住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小豆島うまいもんポタリング♪

7月21日の業務日報・3ページ目

カオスなまま越えた橘峠、そこを下ると小豆島で二番目に栄えている草壁の街にでてきます。
b0299252_0351371.jpg
そして草壁は古くから多くの醤油蔵が建ち並ぶ街。
その一角には、コギコギさんと僕にとってなじみのある醤油蔵があります。
b0299252_0364058.jpg
今回のライドでも真っ先に立ち寄ることとなった金両醤油さんです。
b0299252_0394873.jpg
僕たちに気が付いたご主人さんがなんとサイダーなどの差し入れをしてくださりました♪

さて、写真を見て気づいた方もいらっしゃると思います。
失礼な書き方かもしれませんが、醤油蔵を取り仕切っていると聞けば男性の姿が思い浮かびそうなのですが、
そう・・・ここのご主人は女性、つまり金両醤油を取り仕切っているのは女将さんなんです!
b0299252_046699.jpg
女性ならではの感性を取り入れた、だし醤油+ガーリックオイルのテイスティング。
この組み合わせ、本当においしい和風パスタが簡単にできるんです♪
b0299252_0513734.jpg
僕も今回、サイクルジャージの背中のポケットにちょうど収まる平瓶のだし醤油を購入し、
自宅で家ネコさんに和風パスタを作ってもらいましたが最高でしたよ♪


さて、金両醤油さんで色々とお話ししていると、女将さんのご主人さんが出てきました。
そして僕たちの〇臨ジャージを見て一言・・・

「醤油蔵が似合うなぁ(笑)」
b0299252_0541291.jpg
さあ、〇臨を探せ!!











あっ、ごめんなさい・・・
画像編集がめんどくさくて〇臨を紛れ込ます作業をしていませんでした(笑)
だって途中まで書いてた記事が消えちゃったんだもん!
やってられるかっ!!


しかし確かに屋号一覧表に紛れ込ませても違和感なさそうですね(笑)


以前、僕たちが金両醤油さんを訪れてから、自転車乗りの方が来ることが多くなったそうです。
僕たちのブログを見た誰かが行ってくださったのならば、それは嬉しいことですね♪
b0299252_0595851.jpg
全国的に有名なSHOROsジャージの写真も撮ってもらえば千客万来!?
b0299252_191965.jpg
「ハイ、しょーゆっ!!」

集合写真撮影の時の掛け声は見事な小豆島仕様でした。
確か二枚目は「ハイ、もろみっ!!」だったかな?(笑)
b0299252_1154037.jpg
醤油蔵の中も見せていただきました♪
ちょうど発酵が進んでいるところで、耳をすませばぷちぷちと泡の立つ音が・・・
b0299252_117180.jpg
蔵の片隅には真新しい木桶が・・・

なんと100年ぶりに新調したそうで、これを作れるメーカーは日本に一軒しかないそうです。
それもそのはず。
今、日本のほとんどの醤油メーカーは木桶ではなくタンクで醤油を醸造しているそうです。
木桶で作っている醤油メーカーは全国的には1%以下の割合でしか存在せず、
そしてその全て(・・・だったと思いますが)が小豆島にあるということらしいです。

受け継いできた木桶や蔵には醤油づくりに欠かせない酵母が住み着いており、
何も添加しなくても醤油が出来上がるそうです。
おもしろいですね♪


さて、そんな醤油から作っただし汁でいただくものを食べるべく、
今度は小豆島生まれのタイプRさんが僕たちを小豆島ならではのお店に案内してくれました。
b0299252_1253596.jpg
なかぶ庵

小豆島の名産品のひとつ、素麺の生産工房のすぐ隣りにあるこのお店。
ここでいただくのは素麺以外にありえません!
b0299252_128452.jpg
しかし、写真で見るとなんの変哲もないこの素麺ですが・・・実は゛生素麺”なんです。

普通の素麺は伸ばしてから天日干しして乾麺になりますが、生素麺はこの天日干しを省いたもの。
伸ばしたての素麺をゆでてもらって食べることができるんです。
素麺の名産地、小豆島ならではですよね♪

