住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アカン日やったか・・・

7月13日の業務日報・2ページ目

「いつもはどのくらいの間隔で休憩を入れますか?」

  「うーん、アワイチなら水仙郷を越えるまではノンストップですね。」


走り始める前にひとまず初対面のおふたりに休憩頻度の確認を取りました。
ペースさえ間違えなければ、はりまシーサイドロード入口の道の駅みつまではノンストップで行けそうです。

そしてだるま珈琲を目指す往路がいよいよ始まりました。
b0299252_23311461.jpg
「あ・・・いつもの西播磨や!」

行く先には、僕たちを引き合わせてくれた、西播磨在住の超絶雨男の存在を感じます(笑)

そして走り始めると風向きがなんだかおかしい・・・
だいたい神戸から西播磨に向かうときは、向かい風が吹くことが多いのですが、この日はなんと追い風・・・
かなり強力に僕たちの背中を押してくれます。

こりゃあ、快適だ!

この日は〝接待ライド”とちょろりゅうさんから言われておりまして・・・
つまり僕が先頭を牽いてふたりをもてなすということらしいのですが、追い風であればそれも苦にはなりません。
軽く足を回すだけでラクラク35km/h巡航です♪

えっ!? 帰り???
うーん、今は考えないっ!!


まだ起こっていない先のことは先で考える。
それが今を楽しむ秘訣なのさ~♪



さて、集合時間が平日の午前8時ということもあり、道路は通勤の車でいっぱいでした。
そこに狭い道をルートに入れてしまって失敗!
できるだけ速やかに、片側二車線で路肩が十分にある幹線道路へと進路を取りました。
そして幹線道路に出るといよいよ今回のライドも本番です。

最初はやはり35km/hくらいでラクに先頭を牽いていました。
b0299252_2342744.jpg
へっちょさんも余裕綽々の笑顔です。

しかしここで「我が道を往く」がモットーのちょろりゅうさんが早速動きました。
b0299252_23433591.jpg
我が道を往く先頭交代発動でペースは40km/hほどまでに上がりました。

あれ? 今日って接待ライドちゃうん!?

まさかの逆接待に苦笑い。
しかしへっちょさんの様子を見る限りでは、どうやらペースアップはいつものことのようです。
ふむ、では僕ももうちょい頑張ってみよう・・・

我が道を往く先頭交代には志願制の先頭交代で応戦!!
テキトーな頃合いに声をかけて再び先頭を牽いて、しばらくしてちょろりゅうさんが先頭を牽くの繰り返し・・・

ちなみにこの先頭交代方法はペースが上がりやすく、最終的には45km/hくらいまで上がっていました(笑)
追い風のおかげで、レースの先頭集団の中にいるような感覚で走り続けることができて気持ちよかった~♪


さて、ちょろりゅうさんが先頭を牽いているときに気が付いたことがあります。
それは前方の危険物や信号の変わり目への気づきがとっても早いということ。

基本的に僕は、初めて列車走行をする相手の真後ろにはつかず、車間もやや開け気味にしますが、
ちょろりゅうさんの場合は真後ろについても安心感がありました。
そしてそれは後で先頭を牽くことになったへっちょさんも同じでしたね。
列車走行時におけるストレスが低減されるので、これは助かりました。

そしてもちろん危険物や信号停止の際にはハンドサインが出るのですが、
ちょろりゅうさん、なにやらしきりに前方に手を動かしています。

ひょっとして指差し確認!?

僕がその手の動きに気が付いたのが信号の手前だったので、
てっきり歩行者用の信号を確認するときに指差ししているのかと思いました。
しかし真実は違いました。

ちょろりゅうさんが指差し確認っぽい動作をしたので、いつもの癖で「はいっ!」と声を出すと、
「何かあった?」と言いたげな表情でこちらを振り返るちょろりゅうさん・・・

ありゃ!? 指差しちゃうかったんかな???

それでもまた指差し確認っぽい動作を何度もするので注意深く観察していると・・・

なるほどっ!!



汗を拭っているだけでした(笑)

上がるペースに上がる気温・・・
汗っかきだというちょろりゅうさんの顔からは汗が噴出しているようです。

「プヒー!!」

  「ちょろりゅうさんのそんな声、初めて聞きましたよ(笑)」

もうね、変な声が出るくらい暑いんです!
ペースがそこそこであればいいんですけど、上がり切ってしまいましたからね・・・
b0299252_23591424.jpg
「水風呂入りてぇ・・・」

  「いいっすね~♪」

「入ったらライド終わりますけどね(笑)」


その後、スーパー銭湯の看板を見つけた時は、ライド終了の危機でした(笑)
b0299252_034915.jpg
そしてあまりの暑さにノンストップで道の駅みつまで走るプランは崩壊。

上がったペースにより上がった体温でまずは加古川を渡った時点で1ストップ。
そして雨が降って少しは涼しくなるかに思われましたが、これが全くの期待外れでして、
申し訳程度に雨粒が落ちてきただけ・・・
聞くところによると、この日バイソンさんは西播磨にいなかったようで・・・納得!!

さらにこれまで強烈に背中を押してくれていた風が姫路の市街地を抜けたあたりでは横風に・・・
精神的に消耗したところで2ストップ(笑)
暑いわ、風は強いわで予定よりも1時間近く遅れが出ていました。

初のグループライドでのジソーだるま。
それは楽しいものになると思っていましたが・・・こんなはずじゃなかった!!

もしかして今日って乗ったらアカン日だったんじゃ?

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ここで本編から離れてお知らせです。
もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、臨時漕会のチームメイト、hiroさんがブログをはじめましたよ~♪

『Road to resurrection』

ぜひ、読んでポチっとな!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-07-31 00:22 | グループライド

ご近所がお留守番状態、解消する。

本来なら、昨夜のうちに7月13日のライドの様子の記事を書くつもりでしたが・・・

パソコンぶっ壊れました\(^o^)/

ということは・・・

記事書けません!!\(^o^)/\(^o^)/

今日の仕事の昼休み中に、スマホから書いた記事を上げようかと思ったのですが、
慣れないことはするものではありません。
結局無駄に休憩時間を使っただけで、まったく記事が書けませんでした(´・c_・`)

で、今こうやって記事を書いているわけですが、なんで書けているかというと・・・

さっそく新しいパソコン買ってきました♪O(≧∇≦)O

壊れたパソコンはすでに6年選手。
壊れたパーツはおそらく電源だと思うのですが、確証は持てなかったので思い切って新調することにしたんです。
で、そこまで決まったらあとは行動あるのみ!!
仕事終わりにお店に寄って、絞り出した予算と相談しながらテキトーなスペックのものを選んで即決購入。
お持ち帰り~♪

あぁ、ブログが書けるって素晴らしい!!

ということで、今夜はブログをかける喜びをかみしめながら、キーボードを叩いています。
いろいろとドタバタがあったので短めの記事ですが、そこは勘弁してくださいね!

それでは・・・



7月13日の業務日報・1ページ目

今さらですが、僕は神戸在住のローディです。
当業務日報では、ライドの舞台が西播磨だったり、淡路島、琵琶湖、山陰、東海だったり、
神戸はち~っとも出てこないのですが、それでも正真正銘の神戸在住のローディなんです。

ちなみにロードバイク仲間にはとっても恵まれています。
西播磨をはじめとして、島根、鳥取、香川、徳島、大阪、京都、滋賀、奈良、三重、愛知、岐阜などなど、
さまざまな場所に仲間がいます。

えっ? 神戸市内にはいないのかって!?

失礼な! もちろんいるに決まっているじゃないか!!

3人だけだけど・・・


そんな僕に、臨時漕会のメンバーからとあるお話が舞い込んできました。
そのメンバーは西播磨在住のバイソンさん。
どうやら社外研修で知り合った人がローディさんだったようです。

「業務日報の読者に出会った(笑)」

しかもそのローディさんはなんと当業務日報を読んでくださっているとか・・・

ということで、バイソンさんの紹介によりそのローディさんとFacebookで友達になりました。
さらにFacebookでやりとりをしていると、なんと住んでいる場所も近所だとか・・・

ここに住友輪業のご近所がお留守番状態の解消を宣言する!!

もうこうなると、一緒に走らない手はありません!!

ということで、走る約束をしてライドの企画を練りました。
そのライドの名は「ジソーだるま」
明石海峡大橋の下で集合し、はしまシーサイドロードと万葉岬経由でのだるま珈琲への往復ライドです。
ルートにもよりますが、だいたい140~160km位のライドですね。

尚、この「ジソーだるま」ですが、僕は何度もソロで走っています。
ただ、はりまシーサイドロードと万葉岬、だるま珈琲以外は見どころもなく、走っても面白くない道が続くので
基本的にはブログの記事にはしていませんでした。

いや、書いてもいいんですが、書いていると思い出すんです。

走っている時の辛さを・・・(´ρ`)


たとえば今年のゴールデンウィークだったと思いますが、土曜日の午後3時ごろに仕事が終わり、
それから走ったジソーだるま。
午後3時過ぎ発ということで、往復Ave.30km/h近くで走ったというのに、自宅に帰り着いたのは10時前でした。
往路は万葉岬からの夕景や、だるま珈琲で味わう美味いコーヒーのご褒美があるのですが、
復路で待つのは信号地獄の走りにくい道とナイトライドのみ・・・
8時ごろには僕の心は完全に「無」になっていました(笑)

本当に、楽しくなくて辛いだけなんです・・・



さて、ライド当日。
辛い「ジソーだるま」も、ご近所ローディさんと一緒に走れば楽しい道のりになるかも♪
そんな期待を胸に、僕はこの日、集合場所の明石海峡大橋の下に向かいました。

明石海峡大橋博物館の前には黄色いジャージを着たローディさんがすでに到着していました。
彼のハンドルネームはへっちょさん
バイソンさんが知り合ったローディさんの後輩にあたる人で、彼も僕のご近所に住むローディさんです。

「ジソーだるま」を走ると決まった時に、もうひとり連れていきたいとの申し出があったので快諾。
それがへっちょさんだったんですね。

そしてしばらくすると、なぜか自宅の逆方向から登場したローディさん。
そのローディさんこそが、バイソンさんと知り合ったちょろりゅうさん

「我が道を往く!」

どうやらそれが彼のモットーのようで・・・
なるほど、登場した方向が家とは逆方向だったのも頷けます(笑)

そしてそんなちょろりゅうさんにいつも引き摺りまわされた挙句、千切られるというへっちょさん。

「我が道を逝かれる・・・(´ρ`)」

それがへっちょさんのモットーか?(笑)
b0299252_23294686.jpg
ある意味、相性ぴったりな2人のご近所ローディさん。

史上最高に楽しいジソーだるまがはじまる!!

・・・のか???

ここまで読んでいただきありがとうございます。
尚、ちょろりゅうさんは厄年だそうで・・・
業務日報初登場を楽しみにしていただいていたようですが、厄のおかげで延期になったのか!?

んっ? ということは・・・

パソコン壊れたのちょろりゅうさんのせいじゃない!??

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-07-28 23:35 | グループライド

10年以上経っても人々の温かさは変わらない。

さて、今回の投稿が東讃ライド最後の記事となります。
今回は遠征した僕たちを迎え入れてくれた方々にフォーカスを当ててみます。

7月12日の業務日報・3ページ目

臨時漕会はある意味においては特殊なチームで、チームメンバーが兵庫・大阪・島根・香川・徳島・三重と、
広域に散らばっているんですよね。
普段はそれぞれのチームメンバーはそれぞれの地元で練習したり、ライドに出かけたりしています。
そしてその様子はFacebookに投稿され、他のチームメンバーにも共有されます。

その人によって、いつも走る場所やよく立ち寄る場所があって、まだ見ぬ地であったとしても、
それらの地名や風景の写真は遠く離れたチームメンバーにも知れ渡ることになります。

「あの人がいつも走っているコースはどれだけキツいんだろう?」

  「あの場所からはどんな美しい風景を眺めることができるんだろう?」

    「いつも寄ってるあの店のあの料理・・・メッチャおいしそう♪」

繰り返し投稿されるその場所への想像は膨らむばかり。
そうなるとやっぱりそこを走ってみたくなるんですよね。

そして今回の東讃ライドは、ずいぶんと前からやってみたいという話はあったものの、
なかなか実現しなかったことは2つ前の記事に書いたとおりです。
今回のライドの予定が決まった時は、「待ってました!」とばかりに、すぐに参加の意思表明をしたことを覚えています。
それはもう楽しみでした。



しかし僕たち以上に今回のライドを楽しみにしていたのは、
今回のライドの舞台が地元のタイプRさんうずしおさんご夫婦だったのかも・・・


僕もそうですが、親しい友人を地元に招いて案内するのって本当に楽しいですよね。
そしてちょっとドキドキもします。

「僕の案内する場所を楽しんでもらえるかな?」

  「あの店、自分ではおいしいと思うけど、みんなの口に合うかな?」

自分自身の地元を楽しんで欲しいという期待と、その期待が大きければ大きいほど膨らんでゆく不安・・・

それは今回の案内役のタイプRさんとうずしおさんご夫婦の行動に現れていました。
b0299252_2384764.jpg
上の写真はスタート前のブリーフィングの様子です。
お2人は、この日走るルート上で注意が必要な場所のストリートビューをプリントアウトして用意していました。
注意事項なんて口頭の説明だけで充分そうなものです。
しかし、地元で楽しい思い出を残してもらうにはまず無事故と言う大前提があるという思いがあったのでしょう。

さらにところどころにある分岐点・・・
その情報もしっかりと直前の休憩時間を使ってメンバーに共有化してくれました。

お陰で迎え入れてもらう僕たちは、ライド中に余計な心配事をすることなく、ただただ楽しむことができました。
b0299252_23144048.jpg
「ちょっと~! そこ右に曲がってよ~!!」

  「ゴメ~ン、行き過ぎた~!!」


タイプRさんが道を間違えそうになってうずしおさんに呼び止められたり・・・
b0299252_23241449.jpg
「お店はここの角を曲がって・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 行き止まりでした!!」


うずしおさんが曲がる場所を間違えたり・・・

まあちょっとしたアレもありましたが、それもまた楽しい思い出になりました。


そうそう、うずしおさんと言えば、この日は故障した右肘のリカバリー中。
万全ではない状態でのライドということでしたが、ヒルクライムだけショートカットして僕たちを案内してくれていました。

僕たちが遠回りでヒルクライムを楽しんでいる間に、ひとり平坦路を走って先回り。
b0299252_2327344.jpg
そして合流ポイントでは差し入れを用意してくれるというホスピタリティ。
b0299252_2329485.jpg
またこのチーズケーキ差し入れが、よく冷えてメチャクチャおいしい♪
みんな大絶賛でした。


そして差し入れといえばもうひとり。

ライド最後の立ち寄り場所、大串半島で合流したアパッチさん
b0299252_23346100.jpg
なんと僕たち全員にいきわたるように、大量のアイスコーヒーとお菓子を用意して待っていてくれました。

ちなみに大串半島まではちょっとしたヒルクライムがあるのですが、
そこまでロードバイクではなくクロスバイクで来られていました。
全てはバックパックに大量の差し入れを入れて運ぶため。
深い前傾姿勢のロードバイクでは、あの差し入れの量ではバックパックがず背中かられてしまいそうですからね・・・

よく冷えておいしいコーヒーが嬉しかった。
そしてそれ以上に、そこまでして僕たちに差し入れをしてくれたアパッチさんの気持ちが本当に嬉しかったです。



僕が大学1年生だったころ、夏休みを利用してランドナーで四国1周の旅をしたことがあります。
その時の思い出はやや薄れつつありますが、それでも強烈に残っている印象があります。

それは四国の人々がとっても温かかったということ。

雨の野宿で体育館の軒先でテントを張っていると、近隣住民の方が家に泊めてくれようとしてくれたり・・・
それを断った翌朝には、テントまでおにぎりと温かいお味噌汁を持って来てくれたり・・・
素泊まりの安宿に泊まったら、地元の漁師さんがやってきてカツオのたたきを振舞ってくれたり・・・
鳴門海峡大橋をわたる唯一の公共交通機関の高速バスで輪行ができないと知り立ち尽くしていたら、
漁協の方が漁船で淡路島まで自転車ごと乗せてくれていったり・・・
しかも燃料代を受け取ってもらえなかったり・・・

10日くらいかけてゆっくり回った四国には、ここでは語りつくせないような素晴らしいエピソードがたくさんありました。

そして今回のライドではそんな数あるエピソードを改めて思い出すような温かさに触れた気がしました。

そのお陰で僕たちは気兼ねなく・・・
b0299252_23503534.jpg
走って・・・
b0299252_23512649.jpg
食べて・・・
b0299252_2351586.jpg
風景を愛でて・・・
b0299252_23522499.jpg
はしゃいで・・・
b0299252_23532884.jpg
そして笑って楽しむことができました。

全ては迎え入れてくれた方々の温かいおもてなしのお陰です。

ありがとう、本当にありがとう!

タイプRさん、うずしおさん、アパッチさん。

まさにパーフェクト・ホストでしたよ♪

以上、業務報告終了!

<走行データ>
走行時間 4:20:50
走行距離 103.23 km
獲得標高 1,145 m
平均速度 23.7 km/h
最高速度 60.1 km/h
平均cad 70 rpm
平均心拍 132 bpm
最大心拍 177 bpm
消費カロリー 1,784 C
平均気温 27.4 °C

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回は僕がはじめましてなお2人をお接待!?

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-07-26 00:00 | グループライド

三歩進んで二歩下がる♪

今回の東讃ライドは、『住友輪業の業務日報』のニュースタイルを試験導入しています。
時系列に囚われずに、人物にフォーカスを当てて書いています。
1ページ目はただの坊主にイメチェンしたこつねさんにフォーカスしました。
そして今回は、ミドレンジャイなあの人です。

7月12日の業務日報・2ページ目

こつねさんがイメージチェンジに成功する少し前、僕は長い上り坂を最後尾で走っていました。
共に最後尾を走っていたのはセーテンさん

セーテンさんといえば臨時漕会内に大小さまざま煩悩の数だけあるという部活のうち、
最もメジャーと言っても過言ではない『肉部』の部長。
とっても食いしん坊なイメージがある彼ですが、実はロードバイクに乗らせるととっても頑張り屋さんなんです。
ここ最近までダイエットに励むと同時に、頻繁に万葉岬に上ったり、ローラー台を回したりと、
その実力を着実に向上させてきていますしね・・・

しかしそこはさすがの肉部長。
今回のライド直前に、仕事で海外出張に行っている間、連夜の飲み会があったらしく体が重そうです。
b0299252_23162450.jpg
特に長い上り坂になるとしんどそう・・・
序盤の長めの坂道では、勾配が増すにつれてギヤが足りなくなってジリ貧の走行を強いられていました。

「せっかく前より速く走られるようになってきてたのに~!」

  「三歩進んで二歩下がっちゃった?」




それでもしっかりと粘って脚付きする気配すら見せなかったのはさすがです♪
出会った頃はちょっとした上り坂でも心拍数が190bpmに達していましたから、かなり走力が向上したと思います。
かつては3桁に達していたという体重も、今では90kg近くまで落とし、今なお減量中ですしね。

そんなセーテンさんが今回のライドではとても輝いていました。
b0299252_23261646.jpg
セーテンさんが輝きを見せ始めたのはライドの後半。
前半で坂道といえばセーテンさんが苦手とする長いヒルクライムだったのですが、
後半の坂道はパンチ力で上りきれる短い坂道が主体となっていました。
b0299252_23431587.jpg
そこではセーテンさんが積極的に仕掛けます!
b0299252_23433225.jpg
また仕掛けます!
b0299252_23434693.jpg
またまた仕掛けます!!



b0299252_23555287.jpg
そして沈みます(笑)

坂道の途中でタレようとも、何度しんどい思いをしようとも、次の坂道では果敢にアタックを繰り返していました。

「うわ~! またいきやがった!!」

  「アイツ、絶対に速なるで!」

    「1年後の走りが楽しみですよね♪」

その姿を見た他のメンバーからは驚きと称賛の声が上がっていました。
そして触発されるメンバーたち。
b0299252_011031.jpg
今回の東讃ライドはポタリングのはずでしたが、ボーンズさんをはじめ、汗がポタリングになる者が多数出現(笑)

「誰だ~! ペースを乱すヤツは~っ!!?」
b0299252_032219.jpg
  「緑の人です!!」

タイプRさんの問いかけには、この日参加した全員が同じ返答をしたと思います。
しかしセーテンさんはおかまいなし!
何度も何度も追い込めるだけ追い込み続けていました。
昨日の自分よりも速く走るため、そして明日の自分は今日の自分より速く走られるように・・・

それは明らかな前進の歩み!

坂道に苦しみながらも、その表情は生き生きとしていました。



一方で・・・

b0299252_0154044.jpg
「鶏天ざるうどん大盛り~♪」

b0299252_0154938.jpg
「抹茶和三盆カキ氷~♪」

b0299252_016261.jpg
「ハマチどーん♪」

b0299252_0161029.jpg
「骨付鳥~♪」

肉部(一部肉部管轄外のモノも・・・)の仕事も怠らないッ!!

それは明らかな後退の歩み!

食べ物を目の前にすると、その表情は生き生きとしていました。


ある意味台無し・・・
でもそれもいいんじゃないでしょうか?
僕たちは素人で、ロードバイクを趣味として楽しんでいるのですから。

三歩進んで二歩下がる♪

それが清く正しい楽しみ方だ!
楽しく楽しく頑張ればいいと思うよ!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
二歩以上は下がらないように!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-07-24 00:30 | グループライド

イメチェン大作戦!

7月12日の業務日報・1ページ目

b0299252_239092.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・´ω`)ノオハヨォ

この日は臨時漕会・讃岐支部のタイプRさんと奥様のうずしおさんにお招きいただき、香川県を走ることになりました。
香川でのライドは臨時漕会内でかなり前からやろうという話がありましたが、実現していませんでした。
しかしここ最近の遠征ラッシュのお陰で、香川へ行くという行為のハードルが下がってきたのか、
今回はすんなりと実行に移すことができました。

煩悩の数だけあるという臨時漕会のアジト。
今回の集合場所は第103号アジトです(笑)

そこに午前8時に集合というのに、僕は1時間前の午前7時に着いてしまいました。
先週からの風邪を引きずっていたため、早めに到着して車の中で休んでおこうと思ったのです。
しかしそこはうずしおさんが僕の到着に気付いてくださって、第103号アジトの中に招き入れてくれました。
b0299252_231889.jpg
そしてこうなった \(^o^)/

生脚チラ見せでダンボール上に横たわるのはいつ以来だろうか・・・(笑)

そこにクライムさんが到着。
b0299252_23203034.jpg
「うわぁ・・・朝から濃い会話しとるわぁ・・・」

まるでそう言いたげなワンコの後姿ですが、筋トレ談議に興味深々の様子でしたよ(笑)
b0299252_23234130.jpg
そして続々と第103号アジトに到着する臨時漕会メンバー。

今回の参加者はホスト役となるタイプRさんうずしおさん、そして土地勘のあるボーンズさんがサポート役。
クライムさんコギコギさんセーテンさんディーさんバスク輪さんモーニングさん、住友輪業。
b0299252_23342144.jpg
そしてこの赤いジャージは・・・っ!!

アカン!!

サイクリングイベントなのにローラー台でアップをし、とんでもないスピードで駆け抜けることで有名になりつつある
「アカン人」もしくは「具合が悪い人」ことこつねさんも参加です。

さて、そのこつねさんですが、僕が以前に書いたブログ記事に意見があるようです。
その記事とは『アカン人、本領を発揮する。』ですね。
こつねさんが初登場の回で、まさにこつねさんのアカン人っぷりを紹介する記事です。
割と面白かったよ、と言っていただける記事ですし、こつねさんご自身にも満足していただいていたつもりでしたが・・・

「アカン人のイメージが強すぎて一緒に走る人が引いてしまうんです・・・」

ほほぅ・・・、それは由々しき事態。
ということで、この日はイメージチェンジを図りたいとのこと。

う~ん、でもアカン人なイメージは“身から出た錆”的な感もあります。
僕は真実を元に記事を書きますので、イメチェンを果たせるかどうかもこつねさん次第ですね。
さて、どうなることやら・・・

b0299252_011256.jpg
人数が多いので2班体制でライドがスタートし、こつねさんは先行班、僕は後続班に分かれました。
しかし先行班は視界に捉えられる場所を走っています。
b0299252_013433.jpg
やがて、ダム湖に至るのぼり坂へ・・・
しかしここでも先行班からこつねさんは飛び出しません。

走力で言えば、この日集まったメンバー内では頭ひとつ抜き出ている実力を持っているはずですが・・・
なるほど、こつねさんのイメチェンへの思いは本物のようです。
しかし果たしていつまで耐えられるかな?
b0299252_0153342.jpg
最初の休憩場所となった道の駅ではパンを大量購入し、食いしん坊アピールでゆるふわ感を醸し出していましたが、
僕から見ると、次の坂道に向けて補給しているようにしか見えません(笑)

その後、長く緩い坂道が続きましたが、僕は風邪のため最後尾でゆるゆる走っていたために、
こつねさんの動向を見ることができませんでした。
しかし先頭グループで走っていたことは間違いなさそうです。

そして次はお遍路の最後の札所である大窪寺へのヒルクライム。
坂を下りきった場所で待っていたメンバーを、僕はそのまま止まらずに追い越して先回り。
そして途中で止まってカメラを構えます。
b0299252_021433.jpg
するとボーンズさんがペースアップして先頭でのぼってきました。
その後ろをモーニングさん、クライムさん、ディーさんが集団で楽しそうに追走。

さらにその後ろには・・・
b0299252_0221786.jpg
逃げて~! 丸臨ジャージ逃げて~!!Σ(゚Д゚;)

そこにはものすごい勢いで追走していくこつねさんの姿が!!
やはりイメチェンはできないのか!?
b0299252_0253182.jpg
大窪寺の前のお店ではコーラの早飲みで・・・んっ!?それなんのアピール??(@_@;)
よくわかりません(笑)
b0299252_0282351.jpg
大窪寺では、最近周りで頻発している落車のためか、落車回避の参拝です。

しかし丸臨ジャージがこれだけ横並びで揃うと壮観ですね♪
寺社仏閣など、日本の建築物とのマッチングも最高です。

そしてその横では・・・
b0299252_0313747.jpg
完全に一致!!

なんだ、ただの坊主か・・・
こつねさん、図らずもな形ではありましたが・・・

.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆.
イメチェン達成、おめでとうございます!!



その後、平地でうずしおさんが先頭を牽くシーンがあったのですが、向かい風になると・・・
b0299252_044659.jpg
「こつね、牽きなさいっ!」

   「はいぃっ!!」


こんなシーンが何度か見られました(笑)
b0299252_0451711.jpg
今回、この大窪寺をコースに組み込んだのはうずしおさん。
うずしおさんのお陰でイメチェンを果たしたこつねさん・・・頭が上がらなくなったのか??

ここまで読んでいただきありがとうございます。
兄弟か? それともドッペルケンガーか?

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-22 00:45 | グループライド

復活ライドをお見送りしたら自分がくたばりましたorz

7月6日の業務日報

7月5日は自宅から自走で「茶丈藤村」へのライド・・・「ジソートーソン」を企画していました。
姫路駅発の西播磨組、西明石駅発の東播磨組、名古屋発の三味線組が参加するこのライド・・・
ブロガーさんだけでもダイズさんリキさんコンソメさんよしひろさん、そして僕の5人が参加と、
ライドだけではなくその後のブログも大いに楽しめると思っていたのですが、残念ながら雨で中止となってしまいました。

そして中止が決まって暫くすると気が抜けてしまったのか、どうやら職場でもらったらしい風邪を引いてしまった様です。
ということで、5日は乗ろうと思えば乗れなくは無い天候でしたがノーライド。
その代わりに機材のメンテナンスを行いました。

レーシングスピードXLRに履かせていたヴィットリア・コルサCX-Ⅲがそろそろ寿命・・・
ということで履き替えです。
b0299252_22103158.jpg
念願のヴェロフレックスを投入です♪

う~ん、イタリアントリコロールと独特のタイヤパターンがカッコよす♪

「Veloflex Carbon」
国内価格が13,000円を下回らないこのタイヤですが、海外通販で超お買い得だったので迷わずポチットな♪
グランツールに参戦するプロ選手が自費購入しロゴを消してまで使うというウワサのタイヤです。
クセが無くオールラウンドに使えて、乗り味のしなやかさと転がり抵抗の少なさに定評があります。
果たしてこのタイヤ、性格としては同じ方向性のコルサCX-Ⅲと比べ、その価格差に納得のいく性能はあるのでしょうか?

早く試してみたい!.+゚ゎくゎく.+゚(o(。・д・。)o).+゚ぅきぅき.+゚



ということで、別にソロライドでも良かったのですが、おもしろそうなイベントが立ち上がっていたので参加することに・・・
そのイベントの名もズバリ!

『帰ってきた「ヘイジさんと走ろう臨月会」2015 夏 グルメライド』

臨時漕会ではフェニックスと呼ばれているヘイジさんの復活ライドです。
ここ最近はロードバイクからは遠ざかっていたようなので、易しいグルメライド・・・

と、思いきや・・・

相生から鳥取県の八頭までって・・・う~んと・・・
片道90km程度ってオイオイ!(O_o;)

この日の主催者兼コースディレクターのフクちゃんさんは最近新しいロードバイクを購入したせいで、
具合が悪くなる一方ですね(笑)
嫌いだったはずの坂道も上りまくっているようですし、もう手遅れのようです・・・

往復180kmって書かずに片道90km程度と、数字の見た目で楽に見せようとしている辺りにも悪どさが出ていますね。
しかも八頭までって往復180kmでホンマに済むのかな???


「グルメですよ、グルメ!意味分かってますね?
 グ・ル・メ」


「まままままったりですよ!
 繰り返します。
 まままままったりですよ!」


ヘイジさんの反応も至極当然のものですね。
そして僕はこう思うのです。

「あぁ・・・またヘイジさん騙されるんやぁ・・・」

しかし僕は最後まで見届けることは叶いません。
時間制限つきなのでご一緒できるのは岡山県境までかな?
そのお見送りついでにニュータイヤの感触を確かめます!


前置きなげーよ!
ということで当日・・・
b0299252_22474373.jpg
自転車乗りの朝は早い・・・(´~`) むにゃむにゃ

だるま珈琲前に朝6:15に集合なのにヤバイ時間に目が覚めました。
車を飛ばしてなんとかセーフ!と思ったら、この日参加のミカサさんが集合場所を間違えたらしく
飛ばす必要はなかったようです。
b0299252_22513080.jpg
改めて、この日の参加メンバーを紹介。

臨時漕会からはこの日の主役・ヘイジさん、極悪コースディレクターのフクちゃんさん、そしてバスク輪さん
さらに上郡から合流予定のクライムさん
臨時漕会メンバー以外ではミカサさんが参加です。

「このメンバー、去年を思い出すなぁ・・・」

去年とはC2Cライド・第一弾のこと。
バスク輪さん以外は、あの時のメンバーそのまんまです。
あの時もヘイジさんの復活ライドでしたが、再びヘロヘロリンになってしまうのでしょうか?
b0299252_2305885.jpg
スタート直後、使用前のヘイジさん。
b0299252_2315018.jpg
まずはクライムさんとの合流ポイントを目指し、農道を縫ってまったりとしたスピードでライドの幕開けです。

「この子、神戸に住んでんのにこんな道も知っとんねんで。」

ヘイジさんがミカサさんにおかしな神戸市民のお話をしていました。
一体誰の話や!?

すると・・・

「こっちやったかな?」

前を牽く地元民・フクちゃんさんがミスコース!
もちろんその間違いを真っ先に指摘したのは神戸市民な僕でした(笑)

フクちゃんさん、さっそくのネタ振りとは恐れ入り奉ります(笑)

「次はこっちやったような~」

でもそのネタ振り、二度目は要らんです~(笑)


b0299252_2391085.jpg
迷子モードなフクちゃんさんを先頭に農道を抜けると千種川沿いを走る国道373号線に出ました。
ヘイジさんの復活ライドなので、巡航速度はゆっくり目だろうなと勝手に思っていましたが、
ここはフクちゃんさんが力強く牽き始めました。
上り基調かつ向かい風の道をしっかりと30km/hオーバーで走行です。
b0299252_2312437.jpg
あっと言う間にクライムさんの待つコンビニに到着です。

そしてこの走行ペース、参考にさせていただきます♪
クライムさんの合流後から先頭を牽いたのは僕。
先ほどまでのフクちゃんさんのペースをキープし続け、佐用インター付近まで23kmほど牽かせてもらいました。
b0299252_23171834.jpg
「ペース速いって~!
 まあ、こういってる間は大丈夫なんやけどね(笑)」


途中、ヘイジさんから声が上がりましたが、なんだかんだで楽しそうなのでペースキープです。
しかしスタート時の加速だけは穏やかにすることに気をつけました。
パワーメーターを導入して改めて実感したのですが、ゼロ加速って思った以上に出力が上がるんですよね。
つまり思った以上に脚へのダメージがあるので、特にロングライドの序盤では要注意なんです。
b0299252_2322679.jpg
佐用インター付近からはクライムさんが先頭を引き継ぎました。
ここからは勾配がキツいわけではないのですが、スピードを出そうと思えば出せるくらいの嫌らしさがあります。
b0299252_23372783.jpg
そんな道をアウタートップに駆けて列車から抜け出して岡山県境に到着。
残念ながら、僕はここから引き返します。
b0299252_23383172.jpg
みなさん、この先もご安全に!
b0299252_23385655.jpg
って、止まらんのか~い!?(笑)

みんなここで僕が引き返すとは思わず、そのまま行ってしまいました(笑)
先頭を牽いていたクライムさんに至っては、この先の坂を下りきるまで僕の離脱に気がつかなかったとか(笑)

「見事なフェードアウトでしたね。」

後にミカサさんから評されましたが、褒められた気が全くしませんでした(笑)

さてさて、この先ヘイジさんはどうなることやら・・・
気になるその後の様子は『FUKUCHALING』にて現在進行形で更新中です。
続きが楽しみ~♪ってヘイジさんからのコメントの内容でもうお察しですね(笑)



b0299252_23465173.jpg
さて、岡山県境からだるま珈琲への復路は完全なソロライド。
ニュータイヤの平地巡航時の感触は往路でだいたい掴んだので、帰りはヒルクライムを入れていきます。
b0299252_23483133.jpg
まずは道の駅ひらふくから東へ寺坂峠。
b0299252_23492970.jpg
さらに卯の山峠は短いので追い込みきって三日月へ。
b0299252_23494290.jpg
そこからは意識的に重いギヤを選択してSpring-8で有名なテクノへの坂道!!

3つの坂道を上りましたが、その印象は・・・

重い・・・(´д`ι)

平地巡航でもそういえば漕ぎが重く感じてました。
路面の細かい継ぎ目など、衝撃のいなし方は最高に良いのですが、走りの性能は正直イマイチ!?
遥かに安価なコルサ CX-Ⅲの方が良く感じました。

では、ヴェロフレックス・カーボンは高いだけのダメタイヤなんでしょうか?
その答えはすぐに出ました。

その応えに気がついたのは、テクノからの長い下り坂。
下っているときに異変を感じました。
タイヤではなく、僕自身の体にです。

「寒い・・・((((;´・ω・`))))カクカクフルフル」

さらに、テクノのダウンヒルの先にあるコブをのぼっているときに脚攣りの兆候が・・・
ここまでの走行距離と強度を考えると、脚が攣るなんて絶対にありえないことです。

そういえばそうだった・・・
土曜に職場でもらった風邪。
起き掛けは調子が良かったので、その存在を忘れていました(笑)
平地巡航もヒルクライムも重く感じたのは全部僕の体調のせい!!

ニュータイヤのせいじゃなくて良かった・・・

ってそれもどうなんでしょうね・・・

結局その後、今日に至るまで2週間も風邪を引きずり続けている有様です\(^o^)/
今日(もう昨日か・・・)に至っては予定していた臨時漕会のアワイチもDNS。
一日中布団に潜り続けてトータル17時間の睡眠でようやく復活か?
たまりまくっていた疲れもおかげさまでスッキリです♪

ということで、ヘイジさん復活ライドを見届けた後、2週間に渡りくたばり続けたワタクシ・・・

明日は復活ライドじゃい!!


以上、業務報告終了!!

<走行データ>
走行時間 3:38:12
走行距離 104.61 km
獲得標高 864 m
平均速度 28.8 km/h
最高速度 60.8 km/h
平均cad 90 rpm
平均心拍 148 bpm
最大心拍 180 bpm
消費カロリー 2,105 C
平均気温 19.0 °C

最後まで読んでいただきありがとうございます。
気になるタイヤの評価はたぶん履き潰したころにわかることでしょう。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-20 00:14 | グループライド

これは最初の一歩、そしてその先に待つもの。

6月28日の業務日報・6ページ目

さて、美濃にもあった相生駅を出発し、今度は長良川を南下。
40kmほど先の、スタート&ゴール地点の道の駅美濃にわか茶屋を目指します。
b0299252_232489.jpg
ONIさんとダイズさんはお互いをけん制し会うようにずっと一緒に走っていました(笑)
b0299252_23262542.jpg
b0299252_23263552.jpg
それに対して僕は相も変わらずのらりくらり。
前に出て写真撮影したり、最終グループの後ろについたり、気の向くままに走らせてもらいました。
b0299252_23281737.jpg
そして川の駅373でダベリングタイム♪
休憩時間の長いSHOROs流にもすっかり馴染みましたが、これで最後の休憩です。

本当に楽しい時間を過ごせたので、あと少しで終わってしまう・・・と思うと少し寂しくなったりもしそうなものですが、
この日は不思議とそんな気分にはなりませんでした。

なんででしょうね?



b0299252_23463747.jpg
ここからは列車の先頭を牽いたりもしましたが、やはり途中からのらりくらりモードに突入。
b0299252_23474957.jpg
b0299252_23475692.jpg
b0299252_23481640.jpg
列車走行中は集中しないと安全の確保ができません。
しかしそれだと長良川の景色が堪能できないのです。
長良川の美しい景色はただ走り抜けてしまうにはあまりにもおしい!

しかし景色を惜しんでも、この日集まったメンバーとの列車走行の機会は惜しく感じません。

なんででしょうね?



b0299252_23513097.jpg
メンバーがばらけたため、一度合流ポイントで後続を待ちました。
b0299252_23533943.jpg
暫くすると、なんとKTMさんとコギコギさんが一緒に走ってきました。
長い間、ブログ村のトップランカーである2人・・・
そしてSHOROsと臨時漕会の看板と言って差し支えない2人はいったい何を話しながらここまで走ってきたんでしょうね。

僕もKTMさんとはタラガ谷ヒルクライム中に話をしました。
実はライド前にはいろいろと話したいこともあったのですが、その時は本当に取り留めの無い会話でおしまい。
その後も特に深い話はすることもありませんでした。
別に急いで話さなくてもいいように感じたのです。

なんででしょうね?



それはきっと、僕がこう確信したからでしょう。

また一緒に走る機会は必ずある!


今年の僕のテーマは「輪」。
もちろん今回の様なSHOROsのみなさんとの合同ライドの実現は目標としていました。
いわばひとつの到達点・・・ゴールに辿り着いたはずだったのです。

しかしそのゴールに辿り着いたこの日、僕はこう思いました。

これは最初の一歩。

b0299252_0225275.jpg
その後は、なかさんの先導で道の駅近くの吊り橋まで走りました。
前方ではやんちゃにはしゃぎまわる人がいたようですが、この日は放置です(笑)
b0299252_0251453.jpg
「みんなで集合写真を撮ろう!」

最後はみんないい笑顔でライドを締めくくることができました。
b0299252_0273824.jpg
素敵な姿勢で撮影してくれたケンさん、ありがとうございます♪
一緒に走ってくれたみんなと、主催者のリキさん、コースディレクターのなかさんには特に感謝です♪


b0299252_0333564.jpg
吊り橋から長良川を見ると、いつの間にかその川幅が広くなっていました。
郡上八幡から名も無き支流を集めて育った長良川は、やがて大河へと育ち伊勢湾へと注ぎます。
伊勢湾に注ぎ出るころには、この吊り橋から見えるそれとは全く違う風景が見えることでしょう。

そして僕たちも・・・
最初はブログのコメントのやり取りと言う小さなアクションから始まったこと。
そしてリキさんやダイズさんとの交流、そして雨の尾張ライドを経て、
この日ついにお互いに複数のチームメンバーが交流することになりました。
そしてこの日、一緒に走ることで、SHOROsと臨時漕会・・・さらにはCrazy Trainの3つのチームが
見事に交じり合うことができました。

まるで長良川が下流に向かっていくつもの支流と合流しながらその川幅を増すように、
僕たちもその行動の幅を広げてきました。
そしてこれからもそれはもっともっと広がってゆくのでしょう。
今見えている光景とは全く違う光景が待っていることでしょう。

どこまで行動を広げられるか?
その先にどんなものが待っているか?
それはまだ僕には分かりません。

でもその先に、僕をワクワクさせてくれる何かが・・・めちゃくちゃ楽しそうな何かがありそう!
それだけはハッキリと分かります。

今はただ、自分のワクワクに素直になって前へ進むのみ!

今回のライドは最初の一歩。
その先に待つものへ向けて・・・

さあ、次はどんな一歩を踏み出してみようか?

以上、業務報告終了!

<走行データ>
途中でガーミンさんがお仕事放棄のため、全データ計測不可 \(^o^)/



おっと・・・ここで残業発生!
超弩級山岳・嫁峠を越えられずにDNSのあの人を集合写真に入れるのを忘れてました(笑)
b0299252_0595311.jpg
次はディーさんをはじめとする大勢の臨時漕会メンバーの参加ができるといいなぁ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-18 01:01 | グループライド

できる男。

6月28日の業務日報・5ページ目

b0299252_2321852.jpg
のんびり走ったりシャッキリ走ったり、のらりくらりとSHOROs流のライドを楽しみながら、
次に向かったのは郡上八幡の街。

そろそろお昼の時間です。
どうやら先ほどの縁側まったり休憩タイムの間に、なかさんがお店を押さえてくれていたようです。
b0299252_2334092.jpg
「カフェレスト アルピーヌ」

ルノー大好きケンさんが喜びそうなこのお店の名前。
店内の壁にはアルピーヌ・ルノーA110の写真が飾られていました。
b0299252_2374433.jpg
キレンジャイ!

あ、すみません・・・少し取り乱しました(*´д`*)アハァ
ここは「奥美濃カレー」なるものを食べることができるお店。
実は昼食に奥美濃カレーというのは、カレーが大好物の僕がなかさんにお願いしていたんです。

奥美濃カレーってなんじゃいな?
教えて!キレンジャイ!!
奥美濃カレーの定義-カレーに味噌?そこが、ミソ!-

奥美濃カレーには3カ条があります!

1.地域で昔から愛されている郡上の地味噌を使う。
郡上の魅力をもっと多くの人に知ってもらうために郡上で愛されている味噌を隠し味に!

2.地元食材の美味しさを知ってもらうため、地元(地域)食材の活用。
飛騨牛、奥美濃古地鶏、美濃ヘルシーポーク、ジビエ、地野菜、お米など
奥美濃の食材を有効に利用し、美味しさを知ってもらうために!

3.欠かせない!日々、愛情込めてカレーを作り、郡上の人情を伝える。
昔から、知らない人でも気軽に話してくる郡上人(笑)そんな温かい人情を知ってもらうために!

以上、某Webサイトより引用。

なるほど食べてみると、言われて見ればではありますが、味噌っぽい何かを感じることができました。
甘みがやや勝っている食べやすいカレーで大満足です♪

b0299252_23171441.jpg
一方で、違うテーブルに座ったダイズさんはちょっと違うメニューをオーダー。
ソイツはなんじゃいな?
b0299252_23181154.jpg
ヮ(゚д゚)ォ!

まさか僕の奥美濃カレーという要求を満たした上に、ダイズさんにブログネタを仕込むとは・・・

なかさん、できるっ!!



さて、奥美濃カレーで胃を満たした後は、郡上八幡を観光します。
b0299252_23263780.jpg
b0299252_23254171.jpg
観光客の多い昔ながらの街並みをロードバイクを押して通り抜け・・・
b0299252_23293185.jpg
あそこまで城クライム~!
b0299252_23301462.jpg
b0299252_23302834.jpg
観光客の方に、「え~っ!自転車でこの坂上るの~!」なんて言われながら、みんなでコギコギ。
b0299252_23325716.jpg
最後の方は追い込んで走る人もいたもんだから、みんなお疲れちゃんでした。
そして頑張ったご褒美に、天主から見下ろす郡上八幡の街並みのご褒美を・・・

「えっ!? 天主って入場料取るの?」

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

「「「じゃあ入らなくていいか。」」」
b0299252_23375054.jpg
せっかくみんな頑張ってのぼったのにね・・・(´ω`)・・トホー
悔しいから案内板だけ撮影しておきました(笑)


ん? みんな頑張ってのぼった???

そういえば、なかさんの姿が見えないぞ!!

どうやら城クライムを途中で遠慮したみっちゃまさんに付き添うという名目で、無駄なヒルクライムをカット!
まさかこの結末を知っていたとは!!

なかさん、できるっ!!


しかし坂道を下ってみると、そんなできる男がタジタジになっていました。
b0299252_23542811.jpg
「だって、食べたかったんだもんっ!!」

僕たちを待っている間、みっちゃまさんが究極のイヂカラ力を発揮!
なかさんからカキ氷をタカる(←なかさんご希望の表現・・・)という荒業を成し遂げたそうです(笑)

このときまで僕はみっちゃまさんのことを誤解していました。
ダイズさんも路さんも、みっちゃまさんと一緒に走っている限りは穏やかに走ってくれます。
いわばCrazy Trainのリミッター的存在・・・Crazy Train唯一の良心だと思っていたんですが・・・

まさかよりによって“あの”なかさんからタカる(←なかさんご希望の表現・・・)なんて・・・

ひょっとして、みっちゃまさんが一番Crazyなのかも知れません・・・(((^^;


b0299252_06166.jpg
そんな事件発生後、どうやらおいしいジェラートが食べられるお店があるとのことだったので、みんなで行くことに・・・

b0299252_064982.jpg
「ジェラート!? 食べるっ♪」

(°О°;)Oh! Crazy...

さっき人の金でカキ氷食べたばかりでしょ!?
b0299252_075454.jpg
一方でタカられた(←なかさんご希望の表現・・・)なかさん・・・
今度は被害に合わないように、このタイミングでチューブラータイヤをパンクさせて回避(笑)

なかさん、できるっ!!


b0299252_0103845.jpg
さて、ジェラートを食べたら今度は郡上八幡駅へ・・・
b0299252_011052.jpg
どうやら駅舎内に、昔を懐かしむ鉄道グッズが展示してあるそうな。

しかし僕の目を引いたのはコッチ!
b0299252_0121096.jpg
「相生駅だとぅ!?」

相生といえば、臨時漕会の本拠地で新幹線の駅もあります。
郡上八幡の隣駅とは知らなかったなぁ(笑)

ということで行ってみました。
b0299252_014418.jpg
待合室が半分、残りの半分はトイレという慎ましい駅舎。
b0299252_015297.jpg
「しゃみせん」というアニメに出てくる駅のモデルにもなったようです(笑)
b0299252_0163883.jpg
これまで見たこともないディーゼル式新幹線も見れました(笑)

でもどこを探しても、だるま珈琲はなかったよ・・・il||li(つд-。)il||li

それにしても、僕たちを引き寄せるであろう場所を、コース上に潜めておくとは!!

なかさん、できるっ!!


ここまで読んでいただきありがとうございます。

全てが偶然だという噂も無きにしも非ず。

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-16 00:21 | グループライド

SHOROsの走り方に染まってみる。

6月28日の業務日報・4ページ目

路さんに爪痕を残すべく、タラガ谷ヒルクライムをおかわりしに向かいました。

「マジで・・・」

な~んて言いながらもついてくる路さんが怖ひ・・・(^^;)
と思ったら、ゆったり下る僕を置いていって先に下ってゆきました。
b0299252_23181528.jpg
なるほど、奥様であるみっちゃまさんのお迎えですね。

さて、僕はと言うと続々とのぼってくるメンバーの写真を撮影しながら坂を下っていました。
b0299252_2294853.jpg
b0299252_2302349.jpg
b0299252_2311080.jpg
う~ん、みんなすっごいいい笑顔♪

ヒルクライムと言う苦しいはずの行為中にあってこんなにいい笑顔になれるっていうことは、
やはりSHOROsの皆さんも心の底からロードバイクを愛して止まないということなんでしょう。
b0299252_2371714.jpg
その笑顔を狙ってか、リキさんはヒルクライム中にモーツァルトな脚付き(笑)

う~ん、フリーダム!


ここまでSHOROsの皆さんの走り方を見てきましたが、本当にフリーダムに楽しんでいるなと感じました。

たとえば平坦路ではガンガン飛ばしていたshigaさん。
b0299252_245489.jpg
ヒルクライム中は途中まで最後尾でゆるゆるとのぼってきました。
“ヒルクライムはステージじゃないから・・・”なんて言いそうですが、本当はもっともっと速いはず・・・
shigaさんと一緒にのぼって来たなかさんもね。

これが臨時漕会の普段のライドだとちょっと様子が違います。
別に速く走らなきゃいけない、なんて決まりはないのですが、いつでも・・・特にヒルクライムでは、
それなりの強度まで追い込んで走ることが多いんですよね。

「今日はポタリングね。」

なんて口で言いながら始まったライドが、汗がポタリングになっているパターンがとっても多い(笑)

どこか意地が邪魔するところがあるのか、坂をゆっくりのぼるっていうことができない場合があります。


あとは平坦で列車を組んで走るときの違い。

臨時漕会では先頭交替時の手順を共有し、きれいにローテーションをしながら走ってゆきます。
先頭を牽くときは目一杯の限界まで牽くのではなく、速い人は長く、そうでない人は短く・・・或いはツキイチキープで
できるだけ列車から脱落するメンバーが出ないような牽きをしようとします。
それはとても効率がよく、また速い走り方でもあります。

一方SHOROsでは聞くところによると、先頭交替そのものが存在しないことが多いらしいんです。
先頭を牽く人は目一杯になるまで牽いて、そして力尽きて列車から次々へと脱落してゆくとか(笑)
脱落したメンバーは、次の休憩ポイントで合流すればいいやということらしいです。

なんて非効率な!

目一杯まで牽くともちろん疲れて後のペースに影響しますし、
脱落した人を待つとそれだけ休憩時間が長くなってしまいます。

でもそんなのお構い無しなんですね。

僕が感じたのは、臨時漕会とSHOROsの走り方のどちらが優れていてどちらが劣っている・・・ということではありません。
ただ、SHOROsの皆さんは本当にフリーダムな走り方をされていて、そしてそれが許されている雰囲気がありました。


>たぶん,外から見たら,臨時漕会は 「統率がとれている感じ」,
>SHOROs は 「少しバラバラなゆるい感じ」 に見えると思います。


上記の一文は、昨年9月のビワイチで初めて臨時漕会の走りに触れたリキさんがブログに残した両チームの印象です。
この一文を見て以来、バラバラでゆるいってどういう感じなんだろう?と興味を持っていましたが、納得です!
そして今回SHOROsの走りに触れてこう思ったのです。


「グダグダな感じでしょ?」

休憩中に、複数の方からそんな風に言われました。

確かにグダグダ。
とっても非効率!!

でもそれがとっても楽しいと!


ここはひとつ、僕もSHOROsの走りに染まってしまいましょう。

タラガ谷のダウンヒル中、遠くまで山並みが見える場所がありました。
そんな景色のいい場所をリキさんが見逃すはずは無く、止まって写真を撮影していました。
そこで僕も一緒に止まってみました。
b0299252_3161425.jpg
「乗鞍はどっち?」

  「あの煙が見えているのは御嶽山かな?」

    「あっ、いいスマホのアプリがありますよ♪」

b0299252_3185240.jpg
「「「おぉ~! 何そのアプリ?」」」

もう先に下って行ったメンバーなんて放ったらかしです(笑)
気になる場所で立ち止まって、気の向くままに楽しむ時間・・・サイコーです♪


山間の風景を存分に楽しんでから下ってゆくと、その先では停車している先行集団。
b0299252_3221359.jpg
アチャー(ノ∇`) ダイズさん、三味線弾きだけにバチが当たったのかパンクです(笑)

でもちょっと待った!
ここはゆっくり時間を掛けて修理してもらいましょう♪
僕はあそこに行って見たい!
b0299252_3255696.jpg
ダイズさんやそれを手伝うメンバーを放置(笑)して向かった先にはそれは美しい場所・・・
b0299252_3271221.jpg
b0299252_3273767.jpg
b0299252_3274847.jpg
「うわ~、これはすごい!」

  「この水、飲めますよ!」

    「バイソンさんがいたら間違いなく飛び込んでるな(笑)」

ただの砂防ダムなのですが、そこに流れ込む水が清らかで透明感に満ちており、絶景を作り出していました。

もうパンク修理にいそしむメンバーなんて放ったらかしです(笑)
気になる場所で立ち止まって、気の向くままに楽しむ時間・・・サイコーです♪


b0299252_3332953.jpg
その後は列車から容赦なく自由に千切れて、山と空の風景を立ち止まって撮影したりもしました。
列車から千切れる自由を満喫です♪
b0299252_3343157.jpg
リキさんが先導する後続の列車と合流すると、路さんが3つのチームジャージ揃い踏みの写真を撮ってくれました。
染まってよかったSHOROs流♪

そしてその先では素敵な休憩スポットです。
b0299252_3513046.jpg
自動販売機の横に開放された縁側が・・・
目の前には田んぼと山、そして青い空。

縁側の後ろの戸が開いて“アイスクリームも食べて行き!”なんて声がかかってもおかしくないくらいの
絵に描いたような田舎のおばあちゃんの家・・・
b0299252_3541392.jpg
思わず縁側に寝そべってしまうほどリラックスしてしまいました。
縁側の後ろの戸が開いて“アンタの家違うで!”なんて声がかかってもおかしくないくらいに(笑)

そしてこの心地の良い時間、SHOROs流の長い休憩時間が功を奏して長~く堪能できました。
このゆるい感じはクセになっちゃいますね♪

しかしゆるい後はちょっぴり頑張る!
休憩後に飛び出して行ったshigaさんをダイズさんとひろさんが追いかけだしたので便乗。
少しの間でしたが、高速巡航もしっかり楽しみました♪

SHOROsにはまったり走る自由も、しゃっきり走る自由もありますね。
ある程度のメリハリは必要だと思いますが、このフリーダムな感じは臨時漕会にも取り入れたいかも♪


尚、臨時漕会で最も今回のライドに馴染んでいたのはONIさんでした。
b0299252_431824.jpg
「ちょっと、着いてくるんですけど!?」

  「兄貴ぃ、待ってくださいよぉ・・・」


僕がかねてより相性がいいとにらんでいたダイズさんをマンマーク。
口のケイデンスが高い二人はそれはそれは楽しそうでした。

さらに・・・
b0299252_44928.jpg
「このメットとサングラスしてるやつにはロクなやつがいない!」

  「兄貴ぃ、そんなぁ・・・」

SHOROsきっての毒舌さんであるなかさんと、ヘルメットとサングラスが被って意気投合?
なんだかこちらも相性が良いみたい♪

ということでONIさんには2人の義理の兄ができたようです(笑)
お互い住まいも近いので、是非とも『義兄弟ライド』の実現を!!

ダイズさんの『弟ローディは見た』の最新記事には、「混ぜるな危険」的な記述がありましたが、
ダイズさん、いいですか?

「あなたには選択肢などない!」


ここまで読んでいただきありがとうございます。
次回、郡上八幡での昼食&観光タイム・・・
Crazy Trainの唯一?の良心が崩壊します(笑)
お楽しみに♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-14 04:14 | グループライド

クレイジー・クライマー。

6月28日の業務日報・3ページ目

「川浦(かおれ)渓谷はヤメにしましょう!
 そのままタラガ谷ヒルクライムを経て、郡上に向かいます。」


最初の休憩ポイントで、リキさんから提案がありました。
今回の奥美濃ライドの総距離は100km弱でしたが、物足りなさそうな場合のオプションとして
川浦渓谷への往復でプラス20kmというプランもありました。

しかしこの日は風が強く、板取川を遡上する僕たちにとっては向かい風となって立ちはだかっていました。
この日は距離を乗るよりは、それぞれのチームメンバーが交流しあって楽しむことが主目的ですから
僕もリキさんの提案には賛成。
他のメンバーからも異論は出ず、この日唯一のヒルクライムスポット・タラガ谷へと向けて出発!!

b0299252_055292.jpg
まあ、すぐに板取川の風景にモーツァルトモードに突入しちゃうんですけどね・・・

b0299252_0101319.jpg
そんな僕たちをしり目に、上りが苦手と自称するメンバーが先に行ってしまいました。
むむむ・・・抜け駆けか!?

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、(゚ε゚)キニシナイ!!

b0299252_013196.jpg
その後は強烈な向かい風の上り基調の道をリキさんに牽いてもらいながら走りました。
ツキイチなのにパワーメーターの数字も上がっており、先頭を牽くリキさんも大変そう・・・

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、(゚ε゚)キニシナイ!!

そして右折・・・どうやらここからがタラガ谷と呼ばれるヒルクライムコースの様です。
今回のライドではヒルクライムもまったり行くつもりでした。
せっかく滅多にご一緒できないメンバーと走られるのですから、追い込んで走るのはもったいない!!

b0299252_0174324.jpg
・・・なんて思っていたら、クライマーの路さんがスルスルっと抜け出してゆきました。

路さんといえば、前回の尾張遠征の尾張富士ヒルクライムでも、圧倒的な速さを見せていました。
そしてあの時は確かクロモリフレームに平地巡航に特化したホイール・コスミックカーボンを履かせていました。
b0299252_0212315.jpg
しかし今回は、トップチューブを指で押すと凹むほどの軽量カーボンフレーム・・・
しかもホイールも軽量なボーラ・ワン35を履かせています。

つまり、尾張遠征のときよりも本気の路さんを見ることができるかもしれません。

でも僕の気分はとってもモーツァルトですから、キニシ・・・キニ・・・キニ・・・、キニナル!(゚Д゚)クワッ
b0299252_0242051.jpg
ということで・・・(どういうこっちゃ!?)
なぜか僕が前を牽く形で、路さんと2人でタラガ谷アタック開始です!

タラガ谷は板取川から上ると、平均勾配7%、5.5kmのコースです。
序盤は勾配がゆるく、終盤は10%ほどの勾配が待ち受けているのでペース配分が重要なコースです。

ざっくりとしたコースプロフィールは事前に調査済みだったので、
とにかく軽いギヤをクルクルと筋肉にダメージを与えないように脚を回しました。
そして序盤の終わり辺りで一度勾配が緩くなるところに出ました。
ここでガーミンを見てみると・・・

げげ! 心拍数が180bpmうを超えている!∑(=゚ω゚=;) マジ!?

レースならまだしも、普通のライド中では超えないようにしている180bpmのライン・・・
やはり路さんを意識してか、無意識のうちにそのラインを超えてしまっていたようです。

そこで勾配が緩くなったことをいいことに、一度脚を緩めて休憩し、心拍を下げようとしました。
すると・・・

(;゚ ロ゚ )ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!
路さんがアウターギヤのまま、エラい勢いでかっとんで行きました。



あれに付いて行ったらアカン!!
いや! そもそも付いて行けへん!!


そう思いながらも、千切られたシーンを撮影しようとスマホのカメラを起動しました。
b0299252_0383199.jpg
しかし路さんは速すぎた・・・

路さんではなく、誰も走っていない道しか写っていませんでした・・・(;´д`)トホホ…


もうこうなると一人旅です。
せっかく豪華なメンバーが集まっているというのに寂しい一人旅ですよ(笑)
一度脚をついて後続と合流し、まったりのぼる手もありましたが、せっかくここまで頑張ってのぼってきたんですから
とりあえずはそのままのペースでのぼってゆきましょう。

心拍数を細かくチェックしながら、淡々と一定負荷でのぼり続けました。
後半の10%勾配区間に突入すると・・・
b0299252_046114.jpg
前方に路さんハッケーン(☆∀☆)

飛ばしすぎてタレたのか・・・
そう思い、ちょっと踏み脚を強めてペースアップすると、こちらの様子に気が付いて路さんもペースアップ・・・

あぁこれはあれだ・・・

三味線弾いとる\(^o^)/ってヤツだ(笑)

本気でタレてたら、こちらのペースアップにあわせることなんてできないはずですからね・・・
ここで慌てて路さんを捕まえに行っては脚を使ってしまうので、ジリジリとその差を縮め、
ようやく会話できる距離まで近づけました。

「途中、意識が飛びそうになっちゃって・・・」

  「それ、完璧に酸欠ですやん・・・」

あれ? 三味線は??
ていうか、追い込みすぎて意識が飛ぶってナニ~?

さすが、Crazy Trainが誇るクライマーはクレイジーすぎです!!
b0299252_124225.jpg
しかもそんな状態なのに、頂上への最後の追い込みでは先行されるし・・・

恐るべし! クレージー・クライマー!!



頂上に着いてすぐに、僕は折り返してリピートヒルクライムへ向かおうとしました。
これはせめてもの意地の様なものですね(笑)

「マジでぇ・・・」

後ろから聞こえた路さんのつぶやき・・・
そして僕はこう思ったわけです。

「よし! 爪痕は残した!!」

さあ、爪痕は残したし、今度こそ楽しいヒルクライムの時間です♪

ここまで読んでいただきありがとうございます。
アカン・・・前回の投稿から10kmも進まなかった・・・orz

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
[PR]
by rynx04 | 2015-07-11 01:09 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー