「ほっ」と。キャンペーン

住友輪業の業務日報

rynx04.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本当に成長できているのか比べてみよう♪

今夜は一念発起して、夜トレしてきましたよー─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つイッテクル!

空気が悪すぎてたったの15kmで帰って来ましたよー⊂('ω'⊂ )))Σ≡=─ム-リ-

のどが痛くなっただけでしたよー!(/´△`\)アカーン!!


最近暖かくなってきたので、平日のトレーニングを屋内でのロラ活から屋外での夜トレへと切り替えました。
ローラー台の方が効率が良く、精神的な鍛錬にもなることは分かっているのですが、
そこは趣味ですから気持ちよく外を走りたい!

そしてどうやら一年前の僕自身もそう思っていたようで・・・
ある夜に1年前の同じ日に、全く同じコース・同じメニューで走っていました(笑)

ふむ、では1年間でどれだけ速くなれたのか、チェックしてみようではないか!



3月19日の業務日報

"tour de awaji"が終わると、いつも疑問に思うことがあります。

僕は本当に速くなっているんだろうか?

臨時漕会のチームメイトは、ストイックに練習している人が多く、
"tour de awaji"ではいつもヘロヘロリンにされてしまいます。
僕なりにトレーニングをしているつもりなんですけどね・・・( ˘•ω•˘ ).。oஇ


そして"tour de awaji"で感じた危機感から、トレーニングに励みだすようになるのもいつものこと。
b0299252_23135100.jpg
昨年の3月19日はどうやら、夜トレで舞子⇔ポートタワーの往復走をしていたようです。

メニューは走行ログを見る限りでは、往路はいつもより1~2枚軽いギヤでクルクル回して巡航。
復路ラスト10kmまではいつもより2~3枚重いギヤでペダルに体重を乗せることを意識しての巡航。
そしてラスト10kmはアウタートップで踏まずに円周方向へキレイに回す練習ですね。

ま、夜トレの時のいつものパターンです。

この時の走行データが残っていたのでここでさらしてみます。

<走行データ>(2015年)
走行時間 1:04:27
走行距離 34.87 km
獲得標高 151 m
平均速度 32.5 km/h
最高速度 55.6 km/h
平均cad 85 rpm
平均心拍 160 bpm
最大心拍 178 bpm
消費カロリー 579 C
平均気温 11.6 ℃


そして今年の3月19日・・・
b0299252_23232028.jpg
図らずも同じコースで夜トレしました(笑)

ホイールもユーラスで1年前と一緒・・・タイヤとチューブは変わっているのはご愛敬。。。
夜トレはメニューがパターン化されていますので、1年前と同じメニューで走ったと言って差し支えないかと思います。
とは言っても、一般公道での走行なので、信号に引っかかる回数や交通量の多少(自動車が巻き起こす風の影響)など
細かい条件によって走行データは変わってきます。
風向きやその強さとかもありますしね。。。

しかし同じコースを走った1年前と今・・・これは比較せずにはいられない!

ということで、今年の3月19日の走行データもさらしてみます。

<走行データ>(2016年)
走行時間 1:00:11
走行距離 35.03 km
獲得標高 178 m
平均速度 35.0 km/h (2.5 km/h up!!)
最高速度 48.6 km/h
平均cad 89 rpm
平均心拍 159 bpm (1bpm down)
最大心拍 173 bpm
消費カロリー 864 C
平均気温 8.7 ℃


"tour de awaji"の後は不安なんですよ。
でもね・・・

ちゃんと成長しとるやんか!!


でもね・・・それでもヘロヘロリンにされるということはですよ・・・

みんな僕以上に日々頑張っている。

そーゆーことなんですよね。

いやーほんと、みんな強くなりすぎちゃって困っちゃう・・・
そして僕自身が速くなっているのか、そうでないのかが分からなくなってしまう・・・

だからこうやって精神的安定を取り戻していかないとやってらんねーです。
ま、僕は僕なりにコツコツと少しずつ成長していくことにしましょう。。。

そのためにもですね・・・

トレーニングの成果は人と比べるのではなく、
過去の自分と比べること!!

それがトレーニングを長続きさせる秘訣かもしれません。



次回も"tour de awaji"で疑問に思ったことシリーズが続きます。

先日の"tour de awaji"はAve.30.4km/hで走り切ったのですが、
3年前にソロでAve.31.0km/hで走った時の方がラクだったんですよね。。。

おかしくないですか?


グループライドでのロングファストランについて・・・特にアワイチについてずーっと思っていたこと。

ソロで走った方がラクじゃない?

理屈で言うと、ドラフティングを活用できるグループライドの方がラクなはずなのに、
人と走ると必要以上に意地を張ったり、トレーニング目的で上げ下げが発生したり・・・
そこでイーブンペースで走ればどのくらいラクが出来るかを検証することに。

参加メンバーはそれぞれ違うチームからひとりずつ、ソロで走っているひとも含めて6人。

名付けて"Ave.30km/hアワイチ"(そのまんますぎぃ!!)

ほぼ初対面同士のローディが協力し合って全員Ave.30km/h達成を目指すアワイチが始まります!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-31 00:08 | ソロライド | Comments(8)

メンタルの力。

先週に引き続き、いまいちトレーニングに対するモチベーションが上がらず・・・

いやだって、暖かくなったから外での夜トレ日和だけど、黄砂もものすごい飛んできてるみたいだしぃ~
と、乗らない言い訳がドンドンでてきてしまう今日この頃です。。。

それは普段のライド中もそうですよね。

脚が回らなくなっているとき。
そんな時に踏ん張れるか否かは己の精神力の強さにかかってくるものです。

今夜の記事は、精神力にフォーカスが当たります。

うむ、僕に最も足りていないものです(笑)



3月13日の業務日報・4ページ目

五色のコンビニで最後の休憩をしている間に、独走のぴよぴよさんに笑顔で手を振りながら抜かれた3人・・・
こうなったら追いついてやる!と、ちゃちゃっと準備を済ませてぴよぴよさんを追撃開始です。

あ、そうそう。
五色のコンビニで「ブログ書いてる人・・・」とお声かけいただいた若いローディさん。
対応がそっけなかったのは出発を急いでいたからです。
いつもはもう少しお話したりするのですが・・・ほら! ぴよぴよさんが逃げちゃったし(笑)
その節はごめんなさいねm(__)m


さて、五色のコンビニからはたまにあるコブも短く勾配も緩いものばかりになります。
なので脚にきているメンバーがいても列車が崩壊しにくく、単独で走るぴよぴよさんよりも
3人でローテーションしながら追走する僕たちの方が圧倒的に有利なコースとなります。
正直、ぴよぴよさんに追いつくのは時間の問題だと思っていました。

しかし!

5km・・・10km・・・15km・・・
どれだけ進んでも追いつくどころか背中さえ見えません!

「これ、絶対ぴよぴよさんペース上げてるよなぁ。」

僕たちも決して悪いペースではないのですが、それ以上にぴよぴよさんの走りが力強いということ。
こちらは3人がかりでローテーションを繰り返しているというのに、
この最終盤でこの逃げとはやはりぴよぴよさん恐るべし!

ゴールまで20kmを切ろうかというあたりまで来ても追いつかず、
いよいよなりふり構っていられなくなりました。

「もっと短く早く先頭を回しましょう!」

ここで僕がボーンズさんとモーニングさんに声をかけてさらなるペースアップを呼びかけました。

先頭交代の頻度を上げると列車後方で休憩できる時間が短くしんどいのですが、
先頭を牽く時間も短いのでより高い強度で走ることができます。
ぴよぴよさんは単独走のお手本通りの一定ペースを保っているはずですから、
これで一気に差を詰める作戦です。

そして先頭交代の頻度を上げて間もなく・・・
長ーい直線の彼方にぴよぴよさんらしい人影が見えた気がしました。

「あれぴよぴよさんちゃうかな?
 うん、絶対そうだ!!」

実は未だにワタクシ視力が1.5以上ございまして(笑)
TTバイク特有の背中が低いフォームに、黒い○臨ジャージっぽい姿を見て誰よりも早く確信を持ちました。

そしていよいよその背中が大きくなってきたときに僕が先頭を牽いていたのですが、ここである考えが頭をよぎりました。
b0299252_23050999.jpg
僕のあとに先頭を牽くことになるのはモーニングさん。

逃げているぴよぴよさんは高校時代の同級生なのです!

ぴよぴよさんに追いつく瞬間は同級生のモーニングさんが先頭を牽く以外考えられません。

「モーニングさん! 最後は任せました!!」

このタイミングで先頭交代し、僕は列車最高峰へと下がります。
すると・・・
b0299252_23091131.jpg
ぴよぴよさんの背中が・・・
b0299252_23105176.jpg
みるみるうちに・・・
b0299252_23105753.jpg
大きく!!

そしてついには追いついてぴよぴよさんを列車に吸収してしまいました。
後ろから見ていてモーニングさんの気迫のこもった牽きは鳥肌モノでした。

しかもモーニングさん。
最後の牽きまでは結構脚がきつそうだったんですよね。。。

これまでマラソンに向けて体重を絞った結果、筋持久力が落ちてしまっていたようで、
そんな状態で"tour de awaji"を走って来たのですから、普段の力強さからはほど遠い状態・・・

それでもぴよぴよさんの背中を追いかけている間はまさに鬼神の牽きでした。


「もう無理だと思ってたけど、やっぱりメンタルやねぇ~」

同級生だからこそ負けたくないという思いが、肉体的限界を凌駕したということでしょう。
本当に凄いっ! カッコいい!!


そして大逃げをしたぴよぴよさんも・・・
モーニングさんにつかまって苦笑いでしたが、まさかこんなに長いこと逃げられるなんて思ってもいませんでした。
さすがはアイアンマン! 強いっ!



・・・

なーんて感動しているとですねぇ。。。
b0299252_23190197.jpg
いきなり抜け駆けをする男がひとり 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

なるほど、だから暴れたことがないのに"暴れん坊"と呼ばれているのか・・・ボーンズさん(笑)
b0299252_23201600.jpg
あわよくば後続を振り切って逃げようとスパートをかけ始めました。

しかしここはすかさず僕がチェックしました。
後ろを振り返って僕がいることを確認するボーンズさん・・・すると、先頭交代を要求。。。

「このままじゃあ追いつかれるよ~!」

あ、ふたりで逃げようって言ってるのね。。。
うーん、でもねぇ・・・

こっちは逃げられるほど脚残ってねぇんだわ(笑)

結局すぐにモーニングさんとぴよぴよさんにつかまって、4人での列車走行となります。
すると思惑が外れたボーンズさんが意外な行動に出ました。

「代わります!」
b0299252_23263524.jpg
自ら先頭を志願し、今度は抜け駆けではなく全員を引き連れる形で40km/h巡航を開始!
逃げという目論見がつぶれたならば(← 誰のせいやねん!?)、リードアウトと言う形で力強さを見せつける!

なるほど、こりゃあ強くなるはずだ!

最後の最後に来てのその力強い牽きからは、脚力とかよりもメンタルの強さを感じました。
b0299252_23325013.jpg
最後はぴよぴよさんが絶妙なタイミングで飛び出し、それにモーニングさんが続く形。
b0299252_23334086.jpg
後ろではボーンズさんが何かを叫んでいました。

「ラストや~! 踏めぇ~!! 追えぇ~ッ!!」

確かそう聞こえた気がします(;'∀')
なのでヘロヘロのへなへなながらも踏みましたよ・・・

すぷりんとかっこわらい。

んな感じで、なんとかモーニングさんに長いことツキイチでついていった上でパスしましたが(タダ乗り御免!)、
松帆の郷の入り口までぴよぴよさんには届かず・・・orz

b0299252_23401263.jpg
ゴール後は同級生同士の友情と・・・
b0299252_23403700.jpg
出し切った笑顔(?)
b0299252_23415537.jpg
あー、たのしんどかった(*´﹃`*)

しかし強度が上がる一方の"tour de awaji"
僕はいつまでついていけるのでしょうか・・・

<走行データ>
走行時間 5:01:52
走行距離 152.43 km
獲得標高 1,374 m
平均速度 30.3 km/h
最高速度 58.5 km/h
平均cad 84 rpm
平均心拍 149 bpm
最大心拍 190 bpm
消費カロリー 3,004 C
平均気温 7.6 °C


ライド後は車を停めさせてもらっていた松帆の郷でお風呂に入って昼食を・・・
b0299252_23522349.jpg
キレンジャイッ!!

"tour de awaji"直後の必須カレー分は身に染みますのぅ・・・(*´ω`*)

尚、入浴中も昼食中も、会話の大部分はパワーメーターとトレーニングの内容で占められていた模様・・・
うーん、この集団はアカン!(笑)


b0299252_23590635.jpg
そして僕は清く正しく〆だるまへ~♪

なんにもおかしくはないっ!

・・・はず。

以上、業務報告終了!



今回の"tour de awaji"では心拍数の異常な上下動があり、かなり不安になりました。
しかし仲間の助けもあって無事に完走できてよかったです。
本当に感謝です!
b0299252_00013763.jpg
心電図もX線も異常な~し♪

これで安心してロードバイクに乗られます(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-30 00:05 | グループライド | Comments(12)

脚は焦げたが緩められないっ!

b0299252_22414730.jpg
今日も早朝に明石海峡大橋を渡ってきましたよ!

まさか3週連続でアワイチなのか!?
車での家族旅行を含めると、4週連続の淡路島なのか!?

その答えはまた後日の記事で・・・
今言えることはただひとつ。

b0299252_22450976.jpg
お腹いっぱいしあわせぇ♡



3月13日の業務日報・3ページ目

灘大川の激坂を上り切ってすぐに僕を襲った異常な心拍数の急上昇・・・そして急下降。
とりあえず深呼吸をするなどして心拍数は安定したものの、普段のライド中と比べると異様に低い心拍数でした。
とはいえ心拍数以外は、例えば体のどこかが痛いだとか気だるいとか、体の異変は全くなかったので、
"とりあえず"このまま自走で走ることはできそうだと判断しました。

しかしそれはあくまでも"とりあえず"・・・

心理的な気持ち悪さは払拭できず、正直トレーニングをしている場合ではないなと思っていました。
このままアワイチを続行するならば、強度を落として走行するしかないと判断しました。

しかしそれではせっかくのチーム練が台無しになってしまう!

そこで僕はボーンズさんとモーニングさんに"tour de awaji"からの離脱を申し出て、
あとは単独でゆっくりと帰る意思を伝えました。

しかしふたりはその申し出を却下しました。
この先、僕の体調が悪くなる危険性が排除できない以上、誰かと一緒に走るべきだというのです。
貴重なチーム練の機会だというのにありがたいことです・・・

結局、ホテルニューアワジの上りを含む福良の街への道のりは、かなりゆっくりなペースで走ってくれました。
その間、ずっと心拍数とにらめっこで走りましたが、
とりあえず有酸素運動の領域では全く問題なく走ることができそうでした。

しかしこの時間は心理的に本当にきつかったです。
もし何らかの問題が僕の体で起きていてロードバイクに乗られない体になってしまっていたなら。。。
それはとっても寂しいことですし、これからの僕の人生にハリがなくなることは火を見るよりも明らかでしたから・・・

本当に、健康であることってかけがえのないことですね。


b0299252_23000574.jpg
福良のコンビニで休憩に入ると、単独走に切り替えたぴよぴよさんが追いついてきました。

ぴよぴよさんも、昨年に心肥大の可能性があるということで検査を受けた経験があります。
そこで今回僕に起こった心拍数以上のことを伝えてみました。

「心拍が飛ぶとか頻脈になるとかは誰にでも起こりうることだから、
 初めてそうなったなら気にしすぎることはないんじゃない?
 けど、何度も同じことが起こるなら検査した方がいいと思うよ。」

その言葉を聞いて少し・・・いや、かなりホッとしました。
少なくとも今回のような異常はこれまで経験したことがないことでしたからね。

おかげで胸の中の靄が晴れた状態で福良からスタートすることができました。

ボーンズさん、モーニングさん、ぴよぴよさん、
その節は本当にありがとうございました!



さて、再スタート後はうずしお峠のアップダウンを含む嫌らしいのぼりが始まります。

ここではまずは無酸素運動領域での心拍数の変動を確認してみることにしました。
ペダルに踏力を込めて最初っからグイグイと坂道を上ってゆく・・・

よし! 心拍数はいつもと同じように上がってくる!

ここでたぶん体調は大丈夫だろうと確信を持ちました。
しかし万が一もあり得るので、上げすぎには注意してこの後の道のりを走ることにしました。

そしてその確信を持つために踏んだところで・・・

脚がほぼ完売しました\(^o^)/

あれぇ? ちょっと脚が終わるのが早すぎやしないか!?


その理由には心当たりがありました。

実は半年くらい前から、130mmだったステムを120mmのものに変えて乗っていました。
まあ、それなりの強度のライドであれば120mmのステムでも問題なかったのですが、
"tour de awaji"の様に、かかりっぱなしのライドになると話は別の様で・・・

この日もどうも南あわじ水仙ラインあたりから、サドルにドッカリと座ってしまうようになってしまって、
本来ならばペダルに乗るはずの体重がサドルに乗っかってしまって、
重力をロードバイクの推進力としてうまく使えないようになってしまっていたようです。

その分、踏むことによってスピードを維持してきたのですが、
やはりそれだと脚が削れて売り切れるのも時間の問題だったようです。


心拍の上げすぎを避けようと思っていたら、
脚が終わってそもそも上がらないでござるの巻!(ノ≧ڡ≦)テヘペロ
b0299252_23223526.jpg
ということで、うずしお峠を超えた先のサンセットラインのコブでは後れをとるようになってしまいました。
平坦でもなんとかローテーションの一角を担うことはできていましたが、牽く時間がかなり短くなっていました。


この辺りで・・・というよりは最初っからだけど・・・際立った強さを見せるようになったのはボーンズさん。
明らかにひとりだけ先頭を牽く時間が長く、いまだ35km/hオーバーで牽き続ける力強さを見せていました。
そして冬場はフルマラソンにターゲットを絞って体重を落としていたモーニングさんも、
僕と同じくコブで遅れだすように・・・

ボーンズさん、無双の時間の始まりです!

マジで速い! そして強い!!



さて、いくつかのコブを越えた僕たちは、五色のコンビニで最後の休憩をすることになりました。

補給食を買って、店の外のベンチに腰掛けて食べていると、
単独走に切り替えたぴよぴよさんがにこやかに手を振りながら走り去ってゆきました。

うーん、めっちゃいい笑顔だったなぁ。。。
あの笑顔の下ではこう思っているに違いありません!!

「おっ! なんやぁ、また休憩しとるやんか!!
 最初っから飛ばしすぎてたから疲れが出始めてるんやな!?
 よし、ここは岩屋まで逃げたろ~♪」

僕の隣で同じようにぴよぴよさんの笑顔を見ていたボーンズさんも同じように感じたはずです。

「ぴよぴよさん、速いなぁ・・・」

そしてそんな速さを見せられたら、闘志に火が着かないわけがありません!

さあ、ターゲット・ロックオン!

目標は逃げに入ったぴよぴよさんに追いつき捉えること!

3人のローディと孤高のトライアスリートの戦いが始まるっ!!

もはや脚は焦げ焦げだけど、これは緩めらんないぞぉ~!!Σ( ̄ロ ̄lll)



尚、ぴよぴよさんですが今回の"tour de awaji"から新機材を投入していました。
b0299252_23372936.jpg
Ceepo Viper ・・・ 通称『白龍』

そりゃあ逃げたくもなるってもんですよ~(≧▽≦)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-27 23:43 | グループライド | Comments(6)

休めない"tour de awaji"に拒絶反応か!?

ね~おち~♪ ね~おち~♪ や~っぱり~、ね~おち~♪

b0299252_22513972.png

こんなことを書いた翌日に限って、仕事でちょっとしたトラブルが発生してしまうとか・・・
おかげで体がバッキバキになり、昨夜は敢無く眠気さんにダウンを奪われました。。。

よって連続更新記録は2!! \(^o^)/


うぅ・・・
昨日で1週間分の成果を上げて、残りの今週のお仕事はお気楽モード突入のつもりやったのに・・・orz
しかしその分の成果は今日上げてきたので今夜はしっかりと記事を書きます!(`・ω・´)シャキーン



3月13日の業務日報・2ページ目

臨時漕会のシーズンイン直前のチーム練としてのアワイチ"tour de awaji"は洲本までのアベレージが35.4km/h!
ぴよぴよさんの離脱と残った高出力コンビという展開は、僕にとっては間違いなくアカンやつですฅ(๑*д*๑)ฅ

その上、淡路島南端の街・福良まではノンストップという話も出ました。
b0299252_23062045.jpg
しかしそこはトイレ休憩が必要ということになり、一度ストップすることになりました。

た、助かった・・・(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )


しかし"tour de awaji"はまだまだ序盤を終えたのみ。
ここからは4つのヒルクライムと、やはり休ませてくれないであろう平坦がまっています。

つまりさらに強度が上がる恐れがあるということ(´▽`) '`,、'`,、

そこでエネルギー切れを未然に防ぐため、コンビニで食料を買ってちょいと早めの補給をしました。
で、モグモグしてたんですが、他の2人は早くも最出発の構えΣ(・ω・ノ)ノ!

「停まっている間にAve.32km/hに落ちましたよ~!」

走行Ave.ではなく、停車時間も含むAve.に拘りを見せるのはモーニングさん。
ちなみにモーニングさんはNS-A1(ノンストップ・アワイチ)をAve.31.0km/hで達成済みです(笑)

「僕はそんなんちっとも気にしませ~ん!!」

かつては停車時間を含むアワイチ5時間切りを目指していた僕はと言うと、
最近はそんなことにはめっきり興味を示さなくなってしまっていました。
もはや目指すものさえも異次元です。



と、そんなやり取りをしているうちに、マイペースでアワイチを続行すると言って離脱したぴよぴよさんが
先に行くね~♪と、コンビニの前を走り去ってゆきました。
こうなると3人は追走モードに突入です。
コンビニから再スタートし、かなりいいペースで走行を再開しました。

しかしぴよぴよさんはなかなか捕まらない!
結局、最初のヒルクライムとなる水仙郷の序盤でとらえる形になりました。
抜き去るときの合言葉は・・・

「臨時漕会の方ですか~?」

猿芝居ですね(笑)


水仙峡ではボーンズさんが序盤からアゲアゲでした。
僕は今年初めて参加する伊吹山ヒルクライムを意識したペースを保って淡々とペダリング。
目標タイムが50分なので、1時間はキープできるペースで上りました。
stravaの水仙峡のセグメントで5分ほどだったので、まあまずまずといったところでしょうか。


そしてそのまま上げすぎないように水仙峡の第二ピークまで一気に走りました。
前方ではボーンズさんがラストスパートを呼びかけて叫んでいましたが、キッパリと無視!
ヒルクライムは人に惑わされずイーブンペースをキープした方が速いですから、
ここでも本番を意識して惑わされずにね(笑)


そして下りに入ると初心者も真っ青なスローペースでダウンヒルが始まりました。
安全のため・・・というのはもちろんですが、ここでもう一度ぴよぴよさんと合流しようというのです。
b0299252_23340478.jpg
合流して嬉しそうな笑顔と、複雑な笑顔(笑)

僕はどっちかって言うと、複雑な笑顔の気持ちがよ~く分かります。

ということで、ここではまずは僕が先頭を牽くことになったのですが、ペースは35~37km/hとやや控え目に。。。
後ろの方ではぴよぴよさんにパワーメーターを布教すべく、
ボーンズさんとモーニングさんがパワーメーター談議をしています。
その流れで、列車走行でどのくらい出力に差が出るかを検証する会話がありました。

「住友さん、先頭牽いてて今なんワットですか?」

  「さっきから230Wくらいで牽いてるよ~。」

「列車2番手の僕は190Wくらいです。 モーニングさんは?」

  「160Wくらいでラクラクです♪」

こうやって数字で見ると、ドラフティングの効果ってすごいですね。。。


って言うかさぁ・・・ちょっと待ってよ!

なんで一番FTPが低い僕が一番高い出力を出さなきゃならんのだ!

FTPが300Wを越えているであろう2人は200W以下なんてポタリングレベルですよ!
僕にとっては汗がポタリングレベルですが・・・(笑)

割に合わねぇ・・・(๑`^´๑)

ということで先頭交代してもらって今度はボーンズさんが先頭を牽き始めました。
するとやっぱりスピードが40km/hあたりまであがります。

そして列車最後方へと下がった僕の出力は200W以上を頻繁に出す感じ・・・

休めねぇ・・・(๑*д*๑)

そしてぴよぴよさんに先頭が変わるも、これで最後と出し切る感じで牽いてくれたおかげでやはり休めず・・・
再びぴよぴよさんが離脱してモーニングさんが牽き始めると、出力hあ220Wくらい出てました(笑)

もうコレ列車走行してる意味ねぇな_:('Θ' 」 ∠):_プルプル

僕は引きずりまわされるのみでなす術なしです。
そしてそのまま休みなしの状態で、アワイチ最大勾配を持つ灘大川の激坂に突入します。
b0299252_23534695.jpg
まずは灘大川手前のダミー坂でボーンズさんが抜け出しました。

僕は水仙郷と同じく、1時間はキープできるペースで上りますが、
一度平坦になったところでモーニングさんにパスされました。

そして下ってからの嫌らしい左コーナーを慎重に回っていよいよ灘大川の激坂に突入。

激坂は上げすぎてしまいがちですが、ここでもこれまで通りのイーブンペースのシッティングで上ります。
勾配が10%以上になると体重の軽さが生きてくるのか、モーニングさんをパス!
さらにはボーンズさんの背中が見えるようになりました。

それでもイーブンペース!
伊吹山のような長いヒルクライムでは、一度ペースを上げると後で手痛いしっぺ返しを食らいますから
修行僧の様に踏みたい気持ちを抑えてガマンガマン!

こんな感じで激坂区間を上ってホッと一息・・・
さあ、ボーンズさんを追うべく"世界一うまいコーラが飲める自販機"まで上げるぞ~!!

というところで、僕のロードバイクライフ史上、
最も不安になった出来事が起こりました。




心臓が異常に速く小刻みに動くのを感じたのです。
b0299252_00082664.png
すぐにガーミンに表示されている心拍数を確認すると、そこには190bpmという数字が・・・

激坂を上っているときが165bpmくらいで、上り終わったとたんに異常を感じ脚を止めたのにこの数字は何だ!?


とりあえず緩くペダリングをしながら深呼吸をすると、今度は150bpm台までストンと落ちました。
かなり怖かったので、そのまま上げずに自販機の前まで・・・

事情を知らないボーンズさんからはやはりラストスパートの掛け声があがっていましたが、
「やばい!やばい!」と言いながら停車するので精一杯でした。

そしてそこからがさらに怖かった・・・


b0299252_00143644.jpg
モーニングさんが自販機前につく頃には心拍数が二桁台まで急落・・・

ガーミンを見ていた限りでは80bpmを下回るまで、一気に落ちてゆきました。
そのまんま下がって行って心臓が止まるんじゃないかと・・・本当に怖い思いをしました。



灘大川の激坂をクリアしたところで起きた体の異変。
果たしてこのままアワイチを続けることはできるのでしょうか!?



不要な心配を掛けないために先に書いておくと、この記事を書いている時点で僕はピンピンしています。
念のために"tour de awaji"の翌日に、お医者さんにも行きましたよ~!
ロードバイクにも乗っています・・・っていうか、2週間連続でアワイチもしちゃったぜぃ♪(ノ≧ڡ≦)テヘペロ


尚、ガーミンに表示している心拍数が二桁に突入した時に、モーニングさんの心拍数を確認しました。
普段から心拍数がとっても低いモーニングさんの心拍数を拾ってしまっているんじゃないかと思ったんです。

しかし結果から言うと、僕のガーミンはしっかりと僕の心拍数を拾ってくれていたようです。
だってその時のモーニングさんの心拍数は・・・

異常に下がった僕の心拍数よりもさらに低かったんですから!

えーと、安静時心拍が33bpmでしたっけ?(◎_◎;)

さすがK.O.J(=キング・オブ・人類)の二つ名は伊達じゃないっ!!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-26 00:27 | グループライド | Comments(2)

二頭の野獣の前に放り出された草食動物。

仕事でお疲れモードなので、ローラーを回す気にもなれず、外は風がきついのでユルッと走る気にもなれず・・・
こんな時はブログの更新を頑張ろう!

ということで、今週は業務日報強化週間!

連続更新記録は何日で途切れるかな~!?



3月13日の業務日報・1ページ目

いよいよ温かくなってきた今日この頃・・・
そろそろ今シーズン初レースが迫って来た、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕が所属する臨時漕会では・・・
あー、そうそう。。。

「臨時漕会」は「りんじこっかい」と読んでくださいね! 

最近、「りんじそうかい」と間違って読まれることが多いです・・・

えーと、話を戻します。


臨時漕会ではシーズンイン直前のこの時期に、フルアワイチを走ることが慣例となっています。
かつては"ひなまつりアワイチ"と呼ばれ、最近では臨時漕会の走力向上をひっぱっているhiroさんが主催する、
"tour de awaji"の1st stageとして開催されます。

そして"tour de awaji"の名前を冠するアワイチは臨時漕会でも特別な存在なのです。


普通、アワイチと言えばロングライドとして走るイメージがあると思いますが、
"tour de awaji"はあくまでチーム練という位置づけです。


ロングライドでは一定ペース走りできるだけ脚の消耗を防いで、お昼ごはんは美味しいお店に入ってゆっくりと、
休憩も長めにとってその合間に自転車談義に花を咲かせるのもいいね!となりますよね?

しかし"tour de awaji"はチーム練ですから、休憩時間はできるだけ短く!
そして昼ご飯に至ってはアワイチをお昼までに済ませてから!
なーんて内容・・・

しかも走行中のペースも平坦であろうがヒルクライムであろうが上がりっぱなし・・・
唯一、ダウンヒルだけは安全第一で、たぶん他の人が見たらビックリするくらいゆっくりと走ります。


まあ、こんな内容ですから臨時漕会のチームメイトたちも参加に二の足を踏む場合が多いんです。

そして例にもれず、今回の"tour de awaji 2016 1st stage"に参加の意思を表明したのはたったの5人(笑)

主催者で"臨時漕会最速の男" = hiroさん
"臨時漕会のワットモンスター" = ボーンズさん
"K.O.J"(= キング・オブ・人類) = モーニングさん
"鉄人トライアスリート" = ぴよぴよさん
そしてワタクシ、住友輪業

なんかヤヴァイ予感しかしない件((((;゚Д゚))))ガクブル

ぴよぴよさん以外は全員、ローラー台とパワーメーターを使ってパワートレーニングをしていて、
たまにFacebookで上がってくるデータを見比べてみると僕だけが見劣りしている気がするのですが・・・

これでは平坦の高速巡航で引きずり回され続けられることは確定です\(^o^)/

そしてパワトレしていないぴよぴよさんも、アイアンマンですからね。。。
後半のスタミナ勝負になったら絶対にヤヴァイ!(’д`lll)


あー怖い(・:゚д゚:・)ハァハァ

走り出す前からすでに、気持ちが負けてしまっている僕がいました。


でも・・・でもですよ!

こんないいトレーニングの機会、逃す手はありませんよね。
こんな練習をしたくってもできない人はたくさんいます!
そのチャンスが目の前にあるだけでも僕はとっても恵まれているんです。

それに千切れたって別に死んじゃうわけじゃないしなぁ・・・

練習なんだしボロボロのヘロヘロのヨレヨレになってもいいじゃない!

ということで、ここは開き直っていっちょがんばって参りましょ~い♪٩( 'ω' )و



ということで"tour de awaji"当日・・・
b0299252_23092208.jpg
午前6:45、松帆の郷の駐車場には僕を含めて臨時漕会メンバーがひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ・・・あれっ!?

ひとり足らへん\(^o^)/


残念なことに、主催者のhiroさんがノロウィルスに感染してしまったためDNSとなってしまいました。
今回の"tour de awaji"を最も楽しみにしていたはずなのに・・・
無念だったことでしょう。。。

尚、ノロウィルスに感染した経緯が、ぴよぴよさんの『思い立ったが吉日』の記事に詳しく書かれています。
必読ですよ!!(笑)


んで、ここにきて参加者が減ったっということは、僕にとっては大ピンチなんですよね。。。

フルアワイチの大部分を占める平坦路は、列車を組んでの高速巡航で進むことになるのですが、
人数が減るということは一人当たりの先頭を牽く時間が長くなるということなんです。
さらに言うと、列車後方で休憩できる時間も短いということ・・・((((;゚Д゚))))

アカーンッ!!


ということで、少し悪あがきを・・・

松帆の郷の激坂を下ってアワイチがスタートするのですが、まず進んで列車を牽き始めたのはこの僕です。
もちろん思惑があってのこと・・・
列車のスピードは先頭を牽く人が決めることですから、これくらいやったらずっといけるやろー、
というペースを作ることにしたんです。

ということでまずはウォームアップで30km/hから初めて最終的に37km/hあたりで巡航を始めました。


しかし!

あわじ夢舞台前の信号で引っかかった時に、列車二番手のあんちくしょうめから嬉しくない申し出が・・・

「先頭代わりますね~♪」

b0299252_23241420.jpg
するとそこから40km/hオーバーの世界へ逝って参りまーす!\(^o^)/オワタ

ボーンズさん、勘弁してよ・・・orz

もちろんその後、先頭を引き継いだモーニングさんも高すぎる巡航速度をキープ・・・

モーニングさん、容赦ないのね・・・(´;ω;`)ウッ…

ぴよぴよさんは「休憩時間ね~♪」と言って優しく牽いてくださいましたが、
その後、そんなぴよぴよさんからとんでもない申し出が・・・

「アワイチ終わったら20kmくらいランするつもりだからこんなペースはアカン!
 僕のことは放っておいて先に行ってて!」



あぁ・・・あぁ・・・

あぁぁぁぁあああああああああっ!!

列車に残ったメンバーはボーンズさんとモーニングさんと僕・・・( ノД`)
たぶん僕だけFTP(= 1時間キープできる出力)が200W台・・・(´;ω;`)
あとのふたりはたぶん300Wオーバー・・・・゚・(ノД`;)・゚・


その結果・・・
b0299252_23354643.jpg
洲本までAve.35.4km/hとか(笑)

少なくともエンデューロの先頭集団よりしんどかったような・・・
先頭集団は空気の塊ごと移動しているようなもんで、空気抵抗がほとんどありませんからね。
かたや、一列の列車走行では空気抵抗を完全に消し去ることはできません。。。


しかしそんな状況で・・・
b0299252_23370275.jpg
後ろのふたりは笑ってる・・・

でも僕はっ・・・僕はっ・・・

生きた心地がしないんじゃぁぁぁああ!!

まるで二頭の野獣の前に放り出された草食動物の気分。。。



尚、洲本市街地に入った頃の会話ですが・・・

「休憩しますよね?」

  「いや、このまま行きましょう!」

    「うんうん、福良までノンストップでしょう♪」

・・・

イジメよくない!!٩(๑`ȏ´๑)۶

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-23 23:44 | グループライド | Comments(14)

来年もやるっきゃないね♪

ね~おち~♪ ね~おち~♪ し~っかり~、ね~おち~♪
(だいぶ前のキューピーのCM風にどうぞ・・・)

昨日、めちゃんこ楽しいアワイチをしてきたんですよぉ。
えぇ、しっかりとAve.30km/hオーバーのヤツです。
また記事にしますが、先週の"tour de awaji"とは真逆で、最後まで余力の残る狙い通りのアワイチでした。

疲れもほどほどだったので、頑張って記事を書こうと写真の整理をしていたのですが・・・
冒頭のとおりいつの間にか意識を失い、気がついたら朝の6時でした\(^o^)/

敗因は・・・晩飯食いすぎ!(*´﹃`*)

うー! 今夜こそは"西播磨の牡蠣を食べつくすライド"の記事を最後まで書き上げるぞぉ!!٩(๑òωó๑)۶



2月25日の業務日報・3ページ目

新舞子の干潟、道の駅みつの醤油饅頭の出店、賀茂神社でのお茶のおもてなし。
主催者としてはありがたすぎる偶然に恵まれながら、いよいよライド2日目のメイン第一弾を迎えます。

b0299252_22060138.jpg
場所は賀茂神社と同じ室津の集落にある漁港。
当業務日報でも毎年冬場には何度も登場する室津漁港の海産物の直売所です。

狙いはもちろん牡蠣の試食(無料)← 重要なので大き目の文字で(笑)
b0299252_22083176.jpg
さあ、並べ~!!
b0299252_22094300.jpg
さあ、食え~!!
b0299252_22104797.jpg
さあ、至福の笑みを浮かべろ~!!!

牡蠣好きlimo君は恍惚とした表情を浮かべていましたね。
そして先ほど、無料が重要と表現しましたがそれにはわけがあります。
それは牡蠣が苦手な人にこの美味さを知ってもらうためには、
越えるハードルを低く設定する必要があるからです。

いくら周りの人が「美味い!」と騒いでても、苦手なものにお金を出してまで試そうなんて言う人は稀ですよね。
そこでここの試食の出番です!

「タダやし一個だけ食べて見よか・・・」

そう思ったら最後(笑)
あとはまったくエグ味のない牡蠣の味覚の虜となって、そしてカキオコや牡蠣巻きへと世界が広がってゆくのです。
b0299252_22292390.jpg
この日も牡蠣が苦手だと言うgottuさんがコロリとやられて、
最終的にはお土産として牡蠣を買って帰ることになりましたからね♪

あと、30年来のトラウマを善意jつのカキオコで克服したずー・たにさんも、
ここで「牡蠣が美味い!」と絶賛していました。

してやったり!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!


ま、こんなこと書いている僕も室津の牡蠣で牡蠣好きになったクチですからね(笑)


ちなみに・・・

牡蠣好きが室津の牡蠣を食べると、お取り寄せするだけでなく直接買い付けに来てしまうほどドはまりします(笑)
b0299252_22224894.jpg
この日も先に帰ったはずのダイズさんご一行が買い込んでいましたね(笑)


しかし、ダイズさんもまだ味わったことのない味覚が2月の室津漁港にはあるんです。

それは試食で盛り上がる販売所の入り口とは真逆・・・いわばお店の裏口付近のストーブの上にあります。
b0299252_22264096.jpg
牡蠣汁でございます♪

牡蠣が3つ・・・運が良ければ4つも入ったお味噌汁が、なんと一杯100円也!
b0299252_22294325.jpg
これはみんな大絶賛でした♪

ダイズさんにも西播磨の牡蠣の隠し玉的存在を楽しんでもらいましたよ♪



しかしここで満腹になるわけには参りませぬ!
b0299252_22435108.jpg
後ろ髪を引かれつつも室津漁港を後にして、2日目の真打ちが楽しめる場所へ!
相生市街地へ向かう海沿いの道の途中にある"とれとれ市場"へと急ぎます。

その道中、下り坂の勢いを利用して50km/h弱で巡航を開始し先頭交代をしたのですが、
大好物の牡蠣を食べて元気いっぱいのlimo君が鬼牽きしてましたね・・・

これにはONIさんが大喜び(笑)

本当にドMなんだからぁもぅ♡


こんな感じで思いのほか高強度だったり、実はほかのメンバーはのんびりだったりしながらも
全員が無事に"とれとれ市場"に到着しました。

しかしお目当てのグルメは1時間以上待ちorz
b0299252_22493721.jpg
仕方がないのでそれぞれ思い思いの体勢で、自転車談義なんぞをしながらのんびり待つことにしました。

しかしこの待ち時間も良かったなと思えることも・・・・
この時間は、僕に丸投げされてみなさんを実際に案内してくれた地元組にとってはまたとない機会だったのです。

これだけ多くのローディさんが集まっているということはですよ・・・
b0299252_22485648.jpg
ここにはいろんなメーカーのいろんなロードバイクが揃っているということ。
そこでそれぞれの持ち主さんの了承を得た上で、ちょっとした試乗会の始まりとなったのです。

気持ちよく試乗を許可していただいたみなさん。
ありがとうございましたm(__)m

走り慣れている道でいろんなロードバイクに乗れたのは彼らにとってとても良いご褒美になったと思います。
僕からのご褒美はなかったしね。。。


そんなこんなで一時間後・・・
b0299252_22590578.jpg
大海老天ド~ンッ!!

魅惑のぷりっぷりなボディがこの日のメインでございます♪
ここまで身が太い海老天は他ではお見掛けしたことがありません!
b0299252_23012512.jpg
そのボリュームにビックリしてもらいながら、おいし楽しくメインは終了でございます♪
b0299252_23024351.jpg
そして最後はもちろん〆だるま!


これにて広げた大風呂敷をたたむことに成功!!

僕が主催させていただいた"西播磨の牡蠣を食べつくすライド"は大きなトラブルも無く完結したのです!


・・・

さて、今になって今回の大規模ライドを振り返るとですね・・・

「よーあんなことやったなぁ・・・」

そう自分でも思います。

初めて主催する大人数でのライドですから、細かい部分までは目が行き届かないので、
参加してくれる仲間たち・・・特に宿泊付きで遠征してくれた仲間が、
ちゃんと満足して怪我もせず無事に帰ってくれるかが不安でした。

しかし、遠征で来てくれた仲間たちからは、もったいなさすぎるお褒めの言葉をいただいたりと、
ちょっぴり自分を自分で褒めてやりたくなったりして(笑)

それも参加してくれた地元の仲間や家ネコさんが気持ちよく協力してくれたおかげです。

一人でできることはあまりにも少ない。
しかし仲間と一緒なら何でもできると思った2日間。
それは僕のロードバイクライフ史上、最高の2日間となりました。


あぁ、もうこんな感情を知ってしまったからにはですね・・・

こりゃあ来年もやるっきゃないね♪



尚、次回に向けての課題も見つかりました。

それは参加メンバーがむさくるしいこと(笑)

来年は女性ローディさんの参加もお待ちしておりますm(__)m
せつに・・・っ! せつに・・・っ!!(←必死)


ま、これは初回と言うことで、僕gあ大体の走力を把握している人にしか声をかけていなかったことが原因ですね。
来年はもっと幅広い人たちに声をかけてみようと思ってます。

それこそFacebookで繋がっている友達全員に声をかける勢いで(笑)

あぁ、こりゃあ主催の難易度あがるなぁ♪

なぜかワクワク・・・きっとこういうイベントの運営が好きなんでしょうね(笑)

ということで、今回参加していただいた皆様も、参加予定だったけれど諸事情により涙をのんだ皆様も、
誘われてねーぞ!っていう方々も、来年に乞うご期待~♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-22 23:28 | グループライド | Comments(18)

ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・(´;ω;`)ウッ…

b0299252_22120662.jpg
Let's Dolphin♪

あぁ、今夜も行ってしまった・・・
えぇ、今夜も飯テロです・・・(ノ≧ڡ≦)テヘペロ

今日はロードバイク的には完全にオフですが、明日はアワイチするので先取りだと思って、
ステーキハウス・ドルフィン相生店のハンキングテンダーのmax重量となる400gをペロリ・・・
ついついご飯も大盛だぜぃ(`・ω・´)


しあわせなりぃ(*´﹃`*)

今夜は満腹感と幸福感に包まれながら、記事を書いてゆきますね~♪



2月25日の業務日報・2ページ目

b0299252_00183106.jpg
案内役の一角を担うバイソンさんのパンクから始まったライド2日目。。。

不吉な予感を胸に、案内を引き継いだ僕はまずは新舞子の海水浴場を目指して脚を回し続けました。
新舞子では海とは思えないほど穏やかな表情の瀬戸内の風景と、
運が良ければ遠浅の海独特の干潟を見ることができます。

しかし新舞子に向かう途中、橋で川の水位を見て嫌な予感。。。
満潮の時の水位に見えたのです。
もし満潮ならば、もちろん干潟を見ることはできません。
せっかく遠くから来てもらっている仲間がたくさんいるのにそれはあんまりだ・・・

なーんて思って新舞子への道、最後の丘を越えて河口付近に到着すると・・・



b0299252_22265328.jpg
やった、潮が引いてるぞ~♪

潮が引いて露わになった砂には風紋のような波型の模様が残っていました。
こういう時はあそこに行けば、新舞子独特の風景を楽しめるはずです。

ということで・・・
b0299252_22364321.jpg
Bダァァアッシュ!!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

パンクから復活したバイソンさんが追いついてきて、新舞子ならではの風景が楽しめる丘の上まで駆け上がってゆきました。

いや、駆け上がったように見えました。。。
僕が撮影を終えてスマホをポケットにしまう頃にはダッシュは終わっており安定の失速が始まってましたので(笑)

これもある意味、新舞子ならではの風景か!?

b0299252_22402980.jpg
ちなみにこっちが僕が見せたかった方の新舞子ならではの風景です。

砂浜の砂に引いた潮がせき止められて、大きな潮だまりができているのが分かりますか?
この日は満ち引きの差がそれほど大きくなかったのでちょっとわかりにくいかもしれませんね。。。

ということで、分かりやすい写真を用意しました。
b0299252_22512043.jpg
日の出とタイミングが合うと、こんなに素晴らしい風景にも出会えますよ♪
(コチラはコギコギさんより拝借m(__)m)

えっ!? 自前の写真はないのかって???

やだなぁ・・・
こんなライドを主催していますが、これでも僕は神戸在住なんです。
ここまで素晴らしい写真を撮るタイミングは、やはり現地に住んでいないと難しいです(´・ω・`)


ま、この日は干潟が少しでも見られたので満足です♪

ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・(´;ω;`)ウッ…

でもいつかは日の出と干潟の合わせ技な風景をこの目で・・・
そして自転車仲間の目にも見せてあげたいと思ってます。

これはまた次回以降の課題ですね。。。

b0299252_22595440.jpg
その後はマイヨジョーヌ色の畑の脇を抜けて・・・
b0299252_23001265.jpg
海沿いの快走ワインディングロード、"はりまシーサイドロード"へ・・・

新舞子から5kmほどでまた休憩となりますが、道の駅みつに入ることにしました。
b0299252_23013394.jpg
ここでは偶然、"S練"に参加の皆さんとスライド。
ずいぶんとご無沙汰しているので、また日曜の午前の予定が空いているときにお邪魔しますね~♪

そして道の駅の露店では嬉しいこちらも嬉しい再会♪
b0299252_23093133.jpg
うすくち醤油饅頭~♪

道の駅みつでは週末に月に何回か、しょうゆ饅頭の露店が出ることは知っていましたが、
下調べまではしていませんでした。
ライド主催者としては嬉しい偶然でした♪

ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・(´;ω;`)ウッ…

地元人が醤油饅頭!とはしゃぎまくった結果・・・
b0299252_23125414.jpg
ローディワラワラ(笑)

サクラ効果もあったのか、車で来ていた他のお客さんも並んでましたよ(笑)
b0299252_23151429.jpg
日当りのいい階段で、みんな笑顔で醤油饅頭♪
冷めたものと蒸したてでは味や食感が違うので両方とも購入しました。

小刻みに立ち寄りスポットがありロードバイクで走る距離は短いものの、こんなライドもまた楽し!
次の立ちより地点までは、なんと3kmもありません(笑)
b0299252_23172962.jpg
はりまシーサイドロードを西へ少し進んで坂の路地を下った先は、室津の集落。
b0299252_23184368.jpg
その最も奥にある激坂道を上って地面を見てみると・・・
b0299252_23191102.jpg
むっ? なんの動物の足跡でしょう???


b0299252_23195084.jpg
正解はローディさん。

写真の足跡はSPD-SLですね(笑)
他にもスピードプレイやタイムの足跡も確認できますよ♪

ここは室津の賀茂神社。
ここにはローディさんたちを呼び寄せる"名物"があるんです。
b0299252_23243345.jpg
それがこの自転車御守りです。

僕も最近になって知ったのですが、元々はこの室津の集落から自転車通学する学生さんたちの安全を願って
この御守りは作られるようになったそうです。
しかしここは"はりまシーサイドロード"のすぐそばにある神社。
たまたま立ち寄ったローディさんたちが見つけてそれが広まっていったのは当然のことでしょう。

この日も遠征組の仲間たちがこぞって御守りを授かっていました。

すると・・・
b0299252_23283020.jpg
すると、なんと宮司の奥様が僕たちにお茶を振舞ってくださりました。

ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・(´;ω;`)ウッ…

このお茶は本当にいろんな意味で温かかったです。
賀茂神社では良くあることなのですが、もちろんいつもこんな風にお茶を出してくださるわけではありません。
でもこの日はこれを遠征組の仲間たちに経験してほしかったので、いつも以上に本当にありがたかったです♪



バイソンさんのパンクに不吉な予感を勝手に感じていましたが、
偶然にも新舞子の干潟、しうすくち醤油饅頭、そして賀茂神社でのおもてなしと、
3つ続けてとっても運のいいめぐりあわせとなりました♪

今回のグルメライドは会心の出来となりそうな予感!

この流れのまま、グルメライドは2日目の2大グルメスポットへと舞台を移します!



むー、なかなか記事が進まんなぁ。。。
実は先週もアワイチをしてきたのですが、「ダイズさんにアワイチの記事はよ!」とおケツを叩かれてしまいました。
明日もアワイチですが、その後も頑張って更新できるかなぁ(´;ω;`)ウゥゥ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-20 23:40 | グループライド | Comments(4)

さあ、2日目のメインライドが始まりますよ!

b0299252_23033742.jpg
万葉岬からの文句のつけようのない日の出はお預けとなり、モー万隊はとりあえず一度解散となりました。
ホテルに戻ってチェックアウトしたり朝食を摂るメンバーに分かれて1日目と同じく9時に相生駅前集合です。
b0299252_23083655.jpg
ホテルでのんびりしていると、窓の外にはローディさんの姿がチラホラと・・・
そろそろ時間のようですね。。。

さあ、『西播磨の牡蠣を食べつくすライド』2日目の始まりです♪



2月25日の業務日報・2ページ目

午前9時の相生駅南口。
b0299252_23130503.jpg
そこには前日と同じようにローディさんがわらわらと大量発生しておりました。

b0299252_00251032.jpg
なかでもバイソンさんが朝から元気いっぱい(笑)

「こんな体形の人に勝てるわけないやん!!」

減量に成功しているデリさんのお腹を触って大はしゃぎです。


ちなみに・・・
この日、モー万隊でデリさんが万葉岬を上り切るころには、バイソンさんはおふとぅんでぬくぬくしていたようでして。
b0299252_01140516.jpg
ふむ、デリさんの完全勝利ですね("´∀`)bグッ!

2kmどころか10km以上も差をつけられたバイソンさん。。。
いい目標ができました。

ということで、来年も勝負あるで!!



尚、2日目はコーレスさんモアヒさんがさらに参加です♪
b0299252_23380411.jpg
そしてダイズさん、たかじんさん、デリさん、masaさんは牡蠣を食べつくす前に離脱です。。。

弱なったわ!


っておい!
誰かいる気がするぞ・・・



シレっとその場にいたのはONIさん
自然にいすぎてダイズさんに言われるまで気が付きませんでした(笑)
b0299252_23412943.jpg
ONIさんによるドッキリでしたが、自然にいすぎて驚いていたのはTシャツの彼女だけですね(笑)



さて、ライド2日目の候補地はふたつありました。
b0299252_00042569.jpg
第一候補は上ホル@新さよコース

b0299252_00051090.jpg
第二候補は大海老天丼@とれとれ市場コース

どちらのコースも地元勢にとっては定番中の定番です。
だからこの日も僕は地元から参加のメンバーに役割を投げるだけのつもりでお気楽そのもの♪

むしろ困ったのは遠征してきてくれたみなさんでしょう。
どちらも当業務日報やFacebookで頻出するグルメですから、参加のみなさんは大いに悩んだことでしょう(笑)


で、行きたいコースを聞いてみると・・・


なんと全員が大海老天丼コースを希望でした。
これはちょっと予想していませんでしたね。

しかし理由を聞いて納得。
新さよコースは相生に帰ってくる頃には午後2時くらいになっていそう・・・
そして遠征で来られている方々は、翌日は仕事がありますからできるだけ早く帰りたいでしょうし、
遅くなれば高速道路の渋滞に巻き込まれて大変!
ダイズさんたちが先に帰るのも、上記のような理由からですしね・・・

ということで、比較的回るのに時間のかからない大海老天丼コースを選択したということです。

うーん、ということは次回のグルメライドは新さよを1日目に持ってくるべきか!?



さあ、コースが決まったらダイズさんたちに見送られながら出発です♪
b0299252_00114863.jpg
僕はなぜか、ONIさん、マッスルさん、ワタルさんという馴染みのメンバーで走ることに・・・

このメンバー・・・案内役要らんやん!!


ま、コギコギさんバイソンさんの様に、この日走るコース上に住んでいるメンバーが
遠征組の方々に付いた方が楽しんでいただけることでしょう♪



・・・な~んて思っていたらですよっ!
b0299252_00183106.jpg
バイソンさんが自宅から至近距離でまさかのパンク\(^o^)/

持っとるなぁ~、と言っていいものやら・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ
b0299252_00191431.jpg
しかしここまでギャラリーの多いパンク修理も珍しいですね(笑)

さあ、案内役に最適な人物にいきなりのトラブル発生。。。
バイソンさんが案内していてくれたBiwako Cyclingの皆さんを、僕が引き継いで案内することになりました。

不吉な予感から始まるライド2日目からですが、まったくどうなることやら・・・



今夜はFacebookで盛り上がるネタが多数発生したため、記事は短めで失礼しますm(__)mスミマセン

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-18 00:37 | グループライド | Comments(4)

だいたい豆のせい。

『西播磨の牡蠣を食べつくすライド』1日目。
b0299252_01260366.jpg
夕方の万葉岬の風景でございます。

「今回も微妙だわ~」

そう嘆いていたのは昨年3月以来、西播磨に足しげく通っている某豆系ローディさん
なぜか万葉岬からクリアに見える夕日や朝日に縁がないんですよね。。。

b0299252_00154451.jpg
晴れていたらこーんなにきれいなのにね(笑)

早く文句なしにきれいな風景を見てほしいものです。

b0299252_00192163.jpg
こーんな日の出は見られるかな~?

ということで、ライド2日目早朝のモー万隊に期待です♪



2月25日の業務日報・1ページ目

前回の記事の最後の一文のとおり、『西播磨の牡蠣を食べつくすライド』2日目の朝は、
危うく主催者の寝坊から始まりそうでした(;'∀')ヤッベェ
スマホで時間を確認するなり飛び起きて、ジャージを着て部屋を飛び出しました。

あ! ちゃんとキーは持って出ましたよ(笑)
b0299252_00273648.jpg
この日のライドはだるま珈琲前スタートのモー万隊(=モーニング万葉!観測隊)から始まります。

だるまマスターさんが30kmほどのフルコースで走るので、ほとんどの参加者はもう出発した後ですが、
18kmほどのショートコースにビワサイの皆さんとカンパチさんが走るようなので、
僕とマッスルさんが先導することになりました。

b0299252_00324381.jpg
6:15にだるま珈琲前を予定通りに出発し、相生湾沿いの平坦路を6人列車が走ります。

b0299252_00334027.jpg
b0299252_00334469.jpg
冷たい空気を引き裂きながら横目に流れる穏やかな海に浮かぶ大型クレーン船や牡蠣いかだ・・・
対岸には火力発電所と小高い山の風景・・・

ここを静寂が包む早朝のうちに走りながら見る風景は僕にとってお気に入りなんですよね。
遠くからお越しいただいた4人の目にはどう映ったでしょうか・・・



さて、穏やかな風景を愛でる時間はすぐに終わって、手ごわい坂道が待ち受ける万葉岬へ。
b0299252_00380334.jpg
b0299252_00380691.jpg
b0299252_00380964.jpg
b0299252_00381619.jpg
この日も新たなハァハァおじさんが大量増産されましたよ♪(笑)



ショートコースの僕たちが万葉岬を上り終えて10分くらいすると、やはり新たに生まれたハァハァおじさんを含む
フルコース組が上ってきました。

そしてそれと同時に太陽が・・・!


この瞬間を最も待ちわびていたのはダイズさんでしょう。

ダイズさんは何度も万葉岬に通っているのですが、文句なしのキレイな日の出や日の入りを見たことがないんです。
今度こそは!という強い思いがあったことでしょう。

そしてこの日はまるでそんなダイズさんの到着を待っていたかのようなタイミングで太陽が昇って来たのです!

それではご覧いただきましょう!
これがこの日の日の出の風景だっ!!



b0299252_00462385.jpg
びみょ~~~~~(笑)

ワタルさんに至っては日の出に背を向けて見る価値もねぇと言ってるかのようです(笑)


尚、万葉岬からの美しい日の出は・・・
b0299252_00190956.jpg
リキさんは最初の訪問で見られていますし・・・
b0299252_00191850.jpg
ワタルさんも初めて西播磨に来た時に見てますね。。。


おかしい・・・遠征してきた人は万葉岬からの日の出に縁がありそうなのに!
そしてこの日は遠征してきてくれた大勢の方々がいるはずなのに!!

( ゚д゚)ハッ!

これは・・・これはもしかして???

この日、きれいに日の出が見られなかったのはダイズさんのせいじゃね?

これで何度目でしょうね?
ここまで縁がないと、なんか呪われているとしか言えないような。。。
それともあれかな? 日頃の行い・・・と言うよりは、演奏がダメなのかもしれませんね(笑)


(ダイズさんを除く)遠征してくれた皆様へ。
ほんとすみませんm(__)m
本当は文句なしのキレイな日の出を見せてあげたかったのですが・・・

えぇえぇ、だいたい豆のせいです!

・・・たぶん・・・きっと。



b0299252_00534262.jpg
尚、この日万葉岬に集まったローディさんは初日の出の時に匹敵する人数でした。
b0299252_00551579.jpg
そんな中、自慢のキャンピングカーで来たのはセーテンさん
b0299252_00563045.jpg
なんと全員に行き渡るだけのコーヒーをその場で淹れてくれました♪


セーテンさん、ありがとう!

豆の失態を珈琲豆でカバーしてくれましたね(笑)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-16 01:02 | グループライド | Comments(7)

夜もお腹が空く間はないよ?

あぁ・・・昨日はたのしんどかった(;´д`)



日曜日に久しぶりに臨時漕会メンバーのみでアワイチしてきました。
えぇ、しっかり高強度のんです・・・

実は昨年は2回、悪天候と急用でアワイチをDNFに終わらせてしまったことがあったのですが、
今回もあわやDNFと思ったアクシデントが起こってしまいました\(^o^)/
(落車とかではありませんよ!)
しかしチームメイトのおかげで無事に完走できて感謝です♪

しかし面白かったなぁ・・・
早くその様子を書きたいので、今夜も頑張って記事を書いてゆきたいと思います(`・ω・´)



2月24日の業務日報・4ページ目
b0299252_23200191.jpg
Let's dolphin~♪

ええ、のっけから飯テロです(笑)


デリさんの勝利に終わった万葉岬の決闘のあとは、雨雲から逃げるように退散。
19時前に相生駅前集合で、みんなで夕食を食べに行くことにしました。


その前に、宿泊組はホテルにチェックインするのですが、ここでは事件が発生した模様です。

ほとんどの宿泊組が予約していた東横イン相生新幹線口のフロント。
僕もこのホテルに泊まることになっていたので、フロントで並んでいました。
b0299252_22471503.jpg
すると先にチェックインしたはずのTさんとMさんが何故かフロントまで降りてきました。
あっ、当事者の名誉のため、イニシャルにしときますね(笑)

なんかバツが悪そうな笑顔を浮かべているふたり・・・

「どうしたんですか?」

  「いやぁ、インキーしちゃった(笑)」

「ふたりとも?」

  「インキーは名古屋人のたしなみですから!!」

なるほど・・・
この日、インキーしなかった名古屋人は全員ニセモノなんですね(笑)
確かに西播磨への出現率がおかしな人物もいるし納得!



しかし何故2人そろってインキーしてしまったのでしょう?
これには事情があります。


実は宿泊地にホテル東横イン相生新幹線口をオススメしたのは他でもないこの僕です。
相生駅前にはほかにもホテルはあるのですが、ここをオススメするのには理由があるんです。

それは・・・
b0299252_22545982.jpg
なんと部屋までロードバイクを持ち込みさせてくれるんです♪

他のホテルだと輪行袋に入れてくれ、と言われるのですが、これはありがたいですよね♪
しかも翌日は早朝に起きてモー万隊に参加する人が多いので、本当に助かるサービスです。


しかし今回のダブルインキーはこのサービスが呼び起こした事件なんですよね・・・

どういうことか、解説してみましょう。


ホテルの部屋に入るとき、部屋の鍵を開けるためにまずはロードバイクを廊下の壁に立てかけます。
で、部屋に入ってすぐの穴に鍵を差すと照明が付くようになっています。
そしてほかの手荷物を置いて、廊下のロードバイクを入れようと鍵をそのままで廊下にでる・・・

バタン!

あっ!!\(^o^)/オワタ


真相はとっても単純です。

しかしこれは・・・

ローディホイホイかな?

Takajinさん、Masaさん、ご愁傷さまでしたΩ\ζ°)チーン


(↑ 部分的にあぶりだし)



さて、悲しい事件の匿名報道はおいといてっと・・・
ここからは夕食です♪

一応、飲みコースと肉コースを用意したのですが、みなさん肉を所望されるので
ステーキハウス・ドルフィンに行くことになりました。
b0299252_22332790.jpg
20名近くが一気に行くと席の確保が・・・と思いましたが、そこは肉部長のセーテンさんと
テラ盛り部長のディーさんが連携してくれて事なきを得ました。

ちなみに僕はちょっぴり遅刻気味で相生駅に着きました。

それまでだるま珈琲でコーヒー飲んでたので(笑)

ここまで来れば丸投げし放題です(笑)
頼れる仲間がいるって素晴らしい♪

ドルフィンへの移動は主に地元メンバーのみなさんが車を出してくれましたが、
ここではセーテンさんのキャンピングカーが人気でしたね♪

ドルフィンは予約ができないので、お店についた人からテーブルに着く方式で・・・
なのでテーブルは別々になってしまいましたが、なんとか座り切れました。
b0299252_22292200.jpg
ここではハンキングテンダーステーキがオススメ!

脂のすくない柔らかい赤身肉なのですが、みなさんから柔らかい!美味い!と大絶賛でした。
その結果、ハンキングテンダーが売り切れになってましたね(笑)


ちなみに僕と家ネコさんは・・・
b0299252_23205359.jpg
ちょっぴり贅沢にテンダーロインステーキ♪

いわゆるヘレ肉ですね。
脂っぽさが全然なくって最高でした♪

もちろん家ネコさんへのお礼を兼ねているのでお支払いはワタクシめが・・・
また食べたいけれどー、しばらく節制せねばーorz



こんな感じで最後までグルメづくしの一日目が終わりました。

主催者として色々と至らぬ点もあったとは思いますが、自己採点では及第点と言ったところでしょうか。
"西播磨の牡蠣を食べつくすライド"を"西播磨のグルメを総ざらいするライド"に改めた方がよさそうな内容でしたが、
みなさんにはグルメの波状攻撃を楽しんでもらえたようなので、とりあえずは良かった良かった♪


手伝ってくれた地元の仲間たちへ、そして参加してくれた遠方よりの仲間たちへの感謝を胸に、
おふとぅん入りして、僕としては初めて主催する大規模ライドの一日目は無事に終わったのでした。



尚、翌朝はだるま珈琲前を5:45発のモー万隊フルコースを6:15発のショートコースに分かれる予定でした。
僕はショートコースを引率しようと目覚ましを5:30にセットしましたが・・・

目が覚めたら5:55でした\(^o^)/

あぶねぇ・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。
当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしていただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[PR]
by rynx04 | 2016-03-14 23:33 | グループライド | Comments(6)
line

神戸在住。 「一般人」と「逸般人」のはざまで生きるロードバイク乗りの走行日記的ななにか。


by 住友輪業
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー