住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

食え!もっと食えっ!!

10月18日の業務日報・4ページ目

これからが楽しみなローディ・ひろさんと福崎でお別れし、僕とシンヤさんは進路を東へ・・・
県道23号線をそのまま少し行けば加西市に入り、中心街にはあのお店があります。
そのお店に珈琲をいただき、一息いれることが目的です。

行先は珈琲屋さんではないんですけどね!(笑)



さて、東へと進むと風は完全な追い風に変わりました。
ここまで下り基調でありながらも向かい風に苦しめられ続けていたので、この日初めての快走区間です♪

※ 朝はS練においても高速巡航しましたが、
  あれは苦行の類です・・・('A`)

思わず笑みがこぼれる快走もあっという間に目的地にたどり着きしゅーりょー ('ε'*)チェッ
僕たちの目的地はコチラ・・・
b0299252_00013398.jpg
ローディ仲間のshuheiさんが働いているカネコメガネさんです。
シンヤさんも僕も、カネコメガネさんでオークリーのアイウェアのカスタムモデルを作ってもらったんですよね。
いわばアイウェアの里帰りか?
b0299252_00072967.jpg
まるで新品の輝き!!ฅ(º ロ º ฅ)

来客の多い時間帯にもかかわらず、shuheiさんが僕たちのアイウェアをピッカピカにしてくれました♪
b0299252_00092594.jpg
そしてもくろみ通り珈琲まで淹れてくれました♪
ちなみに豆はだるまブレンドです(笑)
束の間のほっこりタイムで、ここまで走って来たアカンコースでやられていたメンタルがリフレッシュできました♪

shuheiさん・・・
忙しい時間だったのにありがとうございますm(__)m



b0299252_00155938.jpg
カネコメガネさんを出発してすぐに、この日同行してくれたシンヤさんともお別れです。
元々はソロで走る予定でしたが、あのアカンコースを乗り切れたのはシンヤさんが一緒にいてくれたおかげですね♪
さらにひろさんとも出会えたし、昼食でもおいしいカツ丼にありつけましたし感謝です!

シンヤさん、ありがとうございます!
また一緒に走りましょう♪



さて、ここからの残り50kmほどの道のりは完全にソロライドです。
そしてこの日の本番はここからです!

S練、雪彦山、峰山高原、砥峰高原、そして苦手な向かい風の下り基調の道・・・
そのどれもが脚を使うシチュエーションで、やはり疲れは隠せなくなっていました。

ここからどれだけ粘りの走行を続けられるか!?

それがこの日の最大のテーマ。
このしんどい状況から、どれだけ頑張り切れるかがトレーニングです!
b0299252_23235765.jpg
日もかなり傾いてきたのでペースアップ!
ま、ペースアップと言っても、200kmのロングライド後半ですから心拍数こそ抑えめですけどね・・・

それでも道路状況さえ許せば200Wの出力をキープして走るようにしました。
加西から自宅までは下り基調なのでスピードが出て満足しがちですが、
パワーメーターがあるとこういう時こそしっかり追い込めているか確認ができていいですね♪
b0299252_23251525.jpg
加西からは小野市→三木市を通って南進・・・もう少しで神戸市に入るというところで日の入りです。
b0299252_23262595.jpg
個人的に名所と思っている「ミステリーサイクル」を撮影(笑)

僕の実家から3km圏内にあるこの場所・・・
実はこれを作ったのは、お口のケイデンスが高いことで知られる臨時漕会のメンバーなんですよね(笑)
時間を空けて訪れると、言われないと分からないくらい細かい箇所がバージョンアップされていrことがあるので、
定期的に巡回に来るようにしているんです。


さて、ここからは立ち寄る場所も無く、自宅までは20kmちょっと。
しかしミステリーサイクルを訪れてから、出力が上がらなくなってきました。

これは先のサイクル耐久in岡山国際サーキットで先頭集団から脱落した時と同じ症状です。
サイクル耐久では脚の売り切れと思っていましたが、どうもこの症状は脚ではなく別の原因がありそうです。
b0299252_23334615.jpg
それを検証すべく、急遽コンビニにピットイン!

脚が回らなくなっているのは、ハンガーノックの前触れ・・・
VAAMを飲んでいるので、急にガクッと出力が落ちるわけではないのでものすごくわかりにくいのですが、
単純にエネルギー切れでペダルに体重を乗せるフォームが維持できず、
その結果脚を回せなくなっているんじゃないかと思ったんです。
僕の感覚では、しっかりしたとフォームが維持できていれば脚が売り切れていようとも、
平地で30km/hくらいは維持できるはずです。

ということで検証開始!
b0299252_23371397.jpg
結果、下り基調ということもあるのですが、補給後は200Wをキープして
35km/hオーバーの巡航速度で走ることができました♪
やはりサイクル耐久の失速の原因はエネルギー切れだったようですね。

補給って大事!

その後もしっかりとフォームを維持してペダルに荷重を乗せてペースを維持。
すでに180kmオーバーで獲得標高は2,000mを超えていましたが、自分でもびっくりするくらいに脚が回りました♪
b0299252_23431392.jpg
ついに長かった「ぐらんふぉんどはりま」のゴールです*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

<走行データ>
走行時間 7:40:46
走行距離 201.15 km
獲得標高 2,220 m
平均速度 26.2 km/h
最高速度 61.1 km/h
平均cad 81 rpm
平均心拍 142 bpm
最大心拍 183 bpm
消費カロリー 4,679 C
平均気温 17.8 °C

S練と下り以外では先頭を牽く、もしくはソロで走り続けられてので大満足です♪

そして消費カロリーがヤバい!
そりゃあエネルギー切れにもなるわな・・・
ソロライドが多かったころは、ライド中は休憩中に何にも考えずに食べられるだけ食べて走っていましたから、
それで失速せずにハイアベレージでロングライドを走られていたんでしょうね。

結論…

速く走りたければ食え! もっと食えっ!!

それでもし太ったらもっと走ればええねん!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
摂取カロリー>消費カロリーを恐れない心を手に入れた!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-11-05 23:58 | ソロライド | Comments(8)

挑戦する者は何よりも眩しい。

10月18日の業務日報・3ページ目

峰山高原へのヒルクライムでとどめを刺された感のある今回のライド。
しかしここまでこればあとは基本的に下り基調のはず!
ここまで頑張った甲斐があるというものです♪
そしてここから先の砥峰高原は僕がかねてより行きたかった場所なんですよね(*'▽')ワクワク



b0299252_23293107.jpg
先ほどまでは疲れて余裕がありませんでしたが、ここ峰山高原はいかにも高原なとってもいい景色が楽しめますね♪
標高が1,000m近いので、平野部より一足早く本格的な秋の訪れを迎えている最中でした。

そしてここから砥峰高原まではそんな高原風景の中を走ることになります。
b0299252_23315758.jpg
b0299252_23320700.jpg
抜けるような青い空と白い雲・・・美しい林を湛える山々を眺めながら、
アップダウンのある道を気持ちの良いペースで走り抜けました。

b0299252_23352476.jpg
やがて左手側に広大な草原が現れました。
ここが砥峰高原です。
b0299252_23370208.jpg
広大な草原にはススキが群生しており、まさにこの時期が見ごろ!
その美しさから、映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」、「軍師官兵衛」の
ロケ地にもなった場所なんですよね。

「とのみね自然交流館」の前には、ロケ地記念のパネルまであります。
せっかくここまで来たので、峰山高原で声をかけていただいたローディさんに撮影をお願いして、
シンヤさんとふたりで記念撮影をすることに・・・




b0299252_23432034.jpg
ちーん...0(:3 )~

いや、ホンマにここまではアカンコース過ぎでした・・・
もちろん草原でキャッキャウフフする元気なんてございませんので、ただぼんやりと眺めるのみでした。

次は車で来るぞ!
そしてキャッキャウフフするぞ~(ง •̀_•́)ง



さて、砥峰高原での楽しみは景色だけではありません。
名物の食べ物があるのです♪

ちょうど峰山高原でエネルギーが切れ、コーラで急場をしのいだもののお腹が鳴って仕方がなかったところです。
この日も移動販売車が来ていたのでさっそく買い求めに行きましょう♪
b0299252_00001424.jpg
b0299252_00011056.jpg
砥峰高原名物の「あんまき」でございます。

その存在はかなり前から知っていました。
実はあんまき屋さんもローディさんなんですよね~♪
食べるのはこの日が初めてだったので、定番の商品を2つ教えてもらっていただくことに・・・

まずはこしあんを食べてみましたがフワッとした生地にほんのりと甘すぎない餡がいい感じ♪
そしてふたつ目はカスタード・・・そして住友輪業に電流が走る!

なにこれ、めっちゃうまいんですけど~!!

キメの細かいカスタードと生地が口の中でとろけて・・・あぁシアワセ*。٩(ˊᗜˋ*)و*。
気がついたらカスタードのあんまきを追加オーダーしてました(笑)

これはいいものに出会えました♪
あんまき、みなさんにも絶対に食べてほしいです!



b0299252_00175246.jpg
あんまき屋さんには僕たちのほかに、もうひとりのローディさんの姿も・・・
そのローディさんにシンヤさんが話しかけ始めました。
どうやら以前、一緒に走ったことのある方のようです。

ひろさんというそのローディさん、なんとロードバイクに乗り始めてまだ2か月だとか。
足元を見るとごく普通のスニーカーを履いているではありませんか!

・・・ということはですよ。

「え~!! 砥峰高原までフラペで登って来たん!?」

  「最後、車の渋滞に引っかかって脚付きしちゃいましたけど・・・」

いやいや、ローディ歴2か月でフラペで砥峰上るってどんだけよ?
挑戦しようっていうだけでもスゴいことです。
なんというチャレンジングスピリット!


そしてひろさんはここから姫路に戻るということだったので、途中まで一緒に走ることになりました。

脚付きをしたと言ってましたが、なるほど下りの対向車線は1kmほど車の列が連なっており、
これでは乗ったままクリアするのは危ないでしょう。
そんなひろさんを最後尾に、砥峰高原から下る車に交じって安全第一でダウンヒルも無事完了♪
ここからはシンヤさんオススメのカツ丼がおいしい店がある寺前の街まで下り基調の道を飛ばします。

ここはなかなか強い向かい風・・・
僕は下り基調の向かい風が最も苦手とするシチュエーションですが、
ここで緩めてはトレーニングにならないのでペダルを踏む力を弱めずに走り続けました。
b0299252_00323517.jpg
でもシンヤさんの真後ろにピッタリつけてひろさんは付いて来るんですよね・・・

ならば遠慮はいらないかと、もう一段強度を上げるとさすがについてこれなくなってしまったようですが、
いやいや本当にすごい!!

「耐えきれませんでした・・・」

悔しそうに話すひろさんですが、あれで耐えられたら僕が落ち込みます(笑)


b0299252_00401671.jpg
そして割烹・山水というお店でシンヤさんオススメのカツ丼にありつきながら3人で自転車談義。
どうやらひろさんは次はビンディングデビューだそうで、本当に楽しそうに話していました。

補給後は強度を落として前を牽きましたが、砥峰高原を上ってからの下り基調の高速巡航で脚を使いきったのか、
さすがにひろさんは遅れ気味に・・・
b0299252_00440235.jpg
お別れの場所となる福崎のコンビニでは悔しそうにしていましたが、本当に大したものです。

そんなひろさんの姿を見て、僕は羨ましくなりましたね。

これからひろさんはきっとさらなる速さを追い求め、もっと遠くに走ろうとチャレンジし、
もっと高い場所へのぼろうと挑戦し続けることでしょう。
その過程で一歩ずつローデイとしてステップアップしてゆくのは、本当に楽しいことです。
それをこれから存分に味わうことになるであろうひろさんの姿は、僕には最高に眩しく映りました。

それは僕はすでに通ってしまった道・・・そして僕はもう通ることのない道です。
いや、それは違うか・・・

僕もさらなる高みを目指すことでまだ見ぬ道を通ることになるでしょうから・・・

僕も日々、挑戦ですね!

ひろさんには本当にいい刺激をいただきました♪
ありがとうございます!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ひろさんと別れてからはあのお店に立ち寄ってほっこりして、ついにシンヤさんともお別れします。
そしてそこからが真のトレーニング開始です!

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-11-04 00:58 | グループライド | Comments(6)

トリプルパンチを食らったから仕方がない!

10月18日の業務日報・2ページ目

「殺し屋」の異名をとるクライマーのAさんが参加する僕にとっては二度目のS練がついに始まりました。
この日はS練を途中離脱し、雪彦林道から峰山高原、そして砥峰高原至るヒルクライムを控えています。

「六甲山よりキツイよ!」

事前情報ではかなりキツイルートのようですが、果たしてどうなることやら・・・



b0299252_22371859.jpg
S練は市街地ではお祭りに遭遇するなど、序盤は前回以上にまったりな出だしでした。

そう、序盤はね!

b0299252_22385746.jpg
いざ、市街地を抜け出して上り基調の高速巡航区間へと入ってゆくと、前回以上に巡航速度が高い!

その原因はAさん?
いやいやそれだけではありませんでした。

本格的に高速巡航が始まる書写山あたりでヒグカツさんが明らかに上げてゆきます。
それもそのはず、この日、ヒグカツさんはFF山口WD・F6Rを初投入。
その性能を確かめようとしているのか、前回以上に高い巡航速度で先頭を牽き始めたのです!

もうこうなるとほかのメンバーも負けてられませんよね。
絶妙にキツイ強度を保ったまま夢前を抜けて雪彦山のふもとへ・・・
そしてそこからは若干勾配が上がってプチプチヒルクライムです。

そこをAさんがダンシングでグイグイとひっぱり、いいペースを作ってゆきます。
追いすがるのはシンヤさんとヒグカツさんと僕。

そしてよせばいいのに僕が上げて一度Aさんをパス。
ヒルクライムゴールの鳥居まで、300Wを保ってガマン!!
・・・のつもりが前回のS練以上に足が回らずタレて、やはりAさんに殺られましたorz
b0299252_22522067.jpg
まずはS練でいいパンチをひとつ食らいました:(´◦ω◦`):プルプル



さて、ここでシンヤさんから嬉しい申し出が・・・

「僕もここで離脱して住友さんと一緒に走ります。」

もともとトレーニングを兼ねてソロで走るつもりでいたが、ここからはヒルクライムですし、
平坦路になっても僕が前を牽き続ければ問題なしです!
特にここから先は一度も走ったことがない道・・・
しかも雪彦林道はところどころアスファルトをはがしてある箇所があるとのことだったので、
道を知っているシンヤさんの同行の申し出は心強かったです♪

ところが・・・

「このまま雪彦林道を超えて砥峰に抜けますよ。」

  「えっ、だるま珈琲じゃなくて???」

僕の今後の予定を告げると目を丸くしていました。
シンヤさんには予想外のキツイライドの始まりとなったようです(笑)


b0299252_23004247.jpg
それではS練続行のみなさんをお見送りして、素敵な道連れさんとともにエグイ道を参りましょ~♪

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

って、参りましょ~♪じゃねーよ!!


鳥居を通り過ぎたらいきなり勾配がぐんと増して、いきなりインナーローですよ・・・

「いつまで続くねん!って思いますよ・・・」

おーいえー、それを知っているのに付いて来てくれるシンヤさんは偉大なり!

聞けば2週間前にも「処刑人」の異名を持つソレイユの猛者と、
卵かけごはんを食べるために雪彦林道を越えていったそうな・・・

偉大な変態さんですね(^ω^;)



しかしキツイだけあって暫くすると景色も良くなってゆきます。
b0299252_23091252.jpg
b0299252_23092156.jpg
b0299252_23095576.jpg
天候にも恵まれ、ヒルクライムには丁度よい気温でした。
ニュートロンも上りではスルスルと回る印象で好感触♪
ただずっとキツ目の勾配が続くので、その好感触もやがて良く分からなくなってしまいましたが・・・(笑)
b0299252_23123284.jpg
そして事前情報通りにところどころでアスファルトがはがされており、結構気を使いました。
10%弱の未舗装の上りでは、きれいに回すペダリング技術が試されますね・・・

時々勾配が緩むので、そこでできるだけ休む様にしながら延々と上り続けましたが、
オーバーペースにならないためにはケイデンスの上げようもなく、かなり脚には堪えましたorz

雪彦林道でもいいパンチをもらって、
これでふたつ目:(´◦ω◦`):プルプル


b0299252_23143110.jpg
そしてようやく雪彦林道のピ-ク(?)、明石海峡大橋が見えるという場所に到着です♪
b0299252_23161877.jpg
「うむ・・・、見えぬ!!」

こんなにいい天気の日に見えなくていつ見えるんじゃい!?
(後日、雪彦林道を走ったコーレスさんは見えたそうです・・・)
見えないものは仕方がないので、さらに林道を北へと抜けてゆきます。
ここからは一気に下ると見せかけて、結構上り返しがあったりして厄介でした。

あと厄介と言えば、下りのコーナーなんかでも容赦なくアスファルトがはがされている場所もあったので、
雪彦林道を走られる方は本当に気を付けてくださいね!


そしてやがて本格的な下りに入りました。
ここはシンヤさんの見せ場のようで、あっという間にコーナーひとつ分くらいの差をつけられてしまいました。



が、しかし!
b0299252_23364554.jpg
続く峰山高原への上りがまたキツかった・・・

そこはおよそ10%くらいの勾配が続く4kmほどの九十九折れの道・・・Σ("ืם"ื 〣)
しかも雪彦林道の様に勾配が緩い場所が無く、ひたすら重いペダルを耐えて耐えてただひたすらに耐えて回すのみ!
大阪の十三(じゅうさん)峠を彷彿とさせる立派なヒルクライムでした。

さらにここで辛かったのは、ここまでで補給食を食べきってしまった状況でエネルギー切れの兆候が出てきました。
パワーが徐々に落ちてきてしまいジリ貧に・・・
そんな中、峰山高原まで残り2kmの看板から結構長く脚を回し続けて次の看板が見えたとき、
あと500mでひと安心かと思ったら残り1kmと書いてあって心がポッキリ逝きました\(^o^)/

峰山ヒルクライムでもいいパンチをもらって、
これでみっつ目:(´◦ω◦`):プルプル



そしてトリプルパンチを食らうと人間はこうなります↓
b0299252_23441820.jpg
「意識飛ぶかと思ったわ~」

たどり着くなりバッタリと倒れ込んでしまいました\(^o^)/
聞けばシンヤさんは、心拍数が190bpmあたりを彷徨ってたそうな・・・



ひとまず落ち着いてから、とりあえず水分を補給するために峰山高原に建つホテルの建物内へ・・・
ふむ、自販機は大浴場の入り口にあるようです。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・
b0299252_23470077.jpg
ま、意識が飛びそうになったら間違えるよね(笑)

うんうん、トリプルパンチを食らったから仕方がない!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
b0299252_23554251.jpg
そうそう!
峰山高原で、なんと当業務日報の読者の方にお声掛けいただきました。
お声掛けありがとうございます♪

そしてここから先の砥峰高原ではさらなる出会いが待っていました!

次回、砥峰高原名物をいただきま~す♪

当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2015-11-02 23:58 | グループライド | Comments(8)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31