夜は早かった・・・( ´-ω-)。o○(zzZZ)


って、カレー食べたら帰らなアカンねんぞ~!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
今日はちょっと中途半端なところでおしまいにします。
明日、10月に台風で流れたエンデューロが開催されますねん(´A`)
全然気分が乗ってこないのですが、とりあえずはよ寝ますねん。
自転車乗りの夜は早い・・・( ´-ω-)。o○(zzZZ)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-27 23:21 | グループライド | Comments(2)

反面教師1号!2号!3号!

11月30日の業務日報・2ページ目
b0299252_22224098.jpg
朝靄のかかる西播磨の長閑な風景の中、集団走行をご希望のハンセルさんを迎え入れて列車は西へと進むことになりました。
このライドの参加メンバーはコギコギさんディーさんハンセルさんバイソンさんバスク輪さんONIさん、住友輪業。
そして上郡で途中離脱のヒロミネさんモアヒさんの9名です。

まずは長い直線の農道を使って、車間を詰めて列車走行の練習です。
集団走行が上手いバイソンさんが牽く列車に、集団走行が初めてなハンセルさん、ヒロミネさん、モアヒさんが乗り、
横からはコギコギさんがしっかりとポイントを教えながら走りました。
他のメンバーには、交差点での安全の確保など、サポートの役割をお願いしました。
そしてそれもひと段落すると、農道はやがて国道373号線に突き当たりました。

ここからは交通量が増えることが予想されるので、9人を2組に分けて走行します。
まずはバイソンさんが牽く列車はそのままにスタートさせます。
遅れて僕がサポート役全員を牽く形でスタート・・・しかし暫くして、バイソンさんが牽く列車に追いついてしまいました。

「いい機会だからこれからやることのお手本を見せておこう。」

僕が見せたかったのは先頭交替です。
バイソンさんが牽く列車を追い抜いてすぐに、二番手のバスク輪さんに先頭交替の合図。
そして先頭に立ったバスク輪さんも暫くしてディーさんに先頭を譲りローテーション開始です。

「うん、いい感じ♪」

さすが最近集団走行をする機械の多いバスク輪さんとディーさん。
先頭交替が上手いです。
さて、次に先頭を牽くのはあの人ですね。

「えっ!?道分からんよ!」

  「ONIさん、大丈夫です。
   次の信号までまっすぐ道なりですから!」


しかしONIさんがそう言ったのは、ただ道が分からなかっただけではないようで・・・なにやらブツブツぼやいています。
ぼやきを要約すると、どうやらただ単純に先頭を牽いて体力を消耗したくないだけのようです。
そんなわがままは許しませんぜ!

「はい、先頭交替!
 んでもって、そのままONIさんで先頭固定!!(笑)」


わがままな子にはお仕置きが必要ですからね。
そのまま上郡まで頼んます~♪

なんて思っていたら、ONIさんが実力行使。
ディーさんが後ろに下がって先頭に立たされるや否や、ギヤを軽くしてワザと失速・・・
おかげで後続が追突しそうになって列車がグチャグチャに・・・(怒)

「ちょっと~、何してるんですか~!!」

失速するONIさんを追い抜く形で再び先頭に立つ羽目になった僕を、ONIさんはしたり顔で見送っていました。
先頭を牽きたくないからって集団走行でやってはいけないことをやって見せるなんて・・・

ONIさん、なんという反面教師っぷり!



上郡に入って最初のコンビニで一旦休憩。
舞子から自走の僕は、すでに走行距離が100km近くになっていたので補給です。
この補給はあとでちょっとした問題を引き起こすことになるのですが、それはまた後ほど・・・
b0299252_2342741.jpg
上郡のコンビニでヒロミネさん、モアヒさんとお2人とは別れ、ここからはさらに西へ7人での集団走行となります。
b0299252_23557.jpg
列車から若干距離を置いた位置で反面教師1号さんはおとなしくしています。
僕はそんな反面教師1号さんと後方からの車に注意を払いながら最後尾を走行していました。

それにしてもコギコギさんが指導する列車は、上り基調の道を先頭交替を繰り返しながら結構なペースで走り続けます。
ONIさんと僕は、列車走行に加わらずに走っていたのですが、同じペースで走るのが結構しんどかったです。
それだけ集団走行は速く楽に走り続けられるということですね。
b0299252_23165323.jpg
ロードバイクでできた影と影の間が狭い・・・
先頭交替を繰り返すうちに、しっかりと車間を詰めてドラフティングを最大限に利用できるようになった様です♪


さて、上り基調の道はやがて本格的な上り勾配へと変わりました。
安室ダムへのプチヒルクライムのスタートです。
ここで約1名、飛び出します。
あの後姿は誰だっ!?

最近、坂と見るや『Bダッシュ』をかまして結構な勢いで飛び出してゆく元気なバイソンさん・・・
そしてしっかりと坂の途中でタレて、重く長いツケをキッチリ支払わされるバイソンさんです(笑)

その飛び出しをみたハンセルさんがダンシングに切り替えてペースアップ、バイソンさんを追おうとしました。
おっ、結構闘争心があるタイプなのね?