で、肝心のお味ですが、味は素麺そのものなのですが、食感が通常の素麺とは全く違いました。
コシがあってもっちりとしてて・・・ちょっとうどんに似た感じ?
普通の素麺なら啜ってのど越しよく食べますが、この素麺は味わいながら咀嚼する素麺かな?
なかなかに不思議なおいしさでした♪

b0299252_1384361.jpg
さらにタイプRさんはディープな場所へと僕たちを誘いました。
どこに行くね~ん!って言いたくなるような細い路地を抜けた先には・・・
b0299252_140852.jpg
またしても醤油蔵。
b0299252_1403464.jpg
ヤマロク醤油さんです。

ここでもやはり醤油蔵を見させていただいたのですが、その時にご主人さんが面白い話をされていました。

「ウチの家系は結構テキトーなところがありまして・・・

 いつから醤油作っているのかわからんのです(笑)

 だいたい150年くらいかな♪」




あぁ・・・そういうゆる~いのん大好きです♪
b0299252_1445225.jpg
b0299252_145616.jpg
そんなゆる~い醤油さんのお醤油で、冷奴や心太をいただきました。

で、肝心のお味は?
b0299252_1465056.jpg
フクちゃんさんの目玉が飛び出そうになる美味さ(笑)

テキトーでも、ゆるくても、結局美味けりゃいいんです♪



さあ、これで美味いもんを求めるゆる~いポタリングタイムは終了です。
コンビニによって水分を調達したら、いよいよこの日の走りのメインコースでございます♪

距離約13km、標高差約700mの寒霞渓ヒルクライムです!

食ったら消費する~!!
上った先には絶景が待っている・・・
b0299252_1543359.jpg
・・・のかどうかはビミョーです!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
一方その頃・・・
あの男もまた寒霞渓を目指してヒルクライムを始めていたそうな・・・

あ、この人、おいしそうですが食べないであげてね(笑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-08-09 01:57 | グループライド | Comments(8)

史上最高にカオスで困る。

7月21日の業務日報・2ページ目

小豆島でタイプRさんが合流したことにより、今回のライドのメンバーは12名になりました。
この大人数では、例え交通量の少ない小豆島とは言え、班分けをしないと安全とは言えません。
そこでコギコギさんの独断で、メンバーを3班に分けることになりました。

b0299252_22223155.jpg
僕が一緒に走る班のメンバーはディーさん、ダイズさん、路さん・・・

おいおい、これじゃあポタリングできないじゃないか!!
しかしどうせポタリングにならないのなら、さっさとペースを上げて尾張組のふたりを楽しませてあげましょう♪
アップダウンしか無い小豆島のアップの部分はAT値で牽いて、ダウンの部分は蓋をする。
b0299252_22243664.jpg
「この班分け・・・コギコギさんの悪意を感じる!」

自分以外は全員クライマーで、さらにストロングポイントの下り基調を先頭の僕によって蓋をされる展開に、
いつも以上にベンベン♪と申される困ったお豆がひとり。

  「なんか上ってばっかだよね。」

そしてダイズさんに調子を合わせるように困ったような言葉を発する路さん。
b0299252_22265021.jpg
しかしその顔は笑っている!
クレイジークライマーは小豆島をお気に召したようです♪



ディーさんはと言うと・・・おっと!!
b0299252_22283666.jpg
お楽しみ中のようですね(笑)



大部港を出てからというものの、何度も何度も繰り返されるアップダウン。
ダイズさんはそれに嫌気がさしてきたのか、ダンシングを多用するようになってきました。

「オイッ! オイッ!!」

ダンシングのリズムに合わせた掛け声付きで・・・\(^o^)/

さらに路さんも「オイオイヒルクライム」に同調し加担。
しかしCrazy Trainのふたりにやられっぱなしでは臨時漕会の名が廃る!!

「チーン♪ チーン♪」

ここはディーさんとふたり、「ベルアタック」で応戦です!

さすが真鍮製、いい音鳴るぜ!


