住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今、「殺し屋」って聞こえましたが・・・!?

10月18日の業務日報・1ページ目

こんなはずでは・・・

サイクル耐久レースin岡山国際サーキットのレース後半に力尽き、コースの右端を漂うように走っている間、
僕は自分自身の過去の残像に苦しめられていました。
それは昨年の晴れの国岡山エンデューロにおいて先頭集団に3時間残り続けたときの姿・・・

あの時と何が違うのか?
今の僕に何が足りていないのか?

そう思いながら、フラフラと走り続けていました。
分からないことだらけでしたが、これだけはハッキリとしていました。

このままじゃイカン!!



少なくともトップスピードや巡航スピードは1年半前よりは確実に伸びています。
となると、足りていないのはペース配分と持久力か・・・

レースが終わって、次の週末までずっと考えていました。
過去最高の結果を出せたあの頃に自身がやっていたことの中で、今の自分がやっていないことがないかと・・・



ひとつ、心当たりがありました。

何をどうすればあの時の様に・・・いや、あの時以上に強くなれるかは分かりませんが、
とりあえず思いつくままにやって確かめりゃいいだろう!



ということで、次の週末に向けてこんなルートを引いてみました。
b0299252_23181456.png
距離は約200km、獲得標高は約2,000m・・・名付けて『ぐらんふぉんど・はりま』

半年ほど前、『GF西はりま』と銘打った距離200kmオーバー、獲得標高4,000mオーバーのコースを引き、
それの自宅から自走するための縮小版といったところでしょうか・・・

雪彦林道からはじまる1,000m級の山がとってもとってもアカン感じですね♪
しかもGE☆KI☆ZA☆KAもあるらしいっす\(^o^)/


あの時の僕に足りていて、今の僕に足りていないのはソロでのロングライドです。
あの頃はまだローディの輪が今よりは小さく、毎週末の様にグループライドの機会に恵まれるなんてことは
ありませんでした。
予定のない週末はフルアワイチやトリガタワをソロでAve.30km/hオーバーを目標に走ったり、
なかなかストイックなことをやっていました。

ある意味、今の状況はとても恵まれていることなのですが、
意思の弱い自分はグループライドとなるとついついラクをしようとしてしまうのです。
グループライドではしんどくなったら誰かが・・・もとい、ディーさん以外は牽いてくれますからね(笑)

それがソロライドならば、脚がしんどくなっても自分自身の力で何とかするしかなくなり、
そのしんどい状況でできる限り脚を回し続けることが、良いトレーニングになるんですよね。



ということで長~い前置きはおしまいだっ!
いっちょやってみましょう!!୧(`•ω•´)୨
b0299252_23353736.png
自転車乗りの朝は早い・・・( ゚д゚ )クワッ!!



さて、前日まではソロライドのつもり満々でしたが、いいタイミングでS練のお誘いがやってきました。

ちょうど姫路から雪彦林道のスタート地点である鳥居まで走るということなので、
S練に参加させてもらって途中離脱するプランを採用しました。
ま、S練ならば並みのソロロングライドより強度は上がりますし、なにより高速走行により時間の短縮が狙えます。
最近は日が落ちる時間が早くなってきたので、僕にとっては渡りに船な感じです。
b0299252_23421390.jpg
S練の集合場所がある姫路までのルートは主に3つあります。
言わずと知れた天下の国道2号線と、車線が多く信号も多い国道250号線(明姫幹線)、
そしてもっとも狭い旧国道250号線・・・通称「浜国」です。

今回はいつもなら路肩が狭いため敬遠する浜国を走ってみることにしました。
これが大正解で、早朝ならば交通量も少なく車の邪魔になることもない上に、
なにより信号が少なくて気持ちよく楽に走ることができました♪

ふむ、次回のジソーだるまは浜国一択やな!
b0299252_23421790.jpg
そして気がつけば日の出とともに加古川を渡る橋の上・・・
いつもはここまでがとっても長く感じるのですが、思いのほか近く感じました。
b0299252_23422168.jpg
朝日を楽しむ余裕もありつつも、しっかりとAve.30km/hオーバーで姫路入りできました♪



尚、この日のライドは、先日手に入れたホイール・ニュートロンウルトラ(パワータップG3に改造済み)の
テストライドを兼ねていました。

ロープロリムに、ほかの完組ホイールと比べると多めのスポークが特徴のホイールですが、
30km/h台のスピードであれば全く違いは判りませんね。
平坦区間ではなかなかの好感触です♪
尚、ヒルクライムでの感触はのちほどじっくりと味わえたので、またあとで・・・( º﹃º` )


b0299252_00064918.jpg
浜国効果もあってか、かなり早い時間に集合場所入りしましたが、
やがて集合場所には続々とS練の参加者が集まってきました。

参加者は、前回のS練でもご一緒させてもらったシンヤさんtoyota33gtrさんヒグカツさん
そして大人な病から復活の「隊長」ことS南さん
b0299252_00065659.jpg
b0299252_00070004.jpg
暫くの間はFF山口導入でJPスポーツの回し者と化したヒグカツさんのリドレー・ヘリウムや、
シンヤさんが手に入れたガーミンEdge520Jの話題で盛り上がっていました。

うむ、自転車乗りらしい平和なワンシーンですね。



「今日の住友さんの相手はAさんがしてくれますよ♪」

そんな中、この日のS練に参加するもう一人の人物について話題が及びました。
む・・・なにやら危険な香りがするぞ!!
b0299252_00072172.jpg
そして噂のAさんが登場・・・
その時、シンヤさんがボソっと発したひとことを僕は聞き逃しませんでした。

「あ、殺し屋が来た・・・」

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

えっ!? 今日の相手ってAさんがしてくれるんよね???

てことは、僕は殺されるん!?


シンヤさんによると、Aさんは播磨で開かれるあるヒルクライム大会のチャンピオンだっていうんですよぉ・・・



さて、もう一度ここでこの日の予定をおさらいです・・・

僕は200kmで獲得標高2,000mのコースを走ります。
S練は雪彦林道入口までの参加で途中離脱します。
その後、雪彦林道からは1,000mに迫る山を登ります。

でもその前に殺されるかもしれません\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

なにそれこわい

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-31 00:25 | グループライド

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

10月12日の業務日報・3ページ目

さて、僕にとっての今年のサイクル耐久レースin岡山国際サーキット。
レースそのものは全くいいところなしの惨敗でしたが、そこは趣味でやっていること・・・
それ以外にも楽しみはあるんですよね♪

例えば先頭集団に乗っかり余裕のある時間帯では周りの選手たちと会話を楽しむ時間もありました。
最近、S練で知り合った播磨の剛脚ローディさんたちとともに闘ったあの時間はとても楽しい時間でした♪

そしてそんなときにひとりのローディさんを発見!(☆∀☆)
全身を包むあのマッスルスーツは見間違うはずがありませぬ!
b0299252_00081851.jpg
ガルマさんやコンソメさんのブログにも登場する近江屋さんです♪

先頭集団で前方にいらっしゃったので、思わずポジションアップしてご挨拶させていただきました♪
今回は5時間の部で参加されていましたが、最後まで噂に違わぬスタミナおばけっぷりを発揮されてましたね。



近江屋さんとの出会いを含めて、やはりレースをはじめとするイベントでは、
はじめましてな方々と触れ合う絶好の機会となります。

サーキットを去る間際では駐車場で当業務日報にコメントをくださっていた二代目さんにお声掛けいただきました♪
その節はありがとうございます!
Facebookでつながりができたので、また高野山にでも走りに参りましょう♪

他にも9-Bピットでお声掛けいただいたローディさんふたり・・・お名前を聞き損ねましたがorz

「ダイズさんには負けないでくださいっ!」

そんな素敵なエールをくださりました(笑)
はい! ガッテンだぁ!!(`・ω・´)ゞ

話の中身から恐らくはご近所さんなお方だと思いますので、
またフラフラしてるところを見かけましたらよろしくお願いしますm(__)m



今年のテーマは「輪」

おかげさまでこれまで、数多くの出会いに彩られた素敵なロードバイクライフを送らさせていただいています。
そして出会いの数だけ今後の楽しみの可能性は膨らむものです。
結果は散々でしたがやはり今回のレースも参加してよかったと思います♪



そしてレースやイベントでは新たな出会いもあれば、これまで築いてきた絆が深まるということもあります。
b0299252_00233453.jpg
いつもと違わず手厳しい応援をくれる仲間たち。
結果でお応えできずごめんなちゃい・・・(´・ω・`)
b0299252_00242495.jpg
b0299252_00243325.jpg
いつも自身の限界に挑み、強烈な刺激をくれる仲間たち。
落ち込んでいる場合じゃない!
僕はもっともっと頑張らなければ!と、その姿は背中を押してくれました。
b0299252_00260683.jpg
レースでヘロヘロになったところを満面の笑みとアツアツのたこ焼きで出迎える仲間(笑)

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

おかげさまでその後の夕食がまともに食えなかったぜぃ!○*°(〇´°`〇)ゲプッ

b0299252_00275928.jpg
臨時漕会が陣を敷いた9-Bピット・・・
その中心にはディーさんがその腕を出し切って作ったというたこ焼きや、
フクちゃんさんの奥様が用意してくれた差し入れがありました。

周りの選手たちが撤収し、サーキットのスタッフによる撤収作業が始まるころまで賑わっていましたね(笑)



多くの仲間たちのおかげで楽しい思い出となったサイクル耐久レースin岡山国際サーキット。
個人的にレース内容はアカンかったけど、「それはそれ、これはこれ」 ←二週連続(笑)
当初はエントリーするか迷っていましたが、やっぱり参加したら楽しいですね♪
きっと来年も参加させてもらうことになるでしょう。



さて、これにて個人で挑む今年のレースは全て終了です。
ホッと一息入れたいところですが、11月にはブロガーチームで挑む鈴鹿8hエンデューロが控えています。
鈴鹿でやらかすと、般若の面を被ったお方に竹刀でギッタギタにされる恐れがあるので頑張らないと!
ということで、レースが終わってからの方がトレーニングに身が入っています(笑)

今年、ラストレースまであと2週間を切っている!
がんばるどぉ~!!୧(`•ω•´)୨

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あ、モーニングさん。
春に続きシングル達成おめでとうございます♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-29 00:56 | レース・イベント

ダメだこりゃ!

10月12日の業務日報・2ページ目

先頭集団でのゴール。

今年は2時間の部でエントリーした『サイクル耐久レースin岡山国際サーキット』
今回は結果から書きます。
あまりにもグダグダな内容だったので先に書いちゃいます。

b0299252_22571936.jpg
ゴールするまでに先頭集団に2周も周回遅れにされました\(^o^)/



どうしてこうなった!?

いろんな要因がありますが、最大の原因はコレでしょう・・・

「脚やエネルギーを温存していない」

今回は先頭集団でゴールする以外にも、とにかく集団の前の方にいたいという思いが強くありました。
b0299252_23023880.jpg
ちょっとでも前に行けそうなら兎に角前へ!

もちろんポジションを上げるためには、集団よりも速いスピードを求められますから脚を使います。
でもそんなことはお構いなしでした。

前走者がふらついてたり、周りにちょっとでも危なそうな選手がいたら加速して前へ!!
無理して前に出た先で集団内に入り込めず、集団の横で風を受けることになっても、前へ行こうとしていました。
これは2時間ならいけそうだと甘く見ていたことと、前週の高梁HCで出し切れなかった悔しさがあったからでしょうね。

しかしエンデューロは温存こそが命。
ドラクエでいうと「いのちだいじに」「じゅもんつかうな」とするべきところなのに、
「ガンガンいこうぜ」の作戦をとった僕は、1時間を待たずして脚攣りに襲われ、
1時間半も経ってないのにエネルギー切れによる出力低下で先頭集団から千切れました・・・orz


そしてレース後、ラップごとの心拍数と平均出力のログデータを見て唖然・・・
ラップの平均出力は、多少のばらつきはありますがだいたい200Wほど。
僕の場合この出力は、一定ペースであればだいたい150bpmあたりの心拍数で出せる数字になるのですが・・・

今回のレースではラップごとの平均心拍数が170bpm台にまで
上がってしまっていました\(^o^)/

その差20bpm・・・
なぜそうなったのか!?

それは無駄な上げ下げが多かったからでしょう。

ログデータを見てみると、先頭集団に乗っていたほぼ全ての周回で最大出力700W以上を記録していました。
そりゃあ心拍数も上がるってもんです。
b0299252_23193846.jpg
僕は集団内でポジションを上げようとしすぎて、
ひとりで勝手にインターバルをやっていたんです(*ノωノ)オハズカシイ

しかも頑張っている割には高いポジションをキープできていなかったような・・・
前へ前への意識はいいのですが、前が詰まっているときでも構わずに前に行こうとしてたので、
うまく集団に入れずにまたポジションを落とすっていうことを繰り返してしまっていました。
もっと集団全体の状況を見ていないとダメですね。。。

b0299252_23262865.jpg
あえなく先頭集団から千切れてからは、フクちゃんさんがいる列車にしばらくお邪魔しました。

「ちょっと~!らくふくの看板に泥を塗るなよ~!!」

〇臨ジャージの背中ポケットには、らくふくさんのマークが入っているのですが、
確かにフクちゃんさんにそういわれても仕方のない走りでしたね・・・(;´д`)トホー

しかしこの時はまだいい方でした。
b0299252_23285550.jpg
このままではイカン!

そう思い、せめてこの列車は牽こうと先頭に立ちました。
しかしこれもまずかった・・・

1周でエネルギー切れを起こし出力も心拍も上がらなくなってしまいました。
敢無く、フクちゃんさんがいる列車からも脱落しました。


そして僕はこのとき、出力が上がらないのは脚を使い切っているからだと思っていました。
しかしゴールまであと残り10分を切ったところで気が付きました。
b0299252_23331573.jpg
お腹が空いた\(^o^)/

そう、出力や心拍が上がらなくなっていたのはハンガーノックの前触れ・・・
そして気が付いた時には時すでに遅し!
ついにまっすぐ走られなくなるほどフラフラになってしまいました。

尚、このころのラップタイムは8分半ほどとやばいくらいに失速していました。
平均出力が100Wちょいしか出ていません(;´・ω・)

まともな判断能力もなくなっており、背中のポケットに念のため入れておいたエネルギージェルの存在も失念。
その存在を思い出しても、あと2周ならなんとかなるか・・・なんていうわけのわからないことを考え出す始末。

しかしさすがに意識がハッキリしなくなってきたので、仕方なしにエネルギージェルを補給。
するとしばらくして、まったく回っていなかった脚が回り始めました。
あれは最終周回のホームストレート入り口の直前でした(笑)

時すでに遅すぎぃ!!

b0299252_23401977.jpg
そしてようやくゴールです・・・
全然ダメダメで、我がことながら本当にビックリしました(笑)

う~ん、今回のレースで良かったこと・・・あったかな?

夏に取り組んだ単独巡航練習のおかげで、何度かあった先頭を牽く時には以前よりラクができていました。
あとは先頭集団が周回遅れの選手を抜く際に、
左に寄りすぎていたのを大声で注意し続けることはできていたかな?(笑)

あとは・・・あとは・・・

いいところなしだっ!!ʅ(◔౪◔ ) ʃヤレヤレ

<走行データ>
走行時間 8:08:05
走行距離 76.85 km
獲得標高 830 m
平均速度 36.0 km/h
最高速度 64.1 km/h
平均cad 90 rpm
平均心拍 162 bpm
最大心拍 187 bpm
消費カロリー 1,322 C
平均気温 16.2 °C

ここまで読んでいただきありがとうございます。
b0299252_23571427.jpg
次回はこの人の出番です!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-26 23:54 | レース・イベント

余裕をこいてフラグを建てる。

10月12日の業務日報・1ページ目

今年も『サイクル耐久レースin岡山国際サーキット』に参戦してきました。
実は今年はこのレースには参加しないでおこうと思っていたのですが、
夏場に取り組んだ、単独40km/h巡航練習の成果を確かめたくてエントリーしました。

でもこのレース、春に行われる『晴れの国おかやまエンデューロ』と比べると、
先頭集団をコントロールしてくれるプロ選手がいないからか、集団内がカオスな状況になりやすく、
結構危ないシーンが多いんですよね。
そういう印象もあって、今年は2時間の部でエントリーすることにしました。


そして2時間の部でエントリーしたことによって、僕の中で欲が出てきました。

せっかくなら先頭集団でゴールしたい!!

3時間、先頭集団に残り続けた昨年の晴れの国おかやまエンデューロを筆頭に、
初参戦のレースを除くこれまでの全てエンデューロレースでは、
最低でも2時間は先頭集団に留まって走ることができていました。
それを根拠に、2時間の部なら優勝する人の背中を見ながらゴールできるやろ~なんていう
とってもいいかげんな考え方です(笑)

ということで、今回の最低限の目標は「先頭集団でゴール」に決定です。



その上でもうひとつ、今回の参戦でハッキリさせておきたいこともありました。

ポジションキープができない。

僕には、これまでのエンデューロレースで見つけた課題があったのです。

先頭集団内での理想的なポジションは10番手から15番手くらいでしょうか・・・
集団の後方にいると、コーナー脱出時のインターバルがキツくなったり、
前走者が多い分、落車に巻き込まれるリスクが高いという問題が出てきます。
かといって前にいすぎると、先頭を牽く回数が増えることになり、脚の消耗が早くなってしまいます。
前方にいるか、それとも後方にいるか・・・そのベストバランスが10~15番手あたりだと思っていました。

これまでのレースを振り返ってみると、積極的にいいポジションへ移ることはできているのですが、
なぜかせっかく手に入れたいいポジションをキープできないんですよね・・・

きっとなにか悪い癖があるはずです。

「ポジションキープできない原因を突き止める」

そして今後参戦するエンデューロでもっと上手く走られるようになろう!
・・・ということです。



さて、ここからが当日の話。

この日は特に早くも何ともない朝でした(笑)
朝起きたらすでに臨時漕会定番の9-Bピット確保の一報がFacebookで上がっているくらいでしたから・・・

そして家ネコさんの運転する車で、朝の8時に岡山国際サーキット入り。
b0299252_00122219.jpg
それでもまだまだピットはがら空き状態です。

家からジャージとレーパンは着ていたので、そのままコースインして軽く流して2周の試走・・・
うむ、寒いっ!((*´д`*))
b0299252_00182697.jpg
試走や受付を済ませているうちに、9-Bピットにはたくさんの人が集まり始めました。

この日、臨時漕会からレースにエントリーしたのは6名。
2時間の部にバスク輪さんと住友輪業。
3時間の部にコギコギさんフクちゃんさん
5時間の部にkonoさんモーニングさんです。

あとは日頃から一緒に走ることの多いワタルさんも3時間の部に。
b0299252_00232270.jpg
そしてだるま珈琲ジャージに身を包むのは、共に2時間の部で初のレース参戦となるコーレスさんせいさんです。
ふたりとも緊張の面持ちでしたが走力は高いので楽しみですね♪

さらに今回はフクちゃんさんの息子さんが、高校の同級生たちとともに3時間の部にそれぞれソロエントリーです。
ピットでは息子さんの脚を入念にマッサージするフクちゃんさんの姿・・・
とっても印象的なシーンでした。

黄色い声応援団には、団長兼監督兼愛の鞭を振るう女王様であらせられるおばさんを筆頭に、
フクちゃんさんの奥様とママチャリダーさんが来てくれました。
尚、写真係は今回も家ネコさんが担当してくれました♪

あと、エンデューロと言えばヤツが・・・
b0299252_03588.jpg
来~る~、きっと来る~

焼き職人はちょっと遅れてくるそうです(笑)


b0299252_00334180.jpg
お隣のピットにはヴェルジェやソレイユ、BJC、HTCのチームジャージに身を包んだ顔なじみな方々の姿も・・・
僕が仕事前に必ず読む『エビのオムレツ』エビオムさんに、ようやく挨拶ができました♪

そんななかには「アカン人」ことこつねさんの姿も発見!(☆∀☆)

「ホンマの意味でアカン人になってしもた・・・」

どうやら祭りの準備などで乗れていないようです。

「先頭集団は1時間半残れたらええところやわ~」

その口からは、いつもとは違う弱気な言葉が漏れ出していました。
それに対して僕は、僕自身が最後まで先頭集団に残ることを疑ってもいませんでした。

たかが2時間!

その余裕・・・、ホントに大丈夫か!?

b0299252_00431892.jpg
ピットでは、ヴェルジェのよっしーさんが入念にアップをしていました。

むぅ・・・、いつみてもゴツい脚だこと(;゚д゚)ゴクリ…
b0299252_00430725.jpg
一方で寒い寒いと地熱を欲しがる我らがムンクさん(笑)
ならば我々もロードバイクにまたがってウォームアップでもしましょうかね!
b0299252_00431201.jpg
ロードバイクにまたがって・・・



あっ! 間違えました!!\(^o^)/

いやぁ、ホントに緊張感のない・・・(๑¯ω¯๑)
ま、とりあえずですが20分ほどミニコースの周りをぐるぐるくるくる回してアップ完了です。
b0299252_00432362.jpg
さてと、そろそろ出陣の時間ですね。

最低限の目標は先頭集団でのゴール!

それはできて当たり前!
ヨユーでラクショーのキンチョー感ナッシングです♪

しかし先に書いておきましょう・・・

この余裕はすべてフラグだったのです!ฅ(º ロ º ฅ)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-24 15:57 | レース・イベント

それはそれ、これはこれ。

10月4日の業務日報・4ページ目

僕にとっての2015年の高梁HCは残念な内容に終わってしまいました。
しかしレースの内容が悪くとも、この大会の持つ素晴らしい雰囲気を楽しめたことには違いありません。

悔しい内容に終わってしまったレースはそれはそれとして、大会の雰囲気を楽しむのはまた別の話。



この高梁HCでは地元の方の声援を受けながら、12kmのパレードランが行われるのです。
b0299252_23541722.jpg
b0299252_2354303.jpg
b0299252_23543840.jpg
レース前には「頑張れ~!」とか「行ってらっしゃい」とか・・・
レース後には「お疲れさま!」とか「また来年も来てね!」と、本当に多くの方々からの声援を頂けました。

僕もその口ですが、たぶんこの大会の雰囲気を経験した仲間から誘われて出場を決める人も多いのでしょう。
今年も参加者数は増え、過去最大の900名以上が集まったそうです。

初参加だった昨年もそうでしたが、今年もやはり特別な雰囲気を味合わせてもらいました♪

うん、こりゃあ間違いなく来年も参加するな♪

レースのリベンジはそれはそれとして、やはりこの雰囲気はまた味わいたいものなのです。



b0299252_071473.jpg
さて、レースゴール地点近くの山上エイドではシシ汁が振舞われていました。

「おかわり自由ですよ~♪」

ふむ、ならば遠慮なくいただきましょうぞ!
レースが終わったとたん、お腹がぐぅぐぅ鳴って仕方がなかったんです。
おかわり3杯ごっつぁんです♪

えっ!? レースで出し切っていない割には良く食うなぁだって?

バカヤロウ!
それはそれ、これはこれだっ!!



そしてこのシシ汁おかわりから補給ラッシュが止まらないっ!
b0299252_0104179.jpg
うむ!
b0299252_0105535.jpg
ふむ!
b0299252_011898.jpg
キレンジャイッ!!

下山後、会場で出店されていたお店で補給三昧です♪

レースは終わった。
それはそれ、これはこれ♪



b0299252_0132736.jpg
そしてリザルトなどをチェックしたのち・・・
16時までは駐車場に車を停めていても良いとのことだったので、高梁の街をポタリングすることになりました。
b0299252_014502.jpg
ここで〇臨列車の先頭を牽いたのはマスター。

実は高梁の街は、マスターが学生時代に過ごした思い出の街なんですね。
この日、お店を臨時休業してまで高梁HCに参加したのは、そういう背景があってのことだったんです。

それではマスター、高梁の街を案内してください♪



b0299252_018111.jpg
って、まだ食うんか~いっ!!


この日、レースだったはずですが、帰ったら体重が激増してました(◔౪◔ )テヘペロ
しかし温かい声援をいただいた方々が住まう高梁の街にお金を落としていくのはいいことだ!!
例えローディとしてはアカン体に近づこうともっ!!

それはそれ、これはこrゲフゥ( ´З`)=3


もうなんにも入りませんねん…‎(◍˘؂˘◍)



さて、過補給ラッシュが無事に終わり、高梁ポタリングは再開です。
b0299252_0265891.jpg
マスターったら、あの山の上に上るって言うんですよ・・・

これは汗がポタリングが決定的な模様です。
b0299252_0284698.jpg
b0299252_0285821.jpg
そして始まる高梁HC・第二部(完全自主開催)

b0299252_031291.jpg
そしてなぜかバスに乗り込む臨時漕会メンバー。
b0299252_032340.jpg
ONIさんは脚が攣ーリング回避のため、ここでDNFです。
なぜならバスを降りた先では・・・
b0299252_0362916.jpg
登山が待っているからです\(^o^)/

ロードバイクを降りても〇臨列車が健在で笑えました。
尚、全員ビンディングシューズで登りましたよ。
b0299252_0351451.jpg
マスターはSPD-SLのクリートをゴリゴリ削る山岳スプリント!!

なぜここで千切りあう!?
stravaのセグメントはないんやで!!

そして20分弱ほどの登山の末たどり着いた場所には・・・
b0299252_0391246.jpg
b0299252_0384973.jpg
b0299252_039199.jpg
備中松山城・・・全国でも12しかない現存天守を有するお城のひとつです。

僕は結構お城好きなので、備中松山城に初めて来ることができてうれしかったですね~♪
b0299252_0421322.jpg
b0299252_042254.jpg
さすが山城、見渡せる景色もめっちゃ良かったですよ♪(←ONIさん狙い撃ち)



とまあこんな感じで、とっても楽しいレース後のポタリングとなりました♪

ちなみにロードバイクでの移動時間は30分弱。
登山タイムは下山も含めて40分ほど。

う~ん、本当にポタリングといっていいものやら・・・

しかしそれはそれ!

楽しかったから問題なっしんぐ♪(⑅˃◡˂⑅)

以上、業務報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-22 20:30 | グループライド

いったい何をしに行ったんだ?

10月4日の業務日報・3ページ目

高梁HCのチャンピオンクラスでのレース。
前半から中盤にかけての高速区間を無事に先頭集団内でクリアすることができました。
ひとまず、後半の勾配が増す区間まで高速集団から千切れないという最低限の目標は達成したことになります。

さらにここまでのレース展開は、派手なインターバルがかかることもなく、
一定ペースでの走行が得意な僕としては理想的な展開でした。

ここから勾配が急になりますが、まだまだ心肺にも脚にも余裕はあります。
ここからというところでまだ勝負ができる!
最高の状況であったはずでした。

しかし僕はこのとき、これからのレース展開を考えるよりも、
ここまでいい展開でレースができたことに安堵してしまっていたのです。
これから起こることに集中せずに、すでに起こったことに意識が行ってしまっていました。
b0299252_010162.png
(画像は昨年の高梁HCのものです)

そして道が細くなり、勾配が増してゆく区間。
先頭を牽き終わった僕は、集団の左側を下がっていっていました。

集団は勾配が増したためにスピードが鈍り、細い道なので前方は詰まっている状態です。
当然、前走者との車間は詰まり気味になり、集団には僕が入れるスペースがありません。
仕方がないので集団最後尾付近まで下りて行って、集団内に再び潜り込もうとしていました。

このとき、僕の意識はこれから合流しようとしている集団後方に向いていました。

これがまずかった!

僕はこのとき、後ろではなく前に意識を向けておくべきだったのです。



集団最後尾で千切れそうになっている選手の前に入り、僕は無事に集団に合流できたと思っていました。
そしてふと前を見てみると・・・




僕が後ろについた選手まで中切れしとる!!



僕が最後尾についた場所は、ちょうど細い道幅が広くなり始めるところでした。
おそらくそこで前が詰まり気味だった集団が再加速したのでしょう・・・
僕は後ろに意識を向けすぎていたために、この再加速に気が付いていませんでした。


しまった!と思った時にはもう10mくらいの距離が開いていました。
ここは脚を使ってでも集団に追いくべきところです。
例えラストスパートのためにとっておいた脚がなくなってしまったとしてもです!

しかし僕は一瞬、追い上げを躊躇してしまいました。
最低限の目標は達成したという安堵感・・・

ま、こんなもんやろう・・・

こんなふざけた考えが一瞬頭をよぎってしまったのです。

アホかぁ! サイクリングやっとるんちゃうんやぞ!
今はレース中やっ!!


そう思いなおしたころには、集団は数10mも前方に消えてゆこうとしていました。
ゴールまで残り1.5km地点でした。
僕はその躊躇から、完全に先頭集団から千切れてしまったのです。

最悪な千切れ方です。



その後、ペースアップして最後の急勾配区間からスパート開始・・・
前方に、ぎりぎりまで先頭集団で戦ったであろうボーンズさんの〇臨ジャージを確認しましたが時すでに遅し。
ボーンズさんから11秒遅れでのゴールとなりました。
b0299252_029312.jpg
リザルトは29分34秒で25位・・・

昨年に比べて1分31秒のタイムアップになりましたが、
それはチャンピオンクラスの高速集団の恩恵を受けたおかげですね。

それよりもゴール後に、ガーミンのログデータを見て愕然としました。

平均心拍数167bpm、最大心拍数179bpm

全然出し切れていません!!

昨年は体調不良で心拍が上げきれない中であっても、平均心拍が177bpm、最高心拍が183bpmでした。
高梁HC前日の練習では190bpmまで心拍を上げて、まだもう少しあげられそうだったのですが・・・

いったい何をしに高梁まで来たんでしょうか・・・
なんのためにチャンピオンクラスにエントリーしたんでしょうか・・・

自分自身への情けなさがどうしようもなく、その後、1週間ほど落ち込んでしまいました。

この情けなさを挽回するにはあと1年・・・、来年の高梁HCでのリベンジを待たなければなりません。

こうして僕の高梁HCでの戦いは、大きな後悔を残して終わってしまったのでした・・・

<走行データ> (ストップボタン押し忘れのため、エイドまでのデータです)
走行時間 33:23
走行距離 15.82 km
獲得標高 455 m
平均速度 28.4 km/h
最高速度 54.6 km/h
平均cad 94 rpm
平均心拍 167 bpm
最大心拍 179 bpm
消費カロリー 469 C
平均気温 11.4 °C

ここまで読んでいただきありがとうございます。
レースは出し切らなきゃ意味がないですね。
分かっていたつもりですが、分かっていなかった・・・orz

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-21 00:47 | レース・イベント

いいぞ!落ち着いてレースができている!!

10月4日の業務日報・2ページ目

いよいよスタートのピストルが鳴り、高梁HCのチャンピオンクラスでの戦いが幕を切って落とされました。

目標は中盤まで高速集団から千切れないこと!

高梁HCはジワジワと上り続ける前半の区間。
途中、下りをはさんでからのほぼ平坦な区間。
そして道が細くなってから始まる本格的な上りの区間と、その性格がはっきりと分かれています。

せめて本格的な上りまでは、先頭集団で持ちこたえておきたいところです。



序盤の勾配の緩い区間は先頭集団が形成され、ヒルクライムレースは思えないような高速巡航が続きます。
ここで集団の後方にいると、前の方で発生したインターバルがよりキツくなってしまうので、
できる限り前の方にいたいところです。
その分、先頭を牽くことがあったとしても、その時は自分なりのペースを守ればいいだけなので、
とにかく前への意識です。

周りの選手のスタートダッシュが収まったあたりで、僕の位置は先頭から30~40番手だったでしょうか・・・
前に学生の集団がおり、その集団を抜きあぐねている間に右側から多くの選手に抜かれてしまいました。
しかしまだ焦ってポジションを上げなくてもいいと思っていました。
スタートダッシュが落ち着いたばかりなので、まだインターバルはかからないだろうとの判断です。

そのうち後ろからしびれを切らして追い抜いてゆく選手が上がってくるはずなので、
その選手の後ろにくっつき引き揚げてもらう形でポジションアップを狙おうと思っていました。
そしてその思惑通りに、前方へt駆け上がってゆく選手を利用して20番手近くポジションを上げることに成功です♪

いいぞ!落ち着いてレースができている!!



さて、ポジションアップをすると10番手くらいの好位置でした。
集団のペースは30km/hを下回らないスピードです。
ドラフティングが有効な速度域ですので、もちろん前述したようにやがて先頭を牽く機会がやってきました。
ここでは前の記事の『5秒ルール』を厳守です。

1,2,3,4,5,交代!!

心の中でカウントアップをして、5秒経ったらすかさず先頭交代を要求するハンドサインを出しました。

「断るッ!!」

な~んていう人は、この日はおりませんでしたので、とっても精神衛生上よろしくってよ!(笑)
この日、何度かあった先頭を牽いた場面全てで『5秒ルール』を厳守できました♪

いいぞ!落ち着いてレースができている!!



そしてやはりレースなので一定ペースとはいかず、ほかの選手による揺さぶりがあります。
あれは2度ほど先頭を牽き、次は3度目という場面だったでしょうか・・・

2人前の選手が先頭交代を要求したのですが、その瞬間、僕の前の選手がダンシングで急加速。
その選手が単独で10mほど抜け出す形となりました。
これまでの僕であれば、間違いなくその抜け出しに反応し、追っていたことでしょう。
しかし今回は僕はその選手を追いませんでした。

今年、僕はパワーメーターを導入しましたが、それによって気が付いたことがあるんです。
坂道や信号ダッシュなど、“加速”という行為にどれだけ大きな出力が必要であるか、ということです。

僕の目の前で抜け出した選手は、明らかに1分も維持できないであろう出力を出しているように見えたんです。
その選手がどれだけの実力を持っているかはわかりませんが、少なくとも一定ペースで走る方が得意な僕が、
出力を上げて追いかけていい状況ではありませんでした。
それよりはこのまま落ち着いて、集団で先頭を回してジワジワと追い上げた方が得策なのです。

そして案の定、ペースアップをして抜け出した選手と、そしてその抜け出しに反応した数名の選手は
1分も経たないうちに集団に吸収されました。


そうそう、ペースアップで抜け出しと言えば臨時漕会のボーンズさんですよ!

「もう脚がいっぱいいっぱいやから、上げて先行ってよ~!」

ボーンズさんが先頭を牽き終わって後方に下がってゆくときに、
そろそろ先頭が回ってくる僕に向かってこんなことを言っていました。
そんなボーンズさんに対して僕はこう返しました。

  「レース中にそんだけしゃべる奴は信用しないっ!」

そしたら案の定ですよ!
暫くして僕が先頭を牽き終わって後方に下がり、前を見るとボーンズさんが先頭に立とうとしていました。
すると一気に加速して抜け出してゆきました。

ほらぁ・・・やっぱりね!

ボーンズさんの場合は結構長いこと抜け出していましたが、
その力強そうな抜け出しを見て協調する選手が現れずm9^Д^)
僕もアワイチなどで彼の言動を見ておりますので無視して心の中で笑ってました(笑)

いいぞ!落ち着いてレースができている!!



さて、前半の緩い上り区間は難なく先頭集団で通過しました。
ここからは追い越し禁止区間となっている下りがあるのですが、集団での下りはスピードが上がる分、
ちょっとしたキッカケで集団落車が起こる危険が潜んでいます。

集団走行での下りは車間を空け気味にすること!

ここでは前方で落車が発生しても対処できるように、前との車間を3車身くらい開けて走りました。
するとやはりいるんですよね・・・
中切れしてると思っているのか、追い抜き禁止でも追い抜いてゆく選手が1名(-ω-*)イラッ

確かに下りではスピードが上がるため空気抵抗が増し、前走者にピッタリついた方がよさそうなのですが、
実際はそうでもないんですよね・・・
軽く漕ぎを入れるだけで前に追いつこうと思えばいつでも追いつけるんです。
それに、下りから平坦に移れば、重力のサポートがなくなり前方の集団は減速を始めるはずです。
集団から大きく離されていなければ、より空気抵抗の少ない後方から追いつくのは簡単なことなんです。
ですからちょっと車間を取って安全マージンを取った方がいいんですよね・・・
そもそも追い抜き禁止区間で抜く時点でアレですけれど・・・

案の定、下り勾配から上り返して平坦路になったところで、前方は詰まり気味になってました。
そこを追い抜き禁止区間で抜いていった選手もろとも、集団右側から上げていってパス。
脚を使わずに一気に先頭集団5番手あたりに位置取りました。

いいぞ!落ち着いてレースができている!!



ここまでは自画自賛になりますが、完璧なレース運びです。
心拍数も160~170bpmで安定しており、昨年は常に180bpm弱をキープしていたことを思えば楽勝です♪
そしてもう一度、先頭を牽いてからついに勾配が増す後半の区間にはいってゆきます。

さあ、ここからが勝負どころ!!

しかし僕はここからというところでとんでも無いミスを犯すことになるのです・・・

はぁ・・・、時間が戻ればいいのになぁ。。。( ノД`)シクシク…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
レースが終わるまで書くつもりが時間切れです\(^o^)/
はぁ・・・、1日があと1時間長ければなぁ。。。orz

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-20 00:34 | レース・イベント

『5秒ルール』で生き残れ!

10月4日の業務日報・1ページ目

b0299252_21531852.png
自転車乗りの朝は早い・・・°˚(ृ´꒳ˁ )ु˒˒

今年も『ヒルクライムチャレンジシリーズ高梁吹屋ふるさと村大会』(以下、高梁HC)に参加してきました。
春の比叡山ヒルクライムが開催されなかったため、高梁HCが唯一エントリーしたヒルクライムレースとなります。

今年はな、な、な、なんと!
トップカテゴリーのチャンピオンクラスでの出場ですよ!


昨年、臨時漕会から参加したボーンズさん・・・
そして会場で知り合ったETCCのRYOさんSONさんと約束してたんです。

「チャンピオンクラスにみんなで殴りこんで先頭集団!」

てね。



しかし今の僕の実力でトップカテゴリーにエントリーしても大丈夫だろうか?

高梁HCはヒルクライム大会ではあるのですが、特に序盤は勾配が緩く、
まるで平地を走るように高速先頭集団が形成されます。
実力が見合っていなければ、中切れの原因にもなりますし、
無理して踏んで蛇行でもしようものなら最悪の場合は集団落車の引き金を引くことにもなりかねません。

不安だ・・・


その不安はレース当日の早朝に、開会式会場付近の駐車場で準備しているときでもおさまる気配がありません。
b0299252_2232169.jpg
まだまだ時間に余裕があるのに、さっさと準備をしてしまうあたりにその不安が現れていましたね。。。
準備を済ませてしまえばやることもないので、さっさと開会式会場に移動しました。
b0299252_22365570.jpg
開会式会場ではほかに参加する臨時漕会メンバーとも合流しました。

今年からカテゴリーが上がったONIさん(←謎の強調)をはじめ、
ショーンさんタイプRさんボーンズさんモーニングさん
コージさんはショップチームからのエントリーでした。

そして昨年と同じく、『Italian Bikeで風になる』ヒロさんとも会うことができました。
ここでの出会いは恒例行事か?
b0299252_22404629.jpg
コギコギさんとともにヒルクライムレース初参戦のだるまマスターさんバスク輪さんも到着。

待てども待てども一向に会場に現れないので、なにかあったのかと心配していましたが、
本当に何かあったようです(笑)
その様子はコギコギさんのコチラの記事でどうぞ♪



とまあ、レース前はチームメンバーをはじめとする仲間と話をして、ずいぶんと気がまぎれました。
b0299252_22493350.jpg
しかし開会式が始まり、いよいよレース間際になると不安が再浮上・・・
b0299252_22504962.jpg
気温が低すぎることもあってか、足も震えだす始末です・・・

フツーに半袖ジャージでベストを羽織っていただけでしたしね(笑)


b0299252_22531828.jpg
さて、高梁HC名物の12kmに及ぶパレードランのことはまた後で書くことにして、
レースのスタート地点にやってきました。
b0299252_2254241.jpg
いよいよスタートは間近!

チャンピオンクラスは他のどのクラスよりも先駆けてスタートを切ります。
ボーンズさんやRYOさん、SONさんの近くに位置取り、レース開始の時を待ちます。


レースの作戦は考えてきていました。

昨年の年代別クラスでは序盤から前を牽きすぎて消耗してしまいました。
今年もきっと、集団の先頭を牽く機会が何度かやってくるはず!
その時にがんばって長く牽かないこと。

牽くのは長くても1度あたり5秒!!

名付けて『5秒ルール』(笑)

『5秒ルール』で序盤はひたすら温存して中切れせずに、後半の勾配が増す区間までは耐える!
あとは脚の残り方次第で、できるだけタイムを縮めるのみ!



「10秒前!」

スタート時間間際を知らせる女性の声が響き、周りではパチンパチンとクリートをはめる音が鳴りました。

「5、4、3、2,1・・・」

パ~ン!

さあ、今年唯一のヒルクライム大会・・・その内容と結果はいかに!?

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-17 23:06 | レース・イベント

パワーメーターおかわりっ!

お買い物の報告

今年の6月頭にパワーメーターを買いました。
b0299252_22572771.jpg
power2max

パワーメーターの中ではパワータップが最も手ごろな価格なのは分かっていましたが、
ホイールを選ばずに使えるパワーメーターが欲しくて、ちょっと無理してコレを選びました。
b0299252_22581694.jpg
1号機のビアンキ・オルトレに装着し、実走でのデータ取りを主目的に導入しました。
今のところ、使用するボタン電池が特殊で入手しにくいことを除けば、概ね満足して使っています。




b0299252_2322168.jpg
ん?
b0299252_232231100.jpg
おやおや??
b0299252_23224433.jpg
これはいったい!??



さて、power2maxを購入してから半年足らず・・・

我が家には2台目のパワーメーターがやってきました\(^o^)/

カンパニョーロの変態ロープロホイール(←個人的感想)ニュートロンウルトラの後輪のハブを
パワータップG3に組み替えたホイールがヤフオクに出ており、ついつい落札してしまいました。

ここで素朴な疑問が湧き上がってくると思います。

power2maxがあるのになぜ買ったし!?


パワーメーターと言えばやはりパワートレーニングが気になるところですね。
しかしオルトレは軽量なカーボンでできており、耐久性には不安があるところ。
フレームに大きな負荷がかかる固定ローラーでパワートレーニングはやりたくないんですよね・・・
b0299252_23162811.jpg
そこで、耐久性は抜群の肉厚重量級チタンでできた2号機、レモン・アリヴェを固定ローラにセットして
パワトレを行っていました。
b0299252_23172567.jpg
レモン・アリヴェにはパワーメーターはついていませんが、僕が使っている固定ローラーにはスピードと負荷から
仮想的にパワーを計算する簡易的なパワーメーターがついているんです。

ずっとパワトレをし続けていたわけではありませんが、1年間はこの方法でパワトレをやっていました。



が、しかし!

ある日、久々にパワトレをしようと固定ローラーを回しだすと、パワーが表示されなくなってしまっていました。

どないしよ! パワトレできへん!!ガ━Σ╰(°ㅂ° )╯━ン

もうテンションも、モチベーションもだださがりですよ・・・

と、思ってたらヤフオクで出会ってしまったのです。
以前から気になっていたニュートロンウルトラにパワータップがついてるなんていくっきゃないでしょ?



さて、ホイールが無事に届いたはいいのですが、シマノフリーだったのですぐには使えません。
別途ポチッとしたカンパフリーが届くまではリムのブレーキ面を磨いてみたり、
フロントだけニュートロンを履かせてポタリングしてみたりと遊んでました(笑)
b0299252_23404323.jpg
そして昨夜、ついにカンパフリーが到着♪
さっそくフリーボディを交換してレモン・アリヴェにホイールを装着してみました。
b0299252_23413767.jpg
バレットウルトラも似合っていましたが、こいつはなかなかどうして・・・

渋カッコええやん♪

その後、パワータップとガーミンのペアリングも無事に完了♪
ちょっと手こずりましたけどね・・・(^^;

軽く近所を試走しましたが、なんとも踏み味の軽いホイールで実走で使うのも楽しみです♪

もちろんパワトレも、今夜から再開しましたよ♪
感覚としてはpower2maxよりパワータップの方が高めの値が出てるような気がします・・・
この2つのパワーメーターの誤差を調べた記事なんかも需要あるかな?

ガーミンが2台必要やけどね\(^o^)/

誰か1日かしておくれ~(´;ω;`)ウッ…



ということで、ローラー台のパワーメーター故障を乗り越えて、2台のロードバイクともパワーメーター装着という
理想的な環境が整いました。
最近、ずいぶんと涼しくなってきたので、夏場ほどローラー台が苦にならないのでちょっと頑張ってみます!

「継続は力なり!」

昨日の自分より強くなれるように・・・、頑張るどぉ~!!٩(`・ω・´)و

以上、お買い物報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ちょっとパワトレ頑張る気になったのは、最近参加したレースが散々な結果だったからなんですけどね・・・
次回からはそんな2つのレースについての記事を書いてゆきます。

正直書きたくねぇ~!!(๑• ₃ั•๑)

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-16 00:00 | 機材の話

“S練”の“S”ってなぁに?

9月27日の業務日報

b0299252_21383048.png
自転車乗りの朝は早い・・・(*-∀-)ノ゙

この日は、前の週に“出雲路センチュリーライド”を一緒に走ったシンヤさんの紹介のおかげで、
以前から気になっていた練習会についに参加できることになっていました。

その練習会の名は“S練”

播磨でも剛脚ローディさん揃いの“ソレイユ”というチームのS南さんが主催して行われる練習会です。

“S練”の“S”はソレイユの“S”?
それともS南さんの“S”??


“ドS”の“S”やったらどないしよ・・・(;°∀°)



まあとにかく、どんな練習会が行われているかは実際に参加してみないと分かりませんから行ってみましょう♪
b0299252_21574884.jpg
集合場所のコンビニまではド平坦の40kmほどですから、自走で行くことにしました。
集合時間は朝の8時ですから、かなり余裕をもっての出発です。

姫路への道はどこを通っても信号が多いので、信号ダッシュではジワリと加速・・・
とにかく練習会で高強度になっても耐えられるようにと、無駄に踏み脚を使わないように気を付けて走りました。
b0299252_21561459.jpg
それにしてもすっかり秋の空気と澄んだ空で、とっても気持ちよく走れました♪
b0299252_21583744.jpg
うん、なかなかいいペースだ♪

かなり余裕をもって到着したので、集合場所にはまだひとりも着いておらず、
かなり不安になったのはここだけのハナシ(笑)

集合時間の15分前にはBJCジャージを着たローディさんがやって来たのでご挨拶しました。
その方は臨時漕会のぴよぴよさんのご近所さんのヒグカツさんでした。

そして僕をS練へと誘ってくれたBJCのシンヤさんも登場。
実はシンヤさんとは、何故かお互いの本拠地である播磨で出会えないという呪いがかかっていたのですが、
この日、すんなりとその呪いを打ち破ることに成功♪
1週間ぶりですが喜びの再会となりました(笑)
b0299252_221418100.jpg
そしてこの日、参加とお見送りの方が続々と到着。

ソレイユのトオルさんとは、何度か岡山国際サーキットでのエンデューロレースでご一緒していましたが、
この日ようやくレース以外でもご一緒できることになりました♪

BJCからは前述のおふたりに加えtoyota33GTRさんが参加。
確かぴよぴよさんと走ったことがある人じゃないかと確認してみたらその通りでした。

お見送りは主催者のS南さん
前日より病による痛みに苦しんで、この日はDNSです・・・
b0299252_22163230.jpg
そして朝から怪しい光景です(;°∀°)

この日は同じ病に苦しむムラPさんから薬をもらいに来たようです(笑)
薬局の開店時間まで待てないくらいの痛みなのか・・・お大事に。

ムラPさんも膝の故障からの復活途中だそうで、この日はお見送りです。
早期の復活をお祈りしております。



さて、いよいよS練の開始ですが、まずS南さんから練習についての共有事項の説明がありました。

・最初はゆっくりと、徐々にペースを上げてゆくこと。
・千切り合いはしないこと。
・上りでも走力のある人が一気に上げるのではなく、全員を引き連れるイメージで走ること。


参加する全員にとって練習になるようにという配慮ですね。
これにはとっても好感が持てました。

そして“S練”の“S”はドSの“S”では無いようです。

b0299252_22442726.jpg
そして出発。
この日の行き先となる雪彦山(せっぴこさん)の麓の鳥居を目指し、上り基調の道を進みます。

最初のうちは、交通量の多い姫路の市街地を抜けてゆくのですが、
ここでは信号に引っかかるごとに先頭交代をするというやり方で列車走行で走り抜けました。
とても安全な走り方ですね。

ペースも30km/hちょっとで無駄な上げ下げがなく、ハンドサインも徹底されており、
この日初参加の僕でも不安なく列車に加わることができました。
b0299252_2248294.jpg
市街地を抜けきる直前にY君が合流し、この日の練習メンバー6人が揃いました。

そしてその後はややペースアップ。

とは言え、無茶なペースではなく淡々とローテーションを繰り返してゆくイメージです。
僕もいつもの単独練習よりは抑えめのペースで、列車後方では軽いギヤをクルクルと、
先頭では重いギヤを丁寧に回すようにして走り続けました。
b0299252_22515427.jpg
雪彦山の麓の集落を抜けると、やや勾配が増したのでここはアウタートップ縛りで走りました。
これまた絶妙な勾配で、しんどいけれど最低限のケイデンスは保てていい感じに脚パンになれました。
b0299252_2374762.jpg
もちろんおかわりマスタングも!

雪彦山の鳥居についてからはすぐにUターンし、夢前のコンビニまで安全な速度で巡航して走りました。
b0299252_2394831.jpg
そしてたどり着いたコンビニでは衝撃の事実が二つ発覚!

ひとつは途中で合流してきたY君ですが・・・なんと高校一年生でした!!

僕との年齢差が二倍以上・・・ガ━Σ╰(°ㅂ° )╯━ン
今年の春からロードバイクに乗り出して、今は基礎練習に励んでいるようです。
この日もインナー縛りでひたすらクルクル回していましたが、トミーさんからの言いつけだそうで、
それをしっかりと守り続けているようです。

しかし高校生のうちからロードバイクに乗られるなんて・・・羨ましい!!

※ 尚、Y君は未成年なので、事前に保護者様のご了承を得ての参加だそうです。
  この辺りまでしっかりとしているこの練習会、やはり好感が持てますね♪



そして衝撃の事実その2。
この後まだアップダウンと短いながらもヒルクライムが二か所残ってました・・・orz

雪彦山でアウタートップ回すんじゃなかった\(^o^)/

僕は来た道を戻るものと思っていました。
シンヤさんもヒグカツさんも雪彦山ののぼりでは、「住友がアホなことしてる」って思ってたそうですが・・・

その時に教えておくれよぉ。゚( ゚;ω;゚)゚。

b0299252_23255941.jpg
その後はアップダウンを軽い負荷で上り、下ったあたりでtoyota33GTRさんが離脱。
復路、最初のヒルクライムは素直にインナーを使ってイーブンペースで上り、
ふたつめの清水峠では思いっきり負荷を上げようとしたところでチェーン落ち・・・
アウター縛りで追い上げましたが、シンヤさん、ヒグカツさんともにスパートをかけたのか追いつけず終了です。
b0299252_23245570.jpg
最後は書写山近くのコンビニでガリガリ君タイム♪
自転車談義・・・そしてY君に「悪い大人に毒されちゃダメだぞ☆」と念を押して解散となりました。

その後はだるま珈琲へ向かうべくまずは夢前川を南下・・・
脚が残っていれば万葉岬へ向かおうと思っていましたが、速攻で却下です(笑)
b0299252_23334418.jpg
途中まではトオルさんと同じ方向なので、サイクリングロードで話をしながら流して走りました。
2週間後に迫った岡山国際サイクル耐久の健闘を誓い合ったりと、それはもうさわやかなひとときでした♪

そしてトオルさんのさわやかさに改めて思うことがひとつ・・・

やはりダイズさんにはトオルさんの爪の垢をナニしてもらわねば!!


トオルさんと別れてから、だるま珈琲までは向かい風でしたが、
すっかり重くなった脚で粘りの巡航を行い練習終了♪
b0299252_2338538.jpg
そしてご褒美からの・・・

b0299252_23383226.jpg
家ネコさんわぁぷでラクチン帰宅です(笑)

<走行データ>
走行時間 4:39:48
走行距離 138.54 km
獲得標高 759 m
平均速度 29.7 km/h
最高速度 62.6 km/h
平均cad 84 rpm
平均心拍 144 bpm
最大心拍 183 bpm
消費カロリー 2,535 C
平均気温 21.6 °C


さて、今回初めて参加させてもらったS練ですが、本当に好感の持てる練習会でした。
いろんなメンバーが集まるので、もちろん走力差はある程度ありますが、
とにかく参加した全員がレベルアップを図れるような配慮が行き渡っていたいい練習会でした。
高校生のY君がいることもあって、下り基調の速度が上がりやすい道でも速度を控えめにしたりと、
安全への配慮もバッチリでしたしね。

“S練”の“S”は“Smart”の“S”。

初参加の僕の印象をひとことで言うとこんな感じかな?
また予定が合えば、是非とも参加させていただきたいと思いました。


ちなみに例の“アカン人”を含めて参加するメンバーによっては、
恐ろしく強度が高い練習会になることもあるとか・・・

む・・・、やっぱ“ドS”の“S”なのかな?\(^o^)/

以上、業務報告終了!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ドSな方も怖いもの見たさで参加したいかも~♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-10-13 23:56 | グループライド
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30