「あれに反応したらアカンよ~。
 上りは一定ペースで・・・ペース上げるなら後半!」


咄嗟にペースアップしそうになったハンセルさんを制しました。
だって、飛び出したのはヒルクライムの反面教師だもの(笑)
b0299252_23273193.jpg
結局、淡々と上り続けた僕たちは、反面教師2号さんをあっさりとパス。
そのまま安室ダムの堤体にたどり着いた頃には、反面教師2号さんにかなりの差をつけていました。

その後も坂の度に飛び出すバイソンさんと見送るその他大勢。
そしてタレたところをその他大勢に追い抜かれるバイソンさんの図式が繰り返され・・・
b0299252_23325917.jpg
あらかたの坂を上り終える頃にはバイソンさんは汗だくでその顔は真っ赤っか(笑)

バイソンさん、素晴らしい反面教師っぷりでしたよ!


b0299252_2336021.jpg
坂道を上ったら今度は下り・・・
b0299252_23372376.jpg
下りの途中にある八塔寺川ダム公園で暫し休憩です。
ここで僕に問題発生・・・ものすごい空腹感を覚えました。

「おかしいな・・・上郡で補給したはずなのに。」

上郡のコンビニで補給したものを思い出してみよう。
あぁ・・・寒いと思ったからおでんを食べたな・・・
確か、ちくわと大根。

って、たんぱく質と食物線維やん!
全然エネルギーになりません!!

しかも八塔寺川ダム公園にはレストランしかなくて、ちょっと買い食いできそうなものがありません。
僕たちはこの先にあるお店でおいしいカレーを食べる予定だったのでレストランに寄る訳にも行かず・・・

結果、補給失敗のハンガーノック気味でワタクシが反面教師3号ゲット♪

ハンガーノック気味で反面教師・・・なんて地味!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
VAAMがなければ即死だった!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-25 23:51 | グループライド | Comments(6)

( ;∀;) イイケシキダナー

11月30日の業務日報・1ページ目

「だるま珈琲で拾うから自走で行けば?」

(°О°;)Oh…

この日のライドは家ネコさんドSなありがたいお言葉により、
二度とするまいと思った自走でのモー万隊から始まることになりました。

ということで・・・
b0299252_22351093.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・ゥトゥト(´-ω-)´_ _)´-ω-)´_ _)zZZ

家を出てガーミンの気温表示を見てみると8℃。
なんとか秋ウェアで走れそうな感じでした・・・
この日はいつもの明姫幹線ではなく、国道2号線を突き進みました。
モー万隊の後は100kmオーバーライドの予定があったので、ペースは緩めで・・・
と思っていたのに、西に進めば進むほど気温が下がっていくではありませんか!
そのままのペースだと体が冷えるのでペースアップ・・・気がつけばAve.30km/hに近づいていたので、
万葉岬の頂上まで30km/hを割らないことを目標に走り続けました。

それにしても・・・
b0299252_22435073.jpg
深夜の加古川と・・・
b0299252_22444255.jpg
深夜の姫路城・・・

( ;∀;) イイケシキダナー

いやぁ、自走でのモー万隊って、ホントに楽しいですね!(^q^)

楽しいはずなのに、なぜ僕はこんな時間にこんな場所を走っているんだという疑問が頭をよぎり、
そして虚しさが僕を包み込みだした頃に、東の空から新しい朝がやってこようとしていました。

その頃、僕はちょうどはりまシーサイドロードに差し掛かった辺りを走っていました。
そして東の空が静かに赤く染まりだしたことに気が付いた僕は、その光景を見て思わずブレーキを掛け、
その場に立ち尽くしてしまいました。
b0299252_22563622.jpg
b0299252_22571095.jpg

いい景色だ・・・本当に・・・

これまで辺りを包んでいた夜の闇と、これからのぼってくる太陽の光が織り成すその光景は、
文句なしに美しく、気がつけばそこにはカメラのシャッターを何度も何度も切っている僕がいました。
b0299252_2343723.jpg
b0299252_2344841.jpg
b0299252_2345894.jpg
朝が近づくにつれ、はりまシーサイドロードから望む瀬戸内の穏やかな海はその表情を刻々と変えてゆき、
その度に万葉岬へと急いでいるはずの僕の脚を、何度も何度も止めてくれました。

本当に、はりまシーサイドロードを走っている途中に、あんなに多く立ち止まったのは初めてでした。
ついつい何度も立ち止まりすぎて、気がつけば日の出の時刻の間際になってしまっていました。

「こりゃ急がないと!」

万葉岬のヒルクライムに差し掛かり、日の出に間に合うように飛ばしていると前方に点滅するテールライトが見えました。
b0299252_23102990.jpg
この日はちょっぴりお寝坊さんのだるまマスターさんです。
アウター縛りでのぼるだるまマスターさんに檄を飛ばしながら、一緒に登頂。
なんとか狙い通り、Ave.30km/hオーバーで万葉岬まで走ることもできました♪
b0299252_23135279.jpg
なんかたくさんいる(笑)

え~と、バスク輪さんセーテンさんご夫婦モアヒさんモーニングさん
あとはこの日、はじめましてなヒロミネさんにお名前を聞くのを忘れた姫路からのローディーさん。

「あれ?モー万隊レギュラーのディーさんは!?」

  「今朝はモーニング赤穂御崎みたいっすよ・・・モー赤?」

ふむ・・・ならば「いつものアレ」、やっておくか・・・
b0299252_23253236.jpg


b0299252_2328610.jpg
ディーさんがひとりで赤穂御崎でハァハァ言っている時に、僕たちは万葉岬で日の出を見て・・・
b0299252_23283084.jpg
セーテンさんの淹れてくれるコーヒーを飲んで楽しんでおりました。
b0299252_23291365.jpg
しかもこの日から、セーテンさんのコーヒー豆が「だるまブレンド」にランクアップ♪
セーテンさん・・・1杯500円でいけるでコレ!!(笑)

それにしても、刻々と表情を変え行く万葉岬からの景色・・・素晴らしすぎる!
b0299252_23352954.jpg
って日の出から遅れること数分・・・誰か来た。

なんと三重県のONIさんがモー万隊初参戦!
なのに日の出に間に合わないなんて・・・おもろすぎるでしょ!(笑)

どうやら相生に車を停めてから、わざわざ遠回りのルートで万葉岬に来たところ、日の出に間に合わなかった模様。
ONIさん、リベンジお待ちしておりますよ~!


モー万隊では、このあとのんびりと万葉岬からの風景と仲間との会話を楽しんで終了。
その後、ONIさんも引き連れて次のライドの集合場所となる竜野駅へと向かいました。
b0299252_23544298.jpg
集団走行をしてみたいという思いを抱いていたハンセルさんが、
だるまマスターさんを通してコギコギさんにその思いを伝え、この日のライドが決まりました。
そう、今回のライドの主役はハンセルさん!

・・・のはずなのにっ!!
b0299252_23591746.jpg
この2人・・・主役の座をうばう気満々やないか~い!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
「出る杭は・・・打つっ!!」
9月のフルビワイチ以来のONIさんとバイソンさんお笑い対決となるのか!?

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-24 00:03 | グループライド | Comments(18)

集団走行での最大の楽しみを味わう。

11月24日の業務日報・4ページ目
b0299252_223326.jpg
おや? ホイールの様子が・・・

例のごとく、新さよでの極上の補給を終えて、今度は国道373号線を南進し相生へと向かいます。
ここで柔さんからホイール交換の申し出があり、いい機会なので交換してみました。
レーシングスピードXLR(以下レースピ)からNRSのスーパーENVEに替えるとオルトレの走りはどう変わるのかな?
国道373号線を走り出してすぐにその変化を確かめるべく加速、列車から離脱して確かめてみました。

以下、ちょいとスーパーENVEのインプレ(レースピ比)です

まず漕ぎ出しが恐ろしく軽い!
レースピも軽量ホイールなのですが、スーパーENVEはそれを上回る軽さ。
前後セットで1,000g台だったかな?
スルッとペダルを踏む脚がおりてあっと言う間に巡航速度域へ・・・
そして巡航速度をキープする際も、ペダリングの軽さが印象的でした。

巡航速度から加速する際もペダルが軽い軽い!
レースピと比べると若干力が逃げていましたが、その分脚に来ず、加速後の高速巡航キープがしやすい印象でした。
すぐに息が上がりますけどね(笑)
レースピは脚の筋肉に来て限界を迎え、スーパーENVEは脚の筋肉には来ずに心肺能力で頭打ちになる感じですね。
クリテリウムなどの短期決戦にはレースピ一択。
しかしエンデューロやロングファストランなどの長期戦にはスーパーENVEを使いたいですね。

この日は試していませんが、ヒルクライムならどうでしょうね。
たぶん、大きなトルクを掛けずに高いケイデンスで走ればスーパーENVEの軽さが光るでしょうし、
勾配がきつくなって、トルクを掛けるようなペダリングになれば、パワーロスの少ないレースピの方が有利になるかも。
明確な弱点としては、レースピに比べるとブレーキの利きが甘いことくらいでしょうか。
でもドライコンディションなら必要十分な制動力はありますね。


以上、テキトーなインプレ終了。
こうやって機材を交換しあって走られるのも集団走行の魅力のひとつですね。

スーパーENVEを試した後は列車に合流。
ここからは国道373号線の下り基調の快走路。
この日の仕上げとして、先頭を牽く人が自分で先頭交替のタイミングを決めて、高速列車走行をしました。
b0299252_8533196.jpg
途中からは40km/hくらいのペースで走る列車を作って高速巡航♪
モーニングさんにも牽いてもらいましたが、フルマラソン明けだというのにいつもの力強さを発揮していて驚き・・・
いや、モーニングさんなら驚きではないか。
普段はもっと容赦ありませんからね(笑)
b0299252_8575531.jpg
高速巡航を終えて、みんなのテンションはMAX。
その気持ちよさについつい顔がほころんでしまうんですよね。
この楽しさを味わい続けるためにも、安全に走行するための技術は磨き続けてゆきたいです。
b0299252_91499.jpg
その後はバイソンさんの先導で、農道を走ってダウン走でだるま珈琲へ。
農道に入るとこれまでの規律正しい列車走行の緊張感は無くなり、列車はゆるんだ雰囲気になります。
しかしだるま珈琲へ向かうまで、ちょっとだけ幹線道路を走ると・・・
b0299252_94494.jpg
誰も何も言わないのにきれいに一列の列車が出来上がり♪
これが僕にとってとても嬉しかった。
たどたどしいながらも、この日伝えた内容をみんなが自主的にやろうとしてくれていることが分かったからです。

それにしてもこの日、初めて講師役をひとりでつとめることになり、
僕自身もまだまだ細かいところでは集団走行技術が甘いところがあることに気がつきました。
柔さんがキッカケを作ってくださってそれに気付けたことで、僕もより一層、安全な走行に近づくことができました。
人に何かを教えるときに、一番教わることが多いのは教えている本人なのかもしれませんね。
b0299252_9103748.jpg
この日、参加してくださった方々へ・・・

本当にありがとうございました!

以上、業務報告終了!

<走行データ>
ガーミンの電池切れのため、全て不明。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-22 09:12 | グループライド | Comments(4)

ぷりぷりな魅惑ボディに首ったけ。

11月24日の業務日報・3ページ目

竜野駅から道の駅しんぐうまでは、集団走行に慣れてもらうために先頭を固定したまま走ってきました。
道の駅しんぐうからは国道179号線を佐用へと向かうことになるのですが、
ここからは先頭交替をしてもらおうと思いました。

・・・ということで、道の駅しんぐうでレクチャーのため、休憩ついでにストップ。
ここではこの記事この記事の内容を説明しました。

しかし、僕はひと通りの説明を口頭でするのは初めてでして・・・
しっかりちゃっかり説明に抜けがありました(笑)

しかしそこは頼りになるサポートメンバーに補足していただき、たどたどしいながらにもなんとかレクチャー終了♪
それでは実際にやってみましょう!ということで、2班に分かれて先頭交替の練習をしながら佐用に向かいます。

しかし、国道179号線の様子がおかしい・・・
普段は交通量はさほど多くはないのですが、3連休の最後の日ということもあっていつもより車がたくさん走っていました。
ということで思っていたより少ない回数しか先頭交替ができませんでした。
b0299252_2142103.jpg
そこで、卯ノ山峠を迂回するさらに交通量の少ない平坦路に出て全員で列車を組んでもらい、
高い頻度で先頭交替を行う練習をしました。

最初は先頭に立つと加速してしまったり、先頭を譲る前の加速でダンシングしてしまったり、
最後尾につくときに再加速が遅れたりと、ありがちな課題がちらほら見受けられましたが、
みんな飲み込みが早く、問題点を指摘するとすぐに改善、徐々にそれらしい形ができてきました。

僕が最も驚かされたのはリーガルハイさんの変化でした。
トライアスリートでドラフティングに慣れておらず、車間を縮めるのが怖いと言っていたのに、
ふとした瞬間に見ると、前走者との車間がこぶしひとつ分くらいまで縮まっていました。
そんな車間をキープするのは僕でも難しいのですが・・・(゚A゚;)ゴクリ

「集団走行って楽しいです!」

この日、初めて本格的な集団走行をすることになった柔さんやセーテンさんから、
そんな声が聞こえるようになり、僕も一安心。
しっかりと安全を感じながら走ってもらえなければ、緊張するだけで楽しさなんて感じる余裕はありませんからね。


さて、集団走行の楽しさを感じるのは、走っているときだけじゃありません。
b0299252_21541885.jpg
みんなで立ち寄ったのは、前日にも見に行った「佐用の大イチョウ」
b0299252_21565578.jpg
たった1日でかなりの量の葉っぱが落ちてしまったようですが、それでも柔さんはご満悦♪
みんなで美しいものを見る時間を共有するのも集団走行の魅力のひとつですね。
b0299252_21582979.jpg
おっと! 佐用といえばコイツを忘れちゃいけませんね!
「新さよ」の上ホル別焼き。
うまいモノを食す時間を共有することも集団走行の楽しみのひとつですからね♪

全員が僕が推奨している、「ホルモン焼きうどん定食 + 上ホル別焼き」を注文。
ちなみに定食についてくるご飯に上ホルをのせて食べます。
後で出てくるホルモン焼きうどんはデザートです!!
b0299252_2232983.jpg
上ホルから遅れて出てきたご飯を分けるバイソンさんがお母さんポジションに(笑)
みんなご飯が来るまで目の前の上ホルにお預け状態でした(゜ρ゜)

ご飯がくるまでは会話があったのに、ご飯がくるや否や会話が止みました(笑)
うまいモノの前に言葉は不要なのです。
b0299252_2271329.jpg
もっとも素晴らしいガッツキ方をしていたのはセーテンさん。
翌日のFacebookには彼の思いが綴られていました。

「ぷりぷりな魅惑ボディ、たった1日でなんて恋しいのでしょう。。。
 あー上ホルモン。。朝、昼、晩三食毎日食べたい!!」


そしてその後、3週連続で新さよに通うことに・・・(笑)

うらやまけしからんっ!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
集団走行をして、思い出を共有して、あとになってあの時はこうだったよね~って懐かしむのって本当に楽しいです。
あとになって懐かしむためにも、無事故で帰れるように集団走行の技術を磨いていきたいですね。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-19 22:15 | グループライド | Comments(17)

こんな講師で大丈夫!?

11月24日の業務日報・2ページ目

「集団走行について教えて欲しいんです。」

モー万隊を終え、コギコギさんとリキさんを相生駅前から見送った後は、この日ふたつ目のライドの始まりです。
ここからはFacebook上で交流のあった柔さんの要請を受け、
僕が講師役となって集団走行の基本をレクチャーしながら走行することになっていました。

この日、本格的に集団走行をすることになるのは、今回のライドのキッカケを作ってくれた柔さん、
柔さんの後輩でトライアスリートのリーガルハイさん、さらに万葉岬でコーヒーを淹れてくれたセーテンさんの3人。
講師役は僕ですが、コギコギレッスンのサポート役などをさせてもらったことはあるのですが、
ひとりでこのような講師役を務めるのは初めてでした。
当然かなーーーり!不安だったので集団走行が上手いバイソンさんと、
やはり最近になって集団走行講習を受けたディーさんバスク輪さんにサポートをお願いしました。

「あれっ、リキさんはもう行っちゃいました?」

嬉しい誤算でもうひとりの参加者も相生駅前に来てくれました。
前日に開催された神戸マラソンをサブ4の記録で完走したモーニングさんの登場です。

「今日はフルマラソン後の回復走♪」

あのぅ、それでも100km近く走る予定なんですけど・・・
あっ・・・そうでしたか、ご存知でしたか。

やはりモーニングさんの強さは明らかに逸脱していますね(;´Д`)
まっ!何はともあれ、心許ない講師役を強力にサポートしてくれるメンバーも揃いました♪
b0299252_22132933.jpg
総勢8人。
交通量の少ない場所で、まずは全員で列車を組んでもらいました。(交通量が多い場所では2班に分けましたよ~)
長~い列車の先頭を牽くのはバイソンさんにお願いしました。
彼は良く通る声の持ち主ですから、集団走行における声出しの教科書的な役割を担ってもらうのが狙いです。

するとやはり声出しの雰囲気が伝わったのか、初めて集団走行をする3人からも声が出ていました。
ハンドサインも見よう見まねで出ていていい感じ♪

「不安やったけどなんとかなるかも~♪」

初めてのソロでの講師役の不安が少し薄らいだ瞬間、それは突然やってきました。

バシューッ!!

何かを踏んだと思ったらヤツがやってきた!
大魔王降臨です・・・orz

「パンクしたぁ! ちょっと先に行って竜野駅で待ってて~!!」
b0299252_2231539.jpg
竜野駅は目と鼻の先。
ということでオルトレを担いだまま、ママチャリのオバチャンを追い抜く勢いの全力ダッシュで合流☆
あ~、しんど!(;´Д`)

竜野駅前では列車走行時のレクチャーを始める予定でしたが、その前にパンク修理です・・・アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ
b0299252_22345220.jpg
この日は運悪く前日に引き続きチューブラーのレーシングスピードを履かせており、
パンクした瞬間にシーラントでは埋まらない穴が空いたと分かったので問答無用でタイヤ交換です。

あぁ・・・みんなの視線が突き刺さる(ノД`)シクシク
以前、前後輪同時パンクした後に新調したタイヤは、走行距離500kmくらいでサヨウナラ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
しかも持参していたチューブラーテープが使い物にならず、急遽、柔さんのテープを頂くことに・・・
b0299252_22415429.jpg
お礼代わりに、不調だった柔さんのロードバイクのディレーラーを調整・・・

って、今日はメンテナンス講座やないど!

う~ん・・・いきなり講師役がやらかしちまったいorz


さて、ひと通りの作業を済ませ走行可能な状態にしてから、やっと集団走行についてのレクチャー開始です。
レクチャーした内容はコチラの記事に書いた内容と全く同じです。
b0299252_22484937.jpg
まずは龍野の旧市街地のしょうゆ饅頭で至福の補給をはさみつつ、
レクチャーした内容を実践しながら道の駅しんぐうを目指して走ります。
しかし初の集団走行となる3人は、車間を詰めて走ることが怖いようです。

「これまでドラフティング禁止だったので・・・
 いざやるとなってもなかなか難しいですね。」


特にリーガルハイさんはトライアスリートなので、ドラフティングを利用すること自体に抵抗があるようです。
しかしこの日はそういうライドだったので、徐々に慣れてもらって車間を詰めてもらうしかないですね・・・
b0299252_2258142.jpg
ところで、上の写真で減速のハンドサインが先頭から後方へ伝わっている様子がわかりますか?
声出しやハンドサインは合格ですね♪

声出しやハンドサインは集団走行において安全を確保するために最も重要な要素です。
それを短時間でしっかりと身につけてもらえたということは、初集団走行の3人が優秀な生徒役であることを表しています。

さあ、この日しょっぱなからやらかした問題の講師役はどうなんでしょう?
この後しっかりとレクチャーして、3人に安全な集団走行の仕方を教えることができるのでしょうか?


ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-17 23:11 | グループライド | Comments(10)

また来てね・・・その前に行きますが(笑)

11月24日の業務日報・1ページ目

リキさんとおばさん、マスオさんと西播磨を走った日は、家に帰らずに相生のホテルに宿泊しました。
翌日はやはり相生初のライドの予定があったからです。
しかもダブルヘッダー(笑)

まずは一つ目のライドですが、朝5時起床予定でした。
こんなに早く起きていく場所といえば、当ブログを読んでいただいている方ならお分かりかと思います。
そう、モー万隊・・・行き先は万葉岬です。

しかもこの日はリキさんが参加する特別なモー万隊です。
それなのに・・・それなのにっ!!

二度寝をかまして起きたら5:40でした!Σ(゚Д゚ υ) マジデカ!?


集合時間はだるま珈琲に朝の6時。
ホテルからは歩いても5分とかからない距離なのですが、着替えて荷物をまとめてチェックアウトして、
時間のかかるタワー式パーキングから車を出さないといけません。

それらの作業をなんとか済ませ、だるま珈琲前に車をつけると、
コギコギさん、リキさん、だるまマスターさん、ディーさんがすでに来ていました。
でもどうやらまだ準備中のようでなんとかギリギリセーフ!?

あ~、いきなり疲れた・・・('A`)


僕の準備が済むのを待っていただき、だるま珈琲をスタート。
この日はコギコギさんが結構いいペースで列車を牽いて、夜明けを待つ相生湾沿いの国道を走ってゆきました。
お陰で万葉岬入口まであっという間に到着♪

さあ、いよいよリキさんが初めて万葉岬をのぼる時がやってきました!

万葉岬といえばこの人!
だるまマスターさんが先導する形で1.3kmのヒルクライムの始まりです♪
b0299252_084258.jpg
リキさんはコギコギさんと一緒にのぼってきます。
万葉岬にまつわるエピソードでも聞きながらのぼっていたのかな?

しかし万葉岬はいつまでもおしゃべりしながらのぼれるほど甘くはありません。
ライン取りにもよりますが、最大勾配がおよそ15%・・・しかも後半にきつくなるタイプの坂道ですから、
みんなハァハァと徐々に息が切れてきてしまします。

万葉岬はハァハァおじさんの量産スポットなのです(笑)

それはたとえ紳士中の紳士・リキさんであっても逃れられません。
b0299252_0163083.jpg
だるまマスターさんと並んでゴールするころには、紳士はただのハァハァおじさんになってしまっていました(笑)

そんなハァハァおじさんの製造現場を撮影しましたので、よろしければどうぞ♪(ちょいと画質が悪いです・・・orz)


その後、万葉岬にはバスク輪さん、モアヒさんも登場。
ここ最近の週末に見られる光景・・・朝早くから万葉岬は自転車乗りだらけになりました。

しかしさすがリキさん、ハァハァおじさんから紳士に戻るまでの時間が早かった!
b0299252_023369.jpg
「わぁ・・・これは見事だね・・・」

リキさんを元の紳士の姿へと休息に戻したのは、万葉岬から臨む穏やかな瀬戸内の朝焼けでした。
b0299252_0264994.jpg
暫くすると、リキさんの視線の先から太陽が昇ってきました。
b0299252_02719100.jpg
はい、スイッチ・オン♪

シャッターを切る指が止まらないリキさんを見守るコギコギさんの嬉しそうな顔が印象的でした。
リキさんが夢中で撮影することが、僕たちが普段走っている場所を褒めてくれていることに思えたのでしょう。
それは僕たちにとって、どんな言葉を掛けてくれるよりも嬉しく思える行為でした。
b0299252_0361914.jpg
そしてリキさんが写真撮影に夢中になっている間に、ある人物が僕たちに近づいてきてなにやら準備を始めました。
彼の名はセーテンさん、この日は愛車のキャンピングカーでの万葉岬入りでしたが、
キャノンデールのロードバイクを駆る、正真正銘のローディーさんです。
そしてセーテンさんは、冬の冷たい空気の中、万葉岬からの眺望を楽しむモー万隊にとって
最も嬉しいものを用意してくれるのです。
b0299252_0393121.jpg
それは淹れたてのホットコーヒー。
b0299252_0413462.jpg
まずは最初に淹れた一杯をリキさんに・・・

お陰でリキさんのモー万隊の思い出を素晴らしいものにすることができました。
セーテンさん、ありがとうございます♪
b0299252_0495138.jpg
僕はこんなこともあろうかと(笑)、バッチリ朝食を準備。
手に持っているのは、前日にバイソンさんがリキさんに渡すために仕入れていた姫路のソウルフード。
ふわっとした生地がとっても素敵な寿屋のぶどうパン

僕もバイソンさんからもらっていたので、ジャージの背中のポケットに差し込んで持って来ていたんです。
二度寝で寝坊していなかったらホテルで食べて来てしまっていたでしょうから、蓋を開けてみればナイスな二度寝でした(笑)

「あれっ? そういえばバイソンさんは???」
b0299252_0562565.jpg
「寝坊したぁ~っ!!」

日の出から遅れること数十分・・・ようやくモー万隊隊長のお出ましです。
その頃にはセーテンさんのコーヒーは完売御礼。
バイソンさんの分は残っていませんでした(笑)

コーヒーはおいしくいただけなかったけど、おいしかったですね!!



リキさんにモー万隊を楽しんでいただいている間、時間はあっと言う間に過ぎ去ってゆきました。
そうそう、この日はダブルヘッダー・・・僕は9時には相生駅に戻らなければなりません。
b0299252_134485.jpg
ということで、最後は列車を組んで相生駅まで巡航です。
b0299252_162454.jpg
相生駅に着くと、次のライドでご一緒する柔さんとご友人のリーガルハイさんがすでに到着していました。
柔さんとは当ブログに鍵コメを頂いて以来Facebook上で交流がありましたが、
実際にお会いするのはこの日が初めてです。

「集団走行について教えて欲しいんです。」

そんなメッセージを頂いたことをきっかけに、この後は前日にリキさんと走ったルートを走りながら
集団走行の講習会を行うことになっていました。
ということでリキさんとはここでお別れです。

「まだまだ案内したいところがたくさんあるけど、もっと時間が要りますね・・・」

   「また来年も来ます。 少しずつ楽しむことにします。」

そうですね・・・お別れはやっぱり寂しいけれど、また次もありますもんね!
リキさん、また一緒に走りましょう!!

ということでまだ半日ほど時間のあるリキさんのご案内役はコギコギさんにお任せすることになりました。

さて、リキさんを西播磨にお迎えするのもいいですが、僕が愛知に行くこともそろそろ考えないといけませんね!
ということで・・・

4月5日にそちらにお伺いしたいのですが、
リキさんのご予定はいかがでしょうか~???



ここまで読んでいただきありがとうございます。
まさかのブログ上での連絡締め(笑)
この際だから、いろんな人を巻き込んじゃおうかな?

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-16 01:23 | グループライド | Comments(20)

その出会いが気付かせてくれたこと。

11月23日の業務日報・4ページ目

「ノブさん!?」

   「えぇ~っ!! リキさん、なんでこんなところで走ってるの~!!?」


新さよをあきらめることになり、補給をするためにやむなく立ち寄った上月駅で、
リキさんは仕事の先輩にばったりと出会うことになりました。
ノブさんというこのお方、なんと還暦からトライアスロンを始めて、今では立派なアイアンマン。
この日開催されていた、神戸マラソンのエントリーに落選したため、
相生からいつものトレーニングコースを走って上月駅まで来たそうです。

しかしこの出会いはものすごい確率ですね。
まず大前提として、コギコギさん、リキさん、僕の全員がブログを書いていなければ、
この日、西播磨で一緒に走るなんてことはなかったはずです。
まずはそれぞれがブログを通して交流があったことを発端に、僕がリキさんをビワイチに誘って仲良くなって、
さらにおばさんとリキさんが会ってみたいと言う事で、コギコギさんが2人の予定が合う日に西播磨にお招きし、
この日のライドが始まりました。

そしてバイソンさんが案内した龍野でリキさんのスイッチが入り、新さよをあきらめざるを得なくなったことで、
僕たちはノブさんが来るタイミングで上月駅にいることができました。
思い返してみれば、上月駅で補給することになる前に、コンビニとかでもいいか・・・という話になっていたのですが、
何がどうなってのことかは分かりませんが、気がつけば上月駅に行くことになっていたんです。

一方でノブさんも、毎週の様にトレーニングで走っているコースとは言え、神戸マラソンに当選していれば
この日、上月駅に来ることなんてなかったのです。

そこでたまたまおばさんがCEEPOのバイクに気がついて、そのことを口に出して言ってくれました。
たまたまリキさんが仕事の先輩がトライアスリートで、CEEPOにBORAをはかせていることをブログに書いていました。
たまたま僕がその記事にコメントして、リキさんが相生に住んでいる人だと教えてくれていました。
そして僕はそれを覚えていました・・・


僕たちにとって、リキさんに新さよのホルモン焼きうどんや上ホルを味わってもらえないことは残念なことでした。
ノブさんにとっても、神戸マラソンを走れないことは残念なことだったでしょう。
しかし、それはリキさんとノブさんが奇跡的に出会うことで、全部帳消しになりました。

今回の奇跡的な再会に立ち会えたこと・・・
そしてその再会に至る経緯の一端に僕の存在があったということが、とても嬉しく幸せな気分になりました。
b0299252_0314861.jpg
上月駅からはノブさんも一緒に走ることになりました。
ゆったりとしたペースだったので、ノブさんにとってはトレーニングにならなかったと思いますが、
ノブさんはリキさんと走ることを楽しんでいるように見えました。
b0299252_0342488.jpg
あっ! 油断してたらバイソンさんが飛び出していきました。
それはいつもの光景・・・だけどリキさんとノブさんの奇跡の再会を経験した後では、少し違って見えました。
僕とバイソンさんもほんの少し事情が違っていれば出会わなかったかもしれない。
そう思うと、いつもの光景が当たり前に思えなくなってきました。
当たり前じゃないその飛び出し・・・放っておいたらもったいない(笑)

「リキさん、追いますか?」

   「うん、追いましょうか!」

笑顔で答えてくれたリキさんを乗せて、バイソンさんにロックオン!
おっと! マスオさんも乗ってきた♪
マスオさんと一緒に走れているのも当たり前じゃないから楽しんでもらわないとね!

最後はやっぱりタレたバイソンさんも列車に乗せて、ちょっぴり高速巡航。
バスク輪さんもノブさんもついてきてて、みんな笑顔で楽しんでいただけたかな?
b0299252_0492928.jpg
その後は『木漏れ日ロード』
b0299252_0524577.jpg
b0299252_0533927.jpg
坂越浦を一望できる妙見寺・観音堂へご案内。

※ 参考資料
b0299252_0552460.jpg
観音堂から坂越浦の風景を楽しむときは、上の画像の様にしてじっくりとお楽しみください♪


そして最後はもちろんだるま珈琲♪
b0299252_0594916.jpg
おや?欠席の子がいたようですね(笑)
ほんの少し事情が違っていれば、僕もこの日のライドは欠席していたかもしれません。
尚、欠席の子は写真撮影の後、駆け込んできましたけどいつもどおりの扱いです。

みんなでわいわいとロードバイク談議。
気がつけばきのこだけさんの股関節にはいったいなにがはさまっていたのかを議論する場に発展していました(笑)


最後もいつもの様な楽しみ方で締めくくることとなった西播磨ライド。
しかしリキさんが来て奇跡の出会いを間近で見たことで、
いつもの楽しみ方がいろんな偶然の出会いの積み重ねでできていることに気付くことができました。

さて、次は僕が愛知方面へ出向く番。
そこではどんな出会いがあり、その出会いは何をもたらしてくれるのか・・・
今から楽しみでなりません♪

<走行データ>
走行時間 5:03:26
走行距離 115.44 km
獲得標高 961 m
平均速度 22.8 km/h
最高速度 56.6 km/h
平均cad 67 rpm
平均心拍 121 bpm
最大心拍 172 bpm
消費カロリー 1,517 C

<おまけ>
リキさんとともに走った龍野の街の車載動画です。
元動画ではリキさんの楽しそうな表情が見て取れるのですが、アップロードしたら画質が悪くなってしまい・・・(T-T)(T-T)(T-T)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
さて、この日は遅くまでリキさんと一緒に食事をしてたので相生に泊まりました。
翌朝の起床時刻は5:15分。
同じく相生に宿泊したリキさんとともに向かったのはもちろんあの場所です。
その様子は次回にて♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-13 01:26 | グループライド | Comments(14)

みんなリキさんを待っていた。

11月23日の業務日報・3ページ目

龍野の街を出て、次なる目的地は佐用。
佐用には立ち寄りたい場所が2箇所あります。

ひとつはコギコギさんがこの時期にソロで走るときには必ずと言っていいほど立ち寄る場所・・・
樹齢千年を超えるといわれている「佐用の大イチョウ」です。

もうひとつはホルモン焼きうどんと上ホルといえばお分かりでしょう。
「新さよ」ですね。
b0299252_22474158.jpg
その両方に寄るべく、国道179号線・出雲街道に入ってからコギコギさんが程よいペースで先頭を牽きました。

それにしても無事に龍野の街の案内という大任を全うしたバイソンさんのテンションが高かった・・・
b0299252_22551599.jpg
カメラを向ければポーズをとり・・・(これはいつもどおりか・・・)
b0299252_2334012.jpg
見通しの良い直線ではBダッシュ!(これもいつもどおりかも・・・)
b0299252_2335734.jpg
坂道でも飛び出したのちタレて、リキさんに差されそうになって・・・(あっ、やっぱりいつもどおりやん!)

はしゃいでるな~と思っていたら、次ののぼり坂でコケてました(笑)
ディレーラーハンガーを曲げちゃってちょっとした授業料をお支払いする羽目に・・・(ノ∀`)アチャー
その後はちょっぴり大人しくなったかな?

まあ、そんな感じのバイソン劇場を楽しみながら、3つの坂道を越えて佐用の街へと入りました。
しかし残念ながら、大イチョウと新さよの両方に寄るには時間が足りなさそうです。

「ん~・・・大イチョウは是非見てみたいね。」

ここはやはり、スペシャルゲストのリキさんに決めていただきましょう!
ということで新さよはお預けです。
新さよより大イチョウを選ぶのが、いかにもリキさんらしいですね。
僕も佐用の大イチョウは見たことが無かったのでちょうど良かったかもしれません。

コギコギさんの誘導で大イチョウへと向かいましたが、なかなか見つけにくい場所にありました。
b0299252_23144339.jpg
黄色い絨毯が敷き詰められた場所から見上げると・・・
b0299252_23154364.jpg
ダメだ・・・大きすぎてカメラに収まりきらない!

さらに引いてみると・・・
b0299252_23163447.jpg
大イチョウの全体像。
大きい・・・ものすごい存在感!
b0299252_23175325.jpg
みんな、再びため息とも歓声ともつかない声をあげて大イチョウを見上げていました。
b0299252_23214146.jpg
大イチョウのすぐ横には智頭急行とJRの線路があります。
特急列車が巻き起こす風が大イチョウの葉を散らし、それはなんともキレイな吹雪に・・・
b0299252_23191053.jpg
あっ、スイッチ入りましたね♪
どうぞ、ごゆっくり・・・

実はこの次の日も僕は大イチョウを訪れることになるのですが、一晩でずいぶんと葉っぱが落ちてしまったようで、
ちょっぴりさびしい見た目になってしまっていました。

聚遠亭(しゅうえんてい)の紅葉といい、佐用の大イチョウといい、
西播磨の自然がリキさんを楽しませるために待ってくれていたのかもしれません。


しかしリキさんを待っていたのは自然だけではありませんでした。
b0299252_23291628.jpg
新さよでの代わりに食事を摂るために立ち寄った上月駅。
ここでまずおばさんがあることに気がつきました。

「なんかもうひとり自転車乗りが来たわよ~。
 CEEPOのバイク。」


これを聞いて、僕はあれ?と思いました。
西播磨のCEEPO乗り・・・そしてリキさん・・・まさかね。

「ひょっとしてホイールはBORAでした?」

僕の頭に浮かんだのは、以前、リキさんが書いたブログの記事でした。
リキさんの仕事の先輩がトライアスリートで、電動デュラエースで組んだCEEPOのバイクにBORAを履かせていると・・・
それを読んだ僕が、まるでぴよぴよさんみたいですね、とコメントしたところ、その先輩は相生に住んでいる、と
リキさんがコメントを返してくれたことを覚えていたのです。

そしておばさんが見たCEEPOのバイクをこの目で確認しに行きました。
あらま!

まさか・・・という思いが確信に近づきました。

「リキさん・・・CEEPOにBORA・・・
 このバイクってひょっとして・・・」

   「えっ!? まさか~!!?」


するとCEEPOの持ち主らしき白髪の男性が近づいてきました。
リキさんはその男性を見て、確信したようです。

「ノブさん!?」

   「えぇ~っ!! リキさん、なんでこんなところで走ってるの~!!?」

b0299252_2349438.jpg
なんの約束もしていなかった2人がまさかの再会。
こんなことってあるんでしょうか?

自然だけではなく人までも・・・
きっとみんなリキさんを待っていたんだ。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2014-12-10 23:56 | グループライド | Comments(14)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30