「オイッ!」

  「チーン♪」

「オイッ!」

  「チーン♪」



小豆島って・・・にぎやかな場所ですねっ!



ところどころ風景と謎の喧騒を楽しみつつも割といいペースで最初の立ち寄りスポットの南風台に到着です♪

ここでダイズさんがスマホを確認して一言。

「リキさん、インスタグラムに写真あげてんじゃねーかっ!!」
b0299252_223530100.jpg
「讃岐百景 福田海岸 気持ちいい〜」

後続の班は清く正しくゆっくりとお楽しみのようです(笑)

こりゃ暫く待つことになるな・・・
モーツァルト待ちといえば少し気分がいい?(笑)
b0299252_22384735.jpg
暫くすると、ニコニコと大勢のローディさんが到着。

おかしいな・・・僕たちはもっとしんどそうな顔をしていたはず('A`;)

ちくしょー!!
なんか負けた気分です(笑)


b0299252_22423732.jpg
南風台でもモーツァルトモードにスイッチオン♪
b0299252_22444678.jpg
その後ろでは取材スイッチもオン(笑)

ブロガーが6人もいるっていうんですよ。
そしてさらに島の反対側には・・・
今晩はまだ出番はないけどね(笑)


南風台からもうひとつ上ると橘峠です。
b0299252_23183455.jpg
せっかく立派なトンネルを作ったのにそっちに行くのね・・・

小豆島は3回目で毎回橘峠を走りましたが、トンネルを使ったことなんて一度もありません。
税金の無駄遣いや!(笑)
b0299252_2324665.jpg
橘峠ヒルクライムでは路さんをワタルさんが追走。
逝ってら~(* ̄▽ ̄)ノ~~ でも意識飛ばしちゃダメよ!!
b0299252_23255962.jpg
そしてダイズさんのニューホイールがグニャリン逝ってーら!

人を轢こうなんてするからエラい振れがでるんやで!
あとその振れたホイール、貰ったるで!!
b0299252_23275315.jpg
さらに頂上付近ではボトルコロコロ・・・

みんなはしゃぎすぎでカオスです(笑)
12人もいるから本当にいろいろありました。

でもね・・・

ネタ的にはもうおなか一杯やで!!

ブロガーとしてはどこにフォーカスを当てればいいのか・・・困る!!(><)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ネタがなければ記事が書けませんが、ありすぎても・・・書けぬ!!(;ω;)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-08-06 23:46 | グループライド | Comments(14)

史上最高人数で小豆島へ♪

7月20日の業務日報・1ページ目

b0299252_23574124.png
自転車乗りの朝は早い・・・ォハ━。゚.oヾ(´∀`。)o.゚。━ヨゥ

b0299252_23575456.jpg
風邪で一日中寝込んだその翌朝は、とってもさわやかな空気に包まれていました。
僕はといえば、長引いていた風邪は完治しておらず体のダル重さは多少あり、
この日の空気の様にスッキリとはいきませんでした。

しかしそれでもロードバイクに乗りたい!
この日はとっても楽しみにしていたライドの日なのです。
まー追い込まなければ何とかなるやろーってな感じで、車にゆるライド用のレモン・アリヴェを積み込んで西へ!

いつも走っている西播磨をそのまま通り過ぎて向かったのは岡山県の日生港。
b0299252_23581035.jpg
そこには10人を超えるローディたちの姿がありました。

臨時漕会からはこの日のライドの呼びかけ人であるコギコギさんをはじめ、セーテンさんディーさん
バスク輪さんフクちゃんさん、住友輪業。

そしてまだこのときは臨時漕会メンバーではなかったショーンさんが自走で緊急参戦。
岡山から万葉岬に向かう途中にFacebookで僕たちの動きを探知したそうです。
なかなか高性能やな!!(笑)

さらに前日からこちらの方へ来ていたワタルさん
こちらもたまたま週末に相生周辺で走ろうと企画していた情報が僕に漏れ、
そして僕がその週末のライド企画を漏らし、緊急参戦決定♪
なかなか運がよろしいな!!(笑)

そしてなんといってもこの日はゲストを招いてのライド。
SHOROsのリキさん、Crazy Trainのダイズさん路さんが尾張から来てくれていました。
ゲストというよりむしろ、そろそろレギュラー化してきているのが末恐ろしいのですが・・・(笑)


そんな豪華メンバーと一緒に走るのは、瀬戸内に浮かぶ小豆島!
島の面積は小さいながらも、そこに海岸沿いのアップダウンだらけの走り応えのある道や、おいしい食べ物、
さらに本格的なヒルクライムが楽しめる寒霞渓などがあります。
島内はフェリーでしか行き来ができないこともあり、車の交通量が少なくまさにロードバイク天国なんです♪

この日の計画は・・・

とりあえず行ってから考える!!

さあ、いったい小豆島ではどんなことが待っているのかな?o(-ω-o)(o-ω-)oワクワク


日生港から小豆島・大部港へはおよそ一時間ほどの船旅となります。
この一時間という長さが絶妙でして・・・
b0299252_23591127.jpg
次第に・・・
b0299252_06393.jpg
日常から・・・
b0299252_061375.jpg
非日常の世界へと・・・
b0299252_23595371.jpg
ゆったりと誘ってくれるのです。


b0299252_064876.jpg
あっ!!フェリーの中で肉部長への餌付けは必須ですのでお忘れなく!(笑)
またこのうどんが美味いんだ♪

まあちょっとした遠足気分から始まるのが小豆島ライドなんですよね♪
b0299252_07488.jpg
そして一時間後、いよいよフェリーを降ります。

降り立った大部港では待ち人あり。
b0299252_08143.jpg
おもてなし力に定評のある臨時漕会のチームメイト・タイプRさんです。

ダイズさんは3月に初めて会って以来、タイプRさんのことがお気に入りのようで、
再会するなり後ろから撮影してますね(笑)
リキさんや路さんにもタイプRさんのプレゼンをしてたくらいですし(笑)

そんなタイプRさんは実は小豆島の生まれなんですよね。
この日は瀬戸内海の反対側、高松から船に乗り小豆島入りし、
島の反対側からロードバイクを走らせて僕たちを迎えてくれました。
僕たちだけではとても気づけないディープな場所への案内が期待できそうです♪


さて、ここに総勢12名という過去に類を見ない大人数のローディが小豆島に集結しました。

しかもみんなキャラが濃い(笑)

キャラの数だけドラマが起こるはず♪
ブログネタを拾いきれなくなるのは必至!
史上最高に楽しみな小豆島ライドが今はじまる!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
一方そのころ・・・
小豆島・大部港の反対側の坂手港では、あの男が動き出していたらしい・・・
あの男とはいったい!?

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-08-05 00:25 | グループライド | Comments(12)

変わらぬ苦行の果てに変わったこと。

7月13日の業務日報・4ページ目

七曲り~万葉岬と、ジソーだるまのコースの中で数少ない快走コースを走り終え、
だるま珈琲で束の間のクールダウン。
もうなんて言われてもいいから、向かい風確定の復路は避けたい気持ちでいっぱいで、
マスターに思わず輪行袋のレンタルをオーダーしてしまいました(笑)

まあ、冗談と受け止められてしまいましたけどね!

僕は辛いことを回避するためならば、いつだって本気ですよ~(笑)
だるま珈琲にボトルキープならぬ輪行袋キープしてもらおうかな?



さて、クールダウンが終わったら、諸事情により一部の西播磨のローディの間でおなじみの「うかいや食堂」にて
復路に向けての補給です。
ここはひとり焼肉を思う存分楽しめるお店なのですが、この日ばかりはもう冷たいものしか体が受け付けません。
b0299252_2242336.jpg
そうめん最高♪



その後、近くのコンビニで水分を調達。
いよいよ地獄の復路へと走り始めました。

ここから高砂あたりまでは、この日のメンバーの中では僕だけが知る最短かつ走りやすい抜け道を走るつもりでした。
なので必然的に先頭を牽くのは僕になります・・・(ノД`)

ちょろりゅうさん、へっちょさん、はよ道覚えてくださいね!
そうすれば僕のジソーだるまがより楽しいものに・・・


とにかく30km/hほどの一定ペースを心掛けて、まずは姫路の市街地まで牽き続けましたが、
信号が少ない道をず~っと向かい風にさらされ続けていたので、
途中から固定ローラーを回しているような錯覚に見舞われました。

しかも午後の炎天下の中・・・
体温は上がる一方で、とっても危険がアブナイ状況。
仕方がないのでコンビニに逃げ込むように入りました。

しかしこのコンビニが良くなかった!!
b0299252_22542999.jpg
日陰があらへんどっ!!

南西向きに駐車場があり、午後なので建物の影がありません。
夏場の休憩場所の選定としては思いっきり選択ミスです!!
あまりにも暑かったので、冷静に判断する前に目に入ったコンビニに駆け込んでしまったが故のミスでした。
止む無く日向でアイスクリームを食べて、体が冷ませたのか冷ませていないのかわからない状態で再出発・・・

そして国道2号線に入って高砂市に入る直前まで東進・・・
この辺りまでは強烈な向かい風を考えるとまだまだ悪くないペースを保てていました。

が・・・

国道2号線から国道250号線に抜ける道で、JRのアンダーパスをくぐるのですが、
そこののぼりで僕の脚に売り切れのお知らせ\(^o^)/
平坦路ではまだまだ巡航スピードは保てそうですが、上り勾配や突風に対応しきれなくなってしまいました。

しかしここからは全員が知っている道。
先頭交代を繰り返していけば、向かい風でもそれなりのペースで走り続けることができそうです。

あ・・・その前に、コンビニ休憩は忘れずに(笑)

しかしこのコンビニも良くなかった!!
b0299252_2393835.jpg
いや・・・良すぎたのか?

復路二度目のコンビニは、先ほどの休憩の反省を生かして、冷房の効いた店内にイートインスペースがある店を選びました。
店内が涼しすぎて・・・そして何より外が暑すぎて、30~40分は休憩していたのではないかと思います。
快適すぎる環境での休憩はやはり長くなってしまいますね。


b0299252_23145124.jpg
国道250号線は先頭交代で協力し合って走りました。

ここで目を引いたのはへっちょさんの走り。
後ろから見て少し気になった上半身のフォームについて簡単なアドバイスをすると、
見るからにケイデンスが上がり力強い牽きを見せてくれました。

「いつか先頭を牽き続けられるようになりたいと思ってるんです。」

そう語っていたへっちょさん。
えぇ、どうぞ僕の前を牽き続けて下さい(笑)

「師匠を追い抜くなんてありえへんから!!」

そうおっしゃるちょろりゅうさんですが、伸び盛りって本当に恐ろしく、また楽しみでもありますよね?(笑)


さらにはこんなことも・・・
ゴールまであと20km弱ほどの地点での話。

「コンビニ休憩要りますか~?」

先頭を牽いていた僕が後ろのふたりに確認しました。

  「へっちょ、休憩要る?」

さらに後ろに確認を取ろうとしたのはちょろりゅうさん。
その声は「休憩します」という返答を確信したなにかと、ある種の期待が込められていたように聞こえました。

しかし実際は・・・

    「僕は大丈夫ですよ~♪」

少し迷ったような間があったものの、その答えはまさかの‟No”

・・・(゚д゚ )

・・・( ゚д゚ )

こっち見んな!!(笑)


まさかの返答に僕に視線を送るちょろりゅうさん。
その眼は確かにこう言っていました。

「お前だ! お前が休憩がいると言え!!」

もうこうなるとあれですよ。
b0299252_23304978.jpg
仰せのままに!!

欲望のままにまさかのコンビニ休憩3回目(笑)
もう暑いわ向かい風だわでかなりやられていましたからね・・・
意地なんてもんはとっくの昔にございませぬ。

その後、再スタートし、久しぶりな抜け道に行こうとして若干道に迷いながら走っていると、
はるか西の方で抜かしたローディ集団を再度追い抜くことになりました。
いかに僕たちが休憩しすぎていたか・・・
まさにウサギとカメですね(笑)


しかし最後の休憩で僕はかなり助かりました。
回らなくなった脚がかなり回復したのです。

ということで、明石の市街地からはアウタートップできれいに回すためのトレーニング開始♪
b0299252_23373182.jpg
この接待にはふたりとも大喜びでした♪

最後の朝霧から舞子への巡航区間ではちょろりゅうさんの仕掛けとへっちょさんの反応によって
逆接待されましたけどね(笑)
最後は列車も解体されて、それぞれのペースで明石海峡大橋の下にゴールです♪

<走行データ>
走行時間 5:28:06
走行距離 146.23 km
獲得標高 1,011 m
平均速度 26.7 km/h
最高速度 49.2 km/h
平均cad 70 rpm
平均心拍 143 bpm
最大心拍 184 bpm
消費カロリー 2,892 C
平均気温 28.6 °C



この日のジソーだるまの成果ですが、こうなりました。

Befor
b0299252_2341245.jpg


After
b0299252_23422188.jpg

なんということでしょう!!

序盤の追い風のペースアップ、そして上がる気温によるオーバーヒートと、復路で吹き続けた向かい風のせいで
変わり果てた姿に・・・(笑)

ひとりで行けば、「無」を味わえる神戸⇔相生のジソーだるま。

3人で行ってもその辛さは変わらなかった!!



しかし変わったことも・・・
b0299252_23492323.jpg
b0299252_23484157.jpg
地面にへたり込みながらも自然とその顔に浮かぶ笑顔。

この日のジソーだるま、苦しさは変わらなくても、決して「無」ではありませんでした。

心から楽しかったと言える!



バイソンさんからつながったご近所ローディの輪。
この日、その輪はより強固なものになりました。

今年のテーマは「輪」

当業務日報に何度も掲げてきたとおり、この半年は遠征を中心にローディの輪を広げ続けてきました。
そして輪は着実に広がり続け、ただ単純にロードバイクに乗っているだけでは味わえないような楽しみを、
幸運にも味わうことができるようになりました。

しかし気が付けばご近所はお留守番状態。

そんな僕が今回、ちょろりゅうさんとへっちょさんというふたりのご近所ローディさんと仲良くなれたことで
新たな動きが見えてきました。

今年のテーマは「輪」

それは変わりませんし変えません。
しかし下半期はも少しご近所にフォーカスして、輪を広げてみようかと思っています。
ご近所のローディさんをどんどん巻き込んでいけば、また新たな楽しみを発見できるはず!!
そんな思いを原動力にロードバイクに乗り続ければ、今年の終わりにはどんなことになっているのか?
それが今から楽しみでなりません♪

この日のライド、それは最初の一歩です♪

以上、業務報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
「この辛さが喉もと過ぎたころにジソーだるましましょう!」

そう言ってこの日お別れしたちょろりゅうさんとへっちょさん。
今日(正確にはもう昨日か・・・)もジソーだるましてましたね・・・(^^;

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-08-03 00:39 | グループライド | Comments(13)

だるま珈琲でイケない追加オーダー。

7月13日の業務日報・3ページ目

徐々に高くなる気温、そして変わる風向きに複数回の休憩を余儀なくされる一向。
しかし姫路市街地を抜けてしまえば、西播磨の走りやすい道はもうすぐそこです。
そう、七曲り&万葉岬は目と鼻の先です♪
b0299252_0234856.jpg
揖保川をまたぐ橋を渡ると、ちょろりゅうさんが我が道を往き始めました(笑)
b0299252_024511.jpg
へっちょさんはここまで脚を使ってしまったのか、追うことができません。
どうやらこれがいつものふたりの形のようで、へっちょさんは汗と涙と涎を垂らすことになるそうです(笑)

まだまだ復路が待っていますから、ここは僕がへっちょさんの前を牽いて脚を温存してもらうことにしました。
b0299252_0255154.jpg
はりまシーサイドロードに入り、道の駅みつの前にはひと仕事終えて満足そうな背中がありました。
まあここまで信号だらけの走りにくい道を走り続けてきましたから、ここは思う存分楽しんでもらうべきでしょう。

「脚攣りそうやわ~!」

そう言いながらも再び我が道を往こうとするちょろりゅうさん。
おっと!しかしここは我が道を往かれるわけには参りませぬ!
万葉岬の前に、ふたりから要望のあったあの場所に行かねばならないのです。

ということで、僕もペースを上げてちょろりゅうさんの前へ。
分岐の場所で3人が合流し、こんどは狭い集落へと降りていきます。
b0299252_0354497.jpg
室津の街並み(写真は違う日に撮影したものです)

この瀬戸内の小さな集落には、ローディを惹きつけるスポットがあるのです。
b0299252_0385780.jpg
集落の一番奥の、短いながらも細く曲がりくねった激坂を上り切った場所には・・・
b0299252_0395813.jpg
賀茂神社。

お参りのお願い事は、暑さと風に負けず無事に帰れますよーに!?
b0299252_057368.jpg
本当に暑すぎて、手水で手どころか全身を清めたのはちょろりゅうさん(笑)
いやいや別に水浴びしに来たわけではないんです!
b0299252_13193.jpg
ここでは自転車御守りを授かることができるんです。

ちょろりゅうさんもへっちょさんも、それぞれの愛車用に授かっていました。

そしてまた室津の集落を抜けてはりまシーサイドロードへ・・・
写真は撮りませんでしたが、照りつける太陽を受け、瀬戸内にしてはやや波立った海面がキラキラと輝いていました。
はりまシーサイドロードは入り組んでいるため、やや風の影響も少なく走りやすかったように思います。

そしていよいよ、ふたりにとっては初めての万葉岬ヒルクライムへ・・・
b0299252_162275.jpg
序盤は勾配もやや緩く、まだまだ余裕アリなのですが・・・
b0299252_174251.jpg
後半の二桁勾配の場所ではあっという間に使用済みのローディの姿に(笑)

万葉岬は距離1.3km、標高差100mほどと短いのですが、やはりなかなかに手ごわい存在ですね。
b0299252_192444.jpg
そしていつもの看板の前で記念撮影♪

上り切った場所から見える絶景に「おぉ~!」と声が上がって、僕は内心してやったりでした(笑)
b0299252_1103949.jpg
冬場のモー万隊で朝日を見る場所としてお馴染みのつばき園と展望台にもご案内・・・

「ずっと向こうから走ってきたんやなぁ・・・」

僕たちが走ってきた東方を眺めるふたりは感慨深げでした。

「あの見えない先まで帰るんやなぁ・・・」

いや・・・それはまだ考えたくない(笑)



さて、万葉岬を下って相生湾沿いの平坦路は追い風に乗って高速巡航。
あぁ・・・この風が帰りは敵になるのねん・・・
b0299252_1152843.jpg
そしていよいよ今回のライドの目的地であり、中間地点でもあるだるま珈琲に到着です♪
おふたりを特等席ともいえるカウンター席へと誘いました。
b0299252_1164679.jpg
この日の暑さでやはり冷たいものが欲しいところ。

「マスター・・・アイスクリームのエスプレッソ掛けとアイスコーヒー。」

ふたりともアイスメニューを注文したのに倣って、僕もアイスコーヒーをオーダーしました。
そしてちょっとしたイケない考えが僕の頭をよぎりました。
ツラ~い帰り道に備えてアレも注文しようと・・・

「あと輪行袋貸して(笑)」

ここまで読んでいただきありがとうございます。
昨夜に続き、再び脱線。
臨時漕会にひとりのローディさんがチームメンバーとして新規ご入会です。
今年からたびたびライドでご一緒する機会があったショーンさんです。

ああ、雨男率が上がった・・・(´ρ`)

「1人であっても回すこと」

あっ! ブロガー率も上がりました♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-08-01 01:28 | グループライド | Comments(10)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー